モバイルWiFiルーターの選び方|おすすめ端末・プロバイダを一挙紹介

家でも外でもWiFiを使ってネット通信ができるモバイルWiFiルーターが気になっているという方に、メリット・デメリットや選び方、おすすめの端末まで紹介していきます。モバイルWiFiルーターとは何かを知ってから契約しましょう。
【公式】カシモWiMAX モバイルWiFiルーターの選び方|おすすめ端末・プロバイダを一挙紹介

モバイルWiFiルーターとはインターネットを接続するための小型通信端末のことで、外出先でスマホやPCを使用したいときに便利です。

モバイルWiFiルーターには様々な端末があり、提供している業者もたくさんあります。どのように選ぶのか、どこと契約するのがよいのか悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

今回はモバイルWiFiルーターのメリット・デメリットをはじめ、選び方やおすすめの端末の紹介を詳しく解説していきます。

選び方や契約で損をしないためにも、自分にぴったりのモバイルWiFiルーターを見つけましょう。

モバイルWiFiルーターのメリットとデメリット

モバイルWiFiルーターをいざ契約する前に知っておいてほしいのは、メリットとデメリットです。

まずはメリットからその次はデメリットを説明していきます。

モバイルWiFiルーターのメリット

モバイルWiFiルーターのメリットは主に3つありますので、それぞれ解説していきます。

持ち運びができ外出先でも利用できる

モバイルWiFiルーターの最大のメリットは持ち運びができるから外出先でも利用できることです。スマホほどの小型サイズなので、バッグの中に入れても邪魔になることはありません。

またモバイルWiFiルーターは充電式ですので、電源コードに常に挿しておかなくても利用できます。

工事不要で簡単に利用できる

モバイルWiFiルーターは届いたらすぐに利用できるので、固定回線のように回線をひくといった工事は一切必要ありません。

さらに端末の設定自体も難しくありませんので、誰にでも簡単に利用できるところがモバイルWiFiルーターのよさです。

複数の機器をネット接続できる

モバイルWiFiルーターは1枚のSIMカードがあれば複数の機器をインターネットに接続して利用できます。

スマホには基本1枚のSIMカード、タブレットも1枚のSIMカードというように複数枚のSIMカードを契約して利用する人もいます。

しかしこの場合ですと月々の料金を契約しているSIMカードの枚数分支払わなくてはいけません。

モバイルWiFiルーターはスマホやPC、タブレットやゲーム機などまで無線LANで接続できるため、何枚もSIMカードを契約する必要がなく1回線分だけで済みます。

モバイルルーターのデメリット

メリットを知った後はモバイルWiFiルーターのデメリットも知っておきましょう。とくにデメリットは知っておかないと、契約後に後悔してしまう可能性があります。

電波が繋がらないエリアがある

モバイルWiFiルーターはスマホと同じく契約しているSIMカードの提供会社のサービスエリア内での利用しかできません。

ドコモならドコモのサービスエリア圏内というように、対象外のエリアでは利用できませんので注意する必要があります。

また仮にサービスエリア圏内であっても、建物の地下や山間部、通信が届きにくい場所は圏外となってしまいます。圏外だとインターネットは利用できません。

契約する前には必ず圏内か確認して、電波が届かなくて使いものにならなかったということのないようにしましょう。

バッテリーが切れたら利用できない

モバイルWiFiルーターは軽量小型サイズなので持ち運びができるメリットがある分、バッテリー容量があまり多くありません。気づいたらバッテリー切れという事態を起こします。

なお昨今ではバッテリー容量を増やして連続使用時間が10時間以上ある端末も増えています。

長時間持ち歩く人やバッテリー持ちが心配という方は予備のバッテリーを持っておくことをおすすめします。

モバイルWiFiルーターの選ぶ手順

ここからはモバイルWiFiルーターを選ぶ手順を解説していきます。手順としては次のとおりです。

  1. サービス提供会社を選ぶ
  2. モバイルルーターの機能性をチェック
  3. 契約を決める

大まかな流れとしては3つですが、それぞれ1つずつに細かな選び方もあります。これから解説することを参考に、自分にぴったりのモバイルWiFiルーターを見つけてください。

サービス提供会社を選ぶ

モバイルWiFiルーターの選び方としてまず行うことは、サービス提供会社を選ぶところから始めます。端末選びではありません。

サービス提供会社といっても様々なところがありますが、サービス提供会社を選ぶポイントとして4つ挙げると次のとおりです。

  • データの容量
  • 速度制限の有無
  • 通信可能エリア
  • 月額利用料金

上記のポイントを基準にたくさんあるサービス提供会社から合うところを見つけてください。それではポイント4つを1つずつ解説していきます。

データの容量

サービス提供会社によってプラン内容は異なり、プランによってはデータの容量は異なります。

データの無制限プランがあるのは「ワイモバイル」「au」「UQWiMAX」「どんなときもWiFi」の4社です。

比較対象としてドコモ、ソフトバンクを加えて6社のデータ容量を比較していきます。

キャリア 月のデータ容量
ドコモ
  • 毎月1~7GBまで
  • 毎月最大30GB
au 無制限(モードによっては7GB)
ソフトバンク 7GB
ワイモバイル
  • 7GB
  • 無制限
UQWiMAX
  • 7GB
  • 無制限
どんなときもWiFi 無制限

ドコモユーザーの場合データシェアという形でデータ容量をモバイルWiFiルーターとわけ合えることができます。ソフトバンクも同様です。

自宅や外出先でも動画やWeb閲覧などのインターネット通信をがっつりするという方には、無制限のあるサービス提供会社がおすすめです。

速度制限の有無

サービス提供会社によっては、無制限プランだとしても使いすぎると速度制限がかかり、使いものにならなくなることもあります。

先ほどのように、6社の速度制限の有無を比較していきます。

キャリア 速度制限の有無
ドコモ なし
au 3日で10GBの使用で1Мbpsの速度制限
ソフトバンク 3日で3GBの使用で128kbpsの速度制限
ワイモバイル 3日で10GBの使用で1Мbpsの速度制限
UQWiMAX 3日で10GBの使用で1Мbpsの速度制限
どんなときもWiFi なし。ただし、月に膨大すぎるデータ量を使用すれば、キャリア側の判断で速度制限かかる場合もある。

速度制限がかかっても1Мbpsの速度制限であれば、動画の視聴は可能程度です。128kbpsとなると、1Мbpsよりも使いものにならないため要注意です。

通信可能エリア

サービス提供会社によっては通信可能エリアが異なります。自宅や外出先で使用したいと思っても、電波が届かなくては意味がありません。

そういうときは通信可能エリアかどうか各社のエリア判定サイトを利用して調べる必要があります。

また、どんなときもWiFiの場合は、ドコモ・au・ソフトバンクのトリプルキャリアの中から自動的に最適な回線を選んで通信される設計です。

その理由は「クラウドSIM」というクラウドサーバー上でキャリアのSIMカードを管理し、利用する場所によって最適な回線を選ぶ仕組みを採用しているからです。

そのためどんなときもWiFiのエリア判定に関しては、キャリア3社の各エリア判定サイトを参考にしましょう。

月額利用料金

サービス提供会社によっては月額料金が異なります。6社のプランの月額料金を表にまとめて紹介します。

キャリア 月額料金 ()内はデータ容量
ドコモ
  • 6,980円(30GB)
  • 5,980円(~7GB)
au

4,292円(無制限)

ソフトバンク

3,696円(7GB)

ワイモバイル
  • 4,380円(無制限)
  • 3,696円(7GB)
UQWiMAX
  • 3,880円(無制限)
  • 5,560円(スマホとセット・無制限)
どんなときもWiFi
  • 3,480円(無制限)
  • 3,980円(口座振替払いの場合)

比較してみるとドコモは圧倒的に料金が高いです。無制限でもないため、お得とは言い難いでしょう。

UQWiMAXやどんなときもWiFiは、無制限でありながら料金もドコモや他社と比べても安いです。月額料金を抑えたい方は、無制限で料金も安いところがおすすめです。

モバイルルーターの機能性をチェック

モバイルWiFiルーターは、端末によって機能性が異なります。たとえば次のようなところで比較をします。

  • 通信速度(上り下り)
  • バッテリー容量
  • 連続通信時間

通信速度も重要ポイントですが、モバイルWiFiルーターは外出先にも利用することを考えると、バッテリー容量も重要ポイントです。

バッテリー容量は、3000mAhというように表記されますが、数字が大きければ大きいほど容量が大きいので、バッテリー持ちがよいということです。

契約先を決める

最後には契約先を決めます。契約先によってはキャンペーンなどでお得に契約できるところもあるため、いくつか選択肢を絞って決めるのがおすすめです。

家電量販店または携帯電話会社で契約する

携帯電話会社や家電量販店でもモバイルWiFiルーターを契約できます。

目当ての端末が在庫として残っていれば当日で持ち帰ることができ、直接端末を見て確かめられる点ではおすすめです。

店舗によっては、タブレットなどと併せて購入すると割引というサービスが行われています。しかし、契約の金額が高いこともあるため注意が必要です。

Webサイトで契約する

モバイルWiFiルーターは、Webサイトで契約するのが最もおすすめできます。その理由は安く契約できるからです。

プロパイダによって月額料金は様々ですが、キャッシュバックなどのキャンペーンがあるところを選ぶことで、料金も安い上にお得に契約できるというメリットがあります。

自分でどこのプロパイダにするのか調べておきましょう。なかには悪徳な商売で儲けようとするプロパイダもあるため、注意しなくてはいけません。

おすすめのモバイルWiFiルーター

ここからはおすすめのモバイルWiFiルーターを紹介していきます。選定基準は次のとおりです。

  • 月額利用料金がお得なサービス提供会社
  • サービス提供会社の最新の機種

それではどのような端末がおすすめなのか、選ぶ端末に迷ったときの参考にしてください。

WiMAX Speed WiFi NEXT W06

出典:WiMAX

WiMAXからおすすめの「Speed WiFi NEXT W06」のスペックやおすすめポイントを紹介します。

製造元 ファーウェイ・ジャパン株式会社
対応ネットワーク
  • WiMAX2+
  • au 4G LTE
対応OS
  • Windows10/8.1/7
  • MacOS X v10.15/v10.14/v10.13/v10.12/v10.11/v10.10/v10.9
通信速度
  • 下り最大速度1.2Gbps
  • 上り最大速度75Мbps
バッテリー使用時間
  • 連続通信時間:約540分(WiMAX2+、スマート設定の場合)
  • 連続待受:約800時間(WiMAX2+、スマート設定の場合)
サイズ(外寸) 約128mm×64mm×11.9mm
質量 約125g

こちらのモバイルWiFiルーターは、モバイルルーターの中でも初めて1ギガを超え、高速通信ですので動画視聴などもサクサクできるのでおすすめです。

またこれまで電波の入りにくかった場所でも、高性能ハイモードアンテナ搭載により電波をしっかり掴んでくれます。

さらにWiFi TXビームフォーミングを搭載したことで通信の安定性がよりよくなりました。弱・中の電波の受信速度が約20%アップしています。

ワイモバイル ZTE Pocket WiFi 802ZT

出典:ワイモバイル

ワイモバイルからおすすめの「ZTE Pocket WiFi 802ZT」のスペックやおすすめポイントを紹介します。

製造元 ZTEコーポレーション
対応ネットワーク 記載なし
対応OS
  • Windows10/8.1/8/7/Vista
  • MacOS X 10.9~10.14
通信速度
  • 下り最大速度988Мbps(無線LAN接続の場合は下り最大速度866Мbps程度)
  • 上り最大速度37.5Мbps
バッテリー使用時間
  • 連続通信時間:約12時間
  • 連続待受:約1,590時間
  • バッテリー容量:3,000mAh
サイズ(外寸) 約112mm×67.5mm×15.6mm
質量 約153g

こちらのモバイルWiFiルーターは高速通信に対応し、最大で16台までの機器に接続できて12時間の連続通信が可能なため、外出時におすすめです。

また、国内5つの周波数帯を束ねている「キャリアアグリゲーション」に対応していますので、受信のときの最大通信速度を引き上げられるのがポイントです。

さらに「4×4 МIMO」という4本のアンテナを使ってこれまでとは違う量のデータや速度を向上させる技術を搭載しています。

生活防水・防塵にもなっていますので、外出の際のちょっとしたリスクを軽減できるのもおすすめポイントの1つです。

どんなときもWiFi モバイルルーターD1

出典:どんなときもWiFi

どんなときもWiFiからおすすめの「モバイルルーターD1」のスペックやおすすめポイントを紹介します。

製造元 uCloudlink
対応ネットワーク 記載なし
対応OS 記載なし
通信速度
  • 下り最大速度150Мbps
  • 上り最大速度50Мbps
  • バッテリー容量:3,500mAh
バッテリー使用時間

連続通信時間:約12時間

サイズ(外寸) 約127mm×65.7mm×14.2mm
質量 約151g

こちらのモバイルWiFiルーターは、3大キャリアの回線を利用環境に応じて無制限で利用できます。

海外への渡航の場合でも別でレンタルする必要がなく、そのまま持ち運べます。

速度制限なども一切ありませんが、通信速度の面では他社と比べると劣ります。高速通信など求める方は、他社のモバイルWiFiルーターをおすすめします。

より詳しく知りたい方はモバイルwifiルーターを比較した記事をご覧ください。

WiMAXの契約をお得にするおすすめプロバイダを紹介

WiMAXの契約をお得にする、おすすめのプロバイダを紹介します。

カシモWiMAX

出典:カシモWiMAX

カシモWiMAXは端末代・送料・初月月額料金が0円です。最安級プラン・ギガ放題の月額料金は、次の通りです。

  • 初月:4,679円→無料(4,679円引き)
  • 1ヶ月:4,679円→1,380円(3,299円引き)、
  • 2~24ヶ月:4,679円→3,480円(1,199円引き)
  • 25ヶ月目以降:4,679円→4,079円(600円引き)

端末代(20,000円相当)と月額料金の割引(42,755円相当)で、3年間総額最大62,755円相当もお得に利用できます。

さらに、月額300円(税抜)の安心サポートに加入すると、保証対象内の故障を無償で修理してくれます。ただし安心サポートは、WiMAX契約時のみ加入できるサービスで、後から加入できないのでご注意ください。

また、最安級プランの対応端末はSpeed WiFi NEXT W05のみですが、新端末プランでは最新端末4種の中からお好みのものを選べます。

【業界最安級】カシモWiMAXを契約する!

UQ WiMAX

出典:UQWiMAX

UQ WiMAXには「Try WiMAX」という、15日間無料でお試しできるサービスがあります。普段使用する場所に電波が届くのか、スムーズに使えるのか、といったお試しができ、送料もUQが負担してくれるのでおすすめです。

UQ WiMAXは、月額3,880円(税抜)で使用できます。さらにLTEオプション利用料1,005円(税抜)を利用した月のみ、au 4G LTEが使えるので、電波の届きにくい場所でもスムーズに使用できるでしょう。

下記ページから申し込むと、3,000円のキャッシュバックがあります。

【キャッシュバックあり】UQ WiMAXを契約する

GMOとくとくBB WiMAX

出典:GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB WiMAXは、端末代0円・専用クレードル0円・送料無料です。最新機種もすべて端末代は0円です。月額料金は3,609円(税抜)から使用できます。

さらに20日以内ならキャンセルOKなので、安心して申し込みできるでしょう。端末は、申し込んだその日に送料無料で発送してくれるため、早く使いたい方にもおすすめです。

スマホ安心パック同時申し込みで、さらに3,000円のキャッシュバックがあります。

【当サイト限定価格】GMOとくとくBB WiMAXでキャッシュバックをもらう!

まずはどこのサービス提供会社がよいのか検討しよう

モバイルWiFiルーターを使いたいと思ったら、まずはサービス提供会社を決めることです。サービス提供会社は様々ですが、必ず自分に合うところが見つかるはずです。

サービス提供会社によっては、月額料金やデータの容量、通信可能エリアや速度制限の有無が異なります。

とくに月額料金は毎月支払うものですので、通信費を安く済ませたいなら安くて自分に合うプランのところを見つけましょう。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2020年02月25日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。

関連キーワード