口座振替できるWiMAXプロバイダを徹底比較!初期費用・申し込み・変更方法や注意点も解説

口座振替のできるWiMAXプロバイダを紹介。月額料金や口座振替手数料、キャンペーンや端末代金、初期費用を徹底比較しています。さらにWiMAXのプロバイダの申し込み方法や、口座振替への変更方法、注意点についてわかりやすく解説します。
【公式】カシモWiMAX 口座振替できるWiMAXプロバイダを徹底比較!初期費用・申し込み・変更方法や注意点も解説

WiMAXのプロバイダ契約を行う場合、支払い方法はクレジットカードのみの場合がほとんどです。

しかし中にはクレジットカードを持っていないので口座振替を選びたい、という人もいるのではないでしょうか。

数多くあるWiMAXのプロバイダの中で、口座振替を支払い方法に選択できるのは「UQ WiMAX」「Broad WiMAX」「BIGLOBE WiMAX」の3社です。

この記事では、口座振替のできるWiMAXのプロバイダ3社を比較し、申し込み方法や変更方法、WiMAXで口座振替をする際の注意点について解説していきます。

口座振替できるWiMAXプロバイダ3社比較

口座振替に対応している3社の月額料金や口座振替手数料などの費用を比較し、申し込み方法についても紹介します。

プロバイダ名 月額料金(税込) 口座振替手数料(税込) キャンペーン・
キャッシュバックの有無
初期費用(税込) 端末代金(税込)
UQ WiMAX 4,268円 0円 あり 3,300円 16,500円
Broad WiMAX 最大3ヶ月間 2,998円
3〜24ヶ月目
3,752円
25ヶ月目以降
4,412円
220円/月 あり 0円 0円
BIGLOBE WiMAX サービス開始月
0円
1ヶ月目以降
4,378円
220円/月 あり 3,300円 21,120円

UQ WiMAX|口座振替手数料が無料

UQ WiMAX 出典:UQ WiMAX

UQ WiMAXは毎月の口座振替手数料が無料です。ただし、口座振替手続きが完了するまでの間はコンビニ支払い専用の請求書での支払いとなり、3回目以降手数料165円(税込)が必要になります。

月額料金は2年自動更新ありの場合で4,268円(税込)です。データ容量は無制限で、月による月額料金の変動はありません。

また、別途登録料として3,300円(税込)と、16,500円(税込)の機種代金が必要です。機種代金の支払い方法はクレジットカードか代金引換のみです。

口座振替手数料・引き落とし日

UQ WiMAXの口座振替手数料は無料です。口座振替の引き落とし日は毎月26日、金融機関が休みの場合は翌営業日となります。

申し込み・変更方法

UQ WiMAXで口座振替を申し込む手順は、次の通りです。

  1. 商品を選ぶ
  2. 支払い方法を選択
  3. 本人確認書類をアップロード
  4. 加入審査
  5. 手続き完了メールを受信
  6. 利用開始

支払い方法を口座振替に変更する場合は、次のいずれかの方法で変更手続きを行います。

  • my UQ WiMAXで口座振替申し込み手続きを行う
  • 預金口座振替依頼書と必要書類を送付する

UQ WiMAXの詳細はこちら

Broad WiMAX|実質料金が安い

BroadWiMAX 出典:Broad WiMAX

Broad WiMAXの無制限プランは利用開始から最大3ヶ月間月額料金2,998円(税込)です。3〜24ヶ月目は3,752円(税込)、25ヶ月目以降は4,412円(税込)です。

通常21,120円(税込)の端末代金が無料になる全端末0円キャンペーンも実施しています。Webから新規申し込みをした人全員が対象なので、口座振替でもキャンペーンは適用可能です。

【全端末0円キャンペーン】

キャンペーン期間 2016年3月1日〜終了日未定
適用条件 公式サイトから期間内に新規申し込み
特典内容 最新端末を含む全端末代金が無料

※本記事で紹介したキャンペーンの内容は予告なく変更される可能性があるため、必ず公式ページで確認するようにしてください。

口座振替手数料・引き落とし日

Broad WiMAXでは、毎月口座振替手数料として220円/月(税込)かかります。なお、契約プランによっては口座振替を選択することができません。

契約月までに口座登録が完了しない場合はコンビニ請求書支払いとなり、発行手数料として330円(税込)がかかります。

引き落とし日は金融機関によって異なりますが、27日または3日です。初回だけ代金引換となるので、初期費用や契約事務手数料と合わせて決済手数料を支払います。

申し込み・変更方法

Broad WiMAXは公式サイトの「お申し込みフォーム」から申し込みます。料金プランや端末を順に選択していきます。その中に「お支払い方法の選択」という項目があるので、口座振替を選択します。

Broad WiMAXで口座振替に変更する方法は、次の通りです。

  1. 「お客様専用ページ」にログイン
  2. 「ご契約内容の変更」をクリック
  3. 「株式会社LinkLife口座登録窓口」に問い合わせ

Broad WiMAXの詳細はこちら

BIGLOBE WiMAX|キャッシュバックでお得

BIGLOBE WiMAX 出典:BIGLOBE WiMAX 2+

BIGLOBE WiMAXは、サービス開始月の月額料金が0円で、1ヶ月目以降の月額料金は4,378円(税込)です。

ギガ放題とデータ端末を同時に申し込むと、サービス開始翌月に17,000円のキャッシュバックが受け取れます。

なお、データ端末代金にアダプタやケーブルの代金は含まれていません。送料は無料ですが、口座振替の場合は、代金引換の一括払いで21,120円(税込)、代金引換手数料が440円(税込)かかります。

※本記事で紹介したキャッシュバックの内容は予告なく変更される可能性があるため、必ず公式ページで確認するようにしてください。

口座振替手数料・引き落とし日

BIGLOBE WiMAXでは口座振替による支払いの場合、請求元がKDDI株式会社になります。口座振替手数料は220円/月(税込)です。

利用料金の締め日は毎月月末で、引き落とし日は翌々月の25日または末日になります。金融機関の休業日と重なった場合は、翌営業日が口座振替日です。なお、口座振替日は「My au」で確認できます。

申し込み・変更方法 

BIGLOBE WiMAXの口座振替申し込み方法は次の通りです。

  1. データ端末とSIMを決める
  2. 「支払方法登録申込書」を記入して返送
  3. データ端末とSIMを受け取る

支払い方法を口座振替に変更するには「au ID」が必要です。「My au」にアクセスして支払い方法を変更しましょう。

【BIGLOBE WiMAX2+】の詳細はこちら

\最短当日発送!/
【公式】カシモWiMAX

WiMAXで口座振替支払いをする際の注意点

WiMAXで口座振替支払いをする際の注意点を紹介します。

手数料が発生するプロバイダがある

Broad WiMAXとBIGLOBE WiMAXでは、毎月の利用料金引き落としの際に220円(税込)の口座振替手数料が発生します。

220円(税込)の口座手数料を毎月支払い続けた場合、3年間の負担額は7,920円(税込)です。

スマホ・ガジェットのトレンド情報を配信中!
LINE友だち追加

審査に時間がかかる

申し込み時に口座振替を選択すると、WiMAXを契約するプロバイダの審査に加えて、口座振替先の金融機関でも審査が必要になり、金融機関の審査には1~2週間程度の時間がかかります

支払い方法にクレジットカードを選択した場合は、プロバイダの審査が完了すれば端末をすぐに発送してくれますが、口座振替の場合は審査が終わるまで端末の即日発送はできません。端末が届くまで最短でも2~3日かかります。

端末発送後も口座振替手続きが完了するまでの間は、金融機関の発行する振込用紙での支払いになります。WiMAXの申し込みから口座振替手続き完了までには約1~2ヶ月を見ておくとよいでしょう。

適用されないキャンペーンがある

Broad WiMAXでは、初期費用20,743円(税込)が割引になる「Web割キャンペーン」を開催していますが、Webでの購入とクレジットカード払いという適用条件が設定されており、口座振替の場合は適用されません

また、他社から乗り換える場合に違約金を負担する「Broad WiMAXへお乗り換えキャンペーン」も、クレジットカード払いが適用条件になっています。

Broad WiMAXで口座振替を選んだときに適用できるキャンペーンは、端末代金が0円になる「全端末無料キャンペーン」だけです。

このように口座振替を選択した場合、キャンペーンの対象外になることがあります。

\最短当日発送!/
【公式】カシモWiMAX
iPhone格安SIM通信アンケート

口座振替の審査について

WiMAXの口座振替の審査ではどのようなことが重視されるのでしょうか。口座振替の審査内容や審査に落ちてしまった場合の対処法についてまとめました。

審査の内容

口座振替の審査は簡易審査なので、記入間違いや料金滞納など、何かしらの理由がない限り落ちる可能性は低いです。

また、クレジット支払いの場合は、カードを作成するときに審査をしているので、審査がすぐに終わります。

審査に落ちやすいケース

基本的に口座振替で審査に落ちるケースは少ないですが、審査に落ちる可能性としては、次のようなことが考えられます。

  • 過去に料金を滞納したことがある
  • キャッシングを滞納している
  • 本人確認書類の住所が間違っている
  • 本人確認書類の有効期限が切れている
  • WiMAXを強制解約された経験がある
  • 信用情報機関のブラックリストに載っている
\最短当日発送!/
【公式】カシモWiMAX

審査に落ちてしまった場合の対処法 

審査に落ちた場合は、同じ口座を使って申し込むと再び落ちる可能性が高いです。そのため、別の口座で再度申し込みましょう。その際に数ヶ月のWiMAX料金を口座に入れておくと支払い能力のアピールになります。

自分の名義で通らない場合は、家族の名義で申し込む方法もあります。親や配偶者の了承を得てから行いましょう。

WiMAXの口座振替でよくある質問

WiMAXの口座振替について疑問を持っている人もいると思います。ここでは、WiMAXの口座振替でよくある質問について解説します。

店頭で申し込みできる?

UQ WiMAXのみ、店頭で口座振替の申し込みをすることができます。全国にUQを取り扱うUQスポットがあり、公式サイトから最寄りの店舗を検索できます。

店舗で口座振替を申し込む場合は、メールアドレスや本人確認書類、金融機関のキャッシュカードが必要です。

デビットカードは使える?

現在デビットカードを支払い方法として選択できるWiMAXはありません。デビットカードは口座に現金がないと支払いができないため、後払いのクレジットカードや口座振替よりも信用度が低いからです。

WiMAXを契約するときに選択できる支払い方法は、クレジットカードか口座振替のみとなります。

\工事不要ですぐ使える!/
【公式】カシモWiMAX

口座振替でWiMAXを契約しよう

WiMAXのプロバイダで口座振替が可能なのは、「UQ WiMAX」「Broad WiMAX」「BIGLOBE WiMAX」の3社です。その中で、UQ WiMAXは口座振替手数料無料です。

審査自体は厳しくないので、記入間違いや滞納などの理由がない限り口座振替の審査で落ちることはほとんどありません。

ただし、WiMAXの支払い方法で口座振替を選ぶと、審査に時間がかかったり、口座振替手数料の負担がかかるといったデメリットがあります。

また、プロバイダによっては、支払い方法で口座振替を選択するとキャンペーンが適用できない場合もあります。

そのため、クレジットカードで契約できる場合はクレジット支払いを選択する方がよいでしょう。

コンビニ支払いが可能なポケットWiFiについて解説した記事もありますので、支払い方法に悩んでいる方はあわせてお読みください。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2021年03月10日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!