• Wi-Fi

自宅でWiFiを利用するには?おすすめ回線の選び方を紹介!

自宅で使用する「WiFi」を検討してはいるものの、種類の多さからどれを選んでよいか迷っている人もいるのではないでしょうか。ここでは自宅で使用するWiFiの種類やそのメリット・デメリットをふまえ、自分に適したWiFi回線の選び方を紹介します。
【公式】カシモWiMAX 自宅でWiFiを利用するには?おすすめ回線の選び方を紹介!

「引越しや転勤を機にWiFiを導入したい」「固定回線からWiFiに切り替えを検討している」という人の中には、自宅で使用するWiFi選びに迷っている人もいるかもしれません。

WiFiにはいくつかの種類があり、それぞれ特徴が異なります。ネットが自宅で快適に利用できる、自分に合ったWiFiを選ぶためには、この特徴を把握しておくと便利です。

ここでは、WiFiの基礎知識として、自宅で利用できるWiFiの種類やそのメリット・デメリット、また、自分に適したWiFiの選び方や、品質に定評のあるWiFiプロバイダも紹介します。

※この記事で紹介する速度は、あくまで理論値です。お住まいの地域や接続環境によって変動しますのでご注意ください。

自宅でWiFiを利用する方法と特徴

自宅で利用できるWiFiには、大きく分けて「光回線」「ホームルーター」「モバイルルーター」の3種類があり、それぞれ特徴が異なります。利用する際のメリット・デメリットを確認しておきましょう。

光回線

光ファイバーを自宅に引き込んでネット接続する「光回線(固定回線)」は、通信速度が速く、回線の安定性も高いのが特徴です。

月額料金は比較的高めですが、データ容量が無制限のため、速度制限を気にせず快適にネット利用できるのが、最大のメリットといえます。

利用するには回線を引き込むための工事が必要ですが、光回線があらかじめ導入されている物件であれば工事の必要はありません。

なお、別途WiFiルーター(無線LANルーター)を自宅に設置すれば、「無線」で複数のデバイスに接続することも可能です。

メリット デメリット
通信速度が速い
通信が安定しやすい
データ容量が無制限
工事が必要になる
外出時に使えない
月額料金が比較的高い

ホームルーター

基地局から出る電波をとらえてネットに接続する「ホームルーター」は、家のコンセントにつなぐだけでネット利用が可能な、工事不要の据え置き型WiFiルーターです。

設置場所によっては、うまく電波が拾えない場合もありますが、回線の対応エリア内であれば、複数のデバイスに同時接続しても、モバイルWiFiより安定した通信速度が期待できます。

また、ホームルーターは据え置きタイプのため持ち運びはできませんが、回線工事の手間や費用がかからないことや、届いたその日からネット利用できる気軽さがメリットといえるでしょう。

メリット デメリット
工事不要ですぐに使える
通信が安定しやすい
月額料金が比較的安い
外出時に使えない
うまく電波が拾えない場所がある

モバイルWiFi

「モバイルWiFi」は、ホームルーター同様、基地局の電波をキャッチして、屋内はもちろん、外出先でも気軽にインターネットが利用できます。

ホームルーターと同様、回線工事が不要で、場所を問わず複数のデバイスとネット接続できる点が大きなメリットです。また、月額料金も光回線に比べると安い傾向にあります。

ただ、利用場所によっては電波が拾えない場合や、同時接続時に速度が遅くなるケースもあります。

メリット デメリット
外出時でも使える
工事不要ですぐに使える
月額料金が比較的安い
同時に複数の端末に接続すると速度が遅くなりやすい
うまく電波が拾えない場所がある
充電が切れると使えなくなる

自宅利用のWiFiの選び方

自分に適したWiFiを選ぶには、WiFiの使用目的をしっかり確認することと、各プロバイダが打ち出す料金プランや、スマホとのセット割などを比較検討するのがポイントです。

\WiMAX 5Gプラン開始!/
【公式】カシモWiMAX

料金で選ぶ

WiFiを選ぶ際は、月額料金や初期費用(事務手数料・工事費・端末代)、違約金などを比較検討しましょう。

光回線の場合、初期費用の手数料に加え、回線工事費が必要です。

ホームルーターとモバイルWiFiは、端末代金が必要ですが、中には無料で提供しているプロバイダもあります。この端末無料サービスをうまく利用して、初期費用を抑えるのも1つの方法といえるでしょう。

また、WiFiの種類に限らず多くのプロバイダでは、契約期間中の解約で発生する違約金が必要です。価格はプロバイダによって異なるため、よく確認する必要があります。

サービス名 月額料金 初期費用 違約金
光回線 ソフトバンクエアー(2年プラン) 戸建て:5,720円(税込)
マンション:4,180円(税込)
事務手数料:3,300円(税込)
工事費:10,560円(税込)~26,400円(税込)
0円~16,500円(税込)
auひかり(2年プラン) 戸建て:5,720円(税込)~7,128円(税込)
マンション:3,740円(税込)~5,500円(税込)
事務手数料:3,300円(税込)
工事費:33,000円(税込)~41,250円(税込)
7,700円(税込)~16,500円(税込)
ホームルーター カシモWiMAX(ギガ放題) 初月:0円(税込)
1ヶ月目:4,500円(税込)
2ヶ月目以降:4,750円(税込)
事務手数料:3,300円(税込)
端末代金:0円
10,450円(税込)~20,900円(税込)
ソフトバンクエアー レンタル:5,907円(税込)
分割払い(36回):5,368円(税込)
事務手数料:3,300円(税込)
端末代金:59,400円(税込)※1
10,450円(税込)
モバイルWiFi カシモWiMAX(ギガ放題) 初月:1,518円(税込)
1ヶ月目以降:3,971円(税込)
事務手数料:3,300円(税込)
端末代金:0円
10,450円(税込)~20,900円(税込)
UQ WiMAX 4,268円(税込)
※2年契約の場合
事務手数料:3,300円(税込)
端末代金:16,500円(税込)
1,100円(税込)

※1:「月月割」適用で実質無料

使用用途で選ぶ

WiFiを選ぶ際は、使用用途を明確にすることも重要です。

高画質な動画視聴や、速さにこだわったオンラインゲームなどを心置きなく楽しみたい場合は、通信速度の速さに定評のある光回線が適しています。

一方、工事の手間や使用までの時間を短縮して、気軽に複数のデバイスをネットに同時接続したい場合は、据え置きタイプのホームルーターがおすすめです。

また、自宅以外にも、外出先でパソコン作業をしたり、移動中や休憩中にゲームを楽しんだりしたいという場合は、携帯可能なモバイルWiFiが便利でしょう。

このように、使う場所や使用法に合わせて、据え置きタイプ(光回線・ホームルーター)か、持ち歩きタイプ(モバイルWiFi)かを選択するのがポイントです。

スマホのセット割で選ぶ

スマホの「セット割」を基準にWiFiを選ぶのも1つの方法です。特に光回線の場合、スマホの支払いとWiFi使用料を1本化できる「セット割」を提供するプロバイダが多くあります。

スマホと同キャリアの光回線に契約すると、セット割が適用され、毎月かかる通信費を安く抑えることが可能です。

例えば、ソフトバンク光の場合、ソフトバンクのスマホ・携帯とセット契約することで、毎月最大1,100円(税込)の割引が受けられます。

スマホ最新料金プラン情報を配信中!
LINE友だち追加

自宅のWiFiでおすすめの種類は?

自宅でWiFiを使うには光回線やホームルーター、モバイルWiFiのいずれかを導入する必要があります。

それぞれ長所と短所があるため、1つずつおすすめな人の特徴をご紹介していきます。

光回線がおすすめな人の特徴

【光回線がおすすめな人】

  • 通信の速度と安定性にこだわりたい人
  • 自宅でインターネットを利用する人

光回線は、快適なネット環境を重視する人に適しています。自宅で大容量データが必要な4k動画の視聴、オンラインゲームなどをストレスなく楽しみたい人におすすめです。

速度制限もかからないため、データ容量を気にすることもありません。在宅ワークでオンライン会議を行ったり、データ容量の重いファイルの送受信を行ったりする人にもおすすめです。

\WiMAX 5Gプラン開始!/
【公式】カシモWiMAX
iPhone格安SIM通信アンケート

ホームルーターがおすすめな人の特徴

【ホームルーターがおすすめな人】

  • すぐにWiFiを使いたい人
  • 光回線よりも月額料金を安く使用したい人

「ホームルーター」はサービスを提供する事業者よっても異なりますが、光回線よりも月額料金が安いことが多いです。

また、カシモWiMAXなどのプロバイダは端末代金を無料にしているため、導入の初期費用も抑えられます。

「ホームルーター」の導入には開通工事が必要ありません。端末を最短即日配送している回線事業者もあるため、すぐにインターネット環境を整えたい人にもおすすめです。

モバイルWiFiがおすすめな人の特徴

【モバイルWiFiがおすすめな人】

  • 自宅だけでなく外出先でもインターネットを使う人
  • すぐにWiFiを使いたい人

軽量で携帯性に優れた「モバイルWiFi」は、スマホに限らず、パソコンやタブレット・ゲーム機などの複数端末を外出先でもネットにつなぐことができます。

ホームルーター同様、開通工事が不要なので、すぐにインターネット環境を構築することができます。また、コンセントに繋ぐ必要がないことや端末自体が小型なので、一人暮らしの人にもおすすめです。

自宅のWiFiでおすすめなプロバイダは?種類別に紹介!

自宅でWiFiを使えるようにするには、サービスを提供しているプロバイダと契約をする必要があります。

ここでは、光回線やホームルーター、モバイルWiFiの種類別におすすめなプロバイダを紹介していきます。

おすすめの光回線

光回線の月額料金は、ホームルーターやモバイルWiFiよりも若干高めですが、スマホとのセット割を利用することで、使用料金を低く抑えることが可能です。

また光回線は、ソフトバンク光・ドコモ光・BIGLOBE光に代表される、フレッツ光を使用した光回線と、auひかり・NURO光のような独自回線を使った光回線に分けられます。

サービス名 月額料金 最高速度
ソフトバンク光(2年契約) 戸建て:5,720円(税込)
マンション:4,180円(税込)
1Gbps
auひかり(2年契約) 戸建て:5,720円(税込)~7,128円(税込)
マンション:3,740円(税込)~5,500円(税込)
1Gbps
ネットナビ(2年契約) 戸建て:2,970円(税込)~7,150円(税込)
マンション:4,180円(税込)~4,620円(税込)
1Gbps
NURO光(2年契約) 戸建て:5,217円(税込)
マンション:2,090円(税込)~2,750円(税込)
2Gbps
ビッグローブ光(2年契約) ファミリータイプ:5,698円(税込)
マンション:4,488円(税込)
1Gbps

※この記事で紹介する速度は、あくまで理論値です。お住まいの地域や接続環境によって変動しますのでご注意ください。

どの光回線も最大速度は1Gbpsと高い数値ですが、独自回線を使用した光回線は、フレッツ光よりも回線が混雑しにくい傾向があるため、より快適な通信環境が期待できます。

光回線の比較やおすすめの事業者についてはおすすめな光回線会社を比較した記事も参考にしてみてください。

おすすめのホームルーター

WiMAXの最新シリーズのホームルーターは、5G対応のSpeed Wi-Fi HOME 5G L11です。

最大30台の機器と同時接続が可能で、下り最大速度は2.7Gbpsですので、オンラインゲームや高画質動画の視聴にもおすすめです。

WiMAXの5Gプランは直近3日間の利用で15GBを超えると一時的に速度制限がかかりますが、制限時間はただ翌日の18時~26時のみです。

また、月額料金は、光回線より安い傾向にありますが、特にカシモWiMAXは初月0円+端末無料で、通常月額も4,750円(税込)とWiMAXのプロバイダの中でも最安級の料金プランを提供しています。

ホームルーターについてはWiFiやWiMAXのホームルーター機種を徹底比較した記事でも詳しく解説しています。

\工事不要ですぐ使える!/
【公式】カシモWiMAX

おすすめのモバイルWiFi

モバイルWiFiの月額料金は光回線よりも比較的安く、BIGLOBE WiMAX 2+のように初月0円で利用できるプロバイダもあります。

また、UQ WiMAXならスマホ代が最大550円(税込)/月割引になる「ギガMAX月割」が利用できるほか、GMOとくとくBB WiMAXは、「auスマートバリュー」の適用で最大1,000円の割引が受けられます。

端末の通信毒度で見るとWiMAXのW06は、下り最大速度が1,237MbpsとモバイルWiFiの中でも通信速度が速いのが特徴です。

ポケットWiFiについてはおすすめのポケットWiFiを徹底比較した記事でも詳しく解説しています。

サービス名 月額料金(税込) 最大速度(下り)
カシモWiMAX 初月:1,518円(税込)
2ヶ月以降:3,971円(税込)
440Mbps(WX06)
1,237Mbps(W06)
Rakuten WiFi Pocket(無制限) 0円~3,278円(税込) 端末による
UQ WiMAX 4,268円(税込)
※2年契約の場合
440Mbps(WX06)
1,237Mbps(W06)
GMOとくとくBB WiMAX(ギガ放題) 端末発送月:3,969円(税込)日割り
1~2ヶ月目:3,969円(税込)
3ヶ月目以降:4,688円(税込)
440Mbps(WX06)
1,237Mbps(W06)
BIGLOBE WiMAX 初月:0円
1ヶ月目以降:4,378円(税込)
440Mbps(WX06)
1,237Mbps(W06)

自宅でWiFiを設置する際のポイント

快適なネット環境を整えるには、WiFi機器の設置場所にも注意が必要です。自宅に、光回線・ホームルーター・モバイルWiFiを設置する際のポイントを確認しておきましょう。

光回線は設置場所が重要

光回線を設置する際は、光コンセントの設置場所が重要です。

WiFiとよく似た波長を持つ、電子レンジやテレビ・冷蔵庫などの家電付近は、電波干渉を起こしやすいため、なるべく離れた場所に設置する必要があります。

また、水は電波の広がりを邪魔する性質があるため、水槽やキッチンなどの水回り・加湿器のそばは避けるようにしましょう。

さらに、金属やステンレス・コンクリートなどの素材にも、電波を反射する特性があるので、なるべく離れた場所に設置するのがベストです。

ホームルーターとモバイルWiFiは窓際がおすすめ

光回線とは異なり、基地局の電波をつかんでネット接続するホームルーターとモバイルルーターは、電波が届きやすい窓際に設置するとよいです。

またルーターは、360度に電波を飛ばすよう設計されているため、できれば家の中心付近で、台の上(約1~2メートルの高さ)に設置すると電波の届く範囲が広がります。

モバイルWiFiは対応エリアに注意

モバイルWiFiは、通信の対応エリアに注意が必要です。

自分の行動範囲がWiFiの対応エリアから外れると、通信速度が低下したり、圏外の表示が出てネット利用できなくなる場合があります。

対応エリアは、モバイルWiFiを提供するプロバイダによって違いが見られるため、検討する際は、事前に各社の公式ホームページでしっかり確認しておきましょう。

モバイルWiFiについてはWiMAXとワイモバイルのポケットWiFiを徹底比較したこちらの記事も参考にしてみてください。

\最短当日発送!/
【公式】カシモWiMAX

自宅のWiFiは使い方に合わせて選ぼう

自宅で利用できるWiFiには、光回線・ホームルーター・モバイルWiFiの3種類があります。

通信速度と回線の安定性を重視するなら光回線、工事が不要で、すぐに自宅内にネット環境を構築したい場合はホームルーターがおすすめです。

自宅だけでなく、外出先でもパソコンやタブレットを使用する場合はモバイルWiFiがおすすめです。

それぞれのメリット・デメリットを踏まえた上で、自分の利用目的に合った方法でネット環境を整えてください。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2021年04月27日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード