JCOM_iPhone7

ぷららの各種サービスの解約方法|手続きの際の注意点も紹介

ぷららのサービスの解約方法は、契約内容によって異なります。スムーズに解約するには、サービスごとの手続きの方法や注意点などを知っておかなければなりません。細部のポイントまで把握して、ぷららの各種サービスをスムーズに解約しましょう。
【公式】カシモWiMAX ぷららの各種サービスの解約方法|手続きの際の注意点も紹介

現在ぷららの各種サービスを利用していて、解約を検討しているなら、その方法を把握しておかなければなりません。ぷららの解約手続きをする際には知っておくべきポイントがいくつかあります。

これらが理解できていないと、スムーズに解約できなかったり、損をしたりする可能性もあります。解約時にはどのような点に気をつけるべきかを知り、手続きを円滑に進めていきましょう。

ぷららでは解約と退会の手続きがある

まず知っておきたいのは、ぷららのサービスには、「解約」と「退会」の2つの手続きがあるということです。

解約も退会も同じものとイメージされがちですが、実際の状態はそれぞれで異なるため、混同しないようにしなければなりません。

それぞれの状態の違いを把握して、どちらの手続きをするべきなのか判断しましょう。

解約は契約を休止すること

ぷららにおける解約とは、「契約を一旦休止の状態にすること」を指します。

契約が完全に終了するわけではなく、休止状態になるだけであるため、後から手続きをやり直してアカウントを復活させることも可能です。

そのため、現状は使用しないものの、のちに使用を再開するかもしれないという人は、解約を選択して一時的に契約休止の状態にしておいてもよいでしょう。

解約をすると月額無料の「ぷららライト」というコースに変更になり、料金はかかりません。

ただし、メールやその他有料オプションを付加していたり、ダイヤルアップ接続などの電話サービスを契約していたりするなら、その分の費用が請求されます。

解約することで基本的には月額料金はかからなくなりますが、基本サービス以外の利用があるとその分は変わらず請求されるので注意しましょう。

退会は会員契約の終了になること

契約休止状態になる解約に対して、退会は「契約が完全に終了すること」を指します。

退会手続きが完了すると会員契約は終了となるため、これまで使用していたユーザーIDやパスワード、メールアドレスなどもすべて使用できなくなります。

再度契約をし直してアカウントを取得することも可能ですが、退会した後はあらためて「新規契約」となります。

解約のように、もともと使っていたアカウントを復活させるわけではなく、完全に新しいアカウントを作り直して、再度契約を結び直すことになるため、ぷららを再利用したい場合には手間がかかります。

退会後はぷららへの復帰は考えておらず、インターネットなどのサービスを完全に必要としない、あるいは他社での利用が決まっている人におすすめです。

ぷららの各サービスを解約する方法

ぷららが提供しているサービスは複数あり、どれを解約するかによって手続きの方法や対応する窓口が異なります。

  • ぷらら光
  • ぷらら光電話
  • ひかりTV
  • ぷららフォンforフレッツ
  • Sコース

これら5つの代表的なサービスそれぞれの解約方法を知り、スムーズに手続きを進めましょう。

ぷらら光を解約する方法

ぷらら光の解約は、「ぷららサポート窓口」に連絡して手続きを行います。

サポート窓口は、ホームページのチャットサービスやフォームからの申請、電話での相談や申し込みなど複数あります。電話のサポート窓口の営業時間や電話番号などは、次の通りです。

  • 営業時間:10~19時
  • 営業日:年中無休
  • 電話番号:009192-33
  • ひかり電話からの場合:0120-971391
  • 携帯電話からの場合:050-7560-0033

窓口にて必要な手続きを行うことで、後日ぷらら光の廃止工事のスケジュールが案内されます。廃止工事日を調整し、これが完了次第解約となってサービスの利用が停止されます。

ぷらら光電話を解約する方法

ぷらら光電話の解約は、電話窓口にて手続きを行います。

  • 営業時間:10~19時
  • 営業日:年中無休
  • 電話番号:009192-33

基本的には電話窓口に連絡し、オペレーターに解約したい旨を伝えて、手続きを進めてもらうことで、解約は完了します。もし番号ポータビリティを希望するなら、NTTにその旨を伝えておかなければなりません。

利用しているエリアによって連絡先は異なり、自分がNTT東日本と西日本、どちらのエリアでサービスを利用しているかはチェックしておきましょう。

NTT東日本エリアならNTT東日本に、NTT西日本エリアならNTT西日本に連絡して、番号ポータビリティの手続きを進めていきます。

ぷらら光とぷらら光電話を一緒に解約する方法

ぷららでネットと電話を両方契約しており、同時に解約する場合は、NTT東と西のどちらのエリアに該当するかを確認しなければなりません。

NTT東日本エリアなら、ぷららダイヤルでネットと電話の両方をまとめて解約できます。

NTT西日本エリアの場合は、最初にNTT西日本に連絡して電話の再利用手続きを行います。その後にぷらら光の解約をして、手続きは完了です。

NTT西日本の場合のみ、NTTとぷららの両方で手続きが必要です。

ひかりTVを解約する方法

オプションで契約しているひかりTVを解約するには、「ひかりTVカスタマーセンター」への問い合わせが必要です。

問い合わせは、ホームページのチャットやフォームからの申請、電話での申し込みの3つの方法があります。

  • 営業時間:10~19時
  • 営業日:年中無休
  • 電話番号:009192-144
  • ひかり電話の場合:0120-001144

解約について詳細まで知りたい場合は、一度カスタマーセンターに連絡して相談してみるとよいでしょう。

ぷららフォンforフレッツを解約する方法

IP電話サービスの「ぷららフォンforフレッツ」の解約は、他のサービスを利用しているかどうかで手続き方法が変わります。

次の3つのサービスを併用している場合は、「IP電話サービスメニュー」から解約手続きを行わなければなりません。

  • フレッツ・ADSL対応セット
  • ぷらら光
  • ドコモ光

これら以外のサービスを利用している、あるいはIP電話のみの利用なら、ぷららの問い合わせ窓口から解約手続きが可能です。

  • 営業時間:10~19時
  • 営業日:年中無休
  • 電話番号:009192-33
  • ひかり電話からの場合:0120-971391
  • 携帯電話からの場合:050-7560-0033

また、IP電話は電話のみ解約し、インターネット契約のみ継続することも可能です。必ずしもインターネットと電話の両方を解約しなくてもよいため、必要に応じて解約内容を決めるとよいでしょう。

Sコースを解約する方法

ドコモ光 plala「Sコース」を解約するには、ぷららではなく、NTTドコモに連絡して解約手続きを行います。解約は近くのドコモショップの窓口で行うか、電話での手続きが可能です。

  • 営業時間:9~20時間
  • 営業日:年中無休
  • ドコモの携帯電話からの場合:151
  • 一般電話などからの場合:0120-800-000

NTTドコモに連絡して手続きを行い、解約ができた時点で、利用しているぷららのプロバイダ契約も解約となります。

ぷらら光を解約してフレッツ光に変更する方法

現在ぷらら光のインターネットサービスを利用しているなら、解約してフレッツ光に変更ができます。

フレッツ光に変更する場合は、退会して新規で契約し直す必要はなく、事業者変更によってスムーズな移行が可能です。事業者変更の方法を知り、ぷらら光からフレッツ光へ上手に乗り換えましょう。

事業者変更承諾番号を取得する

まずはぷらら光のマイページにアクセスします。

ユーザーIDとパスワードでログインし、マイページから事業者変更承諾番号を取得しましょう。

事業者変更承諾番号を取得することで、退会して新規契約を組み直す必要がなく、今ある設備で契約先のみを変更してインターネットが利用できます。

ネットや書面での手続きのみで利用先の変更が完了するため、インターネット回線工事などを行う必要がなく、手間と余計な費用をかけずに乗り換えができます。

NTT東西で事業者変更を申し込む

ぷらら光のマイページから事業者変更承諾番号を取得した後は、NTT東西のどちらかの窓口に連絡して、事業者変更の申し込みを行います。

利用を考えているエリアがどちらに該当するかを事前に確認しておき、東西を間違えることなく申し込みを行いましょう。

事業者変更の申し込みをし、手続きが完了すると自動的にぷらら光は解約となるため、別途解約手続きは必要ありません。

フレッツ光でぷららのサービスを継続して利用したいなら、事業者変更後にぷららに連絡をして、必要なオプションを追加しておきましょう。

ぷららの解約をするときの注意点

ぷららの各種サービスを解約する際には、次の4つの注意点に気をつけましょう。

  • 契約内容によっては違約金が発生する
  • 電話番号が変わる可能性がある
  • 加入電話やINSネットが使えなくなることがある
  • 光コラボに変更する場合は事業者変更を行う

これらが守れていないとスムーズに手続きができなかったり、損をしたりすることもあります。失敗なく解約するためにも、注意点は細部まで把握しておきましょう。

契約内容によっては違約金が発生する

各種サービスを解約する際には、契約内容をもう一度確認しておかなければなりません。解約するタイミング次第では違約金が発生し、これが高額になってしまうことも多いです。

違約金が発生するかどうかは解約のタイミングと契約内容によって変わるため、解約を検討している時点でこれが発生するのかチェックしておく必要があります。

違約金の有無がわからない場合は事前にサポート窓口で確認しておき、もっとも損がないタイミングで解約できるようにしましょう。

電話番号が変わる可能性がある

ぷらら光の電話を利用しており、電話の解約やインターネットサービスの光回線を解約する場合は、アナログ回線に戻さなければなりません。

回線を元に戻す場合は、固定電話の番号が変更になってしまうことがあるため、この点には注意が必要です。

解約の際には電話番号が変更にならないかを確認し、変わる場合は変更せずに済む方法がないか聞いておきましょう。

加入電話やINSネットが使えなくなることがある

ぷららで加入している電話サービスやINSネットなどのサービスは、ぷらら光を解約することで利用できなくなる場合があります。

電話サービスなどは、ぷらら光に付随するものであり、大元のぷらら光を解約することで、付随するそれらが使えなくなる可能性があります。

電話サービスなどを継続して利用したいなら、NTTに連絡したり、ぷららダイヤルにて利用の申し込みをしたりする必要があります。

光コラボに変更する場合は事業者変更を行う

他社乗り換えで変更先が光コラボの業者であるなら、事業者変更を行うことでスムーズに乗り換えができます。

事業者変更なら現在使用している設備のまま、契約先だけが変更になるため乗り換えの手間がほとんどかかりませんが、光コラボ以外の業者に乗り換える場合は注意が必要です。

乗り換え先が光コラボ以外の場合は事業者変更はできません。この場合は一度ぷらら光の退会手続きを行い、その後新規光回線の開通手続きが必要です。

インターネット回線自体も新たに設置する必要があるため、回線工事が必要であり、費用や手間ともに事業者変更よりもかかってしまうので注意しましょう。

引越しするときは

現在ぷらら光を利用していて、引越しをしなければならない場合は、引越し後の利用状況に応じた手続きが必要です。

手続きをしないとサービスの継続利用ができないだけではなく、解約が完了せずに余分な費用を請求される可能性があるため、手続きは必ず行いましょう。

引き続きぷららを利用する場合は変更手続きが必要

引越し先でもぷららのサービスを継続利用したいなら、住所などの登録情報の変更手続きをしなければなりません。

変更手続きをしないままに引越しをしてしまうと、新居でぷららのサービスが利用できなくなってしまいます。

引越し先での利用を考えていないなら、事前に解約手続きを行い、退会まで済ませておきましょう。

変更手続きの方法

引越し先でも継続してぷららのサービスを利用したいなら、変更手続きが必要です。変更手続きは、大きく次の2つの方法で行います。

  • 利用しているサービスを確認する
  • 3つの手続きを行う

変更手続きはきちんと行い、引越し後もスムーズにサービスを利用できるようにしておきましょう。

利用しているサービスを確認する

まずはぷららでどのサービスを利用しているのか、使っているものをすべて確認しておきましょう。

ぷららが提供するサービスは、インターネットの場合は、ぷらら光やドコモ光があり、他にもテレビや電話などの数多くのサービスがあります。

それぞれで手続きの方法や窓口が違うため、何を利用しているかをチェックして、手続き先を確認しておかなければなりません。

3つの手続きを行う

利用しているサービスを確認した後は、それぞれの窓口で次の3つの手続きを行います。

  • インターネット接続回線の移転の手続き
  • ぷららの登録情報の変更
  • 支払い方法の再登録

これら3つの手続きを行うことで、引越し先でも継続してサービスが利用できます。

ぷららを解約する方法はプランやサービスによって異なる

複数のサービスを提供しているぷららは、利用しているプランやサービスによって解約の方法が異なります。

スムーズに解約するためにも、自分はどれを利用しているのかチェックしておき、サービスやプランごとの解約方法を把握しておきましょう。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
ソフトバンク光公式代理店

公開日時 : 2020年02月01日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。

関連キーワード