WiFiとはなに?何の略?WiFiの仕組み・使い方・違いを世界一わかりやすく解説

WiFiとは何なのか、何の略なのかをわかりやすく解説!WiFiがつながる仕組みやWiFiの使い方、おすすめのWiFiルーターを初心者向けにまとめました。WiFiと無線LANの違いがわからない方も必見です。
【公式】カシモWiMAX WiFiとはなに?何の略?WiFiの仕組み・使い方・違いを世界一わかりやすく解説

「携帯会社から勧誘を受けたけれども、WiFiについてほぼ知らない」「WiFiのメリットがわからない」などと導入することを迷っていませんか。

WiFiはネットを利用するために必要なもので、自宅だけでなく、街中でも利用できるメリットがあります。この記事では、そんなWiFiに関する基礎知識やメリットを紹介しましょう。

ほかにも、WiFiとWiMAXの違いや、つながりにくいときの対処方法だけではなく、WiFiのデメリットや使用するときの手順、ルーターの選び方なども取り上げます。

WiFiについて知識を深めたい人やWiFiの導入を失敗したくない人などは、参考にしてください。

WiFiに関する基礎知識

WiFiはインターネット接続に必要なものですが、どのような意味があり、使うために必要なものはあるのでしょうか。

ここでは、「WiFiについてほぼ知らない」という人に向けて、WiFiに関する基礎知識を紹介します。

WiFiの意味とは

「Wireless Fidelity」の「Wi」と「Fi」をとった「WiFi(ワイファイ)」は、簡単に説明するとWiFiは無線LANの一つの種類です

厳密には、違うメーカーの無線LAN機器でも、互換性があれば問題なく接続できることを保証するマーク・ブランド名ですが、一般的には「WiFi=無線LAN」として定着しています。

WiFiを利用することで、スマホに保存した画像をプリンターで印刷できたり、パソコンに保存した音楽を他の部屋で視聴できたり、あらゆるWiFi対応家電と連携することが可能です。

「WiFi=無線LAN」ではなく、有線LANの場合、速度は速い傾向にあるものの、ケーブルが届く範囲にしか設置できず、対応機器が限られています。

WiFiの規格とは

WiFiには様々な規格があり、規格ごとに周波数帯や通信速度が違います。親機と端末の両方が同じ規格に対応していないと通信は行えません。

WiFiの最新の規格は、11ax(5GHz帯/2.4GHz帯)です。現在の主流は、スマホにも採用されている11ac(5GHz帯)です。

2.4GHz帯は、障害物に強く遠くの部屋にも届きやすい特性となっており、5GHz帯は高速で通信でき、電波が途切れにくい特徴があります。

自宅でWiFiを使うために必要なもの

自宅でWiFiを使用するためには、固定のインターネット回線とWiFiルーターを用意しましょう。WiFiルーターとレンタルされたモデムをLANケーブルでつなげば、WiFi環境を構築できます。

また、WiFiホームルーターという種類であれば、工事することなくコンセントにつなぐだけでインターネットを利用できます

複数人が一緒に利用できるため、家族全員でインターネットを使いたい人にもおすすめです。

自宅以外でWiFiを利用できる場所

WiFiは、ショッピングモールやカフェ、駅など、フリーのWiFiスポットがあれば利用できます。

ただし、ログインしたり、パスワードを入力したりする手間がかかります。スマホのキャリアによっては、ユーザー限定のWiFiスポットもあり、無料で利用可能です。

持ち運びのできるWiFiルーターを利用すれば、外出先でネットを接続できます。それらのWiFiルーターは通称モバイルWiFiルーター、またはポケットWiFiとも呼ばれています。

「外出先でもたくさんネットを利用したい」という人は、フリーのWiFiスポットやポケットWiFiを活用しましょう。おすすめのモバイルWiFiを紹介していますので、是非チェックしてみてください!

WiFiをスマホで繋ぐには

テザリング機能を利用すれば、スマホをWiFiルーター代わりにして、モバイル通信機能のないノートパソコンやタブレットなどをインターネットにつなげます。

テザリングの弱点は、モバイル通信のパケットが消費されるため、使いすぎると速度制限を受ける可能性があることです。とはいえ、テザリング機能はないよりもあった方がよい便利な機能といえるでしょう。

WiFiを導入するメリットとデメリット

WiFiには様々なメリットがありますが、同時にいくつかのデメリットもあります。ここでは、WiFiを導入するメリットとデメリットを解説します。

WiFiを導入するメリット

WiFiを導入するメリットは、次の通りです。

  • LANケーブルを用意する必要がない
  • LTEの通信料が節約できる
  • 様々な機器と接続できる

それぞれの詳細を見ていきましょう。

LANケーブルを用意する必要がない

WiFiは、無線でインターネットに接続できます。LANケーブルで接続する必要がないことは大きなメリットでしょう。

今のようにWiFiが普及する前は、LANケーブルをパソコンにつなぐことでインターネットを利用できました。

WiFiの場合、無線でインターネット接続ができるため、スマホ、パソコン、タブレットを同時に接続することも簡単にできます。ケーブルが部屋の中で邪魔になることも減少するでしょう。

LTEの通信料が節約できる

WiFiを利用することで、スマホのLTEの通信料を節約できることもメリットです。

外出先ではLTE、自宅ではWiFiと使い分ければ、LTEのデータ通信料の消費を抑えられるでしょう。「すぐに速度制限になってしまう」という人は、WiFiの導入をおすすめします。

様々な機器と接続できる

WiFiは、スマホやパソコンだけではなく、他の機器とも接続できます。

  • プリンター
  • レコーダー
  • テレビ
  • ゲーム機 など

こうした機器やデジタル家電などに接続でき、ケーブルがなくても様々な機能を利用できることもメリットです。

ポケットWiFiのデメリット

外出先でもネットをつなげられるとても便利なポケットWiFiにも、いくつかデメリットがあります。

まず、対応エリアと未対応エリアがあり、未対応エリアでは利用できないことです。基本的にはスマホとほとんど同じエリアに対応していますが、利用前に必ず確認しておきましょう。

また、通信会社によっては「3日=3GB」までといった通信制限を設けている可能性もあります。

そのため、快適にネットを利用できないかもしれません。さらに、ポケットWiFiのバッテリーがなくなってしまうと利用できないため、残量には注意が必要です。

公衆無線でWiFiに接続するデメリット

公衆無線でWiFiに接続する際も、いくつかデメリットがあります。無料WiFiは、回線速度が遅かったり、急に途切れたりする可能性があり、利用しやすいとはいえません。

また、セキュリティに不安があり、メールアドレスの登録が必要なケースもあります。公衆無線でWiFiに接続する際は、信頼できる提供元の公衆無線LANを探しましょう。

セキュリティが設定されていないWiFiの場合、第三者が無断で接続できてしまう場合もあります。クレジットカード情報やアドレス帳などを見られてしまったら大変です。

セキュリティありの場合は不正アクセスを防止し、安全で快適なWiFiを利用できるでしょう。

WiFiホームルーターのデメリット

コンセントにつなぐだけでインターネットを利用できるWiFiホームルーターも、デメリットはあります。

デメリットは、ポケットWiFiのように持ち運びできないことです。登録した住所以外で利用することは、規約違反でもあります。

また、光回線と比べた場合、パソコン・スマホからファイルをアップロードする「上りの通信速度」が速くありません。

さらに、プランによって通信量が異なり、オーバーしてしまうと通信制限になることもデメリットです。

WiFiとWiMAXの違いとは

インターネットに接続する方法について調べていると、WiFiだけではなく、「WiMAX」という言葉もよく見かけないでしょうか。WiMAXは「Worldwide Interoperability for Microwave Access」の略称です。

どちらも、インターネットに接続するための方法ではありますが、通信方式や通信速度などに違いあります。ここでは、WiFiとWiMAXの違いについて詳しく紹介します

通信方式と対象範囲が違う

WiMAXは「WAN」(Wide Area Network)という通信方式で、ネットワークを結ぶ対象範囲が広いです。一方、WiFiの通信方式は、「LAN」(Local Area Network)で、限定的な範囲でネットワークを結びます。

つまり、WAN技術は広域な提供エリアで使うことができ、LAN技術のW-iFiは家の中など限られた場所でしか使うことができません。こうした通信方式と対象範囲は、WiFiとWiMAXの大きな違いです。

ちなみに、モバイルWiFiルーターやポケットWiFiルーターといった持ち運べるルーターは、WANとLAN両方の技術を使っています。

通信速度が違う

通信速度も、WiFiとWiMAXの違いです。最新ルーターの場合、WiMAXは708mbpsの高速通信に対応していますが、WiFiの通信速度は612mbpsのため、WiMAXよりも速くありません。

またWiMAXの最新ルーターは、「au 4G LTE」にも対応しています。通信速度を気にしている人は、WiMAXの契約も視野に入れましょう。

こちらの記事では、WiMAXレンタルおすすめ業者をご紹介しています。WiMAXが気になる方はレンタルで試してみて、速さを体感してみてはいかがでしょうか

WiFiルーターの選び方

WiFiルーターの選び方のポイントは、次の通りです。

  • 規格は最大通信速度の速い11ac
  • ビームフォーミング機能がついている
  • 同時に接続できる台数が多い

それぞれの詳細を紹介します。

おすすめ|規格は最大通信速度の速い11ac

WiFiの規格はいくつかあり、それぞれで最大通信速度が異なります。

  • IEEE802.11b:11Mbps
  • IEEE802.11g:54Mbps
  • IEEE802.11a:54Mbps
  • IEEE802.11n:600Mbps
  • IEEE802.11ac:6.9Gbps

「11ac」は速い速度で通信が可能であり、ギガにも対応しています。最新のスマートフォンやタブレットであれば、WiFiの規格は「11ac」を選びましょう。デジタル家電を接続する場合は、5GHz帯のWiFi通信規格に対応しているモデルがおすすめです。

おすすめ|ビームフォーミング機能がついているWiFiルーター

ビームフォーミング機能がついているWiFiルーターは、通信速度や安定性を高めます。

ビームフォーミングは、受信する端末の場所を特定し、そこへの電波が強くなりますので、通信速度が速くなり、電波干渉も少なくなります。

通常のWiFiルーターの場合、一定エリアに360度電波を発生させる仕組みです。

一方ビームフォーミングは、複数のアンテナから電波を発生させ、受信端末の場所に集中して電波を届けられます。

だからこそ、ルーターから離れた場所でも通信が安定して、距離による速度低下を回避することが可能です。

具体的なビームフォーミングの効果は、次の通りです。

  • 電波受信可能エリア:3~4割程度広がる
  • 通信速度:約150%速くなる

こうした効果があるからこそ、ルーターの設置場所が1階で、端末を2階で利用するときでも、快適にWiFiを利用できます。

またビームフォーミングは、ルーターだけではなく、基本的には端末も対応したものでないと利用はできませんので、事前に確認しておきましょう。

おすすめ|同時に接続できる台数が多いWiFiルーター

同時接続台数の多いルーターを選べば、順番待ちが起こりにくく、快適にネットを利用できます。使う人数に合ったルーターを選ぶことは、非常に重要です。

推奨利用端末数の多いルーターならば、家族みんなで使えます。

12台以上の機器を接続する場合は、アンテナの本数が多い3×3以上のモデルであれば、安定した高速通信が可能です。

また、WiFiルーターは最新の機種ほど、インターネットへの接続スピードは高速で安定します。そのため、機種はできるだけ新しいものを選びましょう。

WiFiを使用するときの手順

WiFiを使用するときの手順は、自宅にWiFiルーターを置く場合やポケットWiFiを契約する場合、スマホを使ってテザリングする場合、外出先でフリーWiFiを使う場合などによって異なります。

それぞれのWiFiを使用するときの手順を見ていきましょう。

自宅にWiFiルーターを置く場合

自宅にWiFiルーターを置く場合、インターネット回線の契約が必要です。固定回線工事が未施行だった際は、開通工事もしなければなりません。

WiFiを使用するときに必要な機器は、インターネット回線の信号を変換するモデムと、インターネット回線を無線LANとして飛ばすルーターです。ルーターは購入するだけではなく、レンタルも可能です。

ポケットWiFiを契約する場合

ポケットWiFiを契約する際は、電気屋や携帯ショップだけではなく、公式サイトからでも簡単に申し込めます。申し込む際は、基本情報の入力やSIMの契約やプランの選択などを求められます。

ネットで申し込んだケースでは、1週間前後自宅に届くまでに時間がかかるでしょう。

届いたら、インターネット通信をするために必要不可欠なSIMカードをポケットWiFiに挿入します。携帯ショップなどで契約した際は、自分で対応しないケースもあるでしょう。

SIMカードは非常に小さいアイテムですので、なくさないように注意してください。

続いて、ポケットWiFiに電源をつけて、WiFiをつなげましょう。その際、SSIDとパスワードの確認が必要です。

なぜなら、たとえばiPhoneでWiFiをつなげる場合、「WiFi」から本体に書かれているSSIDをタップし、パスワードを入力する必要があるからです。

他のスマホやパソコンなどでも、パスワードの入力を求められます。

こちらの記事では、おすすめのポケットWiFiをご紹介しています

スマホを使ってテザリングする場合

スマホを使ってテザリングする場合、準備するものはスマホとWiFiに接続したいものだけです。

スマホは、iPhoneとAndroidの両機種で使用できます。しかし、キャリアによっては事前にオプションに加入しないと設定できませんので、注意しましょう。

契約しているプランによっては、どのキャリアでも無料利用できます。

テザリングがうまくつながらない時は、スマホの機内モードが「オフ」になっているかチェックしましょう。機内モードになっている場合、インターネットに接続されておらず、テザリング機能を利用できません。

また、スマホのテザリングが「オン」になっているのかもチェックしてください。

テザリングがうまくつながらない時は、テザリングの接続数上限やパスワードを正しく入力しているのかもあわせて確認しておきましょう。

外出先でフリーWiFiを使う場合

フリーWiFiを使う場合は、事前登録が必要なもののとそうではないものがあります。登録不要のフリーWiFiであれば、指定のSSID名を選択し、利用規約に同意するだけで利用可能です。

しかし、店舗によっては接続時間が定められています。

事前登録が必要なフリーWiFiは、基本的にはメールアドレスを登録します。制限時間や登録の有効期限などは店舗ごとに異なりますので、事前に確認しておきましょう。

「会員登録など面倒なことはしたくない」という人は、フリーWiFiに自動で接続できるアプリをインストールすることをおすすめします。

フリーWiFiに上手に接続できない際は、一度「オフ」にして再接続してみましょう。SSIDを一度削除して、ネットワーク設定を再度行うこともおすすめです。

また、フリーWiFiは混み合っている時間帯に接続しづらい可能性もありますので、混み合う時間帯を回避して利用してみましょう。

フリーWiFi利用時の注意ポイントは、暗号化・SSL化されているかどうかチェックすることです。なぜなら、暗号化・SSL化されていない場合、人の画面を簡単に見ることができてしまうからです。

誰かがのぞき見ている可能性もあるため、個人情報の入力も避けるようにしましょう。

WiFiが繋がりにくいときの対処法

WiFiが繋がりにくいときは、ルーターの場所を移動する、もしくは周波数帯を切り替えましょう

ここでは、WiFiが繋がりにくいときの対処法を詳しく紹介します。

ルーターの場所を移動する

スマホ・パソコンなどを使っている場所とWiFiルーターを置いている場所の間に障害物がなければ、つながりやすいです。また、窓際などの電波を拾いやすい場所でも、つながりにくさを解消できるでしょう。

電波が入りづらい場所は、風呂場や台所などの水回りです。電波は、水を通過しくい性質があるからです。

また、WiFiルーターにカバーをかけたり、情報分電盤の中に設置したり、床に直に置くことも避けてください。

ルーターの直置きは、電波が床面に反射して通りが悪くなり、速度の低下につながります。電波が室内に広がりやすくなるように、床・天井など壁面から離れた位置に置きましょう。

住んでいる環境のせいでWiFiルーターをよい場所に置くことが不可能な人は、WiFi中継器を利用しましょう。WiFi中継器をルーターと通信機器の間に置くことで、電波を届きやすくさせます。

WiFiルーターを設置する時と同じように、水回りや障害物に注意して置くようにしてください。

周波数帯を切り替える

WiFiの「周波数帯」を変更することで、つながりにくさを解消できます。2.4GHz帯の場合、電波干渉が多く速度は遅いものの、障害物に強いです。

5GHz帯であれば、障害物に弱いものの、速度が速く電波干渉は少ないです。

こうした周波数帯ごとに異なった特徴があるからこそ、電波が障害物によって遮られやすい場合は2.4GHz帯、見通しのいい場所では5GHz帯を利用しましょう。

設定方法は製品によって違いますが、ブラウザからアクセスできる「管理画面」から切り替え可能です。

こちらの記事では、WiFiの接続が悪いやエラーになった場合の原因と対処法を解説しています

WiFiで快適にインターネットを楽しもう

無線LANであるWiFiは、LANケーブルを用意する必要がなく、LTEの通信料を節約でき、様々な機器と接続できるため、非常に便利です。

また、自宅以外でWiFiを利用できる場所もあるため、外出先でたくさんネットを利用したい人にもおすすめです。

WiFiルーターを選ぶ際は、最大通信速度の速い11ac規格で、ビームフォーミング機能がついているものをチェックしましょう。同時に接続できる台数が多いタイプであれば、より便利です。

選び方のポイントを参考にWiFiを利用して、快適にインターネットを楽しんでみてください。

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2020年03月10日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。

関連キーワード