JCOM_iPhone7

フレッツ光から光コラボに転用するメリット・デメリット|おすすめ光コラボ・キャンペーン

人気の光回線「フレッツ光」は、今となっては他に比べて料金が高くなってしまいました。しかし光コラボに転用すると、他に乗り換えるよりメリットが多いといいます。ここではフレッツ光と光コラボ、転用についてその基礎からおすすめポイントを解説します。
【公式】カシモWiMAX フレッツ光から光コラボに転用するメリット・デメリット|おすすめ光コラボ・キャンペーン

フレッツ光はNTT西日本・東日本が提供する光回線です。

フレッツ光を転用するとより月額料金はお得になるのですが、「速度が遅くなる?」「本当に料金は安くなる?」「お得なキャッシュバックキャンペーンを見逃していない?」と不安になってしまうかもしれません。

今回はフレッツ光から光コラボに転用するメリット・デメリットやおすすめの光コラボをご紹介していきたいと思います。ぜひご一読ください。

フレッツ光の転用とは?|光コラボへの乗り換え

光コラボはNTT以外の通信事業者がフレッツ光を使ったインターネット接続サービス(プロバイダ)をいいます。

転用とは、光回線はフレッツ光のままで、プロバイダを光コラボに変更する手続きです。光コラボに転用すれば、フレッツ光の合計利用料より安い料金になり、コストは安く抑えられます。

転用の手続きは他回線の乗り換えより簡単ではあっても、一定の手順が必要で、メリットだけでなくデメリットもあります。

ここではそんな光コラボへの転用について詳しく解説します。

おすすめのフレッツ光転用先をチェックする!

光コラボへ転用するメリット|月額料金・工事費用

光コラボへの転用をおすすめする理由は、安い料金だけではありません。実際に使う上でも他の光回線にはない独特のメリットがあります。

月額利用料が安くなる

光コラボ転用の一番のメリットは、フレッツ光より月額利用料が安いことです。

比較すると光コラボは1,300円から1,500円ほど違います。

  戸建タイプ マンションタイプ
フレッツ光(東日本エリア) 5,700円 3,850〜4,850円
フレッツ光(西日本エリア) 5,400円 3,750〜4,850円
OCN光 5,100円 3,600円
So-net光プラス 5,580円 4,480円
ぷらら光 4,800円 3,600円
エキサイト光 4,360円 3,360円
ドコモ光 5,200円 4,000円
ソフトバンク光 5,200円 3,800円
@nifty光 4,500円 3,400円
ビッグローブ光(3年プラン) 4,980円 3,980円
AsahiNet 光 5,180円 4,080円
IIJmioひかり 4,960円 3,960円
@スマート光 4,300円 3,300円

※「フレッツ光」には、プロバイダ利用料(戸建タイプ:1,100円、マンションタイプ:900円)を含む

工事費用は必要ない

フレッツ光から光コラボへの転用には、数千円の事務手数料はかかるものの、同じ光回線なので回線工事は発生しません。

元のフレッツ光の工事費用を分割で支払っている途中で転用する場合、その残額は光コラボに引き継がれるため、その後も支払わなくてはなりませんが、プロバイダによって光コラボが残額を負担する場合もあります。

IDや電話番号をそのまま引き継げる

同じ回線を使うので、フレッツ光の契約情報は転用しても、そのまま光コラボへ引き継がれます。

引き継がれるのは、フレッツ光の「お客様ID」と電話がかかってくるときの「ひかり電話番号」です。

このおかげで転用は、友人や親戚などへ電話番号を連絡したり、クレジットカードなどの登録を変える必要がなく、光コラボへスムーズに移行できるのです。

モデムやルーターをそのまま引き継げる

同じ回線だということは、それまで使っていたモデムやルーターも返却することなく、転用後もそのまま利用できるということです。

転用は機器を設置し直したり、設定を変更する手間もありません。

インターネットに接続できない期間がない

フレッツ光を、違う光回線に契約し直すと、フレッツ光の解約・利用停止と新しい光回線の開通の時期はずれるため、利用停止が先になると、その後開通までインターネットが使えなくなります。

通常、光回線の開通には時間がかかり、工事担当者のスケジュールなど思うような日程で完了できるのは稀で、それを利用停止と同時に完了するのは至難の技です。空白の期間ができてしまうのも仕方ありません。

しかし、転用では、元の契約が解約・利用停止すると同時に光コラボへ自動的に接続されます。

空白の期間はありませんから、普段からよくインターネットを利用している人にとっては大きなメリットです。

スマホとセットで割引になる

最近は多くの光回線が、スマホとの同時利用による「セット割」を導入しています。

光コラボはもともとNTT西日本・東日本提供の回線ですが、ドコモだけでなくauやソフトバンクとのセット割もあります。

  セット割の内容
フレッツ光 なし
ドコモ光 対応キャリア:ドコモ 月額100円〜3,200円割引
ソフトバンク光 対応キャリア:ソフトバンク・ワイモバイル 月額500円〜1,000円割引
ビッグローブ光 対応キャリア:au 月額500円〜1,000円割引

うれしいのは、この割引が家族として登録されているスマホ全てに適用されることです。

例えば家族3人でauのスマホを使っていたら、最大で月額3,000円、年間36,000円もお得になります。

そもそもフレッツ光にセット割がないので、転用するだけでかなりのコストダウンが見込めることは、大きなメリットです。

おすすめのフレッツ光転用先をチェックする!

光コラボへ転用する方法|契約手順を1から解説

フレッツ光と光コラボは同じ光回線を使っているため、異なる光回線どうしの乗り換えに比べ、手続きはかなり簡単です。

しかし、それゆえに転用にしかない珍しい手順もあるので、丁寧に手続きする必要があります。

契約書を準備する

転用には今利用しているフレッツ光の「お客様ID」が必要です。開通時に送られてきた契約書があればそれを用意し、お客様IDを確認しておきましょう。

契約書がない場合は、フレッツ光の会員専用ヘルプデスクに連絡すれば再発行できます。ヘルプデスクは年末年始を除く毎日、9時から17時まで受け付けており、携帯電話からも利用できます。

転用承認番号を取得する

「転用承認番号」とは、転用するための「予約番号」または「整理券」のようなものです。転用先の光コラボが以前の契約を特定・確認するために使います。取得はフレッツ光の契約元であるNTTへ依頼します。

転用承認番号は、電話もしくはWebサイトで取得できます。同じNTTとはいっても利用する地域によって契約元は「NTT西日本」「NTT東日本」に分かれます。電話番号やWebサイトも全く違うので注意しましょう。

  電話番号
NTT西日本 0120-553-104
NTT東日本 0120-140-202

契約する光コラボ事業者への申し込みをする

転用承認番号を取得したら、乗り換える光コラボへ申し込みます。

転用承認番号の有効期間は15日間と比較的短いため、新規申し込む日に転用承認番号を取得するか、できるだけ早めに申し込むようにしましょう。

申し込みは光コラボの取扱店舗でもできますが、手続きに時間がかかる場合があるので、Webサイトの利用がおすすめです。

各種接続設定を行う

申し込みが完了したら、およそ1週間後に光コラボから書類が届きます。書類には光コラボの接続設定に必要な接続IDとパスワードが記載されているので、設定完了後も大切に保管しましょう。

また、プロバイダによっては、希望すれば無線LAN付きのルーターなど接続機器が届く場合があります。取扱説明書に従って正しく設置・設定しましょう。

以前契約していたプロバイダを解約する

光コラボに接続できたら、最後にこれまで契約していたプロバイダの解約手続きをします。

手続き方法や手順はプロバイダによって異なるため、公式Webサイトなどで確認しましょう。

おすすめのフレッツ光転用先をチェックする!

おすすめ光コラボ3選

最後に、メリットごとのおすすめ光コラボを紹介します。

それぞれ大きなメリットがありますが、その1点だけにとらわれることなく、より具体的に、総合的に判断するのが大切です。

月額利用料が安いビッグローブ光

ビッグローブ光の最大のメリットは月額利用料の安さです。2つあるプランのうち3年プランでは、戸建タイプで「4,980円」、マンションタイプなら「3,980円」と、他社と比較しても最安クラスです。

ビッグローブ光の月額料金

ビッグローブ光 月額料金
戸建て 4,980円
マンション 3,980円

ビッグローブ光の月額料金は、戸建てが4,980円、マンション・アパートが3,980円となっています。

基本は3年契約とやや長いので、既に光回線を使ったことのある方やインターネット環境が必須な方におすすめです。

ビッグローブはau傘下のため、auスマホを使っているとスマホ代が割引されます。

出典:ビッグローブ光

auスマホとビッグローブ光をセットで契約すると、スマホ代が安くなるサービスです。

au携帯の料金プランによって割引額が変わりますが、スマホ向けプランの場合は毎月500円~1,000円ほど割引されます。

最大10回線まで割引が適用されるため、一緒に暮らす家族だけでなく、離れて暮らす家族・親戚まで割引になるのです。

【ビッグローブ光】最新キャンペーンはこちら

ビッグローブ光のキャッシュバックキャンペーン

キャッシュバックも25,000円全額か、18,000円+WiFiルーターかを選ぶことができ、その上転用なら工事費もかかりません。

またauスマートバリューの対象プロバイダなので、同時に利用すればauスマホが最大2年間割引され、トータルのコストを抑えてくれます。

ビッグローブ光のお申し込みはこちら

豊富なプロバイダから選べるドコモ光

出典:ドコモ光

プロバイダにこだわりがあるなら、24ものプロバイダが利用できるドコモ光がおすすめです。

ただし、プロバイダによって月額料金が異なるので、慎重に選ぶ必要があります。

ドコモ光の月額料金

ドコモ光 月額料金
戸建て 5,200円
マンション 4,000円

ドコモ光は戸建ての場合が5,200円、マンション・アパートの場合が4,000円となっています。

光回線としては平均的な月額料金ですが、契約年数によって料金が変わらない点は1つの魅力です。

ドコモのスマホを使っている場合は、「ドコモ光セット割」で家族全員のスマホ代が最大1,000円/月×人数分割引になります。

出典:ドコモ光

スマホ向けの「ギガホ」「ギガライト」なら永年1,000円割引、ガラケー向けの「カケホーダイ&パケあえる」なら毎月100円~3,500円割引です。

4人家族全員がギガホかギガライトを使っていた場合、1,000円×4人で4,000円安くなります。家族でドコモを使っているなら、ドコモ光が最も安くておすすめです。

【ドコモ光】最大2万円キャッシュバックはこちら

マンション住みの方におすすめのOCN光

マンションタイプでいうと、2年自動更新型割引を適用したOCN光の月額3,600円であればコストをかなり抑えられます。

特に光回線初心者には、セキュリティやサポートがパックになった「おまかせマルチパック」(月額950円)がより安全、快適なインターネットライフを約束してくれます。

OCN光の月額料金

OCN光 月額料金(割引適用後)
戸建て 5,100円
マンション 3,600円

OCN光の月額料金は、戸建てが5,100円、マンションが3,600円です。

通常の月額料金はそれぞれ6,200円と4,700円ですが、割引で月1,100円づつ安くなっています。適用されている割引は、「OCN光2年自動更新型割引」です。

名前の通り、2年自動更新にすることで月額料金が安くなります。年間1万円以上も安くなるため、今後引越しの予定がない方は2年自動更新がおすすめです。

【OCN光】最新キャンペーンはこちら

▼こちらの記事では、最新光コラボのおすすめ5選をご紹介しています。

光コラボへ転用する際のデメリット・注意点

光コラボへの転用にあるのはメリットだけではありません。次のようなデメリットがあることを十分理解し、しっかり対処しておきましょう。

継続できないサービスがある

転用してもひかり電話やリモートサポートサービスなど引き続き利用できるサービスがある一方、次のサービスのように転用後に継続できないサービスもあります。

光コラボへ転用後に継続できないサービス

  • フレッツメンバーズクラブ:ポイントがもらえたり料金が割引されるといった会員制のプログラムサービスです。転用するとポイントはなくなってしまいますから転用前に忘れず使い切りましょう。
  • フレッツ・まとめて支払い:対応するショップでからの請求を毎月のフレッツ光の請求と合算できるサービスです。同時にフレッツ・パスポートIDも利用できなくなります。
  • フレッツ・マーケット
  • フレッツ・ソフト配信サービス
  • 光iフレーム2(レンタル)
  • フレッツ・VPNワイド:光コラボの提供する光アクセスサービスが、フレッツ 光ネクスト ファミリー・ギガラインタイプ、マンション・ギガラインタイプ相当の場合のみ
  • 光ステーション:プロバイダが変更される場合、光アクセスサービスのタイプ変更などが伴う場合は継続できないことがあります。

メールアドレスが使えなくなる

光回線を契約すると、通常そのプロバイダのメールサーバーを使った独自のメールアドレスが割り当てられます。

そのため、もとのプロバイダから光コラボに転用するとプロバイダが変更され、それまで使っていたメールアドレスが使えなくなります。

プロバイダによっては、月額数百円料金を上乗せすれば、メールアドレスを使えるオプションもありますが、これを機会にGmailなどWebメールサービスへ変更すれば、料金はかかりません。

違約金が必要になる場合がある

転用手続きはもともと使っていた光回線を解約するわけではないので、更新月以外であっても光回線契約に関する違約金は発生しません。解約ではなく「契約変更」とされるのです。

ただ、転用に伴って解約するプロバイダによっては、プロバイダの契約年数についての違約金が発生する場合があります。次の表は違約金が発生するプロバイダの一部です。

  違約金が発生する期間 違約金の金額
ビッグローブ 2年間 5,000円
OCN 2年間 5,000円
楽天ブロードバンド 1年間 5,000円

光コラボに転用して利用料を節約しよう

以前は光回線の選択肢は決して多くなく、フレッツ光が最適だったかもしれませんが、今はサービスも増え内容もそれぞれ異なる点でパワーアップしています。より安くより使いやすいものもきっとあるでしょう。

特に光コラボなら、同じ光回線を使うため設置工事は必要なく費用もかかりません。さらに月額利用料が安くなるとなれば転用しない理由がありません。キャッシュバックやセット割を使えばもっとお得になります。

メールアドレスが使えなくなるなどのデメリットにきちんと対処すれば光コラボは快適なネット環境を今までより安く実現できます。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
ソフトバンク光公式代理店

公開日時 : 2019年11月29日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。

関連キーワード