• インターネット
  • 更新日:2023年10月04日

一人暮らしのインターネット回線は何がおすすめ?料金相場や選び方・安くする方法も解説

一人暮らしのインターネット回線は何がおすすめ?料金相場や選び方・安くする方法も解説

※当記事はPRを含みます。詳しくはこちら
※カシモWiMAXは株式会社マーケットエンタープライズの関連会社、株式会社MEモバイルが運営しています。

一人暮らしを始めるにあたり、「インターネット環境を整えるべきなのか」「回線契約をどうすればよいのか」悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

インターネットは回線の種類によって速度や料金相場が変化します。そのため、特徴やメリット・デメリットを把握したうえで自分にあった回線を選ぶことが大切です。

この記事では、光回線・ホームルーター・ポケットWiFi、テザリングの特徴や料金相場、導入手順などを詳しく解説しています。

どの回線を選べばよいのか悩んでいる方や、そもそも一人暮らしにインターネットは必要か迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

カシモWiMAXなら
5Gプランが業界最安級!
\価格.com 人気ランキングで1位獲得/
カシモWiMAX"

Amazonギフト券10,000円が必ずもらえる!

期間中に当サイト経由でカシモWiMAXを契約すると、Amazonギフト券10,000円が必ずもらえます。

さらに月額料金は、初月1,408円(税込)、1ヵ月目以降はずっと料金が変わりません

引っ越しやテレワークですぐにネットを使いたい方は、カシモWiMAX公式サイトをチェックしましょう。

 
一人暮らしにおすすめのネット回線を今すぐチェック!
ホームルーター
ポケットWiFi
光回線

目次

【結論】一人暮らしにおすすめのネット回線はこれ

カシモWiMAX

※カシモWiMAXは株式会社マーケットエンタープライズの関連会社、株式会社MEモバイルが運営しています。
※月額4,378円(税込)のプランは受付終了し、新プランへ移行しました。

一人暮らしでインターネット環境を整えるなら、コスパが良く工事不要で使える「カシモWiMAX」がおすすめです。

おすすめポイント

  • 月額料金が業界最安級
  • 工事不要!外出先でもWiFiが使える
  • au・UQモバイルとセット割でお得
  • Amazonギフト券10,000円がもらえる

カシモWiMAXはデータ実質無制限で利用できるWiMAXの中でも、業界最安級の月額料金です。

即日発送に対応しているため、忙しい引っ越し時期でも端末が届いたその日からすぐに利用可能です。さらに、光回線のように高額な工事費用がかからず、開通までの待ち時間もありません。

小型の本体は携帯しやすく、自宅はもちろん学校や職場、外出先でも思う存分WiFi接続でインターネット通信が楽しめます。

引っ越先でもすぐに利用できるので、今後引っ越しの予定がある一人暮らしの方には特におすすめです。

(税込) 縛りなし
SA端末プラン
月額料金 4,818円
端末代(36回) 770円/月
端末分割払い
サポート(36回)
-770円/月
合計 4,818円

auまたはUQのスマホを持っていればスマホセット割が適用され、月々最大1,100円(税込)割引されます。

今なら当サイトからのお申し込みで、Amazonギフト券10,000円分がもらえるキャンペーンを実施中です。この機会にぜひご検討ください。

Amazonギフト券10,000円分が必ずもらえる!

【カシモWiMAX公式】詳細はこちら

一人暮らし用インターネット回線の種類と特徴

一人暮らしで使えるインターネット回線は大きく分けて以下の4種類です。

それぞれの特徴や料金相場、メリット・デメリットを知り、自分の住んでいる住宅環境や用途、予算にあった回線を選びましょう。

1.ポケット型WiFi

ポケット型WiFiがおすすめな人

  • 外出先でもインターネットを使いたい人
  • インターネットの月額料金を節約したい人
  • 帰省や旅行で一時的に使いたい人(短期レンタル)

ポケット型WiFiは、工事不要なので、手元に届いたらすぐにインターネット接続が可能です。中には即日発送対応で、申込後1~2日後にはインターネット環境を構築できるプロバイダもあります。

手のひらサイズのコンパクトな端末なので持ち運びやすく、外出先でもWiFi接続が可能です。

帰省や旅行などで一時的に別の場所でインターネットを利用したい方に向け、短期間のレンタルプランを選べるプロバイダもあります

ポケット型WiFiの料金相場

ポケット型WiFiは、他のインターネット回線と比較して安価なプランを提供しているプロバイダが多く、料金プランによっては月々の通信コストを節約できるのも魅力です。

料金相場は1ヶ月あたり3,000円~4,000円前後で、一人暮らし向けのインターネット環境の中では最安です。

ポケット型WiFiのメリット・デメリット

ポケット型WiFiのメリット・デメリットを比較し、表にまとめました。

メリット デメリット
・外出先でも使える
・工事不要で設定も簡単
・月額料金を抑えられる
・充電が切れると使えなくなる
・エリアに制限がある
・通信制限がある

ポケット型WiFiの最大のメリットは、自宅でも外出先でも手軽にインターネット接続を楽しめることです。

一方で、ポケット型WiFiは無線接続方式のため、電波が届かない山間部では繋がらなかったり、ビル街や人込みなど電波干渉を受けやすい場所では接続が不安定になりやすいといったデメリットもあります。

また、通信制限が設けられているプランもあり、短期間で極端にデータ容量を使いすぎると速度が低下します。一度制限がかかると月末まで解除されないプロバイダもあるため、注意が必要です。

▼おすすめのポケットWiFiはこちら▼

2.ホームルーター(置くだけWiFi)

ホームルーターがおすすめな人

  • 光回線の開通工事ができない
  • 自宅での利用がメインの方
  • 引っ越しが多い
  • ある程度の速度や安定性を求める

ホームルーターは、箱型のルーターをコンセントに挿し、簡単な設定を行うだけでインターネットに接続できるのが特徴です。

光回線のような大掛かりな工事は不要で、端末の到着後すぐにネット環境が整います。光回線に比べて導入費用が節約できるうえ、開通まで時間がかからないのが大きな魅力です。

ポケット型WiFとi同様、無線接続方式のため、周辺の環境に影響されて通信が不安定になる場合もありますが、動画の視聴やスマホゲームも十分楽しめます

ホームルーターの料金相場

ホームルーターの月額料金の相場価格は4,000円前後です。ポケット型WiFiと光回線の中間の価格帯です。


ホームルーター(置くだけWiFi)のメリット・デメリット

ホームルーター(置くだけWiFi)のメリット・デメリットを比較してみましょう。

メリット デメリット
・回線の工事が不要
・ポケットWiFiより速い
・引っ越し後も使える
・速度制限あり
・持ち運びは不可
・光回線より遅い

通信速度は光回線よりやや劣りますが、ホームルーターはポケットWiFiより高速でインターネット通信を楽しめます

ただし、ホームルーターの使用は基本的に登録した住所での使用に限定され、外出先での使用は不可です。(WiMAX機種は別)

ただし、住所変更さえすれば引っ越し先でもすぐに使えます。転勤で引っ越しが多い方や、移転手続きが面倒な方にもホームルーターがおすすめです。

基本的にデータ無制限で使えますが、事業者によっては短時間で容量を使いすぎると通信制限がかかる可能性もあるので注意しましょう。

▼おすすめのホームルーターはこちら▼

3.光回線

光回線がおすすめな人

  • 高速のインターネット通信を楽しみたい
  • ゲームや動画の利用が多い
  • ビデオ通話やオンライン授業が多い
  • 動画編集などクリエイティブな作業が多い

光回線は、光ファイバーを利用し有線でデータ通信を行う方式で、他の回線よりも、高速かつ接続の安定性が高いのが最大の特徴です。

光回線はテレワークやオンラインゲーム、動画や映画の視聴など大容量データを消費する方に適しています。

光回線の料金相場

光回線は、自宅に光ファイバーを引き込んで使う固定回線のため通信の安定性は高いのですが、他のインターネット回線より料金相場が高めです。

料金相場は住宅形態によって異なり、戸建てタイプが月額5,000円前後、マンション・アパートタイプが月額4,000円前後です。

マンション・アパートタイプは、1つの光回線を複数の世帯で共有するため、戸建てタイプより料金の安い事業者が多い傾向です。

光回線のメリット・デメリット

光回線のメリット・デメリットを比較し、表にまとめました。

メリット デメリット
・通信速度が速い
・光電話を利用できる
・速度制限がない
・月額料金が高い傾向にある
・回線の開通工事が必要
・持ち運びができない

光回線の一番のメリットは、通信速度が他の回線より速いことです。上りと下りの速度がともに速いため、遅延やラグが生じづらく長時間の動画再生や対戦型のオンラインゲームも快適に楽しめます。

また、ホームルーターやポケットWiFiのように速度制限がなく、長時間のリモートワークやオンライン会議・授業、対戦型ゲームや、動画の視聴・編集などにも安心して使えるのもメリットです。

ただし、導入には自宅に光回線を引き込む工事が必要なため、開通まで1ヶ月程度時間がかかるのがデメリットです。

マンションやアパートの場合、事前にオーナーや管理組合・管理会社に工事の許可を得る必要がある点にも注意が必要です。

▼おすすめの光回線はこちら▼

4.テザリング

テザリングがおすすめな人

  • インターネットの利用頻度が少ない
  • 大容量の通信を行わない
  • 回線を契約しないで通信したい

テザリングとは、スマホに搭載されている機能の1種で、契約中のスマホのデータ通信量をPCやタブレットなど他のデバイスと共有する仕組みです。

モバイルデータ通信対応のスマホをルーターとして使用し、PCやタブレット端末をインターネットに接続します。

テザリング機能搭載のスマホさえあれば、インターネット回線を別途契約する必要がなくWiFi環境がない外出先でも手軽にインターネット接続が楽しめます

ただし、auやソフトバンクなど一部のキャリアは、テザリングの使用にあたり申し込み手続きが必要です。

テザリングの料金相場

テザリング機能を使うためには、スマホのモバイル通信契約が必要です。大手キャリアや格安SIMでは非常に多くのプランが用意されており、料金相場は一概にいくらとはいえません

データ通信量の少ないプランを契約中の方は月額料金を抑えられますが、テザリング機能を使うとすぐにデーター量が上限に到達する可能性があります。

テザリングでインターネットを利用する場合は、データ使い放題プランや大容量データプランへの変更がおすすめです。

テザリングのメリット・デメリット

テザリングのメリット・デメリットは、以下の通りです。

メリット デメリット
・ルーターなしで接続可能
・屋外でも使える
・PCのモバイル契約が不要
・光回線より遅い
・スマホのデータ消費に注意
・契約が必要な場合もある

基本的にテザリングは、インターネット回線の契約が不要で、その分月額料金を節約できるのがメリットです。

ただし、キャリアによってはテザリング専用プランの契約が必要な場合もあります。自分の契約しているスマホプランに応じた料金の見極めが大切です。

また、データの使用量に応じて課金されるため、動画の視聴やゲームなど大容量の通信をすると、あっという間にギガ数が消費されます。

データ容量の追加購入も可能ですが、キャリアによっては思っていたより高額になる場合もあるため要注意です。

テザリングは、インターネットへの接続頻度が少なく、インターネットの契約が必要か迷っている方に適した通信方式といえます。

テザリングを利用してパソコンをインターネット接続する方法を解説した記事がありますので、ぜひ参考にしてみてください。

【ポケット型WiFi】一人暮らしにおすすめのネット回線3選

ポケット型WiFiは工事不要で簡単に導入できるうえ、本体がコンパクトで持ち運びやすく、外出先でもインターネットを利用したい方にぴったりです。

料金が安くて速度が速い、一人暮らしにおすすめのポケット型WiFiを紹介します。端末のラインナップにも注目しているので、ぜひチェックしてください。

バランス重視なら「カシモWiMAX」

カシモWiMAX

※カシモWiMAXは株式会社マーケットエンタープライズの関連会社、株式会社MEモバイルが運営しています。
※月額4,378円(税込)のプランは受付終了し、新プランへ移行しました。

カシモWiMAXのおすすめポイント

  • 初月1,408円(税込)で契約できる
  • データ容量が無制限で使える
  • 契約期間の縛りなし!端末代も実質無料
  • au・UQモバイルユーザーはセット割でお得
  • au 5G対応で接続の快適性もアップ
(税込) 縛りなし
SA端末プラン
月額料金 4,818円
端末代(36回) 770円/月
端末分割払い
サポート(36回)
-770円/月
合計 4,818円

カシモWiMAXは、初月1,408円(税込)、1ヵ月目以降4,818円(税込)で利用でき、月額料金の安さが魅力です。

端末代は、3年間の継続利用で割引が適用されるため、実質無料です。

下り通信最大速度はホームルーターと同じ2.7Gbpsで、持ち運びできるWiFiでありながら光回線並みの高速通信を無制限で利用ができるのも大きな魅力といえます。

今なら、10,000円分のAmazonギフト券が必ずもらえるお得なキャンペーンを実施中です!

au・UQモバイル・スマホのユーザーは、カシモWiMAXとのセット契約でスマホ代が毎月最大1,100円(税込)割引されます。

【カシモWiMAX公式】詳細はこちら

安さ重視なら「Rakuten WiFi Pocket」

Rakuten WiFi Pocket

Rakuten WiFi Pocketのおすすめポイント

  • リーズナブルな無制限プラン
  • 楽天モバイル端末と併用でポイントが貯まる
  • 楽天ポイントは月額料金にも利用可能
Rakuten
最強プラン
月額料金
(税込)
〜3GB 1,078円
3〜20GB 2,178円
20GB〜 3,278円

「Rakuten WiFi Pocket」は、楽天モバイルが提供しているポケットWiFiです。

楽天モバイルのサービス全体で同一プランを展開しており、スマホ向けの3G・20GBといったプランもありますが、データ利用量無制限プランも選択可能です。

ポケットWiFiであれば、データの上限を気にせず使える無制限プランがおすすめでしょう。

普段から楽天市場を利用されている方は、楽天モバイル端末との併用や登録条件によっては、楽天市場のポイント還元率があがるため特におすすめです。

【Rakuten WiFi Pocket】詳細はこちら

試してみたいなら「THE WiFi」

THE WiFi

THE WiFiのおすすめポイント

  • 30日以内、30GB未満なら無料解約可能
  • 月間100GBを超えても追加できる
  • 端末のレンタル料は実質0円
(税込) THE WiFi
プラン名 THE WiFi
FiT
THE WiFi
100GB
データ容量 0〜100GB 100GB
〜1GB 1,298円 3,828円
1〜5GB 1,628円
5〜20GB 2,068円
20〜40GB 2,596円
40〜100GB 3,960円
下り最大速度 150Mbps
通信制限 100GB以上
制限時最大速度 128kbps

「THE WiFi」ははじめてポケットWiFiを利用する方や、接続環境に不安がある方におすすめです。

30日間のお試し期間があり、サービスに満足できない場合は無料で解約できるため、安心してお試しできます。(※無料解約は利用データ30GB未満が条件)

通信料に応じて料金が変動するプランと、最大100GB使える大容量プランの2種類の料金プランを展開しており、用途に合わせて選べるのも特徴です。

サポートプランはオプションですが内容が充実しているため、信頼性・安心感を重視したい方にもおすすめです。

【THE WiFi公式】詳細はこちら

【ホームルーター】一人暮らしにおすすめのネット回線3選

光回線の開通工事ができない方や、工事をしたくない方で自宅での使用がメインなら、コンセントに挿すだけで使えるホームルーターがおすすめです。

通信速度が速くて料金が安い、一人暮らしにおすすめのホームルーター3選を紹介します。

月額料金が業界最安クラス「カシモWiMAX」

カシモWiMAX_SA 出典:カシモWiMAX

※カシモWiMAXは株式会社マーケットエンタープライズの関連会社、株式会社MEモバイルが運営しています。

カシモWiMAXのおすすめポイント

  • 5G対応の高速通信が業界最安級
  • データ容量が無制限に使える
  • 契約期間の縛りなし
  • 本体は実質0円
(税込) 縛りなし
SA端末プラン
月額料金 4,818円
端末代(36回) 770円/月
端末分割払い
サポート(36回)
-770円/月
合計 4,818円

カシモWiMAXはポケット型WiFiと同じく、初月は1,408円(税込)、1ヵ月目以降も4,818円(税込)と、業界最安級の料金プランで使えます。

5G対応の最大4.2Gbpsの高速通信をデータ無制限で使えるため、ネット通信を思う存分楽しめるのもうれしいポイントです。

工事不要のため端末が届いたらコンセントに挿すだけで利用でき、すぐに快適なネット環境を楽しみたい方にもカシモWiMAXはおすすめです。

また、通常27,720円(税込)のホームルーター本体は、3年の継続利用で実質0円です。

Amazonギフト券10,000円分が必ずもらえるお得なキャッシュバックキャンペーンも実施中なので、ぜひチェックしてみてください。

【カシモWiMAX公式】詳細はこちら

安定した通信速度を求めるなら「ドコモ home 5G」

ドコモhome5G

ドコモ home 5Gのおすすめポイント

  • ドコモユーザーならセット割でお得
  • キャッシュバックの受け取り手続きが簡単
  • 契約期間の縛りなし!解約金も不要
(税込) ドコモ home 5G
月額料金 4,950円
端末代(36回) 1,980円/月
月々サポート(36回) -1,980円/月
合計 4,950円

「ドコモ home 5G」はNTTドコモが提供するホームルーターで、ドコモの高品質な回線が利用できます。

ドコモスマホのユーザーを対象にセット割も提供しており、割引対象プランの利用者であれば、最大1,100円(税込)の割引が毎月適用されます。

さらに契約者全員に、開通後最短1ヵ月で18,000円分のAmazonギフト券を贈呈するキャッシュバックキャンペーンも実施中です。

キャッシュバックは複雑な申請が不要なので、簡単な手続きでインターネットをお得に契約したい方にもおすすめです。

契約期間の縛りはなく、解約金も発生しないため、ホームルーターをいつまで使い続けるかわからない場合でも気軽に利用できるでしょう。

【ドコモ home 5G】詳細はこちら

スマホとお得に使うなら「モバレコエアー」

モバレコエアー

モバレコエアーのおすすめポイント

  • ソフトバンクエアーがお得に使える
  • ソフトバンクユーザーはおうち割光セットが適用される
  • 端末代金は3年間の利用で実質無料
  • 端末レンタルプランもあり
(税込) モバレコエアー
月額料金 1ヵ月目:1,320円
2~12ヵ月目:3,080円
13〜36ヵ月目:4,180円
37ヵ月目以降:5,368円
端末代(36回) 実質無料

モバレコエアーは、ソフトバンクが提供しているソフトバンクエアーと同じ端末・回線を利用しており、ソフトバンクエアーの高品質な回線をお得に利用できるのが魅力のホームルーターです。

ソフトバンク・ワイモバイルスマホのユーザーは「おうち割光セット」適用で毎月のスマホ料金が最大1,100円割引されるうえ、キャッシュバックが最大17,000円がもらえるキャンペーンも実施しています。

ホームルーター本体は通常71,280円(税込)と高額ですが、36ヵ月間利用すると月々割で実質無料です。

【モバレコAir公式】詳細はこちら

【光回線】一人暮らしにおすすめのネット回線5選

ここからは、「通信速度が早くて快適」「スマホ割の適用で料金が節約できる」など、一人暮らしにおすすめの光回線を紹介します。

ドコモユーザーなら「ドコモ光」

ドコモ光

ドコモ光のおすすめポイント

  • 最大100,000円の高額キャッシュバック
  • ドコモスマホがセット割でお得に
  • 新規申し込みなら工事費無料
ドコモ光 月額料金
戸建て 5,720円(税込)
マンション 4,400円(税込)

ドコモのスマホを使っている方には、NTTドコモが提供する「ドコモ光」がおすすめです。スマホとの併用でセット割が適用され、スマホ代が毎月最大1,100円(税込)の割引されるため、月々の通信費を節約できます。

今なら、最大100,000円の高額キャッシュバックキャンペーンを実施しているので、インターネットの初期費用を抑えたいドコモユーザーはぜひチェックしてみましょう。

【ドコモ光公式】詳細はこちら

auユーザーなら「auひかり」

フルコミット

auひかりのおすすめポイント

  • 独自回線で混雑のリスクが低減
  • auスマホセット割で最大1,100円(税込)割引
  • 現金キャッシュバックや乗り換えサポートが充実
auひかり 月額料金
戸建て 5,610円(税込)
マンション 4,180円(税込)

「auひかり」は、KDDI独自の回線を利用した光回線サービスです。メリットとして、多くの事業者が使用するフレッツ光回線を使用していないため回線が混雑しづらく、安定した速度を発揮しやすいことがあげられます。

auスマホのユーザーは、スマホとのセット割「auスマートバリュー」が適用され、スマホ代が月550~1,100円(税込)も安くなります

また、2種類の高額キャッシュバックキャンペーンが展開されており、最大93,000円のキャッシュバックを受け取れるのもうれしいポイントです。

【auひかり】詳細はこちら

ソフトバンクユーザーなら「ソフトバンク光」

ソフトバンク光_cp

ソフトバンク光のおすすめポイント

  • ソフトバンクスマホとセット割が可能
  • 新規契約時の工事費が実質無料
  • 乗り換え時の違約金を最大63,400円まで還元
ソフトバンク光 月額料金(税込)
戸建て 5,720円
マンション 4,180円
ファミリー・10ギガ 6,380円
→6か月間500円※
マンション・10ギガ 6,380円
→6か月間500円※

※SoftBank 光・10ギガ500円ではじめようキャンペーン適用時


NTTフレッツの光回線を利用する「ソフトバンク光」は、ソフトバンクのスマホ・携帯電話ユーザーがお得に使える、おうち割光セット」を展開しています。

月額料金は光回線の平均相場と同程度ですが、セット割を活用すれば最大1,100円(税込)の永年割引が適用されお得に使えるのが魅力です。

また、37,000円のキャッシュバックや工事費相当の割引など合計最大63,400円が還元される、非常にお得なキャンペーンも実施されています。

新規での契約の方はもちろん、ほかのインターネット回線からの乗り換えを検討されている方にもおすすめです。

【ソフトバンク光】詳細はこちら

速度重視なら「NURO光」

出典:NURO光

NURO光のおすすめポイント

  • 下り最大2Gbpsの超高速通信
  • ソフトバンクスマホとセット割でお得
  • お得なキャンペーンが充実

2ギガプラン 3年契約

(税込) 開通月 2~36ヵ月目
基本料金 5,200円 5,200円
工事費(36回) 1,230円 1,222円
特典割引金額 -1,230円 -1,222円
合計 5,200円 5,200円

2ギガプラン 2年契約

(税込) 開通月 2~24ヵ月目
基本料金 5,700円 5,700円
工事費(36回) 1,841円 1,833円
特典割引金額 -1,841円 -1,833円
合計 5,700円 5,700円

10ギガプラン 3年契約

(税込) 開通月 2~36ヵ月目
基本料金 5,700円 5,700円
工事費(36回) 1,230円 1,222円
特典割引金額 -1,230円 -1,222円
合計 5,700円 5,700円

インターネット回線の速度を重視したい方には「NURO光」が適しています。

一般的な光回線の最大速度は1Gbpsですが、NURO光はダークファイバーと呼ばれる独自回線を使用しており、下り最大が2Gbpsの非常に高速な通信が可能です。

NURO光はオンラインゲームを楽しむ方、動画の編集や視聴が多い方など、大容量のデータ通信が多い方に特におすすめの回線です。

基本工事費が実質無料になる乗り換えサポートや、最大45,000円のキャッシュバックなどキャンペーンも充実しています。

ソフトバンクとワイモバイルスマホのユーザーは、光電話とインターネット、スマホをセットで利用すれば、毎月最大1,100円(税込)のスマホ割も適用されます。

【NURO光公式】詳細はこちら

安く契約するなら「ビッグローブ光」

ビッグローブ光

ビッグローブ光のおすすめポイント

  • マンションなら1年間最大0円で使える
  • auまたはUQモバイルのセット割が使える
  • ほかの光回線より実質月額料金が安い
プラン 契約期間 ビッグローブ光
のみ(税込)
ビッグローブ光
+
auのスマホ等(税込)※
ファミリータイプ 2年 5,698円 4,378円
3年 5,478円 4,158円
マンションタイプ 2年 4,488円 3,168円
3年 4,378円 3,058円

※ auスマホ/タブレット/ケータイ(大容量プラン)をご利用の場合です。別途「ビッグローブ光×au セット割」の申し込みが必要です。

ビッグローブ光は、「最大68,000円の高額キャッシュバック」もしくは「工事費が実質無料の最大57,800円割引」の2種類から好みの特典を選べます。

さらに、auスマホで対象プランを利用中の方は最大1,100円(税込)、UQモバイルの対象プラン利用者であれば最大858円(税込)の月額割引も可能です。

セット割で月額料金を5,000円以下まで節約できるプランもあるため、月々の通信費を抑えたい方、料金相場より安くて快適に使える光回線を探している方におすすめです。

【ビッグローブ光】詳細はこちら

以下の記事では、おすすめの光回線や選び方を紹介しています。光回線の選び方から解説しているので、気になる人はぜひチェックしてみて下さい!

【テザリング】キャリア・格安SIMの使用方法

一人暮らしの方がテザリングでインターネット通信を行うためには、利用中のスマホでデータ通信対応プランの契約が必要です。ここでは各キャリア・格安SIMのテザリングの状況をまとめました。

(税込) 容量 月額料金 テザリング 申し込み 利用料
ドコモ 3GB~無制限 7,315円 不要 無料
au 無制限
(テザリング上限30GB)
7,238円 必要 無料
※一部プランでは月額550円(税込)
ソフトバンク 3GB~無制限 7,238円 必要 対象プランに限り無料
※プランによっては月額550円(税込)
または2年間のみ無料
楽天モバイル 20GB〜無制限 3,278円 不要 無料
ahamo 100GB 4,950円 不要 無料
povo ~20GB 2,700円 不要 無料
LINEMO ~20GB 2,728円 不要 無料
UQモバイル ~20GB 2,980円 不要 無料
ワイモバイル ~25GB 4,158円 不要 対象プランに限り無料
mineo ~20GB 2,178円 不要 無料
IIJmio ~20GB 2,000円 不要 無料

auとソフトバンク、ワイモバイルは、プランによってはテザリングが有料です。その他の主なキャリアや格安SIMはテザリングが無料で使えるうえ、申し込み手続きも不要です。

もしau・ソフトバンク・ワイモバイル3社のユーザーでテザリングを利用したい場合は、自分の契約プランがテザリングを無料で使用可能なのか確認しましょう。

auとソフトバンクは、テザリングの利用には事前の手続きが必要なため注意が必要です。テザリング料金の確認と同時に手続きも済ませておきましょう。

▼テザリングの利用を考えている方は、テザリングでパソコンをインターネット接続する方法を紹介している以下の記事を参考にしてください。

一人暮らしのインターネット回線はどうすればいい?

一人暮らしが初めての方の中には、インターネット契約の仕方や、インターネットを使うために必要なものがわからなくて不安に思っている人もいるのではないでしょうか。

ここではインターネット回線の契約から開通までの流れと、契約に必要なものや費用について解説していきます。

インターネット無料賃貸の場合

賃貸で一人暮らしする場合、アパートやマンションによってはインターネットを無料で利用できる場合があります。

この場合、アパートやマンションの大家さんや管理会社などがインターネットの契約や支払いを行うため、個人での手続きは必要はありません

インターネット無料賃貸の注意点

賃貸の無料インターネットは、月額料金はかかりませんが、1つの回線を複数の人が利用しています。そのため、夜間や休日など利用者が多い時間帯は通信速度が遅くなる可能性があります。

仕事で安定して接続できる環境が必要な方や、オンラインゲームで高速通信を求める方は、インターネット回線の個別契約も検討しましょう。

インターネット回線を契約する場合

インターネットを契約する場合、インターネット環境を整える方法は大きく2つにわかれます。それぞれの契約から開通までの流れを見ていきましょう。

光回線を契約する場合

  1. 希望のインターネット回線に申し込みする
  2. 担当者と工事の日程を調整
  3. 開通工事の実施・立ち合い
  4. 端末の接続設定を行う
  5. 接続に問題がなければ、旧回線を解約

光回線の契約には、開通工事の日程調整が必要です。

【注意点】光回線の工事には立ち会いが必要

各部屋まで光回線が導入されている物件であれば工事不要ですが、新たに開通する場合、宅内への引き込み工事が行われるため、立ち合い工事が必要です。

回線やプロバイダによっては屋内・屋外の2回に分けて工事をすることもありますが、一般的には屋内工事のみ立ち会いが必須です。

引っ越しの多い3月や4月、年末年始などの繁忙期は工事の予約が取りづらく、通常より工事までに時間がかかるため、光回線の導入を決めたら早めに工事の予約を入れましょう。

ホームルーター・ポケットWiFiを契約する場合

  1. 希望のインターネット回線に申し込む
  2. ルーターの到着を待つ
  3. 端末の接続設定を行う
  4. 接続に問題がなければ、旧回線を解約

ホームルーターまたはポケットWiFiを利用する場合、公式サイトや電話で申し込み手続きを行い、希望のルーターを自宅に送付してもらいましょう。

ルーターが届き次第、簡単な設定ですぐにインターネット環境が整います。ただし、申し込み完了からルーターが到着するまでの期間は会社や申し込みの混雑状況によって異なります。

すでに契約中のインターネット回線がある方は、ホームルーターやポケットWiFiの接続を確認してから解約手続きを行いましょう。

インターネット回線の契約に必要なもの

インターネット回線の契約には、事業者によって多少差はありますが、一般的に以下の書類や費用が必要です。

インターネット回線の契約に必要な書類

  • 身分証明証(運転免許証・マイナンバーカードなど)
  • 支払い用の銀行口座もしくはクレジットカード
  • 親権者の本人確認書類(契約者が未成年者の場合)

インターネットの契約時には、本人確認の書類や支払い用の口座やクレジットカードの情報が必要です。

契約者が学生など未成年の場合には、事業者によっては親権者の本人確認書類とあわせて同意書の提出も必要です。

インターネットの契約に必要な費用

  • 事務手数料(3,300円前後)
  • 光回線の場合:回線工事費・ルーター代金(自分で用意もしくはレンタル)
  • ホームルーターやポケットWiFiの場合:端末代金

インターネットの契約時には、3,300円前後の事務手数料や光回線の工事費など、初期費用が必要です。

初期費用の支払いは、初月の料金と合算される場合と、その場で支払が必要な場合の2つのパターンがあります。心配な場合は事前に確認しておけば安心です。

また、ホームルーターやポケットWiFiの場合、端末の代金も発生します。

端末代が高価な機種もありますが、ほとんどの事業者では分割払いが可能です。中には、分割払いサポートの適用により端末代金が実質無料で使えるものもあります。

光回線は、PCやタブレットを接続するためのルーターが必要ですが、ドコモ光、auひかり、NURO光など一部の事業者はルーターの無料レンタルが可能です。

一人暮らしにおすすめのネット回線をチェック!
ホームルーター
ポケットWiFi
光回線

一人暮らしのインターネット料金を安くする方法

一人暮らしをしていると、インターネット料金以外にも家賃や光熱費、食費など様々な費用がかかります。

そのため、なるべくインターネットの月額料金を節約したいと考えている方も多いのではないでしょうか?

ここからは一人暮らしのインターネット代を安くするポイントについて解説します。

1.料金の平均相場を比較する

インターネット回線の料金相場は、回線の種類やプロバイダによって変動します。

光回線・ホームルーター・ポケットWiFi、それぞれある程度料金相場が決まっているので、以下の表を参考に相場を把握しておきましょう。

回線 月額料金
(税込)
事務手数料 回線工事費 ルーター料金 プロバイダ料 違約金
光回線 4,000~5,000円前後 3,300円 15,000~60,000円程度 500~1,200円程度※フレッツ光のみ 9,800~18,000円程度
ホームルーター 4,000円前後 3,300円 無料~ 9,500~18,000円程度
ポケットWiFi 3,000~4,000円前後 3,300円 無料~ 9,500~18,000円程度

インターネット回線の契約時には、3,300円(税込)程度の契約事務手数料や、端末代金、工事費(光回線の場合)なども発生するため、初回の支払いが高額になる場合があります。

料金を比較するときは、月額料金だけではなく必ず初期費用も確認しましょう

2.住宅状況にあったプランや回線を選ぶ

一人暮らしのインターネット環境は、住宅の状況により使える回線が限定される場合があります。

  • 賃貸物件がインターネット非対応
  • 光回線のエリア外
  • 管理会社や大家から工事の許可がおりない

上記のような様々な事情により、光回線を希望しても契約できないケースがあります。

まずは自分の住居にどんな回線が使えるのかを確認し、その中で自分の予算や使い方にあったものを選びましょう。

3.キャンペーンや割引を活用する

インターネット回線は、キャッシュバックや、工事費実質無料、乗り換えサポートなど様々なキャンペーンが実施されています。

スマホ割や家族割、大学生向けの学割などの割引サービスの展開もあり、上手に活用するのが通信費を節約するコツです。

一人暮らしにおすすめのネット回線をチェック!
ホームルーター
ポケットWiFi
光回線

一人暮らしのインターネットに関するFAQ

最後に、一人暮らしでインターネットを契約するにあたり、よくある質問をまとめました。

一人暮らしにネットの回線契約は必要か

一人暮らしを予定している方は、早めにインターネット契約しておくことをおすすめします。

近年はオンライン授業やリモートワークなど、ネットに繋がなくてはいけない場面も増えており、ネット回線がないと不便です。

比較的手軽に契約できる、工事不要のポケットWiFiやホームルーターを導入しておくといざという時に安心です。

インターネット無料賃貸のメリット・デメリットは?

インターネット無料賃貸とは、各部屋にインターネット環境が整っている物件です。家賃にインターネット料金が含まれている場合が多く、インターネットを無料で使えるのが大きなメリットです。

ただし、1つの回線を複数の住人が共有するため、利用者が集中する夕方から夜・土日などは通信速度が低下しやすいデメリットもあります。

また、物件により回線の安全性に差があり、セキュリティ面が不安な回線を使っている可能性もあります。利用予定の方は、使われている回線の種類も確認しましょう。

インターネットの利用には必ず工事が必要?

自宅に新たに光回線を導入する場合、一般的に回線工事が必要です。ただし、室内に光コンセントがある場合、派遣工事不要で使える場合もあります。

これから一人暮らしをする予定の方は、物件を契約する前に建物のインターネット対応状況も確認しておきましょう。

ホームルーター(置くだけWiFi)やポケットWiFiであれば、回線工事が不要なので、マンションやアパートがインターネット未導入の場合でも手軽にインターネット接続が楽しめます。

一人暮らしのインターネットまとめ

一人暮らしで利用できるインターネット環境は、主に4つの選択肢があり、回線の種類によって、特徴やメリット・デメリットが異なります。

  • 外でも使いたいならポケットWiFi
  • 自宅での使用がメインならホームルーター
  • 速度と安定性重視なら光回線
  • インターネットの利用が少ないならテザリング

インターネット回線の契約をどうするか迷っている方は、イ用途や使いたい場所、予算などライフスタイルにあわせて回線を選ぶのが大切です。

スマホをキャリアで契約している場合、自分のスマホキャリアとセット割が適用される回線を選べばよりお得に利用できます。

ホームルーターやポケットWiFiなら、光回線並みの高速通信を定額で安く使える「カシモWiMAX」がおすすめです。

Amazonギフト券10,000円分が必ずもらえる!

【カシモWiMAX公式】詳細はこちら

プロに無料相談!ぴったりのインターネット回線が分かる窓口

光回線窓口
  • ぴったりのインターネット回線が分かる
  • 相談は何度でも無料!
  • 相談だけでもOK!しつこい勧誘なし
  • 年間相談15,000件以上の実績
  • 折り返し電話予約で好きな時間に相談

「光回線・インターネットご契約 無料相談センター」では、インターネット回線について無料でプロに電話相談できます。「ネット回線を決めきれない…」「結局どれが一番安いの?」という方は、ぜひ活用してください。

電話相談後にしつこい勧誘をされることはなく、相談のみの利用も可能です。無理やり契約をさせられることも無いので、安心してご利用ください。

実際に、年間で15,000件以上の相談実績があり、多くの方がインターネット回線選びで活用しています。折り返し電話予約も可能なので、都合の良い時間を指定して、インターネット回線について相談してみましょう。

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!