ワイモバイル

格安スマホへ乗り換える方法を解説|メリット・デメリット・乗換手順!おすすめ格安SIMを比較

格安スマホへの乗り換え手順をわかりやすく紹介します。格安スマホに乗り換えるために必要な準備や乗り換えのタイミング、乗り換えの際のよくある疑問や質問を解説し、乗り換えにおすすめの格安SIMを紹介しています。
ワイモバイル 格安スマホへ乗り換える方法を解説|メリット・デメリット・乗換手順!おすすめ格安SIMを比較

今使っているスマホから格安スマホに乗り換えたいけれど、「事前にどんな準備が必要なのか?」「乗り換えるためにはどのような手順を踏む必要があるのか?」など、疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

格安スマホに乗り換えるための大まかな流れは、「1.SIMロックを解除する」「2.MNP予約番号を発行する」「3.格安SIMに申し込む」「4.開通手続き・初期設定をする」の4つです。

ただし、今のスマホのまま乗り換える場合と、スマホ本体も乗り換える場合では、乗り換えの手順が異なります。

この記事では、格安スマホに乗り換えるために必要な準備と、乗り換えの手順について解説します。

格安スマホに乗り換えるための準備

格安スマホに乗り換える方法や、かかる費用について説明します。

乗り換える方法は2つ

格安スマホに乗り換える場合は、今のスマホをそのまま使うか、スマホ本体も乗り換える方法の2つがあります。

今のスマホをそのまま使う

今使っているスマホが、乗り換える予定の格安スマホ会社で動作確認済みの機種であれば、SIMのみを契約すれば端末はそのまま使用可能です。

ただし、SIMロックの解除が必要となる場合もあります。

スマホをそのまま使う場合の手順

  1. 動作確認済みの機種か確認
  2. SIMロックの解除が必要か確認
  3. SIMロックを解除
  4. 格安スマホ会社に契約を申し込む
  5. SIMが到着
  6. MNPの切り替え手続き
  7. SIMをスマホに挿入
  8. APN設定

スマホ本体も乗り換える

スマホ本体も乗り換える場合は、SIMとセット販売しているスマホも一緒に購入できます。

スマホ本体も乗り換える場合の手順

  1. 購入機種を決める
  2. 格安スマホ会社に契約を申し込む
  3. スマホとSIMが到着
  4. MNP切り替えの手続き
  5. SIMをスマホに挿入
  6. APN設定

乗り換えに必要なもの

電話番号をそのまま引き継ぐにはMNP予約番号を発行する必要があります。

MNP予約番号の有効期限は15日間です。期限が切れた場合でも再度発行ができます。

また、口座振替に対応している格安スマホ会社以外の場合は、本人名義のクレジットカードが必要です。

乗り換えに必要なもの

  • 本人確認書類
  • SIMフリーかSIMロック解除済みのスマホ
  • MNP予約番号
  • クレジットカード
  • メールアドレス

乗り換えにかかる費用

ドコモ au ソフトバンク
MNP転出手数料 0円 0円 0円
更新月以外の解約で発生する違約金

10,450円(税込)
(2019年10月1日以降対象プランは1,100円(税込))

10,450円(税込)
(2019年10月1日以降対象プランは1,100円(税込))

5,500円~10,450円(税込)(基本プラン契約者は無料)

キャリアから格安スマホに乗り換える際のMNP転出手数料は廃止されました。

定期契約プランの場合、更新月以外に解約すると違約金が発生します。

スマホの端末代の支払いが残っている場合は、「残額を一括払いするか」「分割払いを続けるか」を選択できます。

乗り換えるべきタイミング

更新月以外のタイミングで解約すると解約違約金が発生します。

2年間の定期契約を結んだ場合でも、更新月のタイミングで乗り換えれば、違約金の支払いを回避可能です。なお、更新月以外の解約の場合でも、2019年10月1日以降の契約の場合、違約金は0円から1,000円程度と、以前の価格に比べ1/10程度になりました。そのため、更新月以外の解約でも、乗り換えた方が長期的にお得になるケースがほとんどです。

また、2019年9月30日以前に契約していた場合、乗り換え前にプラン変更することで違約金を安くすることもできます。旧プランに申し込んでいる人は、新プランへの乗り換えも検討しましょう。

格安スマホに乗り換える手順

格安スマホに乗り換えるためには、SIMロック解除やMNP予約番号の発行といった準備が必要です。

1.SIMロックを解除する

SIMロックとは、契約回線しか接続できないように予めロックがかった状態のことです。今のスマホをそのまま利用する場合は、SIMロックを解除すれば他社のSIMを装着して利用できるようになります。

SIMロックの解除は次の場合は該当しないので、2番の手順に進んでください。

SIMロックの解除が不要な場合

  • 新しいスマホを購入する場合
  • SIMフリースマホを使う場合
  • 格安SIMと同じ回線のスマホを使う場合※

※ 一部の事業者では同じ回線であってもSIMロックの解除が必要な場合があります。

SIMロックを解除するには、現在契約している携帯電話会社に手続きを依頼しましょう。

店舗に持ち込むと3,000円程度の手数料がかかります。オンラインの場合はこの手数料がかかりません。

2.MNP予約番号を発行する

キャリア名 ドコモ au ソフトバンク
電話

「0120-800-000」(一般電話)
局番なし「151」(ドコモの携帯電話)

「0077-75470」(au携帯電話/一般電話共通)

「0800-100-5533」(一般電話)
「*5533」(ソフトバンク携帯電話)

店舗 ドコモショップ auショップ
au取扱店
ソフトバンクショップ
オンライン ドコモオンライン手続き My au My SoftBank

MNPとは携帯電話番号ポータビリティのことで、電話番号を変えずに格安スマホに乗り換えが可能です。

MNPを申し込むには、契約している携帯電話会社にMNP予約番号の発行を依頼します。

MNP予約番号は携帯電話会社に電話をかけるか、直接店舗で依頼するか、オンラインから自分で手続きが可能です。

また、MNP予約番号の発行手続きには本人確認書類が必要です。

3.格安SIMに申し込む

MNP予約番号の発行が完了したら、次は格安SIMを申し込みます。格安SIMは一部のサービスを除き、オンラインでの申し込みがメインです。

入力フォームでプランや回線のタイプを選択し、MNP予約番号を入力します。あとは本人確認書類をアップロードして、送信すれば申し込み完了です。

SIMが届くまでの間はスマホが使えなくなります。すぐに格安スマホを使いたいと考えているのであれば、即日MNPに対応しているかどうか確認しておきましょう。

4.開通手続き・初期設定をする

申し込み完了から1週間ほどでSIMや端末が自宅に届きます。SIMをセットしたら電源を入れて、マイページや電話の音声案内で回線の開通手続きを行います。

スマホによっては、SIMを挿入したあとにインターネット回線を接続するためのAPN設定が必要です。

また、iPhoneとAndroidでは初期設定の方法が異なるので、自分の持っているスマホに合った設定方法を調べておきましょう。

iPhoneのデータ移行方法はこちらAndroidのデータ移行はこちらの記事で詳しく紹介しています。

格安スマホはどこがいい?おすすめ6社比較

月額料金が安く、サービス内容が充実したおすすめのサービスを6つ紹介します。

ワイモバイル

ワイモバイル 出典:ワイモバイル

ワイモバイルの「シンプルプラン」は5Gサービスの追加料金がかかりません

プラン名 シンプルS シンプルM シンプルL
データ通信容量 3GB 15GB 25GB
月額料金(税込) 2,178円 3,278円 4,158円
割引後
月額料金(税込)(※)
990円 2,090円 2,970円
速度制限時の
通信速度
最大300Kbps 最大1Mbps 最大1Mbps

※家族割引サービス適用時

さらに月額1,870円(税込)の「スーパーだれとでも定額(S)」に加入すれば、通話時間無制限の通話が可能です。

最低利用期間 「シンプルS/M/L」「データベーシックプラン」はなし
MNP転出手数料 0円
契約事務手数料 3,300円(税込)

【ワイモバイル】最新キャンペーンはこちら

対象スマホがお得!夏のPayPay祭

  • 期間:2022年7月1日~2022年8月31日
  • 特典:対象スマホの機種代金から割引
  • 条件:ワイモバイルオンラインショップたで対象スマホを購入する

ワイモバイルでは、夏のPayPay祭期間中に対象スマホから割引されるお得なキャンペーンを実施しています。対象スマホは、以下の通りです。

対象スマホ 割引適用後
販売価格(税込)
AQUOS wish2 26,640円
4,980円
Xperia Ace III 31,680円
9,800円

コスパ抜群の最新機種が対象なので、機種変更を検討している方は必見です。

また、夏のPayPay祭対象機種以外も、お得な価格で販売している機種があります。こちらもぜひチェックしてみてください。

対象スマホ 割引適用後
販売価格(税込)
OPPO Reno5 A(eSIM) 31,680円
3,980円
Libero 5G 23,760円
1円
Xperia 10 III 54,000円
18,000円
OPPO Reno7 A 43,200円
21,600円
もっと見る
iPhone SE(第3世代)
[64GB]
73,440円
51,840円
iPhone 12
[64GB]
111,600円
90,000円
Libero 5G II 21,960円
1円
かんたんスマホ2 25,920円
4,320円
AQUOS wish 21,960円
10,080円
かんたんスマホ2+ 31,680円
10,080円
Android One S9 36,000円
18,000円
Android One X5 54,000円
36,000円

【ワイモバイル】詳細はこちら

最大10,000円相当のPayPayポイント

  • 期間:2022年7月1日~
  • 特典:PayPayポイント最大10,000円相当プレゼント
  • 条件:乗り換え(MNP)・新規でシンプルS/M/Lを契約

ワイモバイル契約で、最大10,000円相当のPayPayポイントがもらえるキャンペーンを開催中です。

もらえる特典額はプランによって異なり、シンプルSが最大3,000円相当、シンプルMが最大10,000円、シンプルLが最大10,000円相当となっています。

シンプルS シンプルM シンプルL
他社回線からの乗り換え 3,000
ポイント
10,000
ポイント
10,000
ポイント
新規契約 - 6,000
ポイント
6,000
ポイント

PayPayポイントの付与時期は、開通月の翌月末を予定しています。

いずれも日にちや曜日に関係なく毎日もらえるチャンスがあるので、ぜひこの機会にワイモバイルを検討してみましょう。

【ワイモバイル】詳細はこちら

UQモバイル

UQモバイル 出典:UQモバイル

UQモバイルでは、使い切れずに余ったデータ容量は翌月に繰り越しが可能です。

プラン名 くりこしプラン
+5G S
くりこしプラン
+5G M
くりこしプラン
+5G L
データ容量 3GB 15GB 25GB
料金(税込) 1,628円 2,728円 3,828円
速度制限時
or
節約モード時
最大300kbps 最大1Mbps 最大1Mbps

さらに節約モード(送受信最大300Kbps)に切り替えると、データ容量を使用せずにSNSや音楽アプリが使えます。

また、通話料に合わせた3つのオプションプランを選択できます。

国内通話かけ放題 国内通話10分かけ放題 最大60分/月の国内通話が定額
1,870円(税込) 770円(税込)※1 550円(税込)※2

※1:1回の通話が10分を超えた場合、10分超過分につき30秒ごとに22円(税込)の通話料がかかります。
※2:国内通話料(22円(税込)/30秒)の月間累計額から最大2,640円(税込)/月が減額になります(一部対象外あり)

最低利用期間 なし
MNP転出手数料 0円
契約事務手数料 3,300円(税込)

【UQモバイル公式】最新キャンペーンはこちら

最大10,000円相当還元

  • 期間:2022年7月1日~
  • 特典:最大10,000円相当のau PAY残高還元
  • 条件:UQモバイルオンラインショップでSIMのみを購入すると同時にくりこしプラン +5G(S/M/L)を契約する

UQモバイルでは、オンラインショップでSIMのみを購入すると最大10,000円分のau PAY残高が還元されるキャンペーンを実施しています。

特典の対象プランはくりこしプラン +5G(S/M/L)の3種類です。還元額は契約方法・プランによって異なります。

契約方法 還元額
新規契約 3,000円相当
MNP(※) 増量オプションII
加入の場合:10,000円相当
未加入の場合:6,000円相当
eSIM契約の場合 3,000円相当増額

(※)au/povoからの乗り換えを除く。

「増量オプション II」は、月額550円(税込)でデータ容量が最大5GB/月増量されるオプションです。今ならオプション料金が13か月間無料になるキャンペーンを実施しているので、キャッシュバックを多くもらいたい場合は加入をおすすめします。

こちらのキャンペーンは新規契約またはMNP乗り換えをする際に適用されますが、auまたはpovo1.0/2.0からの乗り換えは対象外です。

また、au PAY残高還元時点でau PAYアプリ(旧au WALLETアプリ)を登録しておく必要があります。進呈時点でau PAY残高が有効でない場合は、還元対象外なので注意しましょう。

申し込みから最短45分で利用できるeSIMを契約すると、還元されるau PAY残高が3,000円相当増額されます。UQモバイルをお得に契約できるキャンペーンなので、ぜひこの機会にチェックしてみてください。

【UQモバイル公式】詳細はこちら

対象機種契約で最大5,000円相当還元

  • 期間:2021年11月12日~
  • 特典:au PAY残高最大5,000円相当還元
  • 適用条件
    (1)UQモバイルオンラインショップから対象機種を購入する
    (2)新規契約(MNP/番号移行除く)でくりこしプラン +5Gを契約する

UQモバイルでは、オンラインショップから対象機種を購入すると最大5,000円相当のau PAY残高が還元されるキャンペーンを実施しています。

特典を受け取るための条件は、対象機種の購入と同時に新規契約でくりこしプラン +5Gを契約すること。MNP乗り換え・番号移行は対象外なので注意しましょう。

また、こちらはオンラインショップ限定のキャンペーンです。店舗で申し込む場合は適用されないので、お得に申し込みたい方はUQモバイルオンラインショップを契約してください。

特典の対象機種には、人気のiPhone 12/miniやコスパ抜群のAndroidスマホが含まれています。対象機種およびそれぞれの特典金額は、以下の通りです。

対象機種 au PAY残高還元額
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone 11※
iPhone 11 Pro※
iPhone XR※
Redmi Note 10 JE XIG02
5,000円相当
arrows We FCG01
AQUOS sense3 basic SHV48
3,000円相当

※au Certified(au認定リユース品)です。

au PAY残高を受け取るためには、au PAYアプリが必要です。また、au PAY残高が有効でない場合は還元対象外となるので、事前に確認しておきましょう。

【UQモバイル公式】詳細はこちら

楽天モバイル

楽天モバイル 出典:楽天モバイル

2020年4月よりキャリアとしてのサービスをスタートした楽天モバイルは割引条件などがなく、月額3,278円(税込)で他の格安SIM事業者と同価格帯で使えるのが特徴です。

Rakuten
UN-LIMIT Ⅶ
月額料金
(税込)
〜3GB 1,078円
3〜20GB 2,178円
20GB〜 3,278円

「Rakuten UN-LIMIT VI」では、3,278円(税込)で5G通信が利用できます

また、5Gエリアでは5G使い放題、楽天回線エリアであればデータ容量の制限なしで使えます。ただし、5G、楽天回線ともに現状ではエリアが限定的です。

最低利用期間 なし
MNP転出手数料 0円(2020年11月4日以降)
契約事務手数料 0円

【楽天モバイル】最新キャンペーンはこちら

【最大24,000円相当】対象のiPhone購入

  • 期間:2022年7月1日~
  • 特典:最大24,000円相当分の楽天ポイント還元
  • 条件:Rakuten UN-LIMIT VIIに初めて申し込み、対象のiPhoneを購入する

楽天モバイルの料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」に初めて申し込み、対象のiPhoneを購入すると最大24,000円相当分の楽天ポイントが還元されます。

対象のiPhoneは、iPhone SE(第3世代)・iPhone 13シリーズ・iPhone 12シリーズです。還元ポイントは購入するiPhoneによって異なるので、詳しくは公式サイトを確認してみましょう。

2022年7月1日から提供開始の「Rakuten UN-LIMIT VII」は、3GBまで1,078円(税込)のお得なプランです。毎月使った分だけ支払うシステムなので、無駄がありません。

楽天モバイルの新プランと人気のiPhoneをお得に申し込めるチャンスなので、この機会を見逃さないようにしてください。

【楽天モバイル公式】詳細はこちら

【最大19,000円相当】対象スマホ&WiFi購入

  • 期間:2022年7月1日~
  • 特典:最大19,000円相当の特典進呈
  • 条件:Rakuten UN-LIMIT VIIに初めて申し込み、対象のスマホ・WiFiを購入する

楽天モバイルでは、Rakuten UN-LIMIT VIIの申し込みと同時に対象のスマホ・WiFiを購入する方向けに、お得なキャンペーンを実施しています。

条件を満たすと、端末代金が最大16,000円値引きされ、さらに3,000円相当の楽天ポイントがもらえます。

対象機種には、人気のAQUOS・Xperia・OPPOシリーズやコスパ抜群の楽天モバイルオリジナルスマホも含まれているので、端末の購入を検討している方は必見です。

【楽天モバイル公式】詳細はこちら

【最大8,000円相当】初めての申し込み

  • 期間:2022年7月20日~
  • 特典:楽天ポイント8,000ポイントプレゼント
  • 条件:Rakuten UN-LIMIT VIIに新規・乗り換え(MNP)・プラン変更で申し込む

楽天モバイルでは、2022年7月より新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」の提供を開始しました。今なら初めて申し込む方を対象に、最大8,000円相当分の楽天ポイントが還元されるキャンペーンを実施中です。

楽天モバイルに申し込み、利用開始後Rakuten Linkアプリから発信で10秒以上通話することが条件となっています。

現在使用中のスマホで申し込むことが可能ですが、楽天モバイルの対応製品かどうか確認しましょう。

楽天モバイルをお得に契約できるチャンスなので、ぜひこの機会を見逃さないようにしてください。

【楽天モバイル公式】詳細はこちら

イオンモバイル

イオンモバイルは、データプランから音声プランまで使い方に合わせて料金プランを選択できます。契約可能な回線はドコモ回線とau回線の2種類です。

(税込) 音声プラン シェア音声プラン データプラン
500MB 803円 - -
1GB 858円 1,188円 528円
2GB 968円 1,298円 748円
3GB 1,078円 1,408円 858円
4GB 1,188円 1,518円 968円
5GB 1,298円 1,628円 1,078円
6GB 1,408円 1,738円 1,188円
7GB 1,518円 1,848円 1,298円
8GB 1,628円 1,958円 1,408円
9GB 1,738円 2,068円 1,518円
10GB 1,848円 2,178円 1,628円
20GB 1,958円 2,288円 1,738円
30GB 3,058円 3,388円 2,838円
40GB 4,158円 4,488円 3,938円
50GB 5,258円 5,588 円 5,038円

イオンでんわ」アプリをダウンロードすると国内通話が半額になります。「イオンでんわ」の登録料や基本料金は無料です。

さらに「イオンでんわ10分かけ放題」や「050かけ放題」など、自分の通話スタイルに合わせた音声通話かけ放題オプションを選べます。

最低利用期間 なし
MNP転出手数料 無料
契約事務手数料 3,300円(税込)

イオンモバイルのお申込みはこちら

mineo

mineo 出典:mineo

mineoは、ドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリア対応で、500種類以上のスマホで使用可能です。3大キャリアからの乗り換えであれば、スマホにSIMを挿すだけですぐに利用できます

mineoでは家族はもちろん、恋人や友達でもパケットを送りあえます。

データ容量
(税込)
デュアルタイプ
(音声通話+データ通信)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
1GB 1,298円 880円
5GB 1,518円 1,265円
10GB 1,958円 1,705円
20GB 2,178円 1,925円

また、すべての料金プランに月額220円(税込)で5Gオプションが追加できます。

5G通信オプション 220円(税込)

契約しようかどうか迷っている人は「mineoプチ体験」というサービスでデータ容量200MBを手軽に試すことができます。

最低利用期間 なし
MNP転出手数料 無料
契約事務手数料 3,300円(税込)(エントリーコードで無料)

mineoのエントリーコパッケージについては、別で詳しく解説しています。

【mineo】最新キャンペーンはこちら

マイそく月額料金最大6か月割引キャンペーン

  • 期間:2022年6月3日~2022年8月31日
  • 特典:マイそくデュアルタイプの月額料金から6か月間330円割引
  • 条件:期間中にマイそくデュアルタイプを新規・契約変更で申し込む

mineoで提供中の「マイそく」とは、月曜日~金曜日の12時~13時の通信速度が制限される代わりに、データ使い放題でお得に利用できるサービスです。

マイそくのプランはスタンダードとプレミアムの2種類で、それぞれ最大通信速度が異なります。なお、デュアルタイプ(音声通話+データ通信)とシングルタイプ(データ通信のみ)の月額料金は同じです。

マイそくプラン 月額料金(税込) 最大通信速度
スタンダード 990円 最大1.5Mbps
プレミアム 2,200円 最大3Mbps

今なら、マイそくデュアルタイプの月額料金から最大6か月間330円(税込)割引になるキャンペーンを実施中です。こちらは、マイそくに新規・契約変更で申し込む方はもちろん、すでに利用している方も7月利用分より適用されます。

mineoのデータ容量無制限プランをお得に契約できるチャンスなので、この機会を見逃さないようにしましょう。

【mineo公式】詳細はこちら

10分かけ放題440円割引キャンペーン

  • 期間:2022年6月3日~2022年8月31日
  • 特典:10分かけ放題の月額料金から6か月間440円割引
  • 条件:期間中に10分かけ放題を新たに申し込む、または10分かけ放題をすでに利用中

mineoでは、月額550円(税込)の10分かけ放題オプションを提供しています。こちらは、10分かけ放題オプションが最大6か月間440円(税込)割引で利用できるキャンペーンです。

割引が適用されると、10分かけ放題オプションを6か月間110円(税込)で利用できるので、短めの電話をよくする方はぜひ活用してみてください。

【mineo公式】詳細はこちら

紹介した格安SIM以外にもおすすめの格安SIMを比較検討したい方はこちらをご覧ください。

\お得にスマホを契約しよう!/

格安スマホ乗り換えの疑問・質問

格安スマホの乗り換えの際によくある疑問や質問についてまとめました。

乗り換え前の会社はいつ解約すべき?

乗り換え前の会社は、解約による違約金がかからない更新月の月末のタイミングでの解約がおすすめです。

基本的に解約する際は月額料金の日割り計算ができません。月初で解約すると解約月の月額料金を1ヵ月分余分に払ってしまうことになるので、月末のタイミングで解約したほうがよいでしょう。

更新月まで期間がある場合は、違約金がほとんど発生しない新プランへの変更や、スムーズに解約できるように手続きの流れを事前に把握しておきましょう。

ネットや電話が使えない期間はある?

乗り換え先の開通が完了した時点で、移行元の契約が解約になるので安心してください。ただし、SIMカードが到着する前に1週間程度かかりますので、乗り換えるタイミングによって最終月の料金の支払いが発生する可能性があります。

もし、急ぎで乗り換える必要がある場合は、即日MNPに対応している店舗を持っている事業者での乗り換えやeSIMの契約を検討しましょう。

ガラケーから格安SIMへ乗り換えはできる?

乗り換え自体は可能です。ただし、キャリアで使っていたガラケーに格安SIMをセットしても、通話とSMSしか利用できません

ガラケーではインターネット回線に接続するためのAPN設定ができないので、格安SIMに乗り換えるとメールやインターネットに接続できなくなってしまうのです。もし、ガラケーで格安SIMを運用していきたい場合は、ガラケーの取り扱いのある格安SIM事業者を検討しましょう。

格安SIMから格安SIMに乗り換える際の注意点は?

現在格安SIMで使用しているスマホが、他の格安SIMで使えない場合があります。これは、回線ごとに周波数帯が異なり、端末側がその周波数帯に対応していないためです。

動作確認端末は格安SIMの会社ごとに異なるので、乗り換える前に自分のスマホが動作確認済みの端末に含まれているか確認しましょう。

\お得にスマホを契約しよう!/
\お得にスマホを契約しよう!/

手順を確認して格安スマホへスムーズに乗り換えよう

乗り換えにかかる費用や乗り換えに必要なもの、手続きの流れを確認しておくと、乗り換えがスムーズです。乗り換えのタイミングとしては更新月など違約金がかからない期間がよいでしょう。

また、格安スマホの会社によっては、即日MNPに対応しているところもあります。サービスごとに使用できる端末や回線の種類が異なるので、事前に確認しておきましょう。

公開日時 : 2021年05月28日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!