インターネットはWi-Fiが便利。工事不要のWi-Fiのメリット

引っ越し先ではインターネットができるのかと、不安に思う人はいるでしょう。インターネットができても、工事代金を払うのが嫌。そんな人はWi-Fiを使うことによって、工事不要でインターネットができます。手軽にインターネットを楽しみましょう。
【公式】カシモWiMAX インターネットはWi-Fiが便利。工事不要のWi-Fiのメリット

インターネットをするには回線が必要です。大まかに分けて、回線には二種類あります。一つは有線の回線で、もう一つは無線の回線です。有線の回線とはLANケーブルを使ってパソコンを始めとする機器に接続しますが、無線の回線は無線ルーターというネットワーク機器を介して、パソコンを始めとする機器に接続します。

Wi-Fiでの接続は電波を使います。LANケーブルは不要で、足でLANケーブルを踏む心配はありません。電波なので家の中以外でも、インターネットができます。Wi-Fiの使用方法を知り、手軽にインターネットを利用しましょう。また、Wi-Fiルーターの選び方についてもみていきます。

Wi-Fiの機能と役割

Wi-Fiの基本的な知識と、Wi-Fiでインターネットをする方法を説明していきます。Wi-Fiのメリットも説明するので、インターネットライフの参考にしてください。

Wi-Fiとは

大半のコンビニエンスストアやマクドナルドでは、無線の電波を飛ばしています。無線の電波を飛ばすことによって、顧客が無線でインターネットができるようにしています。携帯会社の回線でもインターネットはできますが、速度と安定性ではWi-Fiに分があります。

Wi-Fiとは、商品名ではなくて、ネットワーク技術の一つです。Wi-Fiの技術の特徴としては、無線でさまざまな機器にアクセスできることがあります。この技術があるからこそ、難しい設定なしでもインターネットができるのです。

コンビニエンスストアや飲食店は、顧客満足の追求のために、インターネットができる環境を整えるケースが多いです。有線であれば難しい大人数の利用も、Wi-Fiの技術を使うことで実現できます。

コンビニエンスストアのマルチコピー機も、Wi-Fiで接続できます。それでスマートフォンに保存している写真等を、印刷することが可能になっているのです。

ルーターでWi-Fiを利用する

Wi-Fiの役目を簡単に説明すると、無線によるネットワークの仲介をする役割です。Wi-Fiを利用するには、Wi-Fiルーターという無線ルーターが必要です。Wi-Fiルーターを利用することによって、一般人では難しいIPアドレスの割り振りができるようになっています。

IPアドレスは、電話番号と同じ役割を果たしています。各機器には、固有のIPアドレスが割り振られています。そのIPアドレスにアクセスすることによって、各機器の機能が利用できるようになります。

同じことを有線で実現しようとすると、ノートパソコンやデスクトップパソコンにある、LANポートがなければ不可能です。そのために、接続できる機器の種類が大幅に少なくなります。設置する店舗は、LANポートに繋ぐLANケーブルと、ハブ(ネットワーク機器)の用意も必要になるので面倒です。

Wi-Fiでできること

Wi-Fiの電波は、複数の人がアクセスすることができます。一人がノートパソコンでインターネットをしていも、別の人はタブレットでメールのチェックをすることが可能になります。友達同士が集まり、お互いに違うゲームをすることも可能です。

そして、この電波の特性を活かした、さまざまなネットワークサービスが登場しました。電気自動車の充電が完了すれば、スマートフォンに通知することもできるようになりました。

他には、見守りサービスでも、Wi-Fiの技術が利用されています。これからは高齢化社会になり、孤独死する人が増えてくるかもしれません。そんなときでもWi-Fiの技術を利用すれば、高齢者の様子が遠方からもみることができるのです。

Wi-Fiでインターネットを繋ぐメリットと注意点

Wi-Fiでのインターネット接続は、公共施設や一部の店舗では当たり前になっています。Wi-Fiの速度は実用的なので、個人でも使う人が増えてきました。以下ではWi-Fiでインターネット接続するメリットと、注意点の説明をしていきます。

電波の届くところならどこでも設置できる

有線でのインターネットは、LANケーブルを伝って回線は機器に届きます。そのような仕様なので、ルーターの設置場所がある程度決められてしまいます。しかしWi-Fiは電波で届くので、Wi-Fiルーターの設置場所を自由に決めることができます。それでもWi-Fiの電波は球体状に飛ぶので、電波を広く届かせようと思ったら、家の中心地点にWi-Fiルーターを設置するのがよいといわれています。

工事不要で即利用できる

Wi-Fiでのインターネット接続は、工事不要でも可能です。有線から途中でWi-Fiに変換する場合は、有線の通り道の工事は必要になりますが、プロバイダーの電波に直接アクセスすれば、工事はまったく不要です。プロバイダーの電波にアクセスするためには、プロバイダーと契約することが必要です。そのときにプロバイダーが提供する、Wi-Fiルーターを購入しましょう。

有線の回線を利用する場合は工事代金が発生しますが、Wi-Fiの場合は工事代金はかかりません。工事代金はプロバイダーによっては高いので、初期投資を抑えたい方はWi-Fiの方が得です。

中継器を設置することでWi-Fiエリアを拡大できる

自由に設置できるWi-Fiルーターですが、Wi-Fiの電波が弱い場所はあります。その問題を解決する方法として、中継器の利用があります。中継器を設置することによって、Wi-Fiエリアが広がっていくのです。商業施設などは広い範囲でWi-Fiの電波が使えますが、中継器を設置することでエリアを拡大しているのです。

電化製品や障害物の影響を受けやすい場合がある

Wi-Fiに使われる周波数は5GHZと2.4GHzですが、周囲の電化製品で干渉を受けることがあります。干渉を受けやすい電化製品には、電子レンジがあります。他のWi-Fi機器が5GHZと2.4GHzの周波数を使っている場合も、干渉を受けやすいです。

5GHZの周波数は安定して繋がりやすいですが、壁や床などの障害物に弱いのが弱点。2.4GHzの周波数は壁や床などの障害物に強いですが、他の製品で使われることが多い周波数帯なので混雑することがあります。

Wi-Fiルーターの選び方

Wi-Fiルーターは、各々の環境に合わせて選ぶべきです。以下ではWi-Fiルーターを選ぶときの参考になるように、具体的な例をみていきましょう。

Wi-Fiを使用する環境に合わせて選ぶ

Wi-Fiの電波は家の形状によって、電波が届きにくい可能性があります。電波の強度に問題がなくても、家の形状が問題になることがあるのです。

二階建てや三階建ての家の場合は、大型可動式アンテナを搭載しているWi-Fiルーターが便利です。このルーターを使うことで、電波の方向を調節できるからです。

ファミリータイプのマンションであれば、アンテナが3本あるWi-Fiルーターがよいでしょう。このルーターを使えば、家族全員がWi-Fiライフを楽しむことができます。

一人で住むワンルームマンションの場合は、アンテナが2本のWi-Fiルーターでよいです。それでも動画を楽しんだり、ゲームで遊ぶことはできます。

Wi-Fiを接続する機器に合わせて選ぶ

Wi-Fiで接続する機器には、それぞれの通信規格があります。その通信規格に合っていなければ、利用できない可能性があります。

最新のスマートフォンやタブレットに接続する場合は、11acに対応している3×3以上の、ビームフォーミング機能搭載のWi-Fiルーターがよいです。

デジタルテレビで動画を視聴する方であれば、5GHzの周波数帯に対応しているWi-Fiルーターがよいでしょう。11ac・11n/a・11aが該当します。10台以上のネットワーク機器に接続するのであれば、3×3以上のWi-Fiルーターが最適です。

Wi-Fiでインターネットに繋ぐ手順

Wi-Fiでインターネット接続するのに、専門知識は必要ありません。基本的な条件を満たしていたら、後はWi-Fiルーターを設置するだけでインターネットができます。基本的な条件と接続方法を知りましょう。

インターネットが開通していることを確認する

マンション住まいの人であれば、インターネット回線が開通している可能性があります。インターネット回線が開通していれば、Wi-Fiを利用することはできます。壁にLANケーブルの差し込み口があれば、インターネット回線が開通している可能性が高いです。

インターネット回線が開通しているかどうか分からない場合は、マンションを管理している管理会社に確認しましょう。管理人が常駐しているマンションであれば、管理人が知っていることもあります。直接Wi-Fiの電波にアクセスする場合は、プロバイダーのホームページで電波状況を調べましょう。

プロバイダー等とインターネットの契約をする

マンションや家にインターネット回線がきていても、プロバイダーと契約しなければ回線を使うことはできません。プロバイダーと契約する方法はいろいろありますが、対面で相談に乗ってもらいたい場合は、家電量販店がよいかもしれません。

家電量販店以外であれば、プロバイダーのホームページから申し込むこともできます。スマートフォンからもアクセスできるので便利です。

Wi-Fiルーターを設置してWi-Fi機器に繋ぐ

プロバイダーと契約してインターネット回線が使えるようになれば、後はWi-Fiルーターを設置して使用する機器に繋ぐだけです。接続する際にはネットワーク名とパスワードが要求されますが、Wi-Fiルーターの説明書に記載されているので、その通り入力するだけです。

一度設定すれば、2回目以降は機器にネットワーク名とパスワードが保存されているので、自動的に繋がります。しかし別の機器でWi-Fiを使う場合は、最初からネットワーク名とパスワードを入力する必要があります。

Wi-Fi環境の整備は国家レベルでも推進

Wi-Fiは電波さえ届いていれば、どこでも利用できます。設置方法も簡単なので利便性は高いです。そんなWi-Fiの利点に注目した総務省は、Wi-Fi環境の整備を促進する案を提出しました。

2020年の東京オリンピックに向けてWi-Fi環境が整備されたら、多くの観戦客の便宜を図ることができます。試合のチケット情報なども、Wi-Fiを使ったインターネットで知ることができるので便利です。

東京オリンピック以外でも、Wi-Fi環境の整備は必要です。自治体でもWi-Fi環境を活かすことができます。インターネット経由で認証手続きができたり、予約などができれば、混雑の緩和が期待できます。

まとめ

人によっては、Wi-Fiは非常に便利なものです。しかしWi-Fiの特徴を理解してこそ、快適なインターネットライフを楽しむことができます。多くの人が同時にアクセスできるのが、Wi-Fiの最大の便利さでしょう。家族または、友達と一緒にゲームをするのは楽しいものです。

複数の人が同時にアクセスできるWi-Fiの特性を利用すれば、プライベートでもビジネスでも便利さの可能性は広がります。Wi-Fi環境が今以上に充実していけば、ネットワークを使ったさまざまなサービスが登場するでしょう。そうなれば、ますます便利な社会になっていきます。

【公式】カシモWiMAX
沖田理紗 ー ライター
沖田理紗 ー ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。

関連キーワード