WiFiが途切れるのは電子レンジの可能性も|原因や解決策を紹介

ルーターに問題はないのにWiFiが途切れるのは、電子レンジの影響かもしれません。この記事では、電子レンジがWiFiに影響を及ぼす理由や、電子レンジからの干渉を避ける方法やWiFiを利用する上での注意点について解説していきます。
【公式】カシモWiMAX WiFiが途切れるのは電子レンジの可能性も|原因や解決策を紹介

電子レンジを使用するとWiFiの接続がよく切れる気がすると感じたことはありますか。実は、電子レンジとWiFiには、意外にも深い関係性があるのです。

これから、なぜ電子レンジがWiFiに影響するのかを紹介します。WiFiの基本的な知識とあわせて参考にしてみてください。

WiFiの基本を知っておこう

電子レンジとWiFiの関係性を知る前に、まずはWiFiに関する基礎知識を紹介します。

Wireless Fidelityの略称といわれているWiFiは、「WiFi=無線LAN」と捉えている方が多いかもしれません。しかし、厳密にいえば、本来は同一のものを指す用語ではないのです。

WiFiとは無線LAN規格の1つである

WiFi(ワイファイ)とは、異なるメーカーが製造する無線LAN機器でも、互換性のある規格の製品であれば問題なく通信できると証明するマーク、およびブランド名です。

なお、無線LANが初めてて登場したころは規格が定まらない状態で、製品によっては接続ができないことがあり非常に不便でした。それを解決するため、現在では無線LANの規格が「IEEE 802.11規格」に定められています。

つまり、WiFiは、この「IEEE 802.11規格」に従いつつ、相互に接続することが可能だと認められた無線LAN機器に付けられているロゴのことを指します。

ただし、現時点で販売されているほとんどの製品にこちらのロゴが付いているため、「WiFi」は無線LANそのものを表す用語として使用される場合が多いのも事実です。

無線LANのLANとは

無線LANの「LAN」は、Local Area Network(ローカル・エリア・ネットワーク)の略称です。

同じ建物の中にあるコンピュータやデジタル機器などをケーブルや無線電波で接続することにより、互いにデータ通信できるようにしたネットワーク環境のことをいいます。構内通信網と考えれば分かりやすいです。

電波などを使用したワイヤレスな接続のことを「無線LAN」というのに対し、銅線や光ファイバーなどを使用した通信ケーブルにより、機器間の接続をするものを「有線LAN」といいます。

ちなみに「LAN」といった場合には、通信ケーブルを使用した有線LANを指すことが多いです。

WiFiの通信規格とその速度の違い

無線LANは「IEEE 802.11規格」で統一されているのですが、周波数の帯域や特長の違いにより、さらに次の6つの規格に分類されます。

WiFiの通信規格の分類

  • 11ad(イレブンエーディー)
  • 11ac(イレブンエーシー)
  • 11n(イレブンエヌ)
  • 11a(イレブンエー)
  • 11g(イレブンジー)
  • 11b(イレブンビー)

これら6つの規格は、「60GHz帯」「5GHz帯」「2.4GHz帯」という3つの異なった周波数帯域を使用します。当然、それぞれの帯域に特長があり、通信速度が異なります。

次に、6つの無線LAN規格と周波数帯、またそれらの最大通信速度を表にしてまとめました。

無線LAN規格 通信速度(最大) 周波数帯
IEEE802.11ad 6.7Gbps 60GHz帯
IEEE802.11ac 6.9Gbps 5GHz帯
IEEE802.11n 300Mbps 2.4GHz帯/5GHz帯
IEEE802.11a 54Mbps 5GHz帯
IEEE802.11g 54Mbps 2.4GHz帯
IEEE802.11b 11Mbps 2.4GHz帯

以上6つの規格の中で「11ad」が最新の規格で、その次に新しいのが「11ac」です。これらの規格は、最大通信速度が他のものと比べ、格段に高いのが特徴です。

ただし、11adに関しては周波数が高く機器が高価なため、対応している機器が限られています。11acでさえも、いまだ普及していないのが現状なのです。

\Amazonギフト券が必ずもらえる!/
【公式】カシモWiMAX

なぜ電子レンジがWiFiに影響するのか

一見何のつながりもなさそうな電子レンジとWiFiですが、実は大きな共通点があります。

その共通点こそが、WiFiの電波を干渉する原因になるのです。

WiFiの周波数帯は2種類に分かれる

WiFiの周波数帯は、2.4GHz帯と5GHz帯の2種類に分かれます。そして、無線LANルーターを利用する際には、いずれかを選んで利用することが可能です。それぞれの周波数帯の特徴をしっかりと把握して、適切に使い分けましょう。

なお、正しくは、最新の規格であるIEEE802.11adが60GHz帯という驚異的な周波数帯を放っているのですが、機器が高額なのが影響して普及が進んでいません。

そのため、60GHz帯については、今回は省かせていただきます。

電子レンジと同じ2.4GHz帯

2.4GHz帯の無線LAN規格は、IEEE802.11n(最大通信速度300Mbps)、IEEE802.11g(54Mbps)、IEEE802.11b(11Mbps)の3つです。2.4GHz帯の特徴を次にまとめました。

  • 通信距離が長い
  • 障害物に強い
  • 屋外・屋内ともに利用できる

電磁波を使って食品を加熱調理する電子レンジは、この電磁波の周波数が2.4GHz帯です。また、電子レンジの電磁波は非常に強力であるため、使用している際に電磁波が本体から放出されてしまいます。

そのため、同じ周波数の無線LANを同時に使用した場合、電子レンジから放たれる電磁波とぶつかり合うことになります。無線LAN側にとってはこれがノイズとなり、通信に支障をきたしてしまうわけです。

なお、自宅では電子レンジを使用していないにも関わらず、同じような不具合が生じるのであれば、近隣の誰かが電子レンジを使っているのかもしれません。

2.4GHz帯は、通信距離が長く障害物に強いので、ご近所の方による電子レンジ使用の影響を受ける場合もあります。

干渉を受けにくい5GHz帯

5GHz帯の無線LAN規格は、IEEE802.11ac(最大通信速度6.9Gbps)、IEEE802.11n(300Mbps)、IEEE802.11a(54Mbps)の3つとなります。5GHz帯の持つ特徴は、次の通りです。

5GHz帯の長所

  • 日常生活で電波干渉を受けにくい
  • 安定した速度を保つ

5GHz帯の短所

  • 障害物に弱い
  • 2.4GHzよりも通信距離が短い
  • 屋外での使用ができない(電磁法により禁止)

2.4GHzと52.4GHz、どちらを選択するべきなのか、それぞれの特徴をふまえた上での結論は、5GHzの通信規格(11ac・11n・11a)です。

家など建物の中で、無線LAN機器と子機であるパソコンやスマホなどとの距離が近く、双方の間に障害物がない場合には、5GHzのものを選びましょう。

逆に、無線LAN機器と子機との距離が遠かったり、無線機器とは別の部屋で子機を頻繁に使用する場合は、2.4GHzの通信規格を選ぶとよいです。

ただし、その場合は電子レンジや、無線のマウスやキーボード、Bluetoothを使った機器などからの電波の影響を受け、電波干渉が発生する可能性が高くなります。

電子レンジも干渉を受けるのか

電子レンジ側は、WiFiの電波の干渉を受けません。なぜなら、電子レンジは電磁波を発生させる機器で、受信するものではないからです。電波干渉の影響は、電波を受信する側に起こるため、無線LAN機器からの通信により電子レンジに不具合が生じることはないのです。

なお、電子レンジと無線機器の電波の出力を比較すると、電子レンジの電磁波の方が圧倒的に大きい点も、レンジには異常が発生しない理由としてあげられます。

\Amazonギフト券が必ずもらえる!/
【公式】カシモWiMAX

電子レンジからの干渉を避ける方法

電子レンジからの干渉を避けるための、3つの方法を紹介していきます。この中で、最も有効なのは、無線LAN機器を5GHz帯のものに変更することです。

2.4GHz帯は、電子レンジだけではなく多くの電化製品で使われているため、非常に混み合った周波数帯となります。そのため、比較的狭い空間で使用するのであれば、無線LAN機器以外で使用されることが少ない5GHz帯に変更することにより、安定した通信が楽しめるようになるのです。

まずは、無線LAN機器と電子レンジの距離をできるだけ離してから、試してみてください。

干渉しにくい5GHz帯に変更する

5GHz帯は2.4GHz帯と比べ、壁や床など障害物に弱く、電波が届く範囲が狭い性質があるのがデメリットです。しかし、電波を拾うことさえできれば、5GHz帯は高速でWiFi接続できます。

最近のWiFiは、2.4GHz帯に加えて5GHz帯も使えるものがほとんどです。現在、2.4GhHz帯に設定されているなら、電波干渉しにくい5GHz帯に変更することで、WiFiが途切れるのを解決できます。

例えば、Buffalo製品のルータ―であれば、2.4GHz帯はGを含むSSID(Buffalo-G-***)、5Ghz帯はAを含むSSID(Buffalo-A-***)と表示されます。

パソコンやスマホなど子機が5GHz帯に対応しているのを確認してから、ルーターのアクセスポイントを5GHz帯(Aまたはaを含むSSID)で接続してみてください。

チャンネルを変えてみる

WiFiのチャンネルの変更によっても、電波干渉を防ぐことが可能です。1つのチャンネルにつき5MHzずつ周波数のズレがあるため、最もノイズが少ないチャンネルに設定し直しましょう。

チャンネルとはなにか

無線LANにおいてのチャンネルとは、データの送受信に必要な「周波数の幅」のことで、チャネルともいいます。

無線LAN機器(親機)と子機(パソコンやスマホなど)同士でデータ通信をおこなうには、同じチャンネル(周波数帯)を使用しなければなりません。

そして、電波の干渉を防ぐためには、近くにある無線LAN機器同士が異なるチャンネルを使用するように設定する必要があります。

なお、2.4GHz帯は合計13チャンネルを持っているのですが、実質3つのチャンネルしか使用できません。一方、5GHz帯にはチャンネルが計19つもあり、そのすべてが独立しています。

5GHz帯は2.4GHz帯と比べ、チャンネル選択の余地が6倍以上もあることになるので余裕があり、ノイズの干渉をしっかり避けることができます。

チャンネルの変更方法

無線LAN機器のチャンネルを変更するには、無線LAN機器の設定画面にログインしなければなりません。ただし、メーカーによってアクセスする際のIPアドレスが異なりますので、注意しましょう。また、各ルーターメーカーにより、変更方法も様々です。

干渉を受けにくい有線接続にする

どうしてもWiFiが遅い場合には、電波干渉を受けにくい有線ケーブルで接続するのもひとつの有効な選択肢です。ケーブルをルーターやモデムに挿すだけで完了しますので、面倒な設定は必要ありません。

さらに、有線LANはルーターと端末を直接つないでいるので、第三者によるただ乗りや悪用など不正行為を軽減できます。セキュリティ面で安全な点も、有線LANの持つ大きなメリットです。

WiFiの有線接続に合うLANケーブルは、こちらの記事で紹介しています。

\Amazonギフト券が必ずもらえる!/
【公式】カシモWiMAX

WiFiの周波数帯と通信規格の注意点

無線LAN機器を使用する際には、WiFiの周波数帯と通信規格には十分に気をつけてください。親機・子機ともに対応している機器を利用しなければ、通信できないのです。

異なる周波数帯同士は通信不可能

WiFiでは、周波数帯の異なる規格同士では通信することができません。

もし、最新の11adに対応している無線LANルーターを手に入れたとしても、子機側のパソコンやスマホなどが11adの規格および周波数帯に対応していない場合、通信するのは不可能です。

データ通信ができるネットワーク環境において、親機である無線機器と子機のつながりは非常に大切です。そのため、無線LANを購入する際には、事前に子機側の対応規格と周波数帯を確認するようにしましょう。

通信速度は遅い規格が優先される

親機と子機が同一周波数帯の機器で、WiFi規格が異なっている場合、通信速度は遅い規格の方が優先されます。11ac機器(433Mbps)と11a機器(54Mbps)であれば、11aの速度(54Mbps)となるのです。

たとえ、互換性のある機器同士でも、通信速度は遅い方に合わせられることを把握しておきましょう。

\工事不要ですぐ使える!/
【公式】カシモWiMAX

WiFiの特徴を知って電波干渉を回避しよう

WiFiには2種類の周波数帯があり、それぞれに複数のチャンネルを持っています。そして、これらを変更することにより、電子レンジからの電波干渉を避けることが可能です。

これからは、WiFiに関する基本を理解したうえで、日常生活から発生する電波干渉を受けない通信環境にしていきましょう。

\あなたに合った回線がわかる/
インターネット光回線電話相談

公開日時 : 2019年11月19日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード