• インターネット

おすすめのマウス12選|長時間使用・静音…用途別厳選!選び方のポイントも

パソコン作業に欠かせないマウスですが、どのようなポイントを重視して選んでいますか。何気なく選んでいる人も多いかもしれませんが、ここでは選ぶ際のポイントについてご紹介します。おすすめ商品もチェックして自分に合うマウスを見つけましょう。
【公式】カシモWiMAX おすすめのマウス12選|長時間使用・静音…用途別厳選!選び方のポイントも

パソコンを操作する上で必要不可欠な周辺機器として、マウスが挙げられます。実は、マウスの選び方1つで、作業効率がアップしたり、疲れにくくなるなどの違いがあります。

パソコンを使用する際に、使用頻度の高いマウスの選び方やおすすめのマウスについて紹介します。

パソコン用マウスの選び方

パソコン周辺で使用する機器の1つにマウスがあります。パソコンを操作する上で、どのようなポイントにこだわってマウスを選べばよいのか、選び方のポイントについて紹介します。

接続の仕方で選ぶ

パソコンへの接続方法も選び方の1つです。大きく分けて無線・有線の2種類に分類されます。

どちらを選ぶのかは、パソコンが設置されている状態も大きく影響してきます。それぞれの特徴を知り、自分がパソコンを使用する環境に合わせて選ぶとよいです。

ワイヤレスのもの

ケーブルなしでパソコンと接続することができるのがワイヤレスマウスの特徴です。Bluetooth方式と、パソコン本体にレシーバーを取り付けて通信するUSBレシーバー方式の2種類があります。

Bluetooth方式のマウスなら、スマホやタブレットなどBluetoothを搭載している機器であれば接続できるので、1つのマウスで様々なデバイスを操作することができます。

ケーブルがない分、操作性はよいですが、ケーブルから電源を供給できず、電池が必要になるので注意しましょう。

有線のもの

ケーブルでパソコンとマウスを有線で繋ぐタイプのものを指します。主にUSBで接続する方法が一般的となります。

ケーブルから電源を供給することができるので、通信や動作が安定するだけでなく、電池が不要な点もメリットとして挙げられます。

選ぶ際には、ケーブルの長さに注目しましょう。ケーブルが長すぎると使い勝手が悪くなってしまうので、短めのものや、巻取り式のものを選ぶようにしましょう。

用途に合わせて選ぶ

マウスをどのようなシーンで使用するのかも選ぶ際のポイントです。仕事で使う、ゲームで使うなど、マウスを使用するシーンは人によって様々です。パソコンなどに接続したマウスをどのような目的で使用していることが多いのか、振り返ってみましょう。

外で使用することが多い

外で使用することが多い人は、マウスの小ささや軽さなど、持ち運びに便利なものを選ぶとよいでしょう。マウスサイズ自体がコンパクトな小型マウスで、かつ、ワイヤレスのタイプを選ぶのがおすすめです。

マウスを読み取りが青色LED方式のマウスであれば、マウスパッドなどがなくても透明ガラス以外のどこでも使用することができるので使い勝手がよいです。

さらに、コンパクトなマウスを探している人には、ペンマウスも便利です。文字通りペン型をしているマウスで、省スペースで使用できるので、外出先でのマウスとしてもおすすめです。

長時間のオフィス使用向け

オフィスなどで長時間マウスを使用する人にとっては、マウスの操作性が仕事の効率化につながることもあると思います。

電池切れの心配がなければ、長時間の操作でも安心して使用することができます。

また、握った感じなど、手指に負担がなく、自分の手にしっくりと馴染むものを選ぶとよいでしょう。クリックが楽なもの、人指し指の操作性をしっかりと確認するためにも、実際に手に持って選ぶのがおすすめです。

快適にゲームを楽しみたい

ゲーム用のマウスをゲーミングマウスと呼びますが、一般的なマウスと比較して、ボタンの数が多い点が特徴です。

そのため、よく使うボタンが押しやすい位置にあるかどうかは大切なポイントです。また、多機能のマウスを選べば、遊ぶゲームに合わせて機能を追加したりすることができるのでおすすめです。

ゲーミングマウスには光学式レーザー式が一般的です。どちらの方式にするかによって、マウスパッドとの相性が異なるので、感度や精度がよいものを選ぶことで、ストレスなく快適な操作ができるでしょう。

\まずは無料相談!/
インターネット電話相談

読み取り方式で選ぶ

読み取り方式とは、マウスを動かした際、パソコンが読み取るときの仕組みのことを指します。読み取り方式の違いは、マウスの裏面(マウスパッドなどに接する部分)を確認するとわかります。

どのような方式があり、それぞれどのようなメリット・デメリットがあるのか確認しておきましょう。

ボール式

マウスの裏面に小さなボールがはめ込んであり、そのボールを転がして操作するマウスのことを指します。マウスを使用する場所が光沢面だと、ボールが回りづらく読み取り精度が低くなる傾向があります。

また、ボール部分に埃が溜まりやすいため、定期的なメンテナンスが必要となります。従来は一般的な読み取り方式のマウスですが、現在ではニーズが少なくなり、製造されていないのが現状です。 

光学式

マウスの裏面を見てみると、赤色に光るものを指します。赤色LEDを使用しており、比較的安価で購入できるものが多いのも特徴です。

読み取り精度が高くありませんが、ほとんどのマウスパッド素材で反応してくれます。注意点としては、光沢面では反応が悪くなる可能性があります。

昔からあるタイプのマウスになるので、マウス購入が初めてという人にはおすすめです。自分がマウスを使用するシーンを思い浮かべて確認してみるとよいでしょう。

IR LED

赤外線LEDを利用して読み取るマウスです。金属製の素材や木目素材など、使える場所が多いのは光学式と同様です。

光学式と同様に、ほとんどの場所で使用することができるため、自宅や会社など、使用シーンが限定されず、色々な場所でパソコン操作することが多い人におすすめです。

光学式との違いは、消費電力の少なさといえるでしょう。そのため、マウスを使う頻度の高い人や、電池交換の手間をかけたくない人にはおすすめです。

BLUE LED

マウスの裏面が青く光るタイプのものは、青いLEDライトを使って読み取るマウスです。青色LEDは、赤色LEDのマウス比べて波長が短く、繊細な読み取りをすることが可能です。

そのため、光学式やIR LEDでは読み取りが不可能なガラス面でも対応できる点が特徴です。床やカーペットの上でも読み取ることができるので、寝転んでマウスを操作したいという人にはおすすめのタイプといえるでしょう。

使用できる場所も多く、消費電力が格段に高いということでもないので、最も選ばれやすいマウスといえるかもしれません。

レーザー式

レーザーの光を利用して読み取りを行うマウスです。読み取り性能が高いのが特徴です。ソファやベッドなどの布の上でも操作することができ、マウスを使用する場所が透明でない限り、ほとんどの場所で操作することが可能です。

ただし、消費電力はほかの読み取り方式のものよりも高めなので、ワイヤレスの場合、電池交換が頻繁になると捉えておくとよいでしょう。

また、ほかの読み取り方式のマウスよりも高価なものが多く、高精度・高感度だからこその価格といえるかもしれません。

スマホ最新料金プラン情報を配信中!
LINE友だち追加

特徴で選ぶ

マウスにはとてもたくさんの種類があり、それぞれに大きな特徴を備えているものもあります。マウスのサイズやクリックの静音性、自分好みに設定できる多機能性など、使用目的に合わせた特徴で選べば、使い勝手のよいマウスが見つかるでしょう。

省電力のもの

マウスには有線でケーブルから電源を供給するタイプと、無線で電池から電源供給するタイプがあります。特にワイヤレスの場合、省電力で電池交換が多くないものであれば、電池費用を抑えることができ、コストを削減することができます。

使っていないときにマウスの電源を切っておくスイッチ付きのものもあるので、こまめに電源を落とすことも大切です。

外で使用する場合や、長時間使用する場合には、省電力のマウスを選べば電池切れの心配をすることも少なくなり、安心して使用することができるでしょう。

操作性の高さ

マウスは、握っている手を動かして画面上のポインタを動かすものが一般的ではないでしょうか。現在では、トラックボールと呼ばれる指先で上下左右に動かすことができるボールがはめ込んであるものや、マウスのボタンによく使う機能を使いやすいように記録できるものなのが人気です。

手を動かさずに指先で操作することが可能になるので、手が疲れにくいというメリットがあります。作業効率を上げたい人や長時間マウスを使用する人などは多機能で高性能なマウスを探してみるとよいでしょう。

操作音が静か

一般的なマウスは、クリックする際にカチッという音がします。そのマウスのカチカチという操作音が気になる人や、公共の場所や子どもが寝ているそばなど、音を立てたくない環境でマウスを使用する人は、操作音にも気にしてみましょう。

操作音が静かなマウスは、クリックした感触は残したまま、主にマウスのクリック音を低下させているものがほとんどです。深夜の作業が多い人や、ゲームなどでクリック回数が多い人にはおすすめです。

用途別マウスのおすすめ12選

数あるマウスの選び方がわかったところで、具体的にどんなおすすめ商品があるのかチェックしておきましょう。各商品の特徴を知り、自分に合ったマウスを探してみましょう。自分の使用するシーンをイメージして選ぶことがポイントです。

\まずは無料相談!/
インターネット電話相談
iPhone格安SIM通信アンケート

外で使うのにおすすめのマウス3選

外で使う際には、持ち運びのしやすさが大切です。マウス自体のサイズ感や、ワイヤレスタイプのものであれば、外出先でマウスの電源が切れないよう省電力である点や、使う場所が静かな場合は、操作音などにもこだわるとよいかもしれません。

ロジクールWIRELESS ULTRA PORTABLE M187r

ロジクールはパソコン周辺機器を扱うスイスの大手メーカーです。その中でも、幅49×奥行82×高さ32mmとコンパクトで、電池を入れた重さは51.9gと超軽量な点が特徴です。

無線で接続でき、レシーバーはマウス内部に収納できるだけでなく、最長10mまで離れても安定したワイヤレス接続をすることが可能です。

読み取り方式は光学式になり、単4電池で最長6カ月間使用することができます。

マイクロソフト Designer Bluetooth Mouse 7N5-00011

シンプルで持ちやすい薄型のマウスです。利き手を選ばずに使用できるだけでなく、WindowsやMac、アンドロイドにも対応してくれるので、コスパのよいマウスといえるでしょう。

Blue LEDでの読み取り方式となるため、場所を選ぶことなくマウス操作を正確に行うことが可能です。また、マウスの裏面には、電源スイッチとBluetoothのペアリングスイッチが搭載されているので、操作が簡単だったり、省電力にもなります。

寿命は単4電池で最長6カ月です。

エレコムCAPCLIP M-CC2BRS

幅41×奥行52×高さ30mmのサイズに折り畳めるので、持ち運びに便利なワイヤレスマウスです。ポケットやパソコンなどに取り付けられるクリップが付いているので、様々な場所に挟んで持ち運ぶことができます。

Bluetooth式で、micro USBケーブルによる充電方式となり、フル充電で約1カ月使用することが可能です。充電のタイミングを電池残量表示ランプでお知らせしてくれるので、外出先や長時間使用する場面でも、突然電池切れになる心配がなく使えます。

読み取り方式はIR LED式を採用しています。マウス自体にキャップが付いているので、使用しないときはマウス本体をキャップに収納でき、傷や埃から守ってくれます。

長時間使用に適したマウス3選

ゲームや仕事などで、長時間マウスを使用する人にはどのようなマウスがおすすめなのでしょうか。

省電力なマウスなら、使用中に電源が切れてしまう心配もなく、安心して継続使用することができるでしょう。ワイヤレスタイプのマウスで、電池交換する頻度が少なければ、コスパのよい商品ともいえるかもしれません。

ロジクール MX ERGO MXTB1s

光学式のトラッキングセンサーを採用し、快適性を追求したトラックボールで操作することができるので、手を動かさずに使用することができます。

本体には調節ヒンジが付いていて、0~20度で選択することで最適なポジショニング操作ができ、ストレスなく使用することができるでしょう。

充電はmicro USBケーブルにより、たった1分の充電で1日中使うことができ、また、フル充電なら最長4ヵ月使用することが可能です。

カーソルの速度や精度を簡単に切り替えることができるので、カーソル操作もとても快適です。チルト機能付きのスクロールホイールや、8つのボタンが搭載されているなど、作業効率をアップしてくれる多機能性も注目です。

バッファロー BSMBW510MBK

3通りの握り方を想定した独自の形状で、握りやすさにこだわったワイヤレスマウスです。マウスを使用中でも快適に使うことができるでしょう。

2.4GHz無線タイプで、高精度な青色LED式の読み取り方式を採用しています。寿命は単3電池がたった1本で足り、約3年使えるという長寿命で省電力が点も魅力です。

ショートカット機能を自由に割り当てられる2つのサイドボタンとホイールクリック付きなので、マウスの操作性をアップしてくれることでしょう。

エレコム M-HT1DRBK

人指し指と中指で操作するワイヤレスタイプのトラックボールです。直径52mmの大型ボールを搭載しており、少しの操作でポインタを広範囲に動かすことができます。

8つのボタンだけでなく、さらにホイールを傾けるだけで左右に動かすことができるチルトホイールも採用しています。

低反発素材のパームレストを上面部に施しているので、長時間のパソコン作業でも負担を軽減してくれます。ポインタの移動速度調整や電子残量表示もあるので、とても便利です。

2.4GHz無線タイプ、読み取りは光学センサー方式、単3電池で最大約534日使用可能です。

\まずは無料相談!/
インターネット電話相談

ゲーミングマウスのおすすめ3選

ゲームをする際に使用するマウスにはどのようなものを選ぶのが最適なのでしょうか。俊敏で正確な反応を求められるゲーミングマウスのおすすめ商品をご紹介します。

操作のしやすさや、自分仕様にカスタマイズできるタイプなどの特徴にも注目してみましょう。

ロジクールG502 HERO

「HERO 16Kオプティカルセンサー」搭載の高パフォーマンス、ハイグレードモデルとなっており、精度が高く、高速トラッキングで快適なプレイを実現できる点が特徴です。

耐久性が高く、5,000万回のクリックテストをクリアしたマウスです。さらに、自由に操作を割り当てることができる11個のボタンが付いているので、自分仕様にカスタマイズすることができるでしょう。

優先式と無線式がありますが、有線式のほうが安価で手に入れることができます。

レイザー NAGA TRINITY RZ01-02410100-R3M1

レイザーとは、ゲーミングマウスだけでなく、ヘッドセットやメカニカルキーボードなど、ゲームに関するデバイスを数多く発売しているメーカーです。

2ボタン、7ボタン、12ボタンの3種類の交換可能なサイドプレートを備えた有線式のマウスです。解像度16,000 DPI、対スピード性能450IPSと高性能な点が大きな魅力です。

右手専用にデザインされ快適な操作性も実感することができます。また、操作やゲームに応じてプレートを変えられ、ボタンは全てプログラミング可能なので、使い勝手のよいマウスになるでしょう。

MMOゲームを楽しむ人、複数のゲームジャンルを楽しみたい人にもおすすめです。

SteelSeries Rival600 62446

性能が非常に高く、個性的な見た目の有線式マウスです。3つのサイドボタンにコマンドを割り振り可能な上に、6億回のクリックにも耐える耐久性を兼ね備えています。

両サイドは取り外しておもりを片側に4つずつ取り付けることができるため、自分に合ったウエイト調整をすることもできます。

TrueMove3+という高精度なセンサーを搭載し、リフトオフでも操作が可能です。解像度は100~12,000cpi、ボタン数7ボタンというゲーミングマウスです。

静音マウスのおすすめ3選

夜間作業の多い人などには、静音機能の付いたマウスも気になるアイテムです。外出先でもカチカチ音を気にせず使えます。持ち運んでも使いやすいようなサイズや、省電力などのポイントも併せて確認しておくことがおすすめです。

ロジクール 静音マウス M220GR

ロジクールは、パソコン周辺機器を発売している世界的なメーカーです。そのロジクールの静音マウスは、世界初イギリス騒音防止団体に認定されたものです。

クリックする感覚はそのままに、クリック音のみを90%軽減しています。ホイールはラバー素材で、ホイールボタンを動かす音も静かな設計になっています。

単3乾電池が1本で18カ月使用可能となっており、使用しないときは自動的にスリーブモードになる省電力設計も特徴の一つといえるでしょう。

エレコムBlueLED M-BL21DBSRD

操作音が静かなだけでなく、コンパクトで持ち運びにも便利なマウスです。また、利き手を選ばないシンメトリーデザインになっている点も特徴です。

さらに、誤作動防止の電源ボタンや、自分好みにカスタマイズできる操作性の高い5ボタンを採用している点も選ばれている理由の1つといえるでしょう。

クリック感を残しながら静音性に優れているマウスです。無線2.4GHz方式で、単3電池1本で405日の連続使用も可能です。

バッファローBluetooth BlueLED プレミアムフィットマウス

豊富なカラーバリエーションと3つのサイズ展開が特徴のBluetoothマウスです。人間工学に基づいて長時間使っても疲れにくい設計になっているため、長時間作業する人にもおすすめのマウスです。

お気に入りのカラーでパソコン使用時の気分を上げてくれます。自分の手にぴったりはまるサイズ感のマウスなら、ストレスなく使い続けることができるでしょう。

クリック感を残しつつ音は軽減し、戻る・進むの操作ができるサイドボタンや、縦も横もスクロールできるチルトホイールを採用し、使い勝手もよい一品です。

自分が使いやすい用途に合ったマウスを選ぼう

パソコンを操作する上で欠かせないマウスですが、選ぶ際には様々なポイントが挙げられます。まずは自分がパソコンをどのようなシーン・目的で使用しているのか確認するようにしましょう。

その上で、マウスのサイズ感や操作性、省電力など重視したいポイントを明確にして選ぶとよいでしょう。自分好みにカスタマイズできるマウスや、電池交換の頻度などで手間取らないなど、どのようなマウスが自分にぴったり合うのか、自分が求めているマウスの機能について明確にすることも大切です。

自分の手のように動いてくれるマウスは、長時間使用していても、疲れにくいタイプのものがおすすめです。気になるものが自分の手にぴったりと合うのか、色々と試しに握ってみるのもよいでしょう。

パソコンに必要不可欠なマウスですが、何気なく選んでいた人も、選び方のポイントを知り、使い勝手のよいマウスを見つけましょう。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では、インターネットの契約や切替えをご検討中のお客様の電話相談を受け付けております。

相談後は、お客様のご希望があった場合にのみご連絡いたしますので、しつこい連絡や勧誘の心配はございません。

何度でも相談無料・加入の強要は一切ございませんので、インターネットに関してお困り方はぜひお電話ください。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2019年11月17日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード