Androidおすすめ

d払いならdカード・dカードGOLDが断然お得!その理由と紐づけ方法も解説

ドコモユーザーに特に人気のキャリア決済「d払い」。そんなd払いをお得に使いこなすのに必要なのがdカード・dカードGOLDです。今回、d払いにdカードを連携するメリットや連携する方法をご紹介。d払いを使っていてまだ連携していない方も参考にしてみてください。
新型ihone12噂 d払いならdカード・dカードGOLDが断然お得!その理由と紐づけ方法も解説

キャッシュレス社会が叫ばれる中で、ドコモユーザーに人気の高いのがキャリア決済のd払い。普段の買い物をスマホ代金と一緒に支払えるため、重宝している方も多いでしょう。そして、d払いを最もお得に使いこなすのに必要なのがdカードです。

今回はd払いにdカードを連携するメリットや、連携する方法を紹介していきます。d払いを使っているのに、まだdカードを連携していない方は参考にしてください。

d払いとは

出典:dカード GOLD

d払いとは、2018年にドコモが始めたキャリア決済サービスです。専用のアプリを使い、お店が提示しているQRコードをスキャンするか、スマホに提示したQRコードをお店に読み取ってもらうことで決済ができます。

d払いはドコモが提供しているサービスですが、ドコモユーザーしか使えないわけではありません。ただし、ドコモユーザー以外はクレジットカードの連携が必須です。ドコモユーザーに限り、クレジットカードを連携しなくてもドコモの携帯料金と一緒に支払うことができます。

d払いは日々利用できる店舗を拡大しており、コンビニや家電量販展はもちろん、カラオケやタクシーでの利用も可能です。リアルでの決済だけでなく、Amazonやメルカリでの支払いにも対応。

ドコモの携帯料金を支払うと貯められる、dポイントを使って支払いができるのも大きなメリットです。d払いを利用しても、利用料金の0.5%がdポイントとして還元され、オンラインでの支払いで利用すれば1%が還元されます。

d払いを使ってみる

dカードについて

dカードはドコモが提供するクレジットカードです。ドコモユーザー以外でも利用できます。以前は初年度無料、2年目以降にかかっていた年会費も、2019年9月16日以降入会分からは永年無料になりました。

ポイントの還元率は1%で、特約店で利用すれば最大3%の還元を受けられる場合もあります。また大きなメリットとして、ローソンで利用3%の割引が受けられ、さらに2%のポイント還元も受けられるため、実質5%の還元が受けられます。ローソンをよく利用する人にとってはdカードを使わない手はありません。

dカードは電気料金の支払いにも対応しており、例えば中部電力の支払いをdカードで行うと毎月2%の還元を受けられます。買い物をしなくても自然とdポイントが溜まっていくので、溜まったポイントで携帯料金の支払いなどに使えます。他にも特約店はあるので、もし普段使うお店やサービスが特約店である人は、ぜひdカードを使ってみましょう。

dカードを紐づけるメリット

クレジットカードを紐付けて利用できるd払いですが、その中でもおすすめなのがdカードです。なぜdカードを紐付けるのがおすすめなのか、その理由を見ていきましょう。

ポイントの2重取りができる

最も大きなメリットがポイントの2重取りができること。d払いのポイント還元率は0.5%~1%。キャッシュレスサービスの中では還元率は低いほうです。dカードに関しても還元率は1%で、決して高くはありません。

しかし、d払いにdカードを紐付けることで、両サービスのポイント還元を合算して受けられます。つまり、リアルでの支払いで1.5%、オンラインでの支払いであれば2%のポイント還元です。単体でみればお得な還元率ではありませんでしたが、紐付けて利用することで、他のキャッシュレスサービスよりもお得なサービスに早変わりです。

支払限度額を増やせる

ドコモユーザーはクレジットカードの紐付けなしでもd払いを利用できます。しかし、その利用額は1万円から始まり、25ヶ月以上使ってやっと最大の10万円まで引き上げられます。つまりパソコンや家電など、少し高額な家電では利用できません。

dカードを紐付ければ、d払の限度額はdカードの限度額に準じます。dカードの限度額は最大で100万円なので、普段の生活で買い物ができなくなる可能性は低くなります。せっかくの便利なサービスなので、dカードを紐付けて思い切り使いましょう。

お得なキャンペーンがある

ドコモは不定期でポイント還元のキャンペーンを行っています。その条件にdカードを紐付けたd払いでの支払いが含まれる場合もあります。過去には20%ものポイント還元がもらえるキャンペーンもあったので、d払いを利用しているのであれば、dカードを紐付けて高額還元を受け取りたいところ。

しかし、dカードはクレジットカードなので、発行までには時間がかかります。せっかくお得なキャンペーンをしていても、すぐに使えなければチャンスを逃してしまうかもしれません。事前にdカードを発行してd払いに紐付けておきましょう。

スマホの補償サービスがつく

dカードにはケータイの補償サービスが付帯しています。保証内容は購入日から1年以内の紛失、盗難、さらに修理不能な場合の新端末の購入費用を1万円まで負担してもらえます。

新しい端末を購入するとなれば1万円では足りませんが、それでも1万円安くなると思えば大きな違いです。ドコモショップで「ケータイ補償」をつけるとなれば、iPhoneであれば月に750円もかかります。それが無料でつくとなれば、十分にお得ですね。

今すぐdカード GOLDを申し込む

iPhone格安SIM通信アンケート

d払いとdカードを紐づける方法

実際にdカードをd払いに紐付ける方法も紹介していきます。

  1. まずはd払いアプリを開き、トップ画面左上の三本線をタップし、「設定」を選択します。
  2. 「お支払い方法」をタップすると、[電話料金合算払い][dカード][クレジットカード]の選択肢が表示されるはずです。
    すでにdアカウントにdカードが紐付いてれば[dカード]と表示されますが、dアカウントにdカードが紐付けられなければ、dカードの選択肢がなくなるので、「クレジットカードを登録」をタップしてdカードを登録しましょう。
  3. クレジットカードの登録画面が開いたら、dカードの「クレジットカード番号」「有効期限」「セキュリティコード」を入力します。すると、先程の仕払方法の選択肢にdカードが加わるので、チェックを入れて「次へ」をタップします。
  4. 本人認証サービス(3Dセキュア)のパスワード入力画面が開くので、パスワード欄に本人認証のパスワードを入力して「送信」をタップします。

これで、無事dカードを紐付けてd払いをすることができます。

ちなみに、[電話料金合算払い][dカード][クレジットカード]の支払いの選択肢の内容も解説します。

  • 電話料金合算払い:ドコモユーザーであれば利用でき、電話料金の支払いと一緒にd払いの支払いも行えます。
  • dカード:dアカウントにdカードが紐付いてれば表示されます。表示されている場合はこちらを選択すればd払いへの紐付けも完了です。
  • クレジットカード:ドコモの携帯料金の支払いにクレジットカードを利用していれば、そのカード情報が表示されます。

よりお得に利用するなら【dカードGOLD】がおすすめの理由

dカードを利用して、よりお得にドコモのサービスを使おうと考えるのであれば、dカードGOLDがおすすめです。dカードGOLDがdカードとどう違うのか見ていきましょう。

年会費が1万円

dカードが永年無料なのに対して、dカードGOLDは年会費が1万円かかります。dカードからdカードGOLDに乗り換えるのに一番の抵抗になるのが、この年会費です。しかし、dカードGOLDは1万円払ってももとがとれるサービスであることをこれから紹介します。

ケータイ代とドコモ光の料金が10%還元

一番大きなメリットは、ドコモのケータイ代とドコモ光の利用料金の10%がdポイントとして還元されます。つまり、ケータイ代とドコモ光の料金を合算して月に9,000円以上になれば、それだけでも年会費1万円以上の恩恵を受けられます。もちろん、月々の支払いがそれ以上の方であれば、その分d払いの支払いに当てることが可能です。

利用金額に応じてクーポンがもらえる

dカードGOLDは年間の利用金額に応じて、ドコモのサービスで使えるクーポンがもらえます。年間に100万円以上使えば10,800円相当、200万円以上であれば21,600円相当のクーポンが付与されます。

年間100万円ということは月に9万円利用すれば達成できます。月に17万円利用する人であれば年に200万円利用することになります。普段からクレジットカードを多用する人であれば、dカードGOLDにすることで特典がもらえるのです。

ちなにもらったクーポンは、次のようなサービスでご利用頂けます。

  • ケータイ購入割引クーポン
  • d fashionクーポン
  • dトラベルクーポン
  • dショッピングクーポン
  • dデリバリークーポン

ファッションや旅行、食事など広い範囲でご利用頂けるので、使えなくて困ることはないでしょう。

ケータイ補償がさらに充実

dカードにも付帯されているケータイ補償ですが、dカードGOLDではその補償内容がさらに充実しています。dカードでは1年だった補償期間が3年に、1万円だった補償金額が10万円になります。

もしドコモショップでiPhoneのケータイ補償サービスに加入したとすれば、3年間で27,000円もかかります。dカードGOLDに加入すれば、それだけのサービスがついてくることになるので。10万円補償してもらえるのであれば、仮に新しい端末を買うにしても実質無料で購入できる可能性も少なくありませんね。

今すぐdカード GOLDを申し込む

ちなみに、dポイントカードはクレジット機能はありません。クレジット機能付きカードは、dカードとdカードGOLDです。こちらの記事も参考にしてみてください。

まとめ

支払いをスマートにするd払いですが、キャッシュレスサービスとしてはポイント還元の低さがデメリットとなっていました。しかし、dカードを利用してポイント2重取りすることで、そのデメリットを克服することが可能です。

もしこれからd払いを利用しようと思っている方、もしくは既に利用しているけどdカードを紐付けていない方は、すぐにdカードを紐付けて利用しましょう。

今すぐdカード GOLDを申し込む

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2019年11月02日

鈴木光平 ― ライター
鈴木光平 ― ライター

フリーのライター、趣味は料理とダンス。たまに公園で踊ってます。見かけたら声かけてください。喜びます。結婚してからは料理男子。妻の美容と健康のために頑張ったらハワイでモテる身体に近づけてしまいました。

関連キーワード