[2020年]WiMAXルーター10機種徹底比較|全機種を比較しておすすめ端末を紹介

【2020年3月】WiMAXルーターは機種が多いため、どれを選んでも同じだと思っていませんか?だと思っていませんか?実は、WiMAX端末の性質やスペックによって、通信速度は変わってしまいます。WiMAXのルーター端末選びで失敗したくない方、おすすめのWiMAX端末が知りたい方必見です。
【公式】カシモWiMAX [2020年]WiMAXルーター10機種徹底比較|全機種を比較しておすすめ端末を紹介

WiMAXルーターは同じような機種ばかりで、どれを選べばいいかわからないという方が多いのではないでしょうか?

実は、WiMAXはルーターによって通信速度の性能が違います。結論だけ先にお伝えすると、性能・スペックの面から最もおすすめなWiMAXルーターはW06です。

出典:カシモWiMAX

WiMAXの通信速度はルーターの速度によって変わるため、ルーターの速度は速いに越したことはありません。その点W06は、WiMAXルーターの中で最も速い下り1.2Gbpsの通信速度が出ます。

もちろん、上り速度やバッテリー容量においてもW06はトップクラスの性能です。WiMAXルーターを選ぶなら、W06を最もおすすめします。

【業界最安級】W06の詳細はこちら

その他の端末も知りたい方は、ぜひこのまま記事を読み進めてみてください。

WiMAXルーターの選び方

WiMAXルーターの選び方にはポイントがあります。この項では、WiMAX機種を選ぶ時の比較ポイントをまとめました。

通信速度

WiMAXは、端末によって通信速度が変わってきます。WiMAX回線の速度を超えることは物理的に不可能ですが、WiMAX回線の速度を最大限に活かすのはWiMAXルーターの性能です。

快適にインターネットをしたい方は、WiMAXルーターの通信速度にこだわることが大切です。速さには2通りの基準があります。1つは下りの速さと、もう1つは上がりの速さです。

下りの通信速度が速ければ、ホームページの表示が速くなります。写真などをアップロードする場合は、上りの通信速度が関係してきます。

インターネットをする目的が、写真や動画の投稿であれば下りの通信速度も大切ですが、上りの通信速度も無視することはできません。インターネットの利用目的に応じて、2通りの通信速度をチェックすることが大切。

ネットの閲覧だけであればそれほどのスピードは必要ないため、通信速度をやや落として安い端末を選ぶのがおすすめです。

対してネットをかなり使う大容量の通信を行う場合は、速度重視で選ぶことが大切です。通信速度は速いほどストレスは減りますので、高速だけではなく大容量通信も求めたいなら、最速のモデルを選びましょう。

【最短当日発送】WiMAXのおすすめルーターはこちら

LTEモードに対応しているか

LTEモード(ハイスピードプラスエリアモード)は、特にWiMAX回線が通っていないエリアで使われることの多いモードです。

au 4G LTE回線を使用しているので、広範囲のエリアをカバーしています。

LTE対応の有無は重要なポイントで、使用エリアによってはLTE対応でなければ安定して使えないこともあります。特にマンションは構造上WiMAXの電波が届きづらいことも多いため、LTE対応を選ぶのがおすすめです。

地方や山間部に住んでいる場合もWiMAX回線が通っていない可能性があるため、LTE対応の端末を検討しましょう。LTEは有料オプションですが、3年契約ならオプション代は無料になるため、契約次第ではお得かつ快適にネットを利用できます。

【最短当日発送】WiMAXのおすすめルーターはこちら

使用する場所

WiMAXは持ち運びと据え置き、両方で使えるのが大きな特徴です。しかし、人によってはどちらか一方の用途でしか使わないという人もいるでしょう。

そのため、生活に合わせてどちらを選ぶか決めることが大切です。外出先で使いたいならモバイルルーター、据え置きならホームルーターがおすすめです。

家の中だけなら「ホームルーター」

ホームルーターはアンテナが大きく、電波を飛ばす力が強いです。電波を送受信しやすいので、多数の端末から接続しても安定性があります

ホームルーターは持ち運びはできませんが、コンセントがあれば利用できます。家の中だけであれば、ホームルーターの特徴を存分に活かすことは可能です。

家でも外でも使うなら「モバイルルーター」

家でも外でも使いたい場合は、モバイルルーターがおすすめです。

ただしホームルーターと違い、電波を飛ばす力が弱いです。そのため距離が離れてしまうと、接続状態が不安定になる可能性があります。そんなときは、クレードル(室内での通信性能を上げる機器)を使うと良いです。

クレードルはWiMAXの端末を充電しながら使えるもので、実は電波を安定させやすくする機能もついています。速度の出力アップが可能になり、ホームルーターの代わりとして使うことができます。

別途購入が必要ですが、WiMAXプロバイダによっては無料特典を付けていることもあるため、契約内容は念入りに確認しておきましょう。

【最短当日発送】WiMAXのおすすめルーターはこちら

サイズ・重さ

どこでも手軽に携帯できることが、WiMAXモバイルルーターのメリットです。そのため自宅以外の場所でも使う場合は、持ち運びやすいサイズや重さで選びましょう。

WiMAXの薄さの目安を知るには、名刺を見ればわかります。名刺63枚が12.6mmで、w05の薄さが12.6mmと同じです。

名刺の縦×横が91mm×55mmなので、名刺を横にして考えましょう。W05の縦が55mmで名刺を横にしたときと同じ大きさです。携帯用のWiMAXは名刺より横にもう少し長くしたものと考えていいでしょう。

【最短当日発送】WiMAXのおすすめルーターはこちら

WiMAXルータースペック一覧

WiMAXモバイルルーター・ホームルーターのスペックをまとめました。通信速度や携帯のしやすさ等、自分が重視する項目は何か考えながら見ていきましょう。

WiMAXルーターの性能比較

機種 下り最大 上り最大
WX06 440Mbps 75Mbps
W06 1.2Gbps 75Mbps
WX05 440Mbps 30Mbps
W05 558Mbps 75Mbps
HOME 02 440Mbps 75Mbps
HOME L02 1.0Gbps 75Mbps
HOME 01 440Mbps 75Mbps

WiMAXモバイルルーターで最速なのは、W06という機種です。WiMAX史上初の1.2Gbps(1200Mbps)という高速通信が可能で、光回線に近い速度でインターネットが利用できます。

ホームルーターで最速なのは、HOME L02です。こちらもホームルーターとしては、WiMAX史上初の1.0Gbps(1000Mbps)という速度をたたき出しました。

【最短当日発送】WiMAXのおすすめルーターはこちら

WiMAXルーターのサイズ比較

機種 サイズ 重さ
WX06 111×62×13.3mm 127g
W06 128×64×11.9mm 125g
WX05 111×62×13.3 mm 128g
W05 130×55×12.6 mm 131g
HOME 02 50(W)×118(H)×100(D)mm 218g
HOME L02 93(W)×178(H)×93(D)mm 436g
HOME 01 70(W)×155(H)×100(D)mm 338g

WiMAXモバイルルーターの中で最もコンパクトで軽かったのは、W06です。通信速度においてもW06が最も速かったので、持ち運び用のモバイルルーターとして使うならW06で決まりでしょう。

自宅用のホームルーターで最もコンパクトだったのは、最新機種のHOME 02です。従来のホームルーターから大きくサイズダウンしたため、インテリアの邪魔にならずに置いておくことができます。

【最短当日発送】WiMAXのおすすめルーターはこちら

WiMAXルーターのおすすめ機種

WiMAXルーターの中でもおすすめの機種をまとめました。WiMAXで快適にインターネットを使いたい方は、ぜひ参考にしてください。

【最もおすすめ】W06(2019年1月25日発売)

出典:カシモWiMAX
  • 下り最大:1.2Gbps
  • 上り最大:75Mbps
  • 連続通信時間:約540分

2019年1月25日に発売された、Wシリーズの最新機種です。ルーター史上最速の「ギガヒット超え」で、下り速度は最大1.2Gbpsも出る設計となっています。

WiMAXでオンラインゲームをしたい方や高画質の動画を視聴したい方でも、ストレスフリーで使うことができます。

また、室内等の電波が弱い場所でもしっかりと拾ってくれる「高性能ハイモードアンテナ」を搭載しています。そのため、「家の中だとWiFiが途切れてしまう」なんて心配もありません。

バッテリーの持ちも良くなっており、1つ前のW05と比較すると約9%バッテリー容量がアップしています(2,750mAh→3,000mAh)。外出先でWiMAXを使う機会が多い方にもおすすめの端末です。

【最短当日発送】W06の契約はこちら

HOME L02(2019年1月25日発売)

  • 下り最大:1.0Gbps
  • 上り最大:75Mbps
  • 最大同時接続台数:40台
出典:カシモWiMAX

ホームルーターで最もおすすめなのは、「HOME L02」という機種です。ホームルーターの最新機種は「HOME 02」ですが、こちらの「HOME L02」の方が通信速度が速いです。

下り最大1.0Gbpsというホームルーター史上最速級の通信速度を誇り、固定回線のような高速通信が可能になっています。

4本の高感度アンテナが配置されているため、360度部屋中のあらゆる方向にWiFiを飛ばしてくれます。置き場所によってネットがつながらないということがないので、かなり使い勝手がいいですね。

また、加湿器やアロマポットのようなおしゃれなデザインも人気で、部屋の中においてもインテリアを邪魔しません。

【業界最安級】HOME L02の詳細はこちら

WX06(2020年1月30日発売)

出典:UQモバイル

2020年1月下旬から発売開始の最新WiMAX、Speed WiFi NEXT WX06。その最も特徴なポイントは、WiMAXモバイルルーター初のWiFi 2.4GHz/5GHzの同時通信をサポートしている点です。

通信が混雑し不安定になりやすい2.4GHz帯のみに対応しているデバイスと、安定的な高速通信が可能な5GHz帯にも対応しているデバイスの併用が可能になっています。

同時利用は最大16台まで。また、自動的に最適な帯域・周波数を選択しWiFi通信を行う「バンドステアリング機能」も搭載しています。

また、QRコードを読み取ることでかんたんにWiFiに接続可能なほか、ひと目で消費した通信量を確認できるなど、機能性に優れたWiMAXルーターとなっています。

【最短当日発送】WX06の契約はこちら

WX05(2018年11月1日発売)

2018年11月に発売されたWiMAX端末の比較的新しいモデルです。

WiMAXハイパワーという、電波が弱いときに通信品質を向上させる機能を搭載しており、電波が届きにくいエリアでも通信速度が落ちにくい設計になっています。

1つ前のモデルである、W05と比較すると下り最大速度は若干落ちていますがバッテリー持続時間は約150分長くなっており、長時間の使用にも大変適しています。

【最短当日発送】WX05の契約はこちら

W05(2018年1月19日発売)

こちらの機種は、下りが最大で708Mbpsの通信速度を実現しています。バッテリー使用可能時間はノーマルモードで約540分なので、外で使うときも安心です。

WiFiお引越し機能を搭載しているので、前機種の設定内容を引き継ぐことが可能です。しかし前機種が古い場合は、設定内容の引き継ぎが、上手くいかないことがあります。

見た目もカッコよく、薄型でスリムなデザインが特徴的であり、色も黒と白のスタイリッシュな2色の展開です。本体約131gと非常に軽量で、持ち運びにも便利です。

InstagramやFacebookなどに、写真や動画をアップする人も少なくはないはず。これらのデータをWeb上にアップロードするスピード(上り速度)が、既存機種の最大速度に比べ2.5倍も速くなりました。

SNSを利用する人も、動画投稿サイトを利用する人も、ストレスなく使える速度です。

【最短当日発送】W05の契約はこちら

WX04(2017年11月1日発売)

Speed WiFi NEXT WX04は、初の国産ルーターであることが特徴です。

下り最大440Mbpsと通信速度も優れており、使い勝手のよいモデルでしょう。色は白と青の2色展開で、本体約128gの軽量モデルです。

バッテリーが強いのも大きな特徴であり、長期間の使用にも耐えられます。契約期間中であればパフォーマンスを下げることなく使え、品質が安定しているのが強みです。

4G LTE対応なので、田舎や辺鄙な場所で使う人には最適です。連続通信時間が、ノーマルモードでは約690分です。理論上は10時間以上の使用が可能になっているので、外での使用が多いユーザーにとっては心強いです。

W04(2017年2月17日発売)

Speed WiFi NEXT W04は、持ちやすいスティックデザインで、持ち運びするときに便利です。

国産ルーターの「WX04」と間違えてしまう人が多いのですが、持ち運びに便利なモデルは「W04」でXがつかないことを覚えておきましょう。

下り最大758Mbpsで通信速度も優れていますが、やや古い機種であるため、プロバイダ選びの幅は狭くなります。USB3.0 Type C-A変換ケーブルも同梱されているので、他の機器に接続するのも簡単です。

使用用途を限定して使いたい人にはおすすめですが、万人にとって使い勝手がよいわけではないので注意しなければなりません。

HOME 02(2020年1月30日発売)

出典:UQモバイル

WiMAX HOME 02はコンパクトなサイズとサイズ感に見合わぬWiFi性能が売りの最新ホームルーターです。

前モデルの「WiMAX HOME 01」と比較すると容積比は40%も小さくなりましたが、電波が届くエリアは25%広くなっています。

スマホアプリでデータ通信量や電波状態を確認できるほか、一定の通信量を超えると通知でアラートが飛んでくるように設定することも可能。

お子さまがネットを使いすぎないようにスケジュールを管理できるほか、不審な接続のブロッキングも「見えて安心ネット」より行えます。

さらに、Amazonのスマートスピーカー「Alexa」と連携し、通信量の確認から再起動まで操作することも。

非常に使い勝手の良い自宅用ルーターとなっています。こちらもWX06と同じく2020年1月下旬から発売開始です。

【最短当日発送】WiMAX HOME 02の契約はこちら!

HOME L01/L01s(2018年1月19日発売)

下りの最大速度は440Mbpsと光回線と同等の速度を出すことができます。またUSBポートもあるので充電ケーブルを挿し込めばスマホの充電も可能です。

1つ前のモデルである『L01』との違いはSIMカードのサイズや重量の違いです。速度の変化などは特にありません。

【UQWiMAX】WiMAX HOME L01/L01sの契約はこちら!

WiMAXのおすすめプロバイダ5社

WiMAXルーターの機種が決まったら、あとは契約するWiMAXプロバイダ選びです。WiMAXプロバイダによって月々の料金が大きく変わってくるので、ぜひ色々な会社を比較して決めましょう。

カシモWiMAX

出典:カシモWiMAX
  • 業界最安級の月額料金
  • CM宣伝していない分、ユーザーに安い料金が提供できる
  • お客様満足度が高い

カシモWiMAXは、業界最安級の月額1,380円から利用できるWiMAXプロバイダです。月額料金の安さはもちろん、お客様満足度94.2%という高い評価を得ているWiMAXとなっています。

なぜこんなにカシモWiMAXが安いのか、心配に思う方もいるでしょう。カシモWiMAXの安さの秘密は、宣伝方法にあります。

多くのWiMAXプロバイダはCM宣伝等を行っていますが、カシモWiMAXはインターネット上で宣伝を行っているため、広告宣伝費用を抑えることができています。そのため、浮いた宣伝費用をユーザーに還元できるというわけです。

カシモWiMAXの料金プランは、「ギガ放題プラン」と「ライトプラン」の2つあります。ギガ放題プランは、データ容量無制限の使い放題プラン、ライトプランは月間7GBまでのプランです。

容量を気にせずインターネットや動画を楽しみたい方は「ギガ放題」、安くそこそこネットを使いたい方は「ライトプラン」がおすすめです。

安くWiMAXを契約したい方だけでなく、ネットを快適に使いたい方にもおすすめのWiMAXプロバイダと言えるでしょう。

【最短当日発送】カシモWiMAXを契約する!

UQ WiMAX

出典:UQWiMAX

※現在キャッシュバック対象端末は在庫切れです。

  • 月額料金が一定でわかりやすい
  • お客様満足度No.1
  • UQモバイルとセットで契約すると割引がある

UQ WiMAXは、ずっと同じ料金で使える珍しいWiMAXプロバイダです。多くのWiMAXでは、契約月ごとに料金が変動しますが、UQ WiMAXは一定です。

3年間総額でいくらかかるのか、毎月いくら払うのかが明確なので、とてもわかりやすい料金プランといえます。

さらにお客様満足度No.1を獲得しているので、料金以外のサービス満足度も高いWiMAXプロバイダです。

UQ WiMAXには、月間7GBまでのライトプランがありません。データ容量無制限で使えるギガ放題のみとなっています。

契約期間は2年間の自動更新となっており、他のWiMAXよりも1年短く契約できます。上記の表は、他のWiMAXプロバイダと比較するために3年間契約した場合の料金です。

2年も使い続けられるか不安という方は、UQ WiMAXが15日間無料でお試しできる「Try WiMAX」を使ってみましょう。

【キャッシュバックあり】UQ WiMAXを契約する

GMOとくとくBB WiMAX

出典:GMOとくとくBB WiMAX
  • 高額キャッシュバックキャンペーンがある
  • 20日以内ならキャンセルできる

GMOとくとくBB WiMAXは、毎月様々なキャンペーンを行っているWiMAXです。キャンペーンの中でも、数万円単位の高額キャッシュバックキャンペーンは特に人気があります。

「キャッシュバックが高い代わりに、通信品質が悪いのでは?」と考える方もいるかもしれません。そんな方でも、GMOとくとくBB WiMAXは20日以内であれば無料キャンセルが可能です。

キャンセル期間は8日以内が一般的ですが、GMOとくとくBB WiMAXは倍以上の20日間も使うことができます。初めてのWiMAXで通信速度や提供エリアが気になる方は、一度試しに使ってみることができるのです。

WiMAXのキャッシュバックキャンペーンは、受け取りが非常に難しいことで有名です。加えて、キャッシュバックキャンペーンは月によって金額に差があるため、いつ契約するかによって料金が変動します。

そのため、上記表ではキャッシュバックキャンペーンなしで3年間GMOとくとくBB WiMAXを契約した金額を掲載しました。

当然ですが、キャッシュバックなしだと月額料金がかなり高くなってしまいます。キャッシュバックキャンペーンなしのWiMAXを契約するか、GMOとくとくBB WiMAXでキャッシュバックの受け取り忘れがないようにした方がいいでしょう。

GMOとくとくBB WiMAXを契約する!

DTI WiMAX2+

DTI WiMAX2+は、月額2,590円~です。

新規加入の場合最大で2カ月間の利用料金が無料になるサービスや、使い方が初心者の方にわかりやすいことが特徴です。

DTI WiMAX2+でWiMAXを契約する

BIGLOBE WiMAX 2+

出典:BIGLOBEWiMAX
  • 1年契約・自動更新なし
  • 口座振替でも申し込みできる
  • ルーターなしのSIMのみ契約もできる

インターネット回線や格安SIMで有名なBIGLOBEにも、ギガ放題プランがあります。

BIGLOBE WiMAX 2+は、なんと最短1年から契約できるWiMAXプロバイダです。現在WiMAXは3年契約が主流なので、1年という短期間から契約できるのは嬉しいですね。

さらに、多くのWiMAXではクレジットカードがないと契約できませんが、BIGLOBE WiMAXは口座振替ができます。クレジットカードを持っていない方は、BIGLOBE WiMAXなら契約できます。

上記の表では、他社WiMAXと比較するために3年間の総額で記載しています。人気のギガ放題は初月0円で、1~3ヶ月目が2,980円、4ヶ月目以降は3,980円となっています。

時期によってはキャッシュバックキャンペーンを行っていることもあるので、WiMAX契約前にキャッシュバックキャンペーンがないか確認しておきましょう。

BIGLOBE WiMAX 2+を契約する

So-net モバイル WiMAX

出典: So-netWiMAX

インターネット回線で有名なSo-netのWiMAXです。最新端末のW06、ホームルーターのHOME L02を取り扱っています。

So-net モバイルWiMAXのギガ放題プランは1年目が3,380円、2年目が4,379円というシンプルな料金設定です。ギガ放題を3年間使用した場合、145,656円で契約することができます。

一方のライトプランは、ギガ放題と比べると年間2万円強安く使うことが可能です。ギガ放題もライトプランも、3年以上使うと「長期利用割引」で毎月500円安くなります。

So-netのWiMAXは、契約期間が2年・3年・4年の中から選べます。ただし、月額料金割引のキャンペーンの適用が受けられるのは、3年契約のみです。

利用月の計算は、利用開始月の翌月を1カ月目として数え、契約期間以内での契約解除には契約解除料がかかります。この契約解除料は利用期間によって異なり、利用期間が短い時点での解約は高額になるので注意が必要です。

So-net モバイル WiMAX2+を契約する

WiMAXルーターのよくある質問

WiMAXルーターの価格や購入に関するよくある疑問について、Q&A形式で回答していきます。

Q.WiMAX端末は中古でも購入できる?

A.WiMAX端末は中古でも購入できますが、あまりおすすめできません

中古端末はSIMカードを挿してみるまで動くかわからないため、購入したのに使えない可能性もあるからです。加えて、WiMAXを契約すればルーターは無料で手に入ることが多いため、わざわざ中古品を購入するメリットは少ないでしょう。

Q.WiMAXの端末料金はいくら?

A.WiMAXの端末料金は、通常1万円前後します。ですがWiMAXとルーターをセットで契約すれば、端末代金が無料になるプロバイダが多いです。

もちろんすべてのプロバイダで無料になるわけではないので、端末代金がかからないか必ず確認してから契約しましょう。

Q.WiMAX端末無料のおすすめプロバイダは?

A.端末代金無料のプロバイダの中で最もおすすめなのは、カシモWiMAXす。

カシモWiMAXは月額料金が業界最安級なので、端末代金無料と共に月々の負担をかなり抑えることができます。送料無料で最短翌日には届くので、急ぎでWiFi環境を整えたい方にもおすすめです。

【業界最安級】カシモWiMAXの料金プランはこちら

自分に合ったWiMAXルーターを選ぼう!

今の時代、生活にネットは必要不可欠なものです。ネットを使って様々な人と知り合ったり、コミュニケーションを取ったり、思い出を残したりしています。

そんな時代にいつでもどこでも使えるWiMAX端末は、ユーザーのニーズを満たしています。旅行先であっても出張先であっても、ネットができるのは想像以上に便利なものです。

急な宿泊先の予約や各種サービスの利用時に、ネットは役に立ちます。WiMAX端末を申し込めば、即日からでもネットが可能です。

【最短当日発送】WiMAXのおすすめルーターはこちら

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2020年03月30日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。

関連キーワード