JCOM_iPhone7

引っ越し時のネット回線手続きガイド|進め方とおすすめのプロバイダ3選

引っ越し先でネット回線を使用する方法は、大きくわけて「今利用中のネット回線の移転手続きを行う」と「今利用中のネット回線を解約し、別のネット回線を新規契約する」の2つあります。ここでは引っ越し時の回線の進め方とおすすめのネット回線を紹介します。
【公式】カシモWiMAX 引っ越し時のネット回線手続きガイド|進め方とおすすめのプロバイダ3選

引っ越しが決まると、電気・ガス・水道といったライフラインの手続きをしなければなりませんが、ネット回線についても忘れてはいけません。

また、引っ越しを機にネット回線の乗り換えを考えている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ネット回線を引っ越しするための手続き、費用、注意点や、引っ越し先ですぐに回線がつながらないときの対処法などについて解説するとともに、おすすめのネット回線を紹介します。

引っ越し先でもネット回線を使う方法は大きく2つ

引っ越し先でネット回線を使用する方法は、次の2パターンあります。

  • 今利用中のネット回線の移転手続きを行う
  • 今利用中のネット回線を解約し、別のネット回線を新規契約する

どちらを選ぶかは、メリット・デメリットの観点で検討しましょう。

ただし、「今利用中のネット回線の移転手続きを行う」を選ぶ場合は、引っ越し先で現在契約中の業者のネット回線が利用できることが前提です。

パターン メリット デメリット
今利用中のネット回線の移転手続きを行う 違約金がかからない
乗り換え先を選ぶ手間がかからない
乗り換え先の初期費用がかからない
月額料金が変わらない可能性が高い
ネット環境が改善されない可能性が高い
今利用中のネット回線を解約し、別のネット回線を新規契約する 月額料金が安くなる可能性がある
乗り換え先のキャンペーンが使える
ネット環境が改善する可能性がある
違約金がかかることがある
乗り換え先を選ぶ手間がかかる
乗り換え先の初期費用がかかる
一時的に元の業者と新しい業者と重複して料金を払わなければならない

まずは引っ越し先でネット回線が利用可能か確認

2つのパターンのどちらも、まず、引っ越し先で、今契約中の業者や、乗り換えたい業者のネット回線が利用できるか、を回線業者・プロバイダの問い合わせ先に電話をするか、ホームページで調べる必要があります。

例えば、NTT東日本のフレッツ光の場合、トップページから郵便番号または住所で引っ越し先がサービスエリア内かを調べられます。

サービスエリア内であっても、マンションやアパートといった集合住宅の場合は、建物の種類・構造によっては、回線の引き込みができず、契約できない場合もあります。

ただし、許可があれば契約できる場合もあるので、建物の管理組合や大家にも確認しておきましょう。

なお、回線業者とプロバイダの契約を別々にしている場合は、それぞれについて確認し、移転手続きをする必要があります。

今利用中のネット回線の移転手続きを行う場合

それでは「今利用中のネット回線の移転手続きを行う」場合の手続きについて解説します。

移転手続きの流れ

移転手続きは次のような流れで行います。

  1. 移転手続きを申し込む
  2. 工事の日程や内容を確認する
  3. レンタル機器を返却する
  4. 移転先・移転元の回線工事を行う
  5. 開通後セットアップし完了

移転手続きを申し込む

申し込みは、引っ越しの1~2ヶ月前にします。ネット回線の開通は、申し込みから工事までは通常2~4週間程度、場合によってはそれ以上かかります。

特に3~4月は、入学・就職・転勤の時期と重なるため、希望日に工事ができない可能性があります。できるだけ早めに申し込むのがおすすめです。

申し込みは、電話やホームページでできます。

例えば、フレッツ光の場合は、「転居される方へ フレッツ光の移転手続き(フレッツ光をご利用中のお客さま)」のページから申し込むと、引っ越し先でフレッツ光が使えるかどうかも調べられます。

申し込むときは、あらかじめ次のことをメモして、手元に控えておきましょう。

  • 新居の郵便番号・住所
  • 連絡先の電話番号、契約者の名義、お客さまIDなど
  • 旧居の退去日、新居の入居日
  • 工事の希望日(候補を3つほど考えておく)

工事の日程や内容を確認する

申し込みをすると、業者から工事の日程や内容について確認の連絡があります。

業者によっては、申し込みをしてから連絡まで数週間かかることもあります。どのくらいの日数がかかるか、あらかじめホームページでチェックしておきましょう。

申し込みの内容や工事の混み具合によっては、工事日の調整が必要になることがあります。工事の希望日の候補を3つほど考えておきましょう。

レンタル機器を返却する

返却する必要があるレンタル機器等は、例として次のようなものがあります。

  • VoIP
  • CTU
  • 単体型ONU
  • ホームゲートウェイ
  • 無線LANカード
  • 電話機

例えば、フレッツ光の場合は移転手続きを申し込むと、工事に必要な書類とともに回収袋が郵送されます。

そこには「ご返却商品リスト」が貼られているので、リストに記されている機器と数量を確認・封入して、NTTに返送します。

派遣工事が必要ないときは、回収キットを用いて機器を返却したり、自分で引っ越し先に機器を持っていきます。

移転先・移転元の回線工事を行う

戸建てや回線が引かれていない集合住宅の場合は、2時間程度かかります。すでに建物まで線が引かれていて部屋に引き込むだけなら、30分~1時間程度で終了します。

派遣工事がある場合は、原則として立ち会いが必要です。作業がスムーズに進むように、機器の設置場所などをあらかじめ決めておきましょう。

また、集合住宅で共用部分を工事する場合は、建物の管理人や大家の立ち合いが必要になることもあります。それらの点についてもあらかじめ業者に確認し、連絡・調整をします。

派遣工事がない場合は、マニュアル等に従って自分で機器を設置します。

開通後セットアップし完了

機器を設置したら、マニュアル等に従って自分でセットアップをします。セットアップにはパソコンが必要な場合もあるので用意しておきましょう。

移転手続きにかかる費用

主な回線業者・プロバイダの移転手続きにかかる工事費は、次のとおりです。

回線業者・プロバイダ名 戸建てタイプの工事費 集合住宅タイプの工事費
ドコモ光 2,000~18,000円 2,000~15,000円
auひかり 37,500円 30,000円
ソフトバンク光 2,000~24,000円 2,200~24,000円
フレッツ光(NTT東日本) 9,000円 7,500円
フレッツ光(NTT西日本) 9,900~19,800円 8,250~19,800円
NURO光 40,000~60,000円 40,000~60,000円
OCN光 0~7,600円 0~15,000円
Yahoo! BB 2,000円~10,300円 2,000円~10,300円
So-net光 9,000円 9,000円
BIGLOBE光 0~18,000円 0~15,000円
ぷらら光 2,000~9,000円 2,000~7,500円

手数料・登録料等が別途かかる場合があります。また、土日・祝日・年末年始の工事は、割増料がかかる場合があります。

工事費は無料になる場合もありますが、NTTの東日本/西日本のエリアをまたいだり、建物の構造や回線が引かれている状況などによって数千円から2万数千円前後になることもあります。

今利用中のネット回線を解約し新規契約する場合

続いて「今利用中のネット回線を解約し、別のネット回線を新規契約する」場合の手続きについて解説します。

解約し新規契約する流れ

解約して新規契約する流れは次の通りです。

  1. 新規契約先を決定
  2. 解約の申し込む
  3. 乗り換え先に新規契約を申し込む
  4. レンタル機器を返却
  5. 移転先・移転元の回線工事を行う
  6. 開通後セットアップし完了

新規契約先を決定する

いま使っているネット回線が引っ越し先で利用できない場合や、速度が遅いなど品質に問題があったり、料金が割高だと感じているのであれば、これを機に業者の乗り換えを検討しましょう。

多くの業者は、現金やポイントでキャッシュバックしたり、工事費の減免、月額利用料の割引、いま使っているネット回線の解約金の負担など、新規契約者のために様々なキャンペーンを行っています。

引っ越しの際は更新月・最低利用期間を満たさないでネット回線を解約し、高額の違約金を負担しなければならないこともあるため、キャッシュバックや割引などで補填してもらえれば助かるでしょう。

新規契約先を決めるポイントについては、後で詳しく解説します。

解約の申し込みをする

新規契約先を決めたら、現在契約しているネット回線の業者に、解約の申し込みをします。回線業者とプロバイダを別々に契約しており、どちらも解約したい場合は、それぞれの業者に申し込みします。

解約は、大抵の場合電話のみでの受付です。手元に次のものを用意しておきましょう。

  • 連絡先の電話番号、契約者の名義、お客さまIDなど
  • 旧居の退去日
  • 撤去工事の希望日(候補を3つほど考えておく)

違約金、レンタル機器の返却、利用料金の精算、撤去工事について案内されるので、メモをしておきます。

乗り換え先に新規契約を申し込む

解約の申し込みと同時に、乗り換え先に新規契約を申し込みます。

新規契約の申し込みは、電話やホームページからもできます。手元に次のものを用意しておきましょう。

  • 新居の郵便番号・住所
  • 連絡先の電話番号、契約者の名義、お客さまIDなど
  • 旧居の退去日、新居の入居日
  • 工事の希望日※
  • これまで契約していたネット回線の契約内容

※工事の希望日は候補を3つほど考えておきましょう。

これまで契約していたネット回線の契約内容については、違約金補助のキャッシュバック等がある場合に必要です。

レンタル機器を返却する

撤去工事に派遣された作業員が引き取ってくれるパターンと、自分で返却するパターンがあります。

自分で返却するパターンの場合は業者から回収袋が郵送されるので、返却リストやマニュアルにしたがって、自分で機器を取り外して梱包し、宅配便等で返却します。

返却を忘れたり遅れたりすると、ペナルティが請求されることもあります。また、間違って返却する必要のない機器を送ってしまうと、取り戻せなかったり、時間がかかることがあるので、注意しましょう。

移転先・移転元の回線工事を行う

「今利用中のネット回線の移転手続きを行う場合」と同じく、派遣工事がある場合は、原則として立ち会いが必要です。作業がスムーズに進むように、機器の設置場所などをあらかじめ決めておきましょう。

また、集合住宅の共用部分を工事する場合は、建物の管理人や大家の立ち合いついても、あらかじめ業者に確認し、連絡・調整をします。

派遣工事がない場合は、マニュアル等に従って自分で機器を設置します。

開通後セットアップし完了

機器を設置したら、マニュアル等に従って自分でセットアップをします。セットアップにはパソコンが必要な場合もあるので用意しておきましょう。

有料ですが、作業員がセットアップまでしてくれるオプションサービスもあります。

解約し新規契約する際にかかる費用

ネット回線を乗り換えした場合、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。ざっくりですが、「auひかり」から「ソフトバンク光」に乗り換えたと仮定して計算してみました。

  解約するネット回線 新規契約するネット回線
プラン・条件 auひかり+au one net:戸建てプラン(3年契約のところ24ヶ月で解約したと仮定) ソフトバンク光:戸建てプラン(派遣工事ありと仮定。プロバイダ契約は不要)
かかる費用の内訳 契約解除料 15,000円
初期費用残債 625円×36回=22,500円
撤去工事費 28,800円
小計 66,300円
事務手数料 3,000円
回線工事費 24,000円
小計 27,000円
キャッシュバック 他社違約金分 -15,000円
他社撤去工事費分 -28,800円
回線工事費-24,000円
小計 -67,800円
実質費用の合計 66,300円 -40,800円

注目したいのは、解約する場合、違約金や撤去工事費だけでなく、元のネット回線を引いたときにかかった初期工事費の残金(auひかりの場合は60回分割払い)も上乗せされるということです。

かなりの金額がかかりますが、ソフトバンク光に乗り換えると、高額のキャッシュバックがあるので、この仮定のケースでは実質25,500円ほどの負担で済みました。

このように、乗り換え先には、できるだけ有利なキャッシュバック・特典がある回線業者・プロバイダを選ぶことが大事です。

なお、回線業者とプロバイダを別々に契約し、解約した場合は、それぞれから違約金を請求される可能性があるので確認しておきましょう。

新規契約先を決めるポイントとは

新規契約先を決めるポイントを紹介します。

ネット回線事業者を選ぶポイント

ネット回線には、有線回線と無線回線があります。それぞれの特徴は下記のとおりです。

回線の種別 回線・機器の例 おすすめできるケース
有線回線 光回線
ケーブルテレビ回線
家族・大人数で使う
当分引っ越しすることはない
速くて安定した環境でネットを使いたい
無線回線 モバイルWiFi
ホームルータ
ひとり・少人数で使う
近くまた引っ越しがある
建物の構造上、回線工事ができない
費用を安く抑えたい

どちらを選ぶにしても、今使用しているスマホのキャリアとネット回線の業者を同じにするか、提携している業者を選ぶことをおすすめします。

例えば、ソフトバンクのスマホを使用しているのであれば、同じソフトバンク系列のソフトバンク光かソフトバンクエアーを選ぶ、という感じです。

スマホ料金やネット回線の料金がセット割引され、お得です。

プロバイダを選ぶポイント

回線とあわせてプロバイダを乗り換える場合は、利用料金だけでなく、サービス・サポート内容、高速通信に対応した通信規格を採用しているかなどに着目してプロバイダを選びましょう。

特に、IPv6(IPoE)という接続方式を採用しているプロバイダを選ぶと、超高速で安定したネットが使えるようになる可能性が高くなります。

また、プロバイダと回線がセットになっているプランを選ぶのもおすすめです。

おすすめのネット回線3選

これまで解説してきた新規契約先を決めるポイントなどをふまえて、おすすめのネット回線を3つ紹介します。

実際に申し込みをするときは、公式サイトはもちろん、代理店のサイトもチェックしましょう。キャッシュバックや特典がよりよい条件になっている可能性が高いです。

ソフトバンクユーザーにおすすめ「ソフトバンク光」

 SoftBank光 出典:ソフトバンク光

【東日本エリア】

建物の種類 回線タイプ 月額利用料
戸建て(ホーム) ファミリー・ギガスピード
ファミリー・ハイスピード
ファミリー
5年自動更新プラン(TV) 4,700円
2年自動更新プラン 5,200円
戸建て(ホーム) ファミリー・10ギガ 5年自動更新プラン(TV) 5,800円
2年自動更新プラン 6,300円
戸建て(ホーム) ファミリー・ライト 2年自動更新プラン 3,900円~5,600円(従量部分の通信料:24円/100MB)
集合住宅(マンション) マンション・ギガスピード
マンション・ハイスピード
マンション
2年自動更新プラン 3,800円

【西日本エリア】

建物の種類 回線タイプ 月額利用料
戸建て(ホーム) ファミリー・スーパーハイスピード
ファミリー・ハイスピード
ファミリー
5年自動更新プラン(TV) 4,700円
2年自動更新プラン 5,200円
戸建て(ホーム) ファミリー・10ギガ 5年自動更新プラン(TV) 5,800円
2年自動更新プラン 6,300円
戸建て(ホーム) ファミリー・ライト 2年自動更新プラン 3,900円~5,600円(従量部分の通信料:24円/100MB)
集合住宅(マンション) マンション・スーパーハイスピード
マンション・ハイスピード
マンション
2年自動更新プラン 3,800円

【キャッシュバック実施中】ソフトバンク光のお申込みはこちら

ソフトバンクのスマホを利用している人におすすめなのが「ソフトバンク光」です。

ソフトバンクユーザーが「ソフトバンク光」を契約すると「おうち割 光セット」が適用されます。指定オプション(月額50円~)の加入が必要ですが、月々のスマホ代が永年1,000円割引されるので、お得です。

また、「ソフトバンク光」は、Yahoo! BBの「IPv6高速ハイブリッド」が利用できます。

「光BBユニットレンタル」(月額467円)の加入が必要ですが、追加料金不要で、下り最大1Gbpsという超高速回線が利用できるのでおすすめです。

通信速度の速さを求めるなら「NURO光」

出典:NURO光

「NURO光」の最大のおすすめのポイントは、速度の速さです。

光回線の速度は下り最大速度1Gbpsが主流ですが、NURO光のスタンダードプランである「NURO光G2V」は、最大速度が下り2Gbps/上り1Gbpsと、超高速のネットが使えます。

さらに、ハイグレードなプランの「NURO光 6Gs」「NURO光 10Gs」 になると、それぞれ最大速度が下り6Gbps/上り6Gbps、下り10Gbps/上り10Gbpsとさらに高速になるのに、料金は5,000円台と、たいへんお得です。

プラン名 月額利用料 対象住居 契約年数
NURO光 G2 V 4,743円 戸建て
マンション
2年
NURO光 G2 7,124円 戸建て
マンション
なし
NURO光 6Gs(ワンコイン特典) 1ヶ月目 0円
2~3ヶ月目 500円
4ヶ月目~ 5,243円
戸建て
5階建て以下のマンション
3年
NURO光 6Gs 5,243円 戸建て
5階建て以下のマンション
なし
NURO光 10Gs(ワンコイン特典) 1ヶ月目 0円
2~3ヶ月目 500円
4ヶ月目~ 5,743円
戸建て
5階建て以下のマンション
3年
NURO光 10Gs 5,743円 戸建て
5階建て以下のマンション
なし

【キャッシュバック実施中】NURO光のお申込みはこちら

外出先でも利用したいなら「カシモWiMAX」

出典:カシモWiMAX

最後に紹介する「カシモWiMAX」は、KDDI(au)系列のUQモバイルが運営しているWiMAXのプロバイダです。

WiMAXの特徴としては、工事なしですぐに使える、利用可能エリアが広い、無線回線としては非常に通信速度が速いなどがあげられます。

先ほどの「ネット回線事業者を選ぶポイント」でも紹介したように、回線工事ができない場合や、近くまた引っ越しがある人、費用を安く抑えたい人などにおすすめです。

WiMAXは、外出先でも使える小さなサイズのモバイルルータ(Speed WiFi NEXT W06/WX06)と、自宅などで据え置いて使う大きなサイズのホームルータ(Speed WiFi HOME L02/WiMAX HOME02)の2つのタイプがあります。

プラン名 月額利用料 契約年数
ギガ放題プラン 初月 1,380円
1ヶ月目 1,380円
2~24ヶ月目 3,580円
25ヶ月目~ 4,079円
3年
ライトプラン(7GB) 初月 1,380円
1ヶ月目 1,380円
2~24ヶ月目 2,980円
25ヶ月目~ 3,379円
3年

【業界最安級】カシモWiMAXの申込みはこちら

光回線を提供している会社はたくさんあります。こちらではおすすめの光回線15社について料金や速度を比較しより詳しく解説しています。光回線を選ぶ際はぜひ参考にしてみてください。

引っ越し先でネット回線を利用する際の注意点

引っ越し先でネット回線を利用する際の注意点を紹介します。

手続きは1~2ヶ月前から行う

前にも書きましたが、光回線などの有線回線の場合、移転手続きの場合でも、解約・新規契約の場合でも遅くても1ヶ月前には申し込みを行いましょう。

特に、3~4月は、工事業者も忙しくなるため、早めに連絡をして、工事日程など決定しておくのがおすすめです。

ただし、モバイルWiFiなど無線回線の場合は工事の必要がないので、機器の手配ができれば1週間前でも大丈夫でしょう。

プロバイダを乗り換えるとメールアドレスが使用できなくなる

プロバイダを乗り換えると、プロバイダ発行のメールアドレスが使えなくなります。

もし、メールアドレスをそのまま利用したい場合は、元のプロバイダのメールアドレス機能のみ利用できるサービスに加入するのもひとつの手です。

ただし、元のプロバイダに利用料金を払い続けなければならないというデメリットがあります。

これを機に、Gmailなどのフリーメールに変更するのもひとつの手です。 プロバイダを乗り換えるたびに、メールアドレスを変更しなくてもよくなります。

ネット回線が繋がるまでの対処法

工事の日程の関係上、引っ越し期間中はネットが使えない期間がどうしても発生してしまいます。最後にそのような場合の対処法を紹介します。

モバイルWiFiをレンタルする

いまは1日単位でモバイルWiFiがレンタルできる業者が増えてきています。例えば、「WiFiレンタルどっとこむ」がサービスを提供しています。

ネットで申し込め、お店に出向かなくても宅配便などで端末を受取・返却できます。難しい設定も不要で、すぐにネットが使えます。

移転元で早めにネット回線を撤去したときも、早めに引っ越して回線工事がまだでも、家でも移動先でも、高速大容量のネットが使えるので重宝します。

【「WiFiレンタルどっとこむ」のモバイルWiFiレンタルサービス】

ネットワーク 短期1日の利用料金 データ使用量の制限
SoftBank 4GLTE 400~1,700円 機種によって異なる
au 4GLTE 1,200円 31日間5GBまで
WiMAX2+ 550円 3日10GB制限あり

WiFiレンタルどっとこむに申し込む

スマホのテザリングを使用する

もうひとつは、自分のスマホのテザリング機能を使って、自宅のタブレットやPC等をネットに繋ぐ方法があります。

いまあるスマホを使うだけなので手軽ですが、スマホのデータ容量を使い切ると速度制限がかけられる点と、テザリングに対応していないスマホもある点に注意が必要です。

大手キャリアでは無料または有料オプションで利用できますが、格安SIMではサービスを提供していない場合があります。契約しているキャリアのホームページで調べてみてください。

キャリア名 申し込み 月額使用料
ドコモ 不要 無料
au 必要(my auで手続き可能) 0~500円
ソフトバンク データ(パケット)定額サービスへの加入が必要 0~500円
ワイモバイル 不要 無料
UQモバイル 不要 無料
LINEモバイル 不要 無料
楽天モバイル 不要 無料
mineo 不要 無料

引っ越しの際のネット回線の手続きは早めに行おう

ここまで、ネット回線を引っ越し先に移転・乗り換えするための手続きなどについて解説してきました。

引っ越し先でネット回線を使用する方法は、今利用中のネット回線の移転手続きを行うか、今利用中のネット回線を解約し、別のネット回線を新規契約するかの2つにわけられます。

どちらの方法を選ぶにしても、申し込みをしてから引っ越し先でネット回線が使えるようになるまで、通常2~4週間程度、繁忙期の3~4月などはそれ以上かかることもあります。

なるべく早く、できれば引っ越しの1~2ヶ月前には申し込みましょう。

ただし、急な引っ越しの場合は、一時的にネット回線が使えなくなるのは避けられません。その際は、モバイルWiFiのレンタルやテザリングの利用を検討することをおすすめします。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
ソフトバンク光公式代理店

公開日時 : 2020年03月10日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。

関連キーワード