WiMAXとソフトバンクエアーを徹底比較!料金・速度・対応エリア各種違い

WiMAXとソフトバンクエアーは、どちらもモバイル回線を利用した通信サービスです。この記事では、WiMAXとソフトバンクエアーについて様々な項目を比較しながら解説しています。よくある質問についても解説しているので、どちらを利用するか迷っている方は必見です。
【公式】カシモWiMAX WiMAXとソフトバンクエアーを徹底比較!料金・速度・対応エリア各種違い

WiMAXやソフトバンクエアーの共通点は、どちらも無線回線なので開通工事が不要で、すぐにインターネット環境を構築できます。

一方で、月額料金や通信速度など異なる点も多数あります。

この記事では、WiMAXとソフトバンクエアーについて様々な項目を比較しながらわかりやすく解説していきます。

※この記事で紹介する速度は、あくまで理論値です。お住まいの地域や接続環境によって変動しますのでご注意ください。

WiMAXとソフトバンクエアーを比較

WiMAXとソフトバンクエアーは無線回線の中でも代表的なサービスなので、どちらを利用するか迷う人も少なくありません。

ここでは、WiMAXとソフトバンクエアーを項目別に比較しているので、各サービスについて理解を深めていきましょう。

速度で比較

WiMAXの通信速度は、理論値最大1.2Gbps(※WiMAX 2+の速度)、ソフトバンクエアーは962Mbpsです。

下り最大速度
WiMAX(W06) 約1.2Gbps
ソフトバンクエアー 962Mbps

通信速度は端末の影響も受けますが、ソフトバンクエアーよりもWiMAXの方が通信速度が速い端末が多いです。これは、WiMAX回線の方が高い周波数帯を通るためです。しかし、高い周波数帯の電波は直進性が高く障害物に弱い特性を持つため、屋内や地下・高層階では繋がりにくくなります

また、WiMAXでは複数の端末が用意されていますが、最大通信速度が約1.2GbpsなのはW06です。このように、利用環境や利用端末などによっても通信速度は異なります。通信速度が遅いと感じた時は、「ハイスピードプラスエリアモード」と呼ばれる4G LTEを利用した回線に切り替えることも可能です。

ハイスピードプラスエリアモードの料金システムなど解説した記事も併せてチェックしてみてください。

料金で比較

サービスの利用時または解約時に発生する月額料金と端末代金、解約違約金について順に比較していきます。

月額料金

WiMAXの場合、プロバイダによってはデータ容量が無制限のプランと上限があるプランの2種類が用意されています。

ソフトバンクエアーは無制限のプランのみとなるため、ここでは無制限プランで比較しています。

WiMAX カシモWiMAX 初月:1,518円(税込)
1ヶ月目~:3,971円(税込)
UQ WiMAX 4,268円(税込)
GMOとくとくBB WiMAX 端末発送月:3,969円(税込)の日割り
1~2ヶ月目:3,969円(税込)
3ヶ月目以降:4,689円(税込)
ソフトバンクエアー 端末購入:月額5,368円(税込)
端末レンタル:月額5,907円(税込)

WiMAXはプロバイダごとに月額料金が異なります。その中でも業界最安級のカシモWiMAXの場合、1ヶ月目以降は3,971円(税込)で利用できます

一方、ソフトバンクエアーは端末の購入の有無や支払い回数で月額料金が異なりますが、レンタルよりも分割払いの方が500円~1,000円程度安いです。

月額料金を比較した場合、ソフトバンクエアーよりもWiMAXの方が料金が安いですが、ソフトバンクエアーの場合、ソフトバンクまたワイモバイルとそのセット割を適用が可能です。

端末代金

WiMAXやソフトバンクエアーは電波を受信する専用ルーターが必要です。ルーターの代金はプロバイダごとに異なります。

WiMAX カシモWiMAX 0円
UQ WiMAX 16,500円(税込)
GMOとくとくBB WiMAX 0円
ソフトバンクエアー 一括払い:59,400円(税込)
分割払い:1,238円(税込)~2,475円(税込)
レンタル:539円(税込)/月

WiMAXの場合、カシモWiMAXとGMOとくとくBB WiMAXの端末代金は無料、UQ WiMAXは16,500円(税込)かかります。

一方、ソフトバンクエアーの場合、端末レンタルは月額539円(税込)/月、端末購入金額は59,400円(税込)です。

端末を分割払いにすることで、月月割が適用されて端末代金分(36分割)が月額料金から割引になります。

例えば、36回の分割で購入した場合、1,650円(税込)を分割で支払いますが、月々割として1,650円(税込)割引になるため、実質無料で利用できます。

ただし、途中で解約した場合は残りの金額を一括で支払う必要がありますので注意をしてください。

解約違約金

WiMAXとソフトバンクエアーには最低利用期間が設定されており、更新月以外に解約した場合は解約違約金が発生します。

WiMAXのプロバイダ3社とソフトバンクエアーの解約違約金は、次の通りです。

WiMAX カシモWiMAX 0~12ヶ月目:20,900円(税込)
13~24ヶ月目:15,400円(税込)
25ヶ月目以降:10,450円(税込)
UQ WiMAX 更新期間以外:1,100円(税込)
GMOとくとくBB WiMAX 0~12ヶ月目:20,900円(税込)
13~24ヶ月目:15,400円(税込)
25ヶ月目以降:10,450円(税込)
ソフトバンクエアー 0~23ヶ月目:10,450円(税込)
25ヶ月目以降:10,450円(税込)

WiMAXとソフトバンクエアーは、どちらも更新月以外に解約した場合は1,100円(税込)~20,900円(税込)の解約違約金が発生します。

WiMAXはプロバイダごとにかかる解約違約金は異なります。

4社を比較した場合、解約違約金が安く設定されているのはUQ WiMAXで、更新期間以外の解約にかかる違約金は1,100円(税込)です。

対応エリアで比較

WiMAXとソフトバンクエアーのサービスエリアは、どちらも全国の広いエリアに対応しています。

WiMAX 全国各地:都市部以外も網羅
ソフトバンクエアー

WiMAXの場合、人口が多い都市部だけでなく一部エリアを除いて人口の少ない山間部も網羅しています。

一方のソフトバンクエアーは都市部を中心にカバーしていますが、地方の一部エリアでは利用できない場合もあります。

WiMAXもソフトバンクエアーも公式サイトから対応エリアの検索が可能です。

\WiMAX 5Gプラン開始!/
【公式】カシモWiMAX

契約期間で比較

WiMAXの契約期間は3年が主流ですが、プロバイダによっては、1年または2年契約も可能です。一方、ソフトバンクエアーは2年間の自動更新です。

WiMAX プロバイダにより異なる
ソフトバンクエアー 2年間

更新月以外に解約する場合は、各サービスで設定された解約違約金が発生します。端末を分割で支払っている場合は、残債の支払いが必要です。

更新月に解約する場合はどちらも0円なので、月額料金や通信速度といった他の項目も検討して総合的に判断するとよいです。

最大同時接続台数で比較

WiMAXとソフトバンクエアーの端末ごとの最大同時接続台数は、次の通りです。

WiMAX WX06 16台
W06 16台
WX05 10台
W05 10台
ソフトバンクエアー Airターミナル4 64台
Airターミナル3 64台
Airターミナル2 64台
Airターミナル 32台

WiMAXとソフトバンクエアーの端末の同時接続台数は、ソフトバンクエアーの方が多いです。ただし、同時接続台数が多いほど電波に負担がかかるため、通信速度が遅くなる傾向があります。

また、データ量も通信速度に影響するため、普段接続する台数が上限を超えないのであれば、最大数の多さにこだわる必要はないといえます。

スマホ最新料金プラン情報を配信中!
LINE友だち追加

WiMAXがおすすめの人

カシモWiMAX 出典:カシモWiMAX

これまでの比較結果をもとにWiMAXはどのような人におすすめなのかを紹介します。

通信速度にこだわる人

WiMAXは通信速度の速さや安定性に定評があります。

端末により最大通信速度は異なりますが、モバイルルーターのW06の場合、最大通信速度は下り1.2Gbpsと光回線並みの速さです。

また、実際に速度を確認してみたい人に向けてUQ WiMAXでは「Try WiMAX」を実施しており、15日間無料で利用することができます。

「Try WiMAX」は別の記事でレポート

していますので、よければ参考にしてくみてください。
\WiMAX 5Gプラン開始!/
【公式】カシモWiMAX
iPhone格安SIM通信アンケート

外出先でも使いたい人

無線回線の端末は、据え置きタイプと持ち運びタイプの2種類があります。ソフトバンクエアーの取扱いは据え置きタイプのみですが、WiMAXは両方です。

持ち運びタイプはモバイルWiFiとも呼ばれており、自宅以外でも利用できます。サービスエリア内なら利用場所に制限はないので、出張や旅行の際にも便利です。

なお、持ち運びができるおすすめWiMAXルーター機種を比較したこちらの記事も参考にしてみてください。

【業界最安級】カシモWiMAXの料金プランはこちら

ソフトバンクエアーがおすすめの人

ソフトバンクエアー 出典:ソフトバンクエアー

ソフトバンクエアーはWiMAXの端末に比べて最大同時接続台数も多いため、家族で利用する際に適しています。

また、ソフトバンクエアーはソフトバンクまたはワイモバイルのスマホとセット契約すると、毎月のスマホ代から割引が受けられます。

割引額はスマホのプランによって異なりますが、家族も対象になるのでスマホ代の節約につながります。

【ソフトバンクエアー】詳細はこちら

iPhone格安SIM通信では、ソフトバンクエアーのキャッシュバックを比較しています。 ソフトバンクエアーを検討している方は、こちらもあわせてご覧ください。

WiMAXとソフトバンクエアーのよくあるFAQ

WiMAXとソフトバンクエアーのよくある質問に対する回答をいくつか集めました。質問と回答を参考にし、WiMAXとソフトバンクエアーについて理解を深めましょう。

\最短当日発送!/
【公式】カシモWiMAX

WiMAXとソフトバンクエアーはどんな回線を使っている?

WiMAXとソフトバンクエアーはどちらも無線回線ですが、使用回線が異なります。WiMAX自体は無線通信規格名でもあり、KDDIグループのUQコミュニケーションズによる独自回線です。

2013年からはWiMAX2+と呼ばれる後継サービスを展開しており、従来のWiMAXに比べて通信速度がアップしています。

一方のソフトバンクエアーはソフトバンク回線ではなく、ウィルコムから引き継いだAXGP回線を4G回線でサービスを提供しています。

WiMAXとソフトバンクエアーは通信制限がある?

WiMAXには、混線状態を回避するために3日で10GB超という基準で通信制限が設けられています。通信制限がかかると、翌日の18時から翌々日の2時まで通信速度はおおむね1Mbpsに低下します。

通信速度1Mbpsは、YouTubeを標準画質で視聴が可能な程度です。

一方のソフトバンクエアーには通信制限の基準は設けられていません。しかし、混雑時間帯で負荷がかかった場合には、一時的に通信制限がかけられることもあります。

WiMAXとソフトバンクエアーは中継器をつなげる?

WiMAXやソフトバンクエアーのルーターは中継器機能を搭載しているものが多いので無線LAN中継器への接続が可能です。

サービスエリア内であっても場所によってはつながりにくいことがありますが、無線LAN中継器を接続することで電波状況が改善される可能性があります。

壁やドアなどの障害物によって届きにくい電波でも受信しやすくなるため、電波が弱いときには無線LAN中継器を活用してみましょう。

WiMAXとソフトバンクエアーは外でも使える?

WiMAXモバイルルーターは外出先でも利用できます。一方のソフトバンクエアーはホームルーターしかないため、外での利用はできません。

規定の場所以外での利用は契約違反になります。そのため、引越し先で使用する場合は転居手続きが必要です。

\最短当日発送!/
【公式】カシモWiMAX

無線回線は重視したい項目を絞って選ぼう

WiMAXやソフトバンクエアーはどちらも工事不要ですぐにインターネット環境を構築できるのが特徴です。

ソフトバンクエアーでは持ち運び可能なモバイルWiFiの取扱いはないため、外出先でも利用したい場合はWiMAXのモバイルルーターがおすすめです。

ソフトバンクエアーの場合、ソフトバンクユーザーまたはワイモバイルユーザーはセット契約で割引が適用されます。

利用用途や契約しているスマホとの割引、対応エリアでの速度などを比較してから選んでみてください。

ほかにも、工事不要で無制限のおすすめWiFiを紹介した記事もありますので、ぜひ合わせてご覧ください。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2021年04月14日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!