ソフトバンクエアーとauスマートポートの特徴を比較紹介

自宅据え置きのWiFi回線サービスでは、ソフトバンクエアーやauスマートポートといった選択肢があります。どちらがお得かは人によって違い、契約しているスマホによっても変わります。それぞれの特徴を知り、お得になる条件を知っていきましょう。
ソフトバンクエアーとauスマートポートの特徴を比較紹介

スマホキャリアはWiFi回線のインターネットサービスを提供しています。

ソフトバンクにはソフトバンクエアーというサービスがあり、auにはauスマートポートという似たサービスがあります。このどちらを利用すべきか迷う人は多いでしょう。

特に、スマホをauで契約している場合は、キャリアを合わせるべきか悩むところでしょう。ソフトバンクエアーとauスマートポートを比較し、auユーザーにはどちらがおすすめかをご紹介します。

ソフトバンクエアーはauユーザーも使える

ソフトバンクエアー 出典:ソフトバンクエアー

まず知っておきたいのは、スマホをauで契約していたとしても、ソフトバンクエアーは利用できるということです。

ソフトバンクエアーは契約しているキャリアに関係なく利用できるインターネットサービスであり、スマホの利用がなくても単体で契約が可能です。

スマホの有無や契約キャリアに関係なく利用できるため、auユーザーも選択肢に入ることは覚えておきましょう。

ソフトバンクエアーのお申込みはこちら

ソフトバンクエアーはこんな人におすすめ

誰でも契約できるからといって、ソフトバンクエアーが全ての人におすすめなわけではありません。利用が向いているのは、次の3つの特徴に当てはまる人です。

  • 今すぐインターネットを使いたい
  • 料金を気にせずインターネットを使いたい
  • お得にインターネット契約をしたい

当てはまる項目が多いほど、ソフトバンクエアーの利用に向いていると言えるでしょう。

今すぐインターネットを使いたい

ソフトバンクエアーは端末をコンセントに挿し込むだけで使えるため、すぐにインターネットを利用したい人におすすめです。光回線だと、回線の工事が必要ですが、ソフトバンクエアーの場合は不要です。

光回線なら1カ月以上かかるところを、契約申し込みから端末の郵送まで、1~2週間程度と短期間でインターネットを使えるようになるのは、大きな魅力でしょう。

また、ソフトバンクエアーはソフトバンクやワイモバイルのショップでも契約可能であり、店舗に在庫があるなら即日インターネットの利用が可能です。当日端末が手に入るかは在庫状況次第ですが、少なくとも光回線の開通よりは素早く、手間がかからないことは確かです。

ソフトバンクエアーのお申込みはこちら

料金を気にせずインターネットを使いたい

通常自宅据え置きのWiFi回線の場合は、契約プランによって通信量の制限があり、上限を上げるほど月額料金は高くなります。しかし、ソフトバンクエアーは他のWiFi回線とは違って、通信量の制限がなく、光回線と同様に大容量通信を行えます。

価格も据え置きでプラン拡張の必要がないため、毎月データ通信量が多い人は、ソフトバンクエアーの利用がおすすめです。

ソフトバンクエアーのお申込みはこちら

お得にインターネット契約をしたい

すでに他社でインターネット回線を利用していて、乗り換えを検討している人にも、ソフトバンクエアーはおすすめです。他社からソフトバンクエアーへの乗り換え時には、キャンペーンを適用することで、最大10万円のキャッシュバックが受けられます。

キャッシュバックは他社回線解約時の費用が対象であり、回線契約の違約金や回線撤去工事の費用、さらには端末代金の残債まで負担してもらえます。端末代金の残債については、42,000円までが上限という制限はあるものの、乗り換え時の費用を大幅に負担してもらえるのは、嬉しいポイントでしょう。

ソフトバンクエアーのお申込みはこちら

ソフトバンクエアーのデメリット

魅力的なポイントが多数あるソフトバンクエアーですが、一方でデメリットもあることは忘れてはいけません。メリットばかりに気を取られていると、いざ契約してからデメリットに気づき、困ってしまいます。

デメリットも正しく理解し、細部まで特徴を把握した上で、本当にソフトバンクエアーが自分に向いているか考えてみましょう。

月額料金が他のインターネットサービスより高い

利用し続ける限り月額料金はどのサービスでもかかりますが、ソフトバンクエアーは他社と比較すると、高額な部類に入ります。ソフトバンクエアーの月額の基本料金は4,880円です。

WiFi回線なら安いと3,000円以下ということもあり、光回線でもマンションプランなら3,800円程度が多いです。割引を適用することで、ソフトバンクエアーも安価で利用はできますが、もともとの金額が高いことは理解しておきましょう。

時間帯によって繋がりにくい

通信量無制限で利用できるのはメリットですが、いつでも快適に使えるとは限りません。

ソフトバンクエアーは時間帯によっては回線が混み合うことも多く、スピードが落ちたり、接続が安定しなくなったりします。夕方から夜にかけてや深夜帯など、利用者が多い時ほど、回線が繋がりづらくなります。

また、休日だと朝や昼間でも混雑することがあり、利用者の数に回線の状態が左右されやすいことは理解しておきましょう。もちろん、利用する時間帯を工夫したり、端末の置き場所を変えたりするだけでも速度低下には対応できるため、使い方次第では解消できるデメリットといえます。

ソフトバンクエアーのお申込みはこちら

auユーザーにはauスマートポートがおすすめ

ソフトバンクエアーは契約しているスマホのキャリアに関係なく使えますが、auユーザーならauが提供しているWiFi回線サービスがおすすめです。auではauスマートポートというサービスが提供されており、特徴自体はソフトバンクエアーと類似しています。

しかし、異なる点は複数あり、もっとも大きな違いはスマホとのセット割引が使えるかどうかです。auユーザーならauスマートポートとのセット割引が可能であり、永年割引が続くため非常にお得です。

ソフトバンクエアーにもセット割引はありますが、対象となるのはソフトバンクキャリアのスマホやタブレットに限られます。つまり、auユーザーはauスマートポートが、ソフトバンクユーザーは、ソフトバンクエアーの利用がおすすめといえるでしょう。

auスマートポートの特徴

auユーザーなら、よりメリットの大きいauスマートポートがおすすめのため、この特徴を知っておくことが大切です。

ソフトバンクエアーに似ている部分もありますが、違うところもあるため混同しないようにしなければなりません。それぞれの特徴の違いを知ることで、自分に合ったサービスはどちらなのか、より見極めやすくなるでしょう。

工事が必要ない

auスマートポートも、ソフトバンクエアーと同様で端末をコンセントに挿し込むだけでインターネットが利用できます。そのため、光回線のように工事の必要がなく、手間をかけず素早く使える点が魅力です。

工事が不要なことで利用開始までの期間が早いだけではなく、契約や工事の立ち会いといった手続き面での面倒も簡略化されます。

また、工事費用も当然不要であり、これだけで2~4万円程度のメリットがあります。auショップで手続きをし、在庫があるならその場で持ち帰りが可能で、当日中にインターネットを利用できる点も、ソフトバンクエアーと同じです。

高速通信でサクサク使える

固定回線とWiFi回線では、固定回線のほうが安定性は高いですが、auスマートポートは多数の技術を搭載した端末のため、高速通信が問題なく行えます。auスマートポートの端末には、高速化に対応した技術が使われており、WiFi回線でもストレスなく利用できます。

同時に最大20台までの端末を接続でき、複数の機器を同時に使用したい人にも向いています。契約しているプランによっては速度制限があるものの、ギガホ放題プランなら制限時でも最大1Mbpsと、ある程度の通信速度は保証されています。

また、制限自体も直近3日間で10GB以上通信を行った場合のみで、翌日の18時から2時までの間だけのため、制限ありでもそれほど不便ではないでしょう。

ソフトバンクエアーとauスマートポートの比較

ソフトバンクエアーとauスマートポートのどちらがよいか悩む場合は、それぞれ比較して違いを明確に知ることが大切です。

比較したいポイントは、支払い料金とインターネットの通信速度の2つです。それぞれの結果を見て、どちらが自分に合っているか考えてみましょう。

毎月支払う料金

それぞれの月額料金は、次の通りです。

WiFi回線 月額料金
ソフトバンクエアー Airターミナルを購入 4,880円 Airターミナルをレンタル 5,370円
auスマートポート auスマートバリューなし 4,880円 auスマートバリュー専用プラン 4,292円

ソフトバンクエアーは、端末を購入するかレンタルするかで料金が異なります。それぞれ基本の月額料金は4,880円であり、レンタルの場合はこれに端末レンタル料金が月々490円かかるため、月の請求額は5,370円です。

対して購入した場合は、月月サポートとして36カ月間毎月1,650円(税込:2019年10月3日現在)の割引が受けられるため、基本料金のみでの利用が可能となります。他にも各種割引があり、それらを適用すると500~1,500円引き程度で利用可能です。

auスマートポートは、スマホとセットのauスマートバリューを適用するかどうかで月額料金は異なります。スマートバリュー専用プランで利用できるなら、ソフトバンクエアーよりも月額料金は安いため、auユーザーはauスマートポートのほうがお得といえるでしょう。

インターネットを使ったときの通信速度

最大通信速度は、ソフトバンクエアーが962Mbpsで、auスマートポートは最大1.2Gbpsです。ただし、これは一部地域のみでの最大速度であり、auスマートポートについては有料のハイスピードプラスエリアモードを利用した際のスピードです。

そのため、実際の速度はこれよりも遅くなると考えましょう。それぞれ使用する端末によって最大速度は違いますが、ソフトバンクエアーは200~400Mbps程度のものが多いのに対して、auスマートポートは無線接続でも最大867Mbpsと速いものが多いです。

実際には利用環境によって通信速度は変化するものの、最大速度で見るとauスマートポートに軍配が上がるでしょう。

ソフトバンクエアーのお申込みはこちら

ソフトバンクエアーとauスマートポートのお得なキャンペーン

お得に利用したいなら、申し込み時にキャンペーンを適用させることが大切です。ソフトバンクエアーもauスマートポートもキャンペーンはあり、それぞれで内容が異なります。代表的なものをひとつずつ紹介しますので、契約時の参考にしてみてください。

ソフトバンクエアーのキャンペーン

代理店サイトから申し込みをすると、最初の12カ月間に限り、月額1,000円の割引が受けられます。月額料金が高い傾向にあるソフトバンクエアーにとっては、期間限定の割引でも嬉しいポイントです。

また、他社からの乗り換え時に発生する違約金などの還元キャンペーンも併用できるため、すでにインターネットを利用している人にもおすすめです。

ソフトバンクエアーのお申込みはこちら

auスマートポートのキャンペーン

auユーザーなら、auスマートポートを新規契約で購入し、かつ指定の料金プランに2年契約で加入すると、お得な料金で利用できます。対象となる機種は、次の4つです。

  • WiMAX HOME 01
  • Speed WiFi HOME L02
  • Speed WiFi HOME L01s
  • Speed WiFi HOME L01

これらをWiMAX 2+ フラット for HOMEで利用すると、プロバイダ料金込みで、月額料金が最大25カ月間3,792円となります。

25カ月目以降もauスマートバリュー専用プランの料金は引き継がれるため、月額4,292円と割引で利用できる点は魅力です。

au公式サイト

auユーザーならauスマートポートも検討してみよう

WiFi回線サービスはスマホとキャリアを合わせることがおすすめであり、auユーザーならauスマートポートが向いています。

対してソフトバンクユーザーなら、ソフトバンクエアーがお得に利用できます。それぞれお得に使える条件が異なるため、自分の利用状況を見直して、よりよいサービスを選んで契約しましょう。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
ソフトバンク光公式代理店

公開日時 : 2019年10月29日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!