Androidおすすめ

スマホ決済にはどのような種類がある?メリット・デメリットも解説

スマホで簡単に支払いができるスマホ決済は、サービスの種類が豊富です。サービスごとに特徴が違うため、自分に合ったものを見極める必要があります。種類ごとの違いやサービスを利用するメリットとデメリットを知り、スマホ決済デビューしてみましょう。
新型ihone12噂 スマホ決済にはどのような種類がある?メリット・デメリットも解説

近年スマホ決済のサービスは増加しており、多数の種類があります。サービスの種類ごとに特徴は異なりますが、そもそもスマホ決済を使うと何がよいのか、メリットを知らない人は少なくありません。

スマホ決済は現金支払いとは違ったメリットがあるため、魅力を知って積極的に活用することがおすすめです。スマホ決済サービスの種類やメリットを知り、自分に合った決済方法を見つけましょう。

スマホ決済の種類は大きく分けて2つ

サービスやアプリの種類自体は多数あるものの、スマホ決済は大きく考えると2つの種類が挙げられます。

  • 非接触決済サービス
  • QRコード決済サービス

それぞれスマホ決済という点は共通していますが、サービスの使用方法が異なります。どのような違いがあるのかを知り、自分の場合はどちらが利用できるか考えることが大切です。

非接触決済サービス

スマホに搭載されたお財布機能を使って、お店の端末にかざして支払うものを、非接触決済サービスと呼びます。スマホを端末にかざすだけで決済ができるため、素早く支払いができる点が魅力です。非接触決済サービスを利用するには、NFCやFelicaなどの「おサイフケータイ」機能がなければなりません。

また、サービスによってはBluetoothの電波を使用して支払う方法もあります。素早い決済で便利ですが、機種によっては機能が搭載されていないため、利用できないこともあります。

QRコード決済サービス

アプリに表示されるQRコードやバーコードを読み取ってもらったり、店舗に設置されているQRコードを読み取ったりして支払う方法が、QRコード決済サービスです。スマホ決済の中でも、近年増えたサービスであり、アプリごとに違った特徴があります。

QRコード決済サービスを使うには、アプリをダウンロードし、登録するだけのため、おサイフケータイ機能がなくても利用できます。

非接触決済サービスと比較すると、決済スピードは若干遅くなることもありますが、それでも現金よりはスムーズに支払えます。機種に関係なく利用できる点は魅力であり、誰でも利用できる使いやすさも大きな特徴です。

決済時の支払い方法

資産運用

スマホ決済の支払い方法は、前払いか後払いのどちらかになります。使用するサービスや決済アプリによって方式は異なるため、事前に確認しておかなければなりません。

それぞれメリットとデメリットがあるため、自分にはどちらの支払い方法が向いているかも考えておきましょう。

前払い

事前にチャージした金額の中から支払う前払い方式の決済は、チャージ方法がサービスによって異なります。クレジットカードや銀行口座を登録し、スマホの操作でチャージできるものから、ATMやコンビニなどでの振り込みや払い込みによってチャージするものもあります。

また、利用できる店舗や銀行、カードは決済サービスごとに異なるため、事前に確認しておかなければなりません。前払い方式のメリットは、出費のコントロールがしやすく、使い過ぎを防ぎやすい点です。

こまめにチャージしなければならないというデメリットはありますが、チャージした分以上使ってしまう心配がない点は魅力です。

後払い

クレジットカードのように、該当月に使用した金額が、請求日にまとめて引き落とされる後払いのサービスもあります。後払いのサービスは銀行口座やクレジットカードの登録が必要であり、カードの上限額の確認や、銀行口座の残高のチェックが必要です。

請求が一括でくるため使い過ぎには注意が必要ですが、チャージの手間を省いて利用できるのは魅力でしょう。上限額いっぱいまでは決済できるため、使い過ぎには注意が必要ですが、きちんと出費をコントロールできるなら、チャージが不要な分非常に便利です。

非接触決済サービスの種類

スマホを端末にかざすだけで支払いができる非接触決済サービスは、次の3つが代表的です。

  • iD
  • モバイルSuica
  • 楽天Edy

それぞれかざすだけの簡単操作で理由できますが、細かい特徴が異なるため、その違いを知ることが大切です。

iD

電子マネーであるiDは、おサイフケータイ機能がある機種で利用可能です。利用するにはクレジットカードにiDを付ける必要があり、先に申し込みを済ませておきます。iD機能の付いたクレジットカードを、おサイフケータイに追加することで、非接触決済サービスが利用できます。

コンビニやスーパーなど、幅広い場所で利用できる点が魅力であり、クレジットカードのようにサインや暗証番号の入力は不要なため、支払いもスムーズです。

Android端末ではiDのアプリがありますが、iPhoneにはアプリ版がありません。iPhoneの場合は、初期搭載されている「Wallet(削除不可)」からiDを登録し、決済を行います。

Android版 iD

モバイルSuica

JR東日本が提供するモバイルSuicaは、コンビニや各種販売店など、幅広く利用できます。店舗で利用できるだけではなく、新幹線のチケットの購入にも使えるため、電車の利用が多い人におすすめです。モバイルSuicaは電子マネーであり、利用するにはクレジットカードが必要です。

クレジットカードがない人向けに「EASYモバイルSuica」というサービスもあり、電子マネーの利用のみに限られますが、銀行口座の登録のみで利用できます。

Suica
Suica
開発元:East Japan Railway Company
無料
posted withアプリーチ

Android版 モバイルSuica

楽天Edy

楽天が提供する楽天Edyは、楽天のポイントを貯めたい人におすすめのサービスです。決済金額に応じてポイントが貯まり、貯まったポイントを設定して次回の支払いに利用できます。

コンビニやドラッグストアなど幅広い店舗で利用でき、チャージもクレジットカードや現金支払いなど、複数対応している点が魅力です。

パソリ対応 楽天Edyアプリ
パソリ対応 楽天Edyアプリ
開発元:Rakuten Edy, Inc.
無料
posted withアプリーチ

Android版 楽天Edy

QRコード決済サービスの種類

QRコード決済も多数ありますが、代表的なものを挙げると次の5つです。

  • LINE Pay
  • PayPay
  • 楽天Pay
  • Origami Pay
  • メルペイ

アプリごとに特徴が異なるため、細部の違いまで確認しておく必要があります。

LINE Pay

LINE Payはアプリをダウンロードして利用するだけではなく、LINEアプリのウォレット画面から登録しても使えます。

月間の決済金額に応じてポイントの還元率が決まり、通常時で最大2%の還元が受けられます。登録も非常に簡単であり、LINEの友だち同士ならお金のやり取りもスムーズにできるため、使いやすいアプリといえるでしょう。

LINE Pay - 割引クーポンがお得なスマホ決済アプリ
LINE Pay – 割引クーポンがお得なスマホ決済アプリ
開発元:LINE Pay Corporation
無料
posted withアプリーチ

Android版 LINE Pay

PayPay

SoftBankとYahoo!が運営しているPayPayは、決済時に最大3%の還元が受けられます。SoftBankやY!mobileのユーザーだとお得に使いやすく、おすすめのアプリです。

また、Yahoo!JAPANカードを登録し、クレジットカードからチャージして残高で支払うと、カードで1%と、支払いで3%の合計4%のポイント還元があります。利用できる店舗も多く、常に高い還元率で利用しやすいためお得度は高いです。

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)
PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)
開発元:PayPay Corporation
無料
posted withアプリーチ

Android版 PayPay

楽天Pay

楽天が運営している楽天Payは、楽天Edyと同じように楽天のポイントを貯めるのに適しています。決済金額200円ごとに1ポイントが貯まり、楽天カードを登録して決済すると、100円で1ポイント貯まります。ポイントは決済時にも利用できるため、楽天系のサービスをよく使う人におすすめです。

楽天ペイ-かんたん、お得なスマホ決済アプリでキャッシュレス!
楽天ペイ-かんたん、お得なスマホ決済アプリでキャッシュレス!
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted withアプリーチ

Android版 楽天Pay

Origami Pay

QRコード決済の先駆けであるOrigami Payは、全国10万店舗以上で利用可能な点が特徴です。他のQRコード決済のようにポイント還元はありませんが、対象店舗で使えるお得なクーポンが、随時発行されます。他のアプリやサービスでは利用できないクーポンであり、高い割引率はOrigami Payならではの強みです。

Origami スマホ決済アプリ
Origami スマホ決済アプリ
開発元:Origami Inc.
無料
posted withアプリーチ

Android版 Origami Pay

メルペイ

フリマアプリのメルカリをよく利用するなら、メルペイがおすすめです。メルペイはメルカリ内での決済はもちろん、コンビニや飲食店などでの決済もできます。

チャージしたお金だけではなく、メルカリの売上金をポイントに交換して使えるため、わざわざメルカリから現金化して支払う必要がありません。メルカリと連携して使えるアプリであり、メルカリの売上金が多い人ほど、お得かつ便利に使えるでしょう。

メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ
メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted withアプリーチ

Android版 メルペイ

スマホで決済するメリット

スマホ決済を利用するメリットは多数ありますが、代表的なものだと次の3つが挙げられます。

  • 財布の中身を気にしなくていい
  • 支払いでポイントが貯まる
  • 消費税増税後ポイント還元される

いかに便利に、お得に使えるかを知り、スマホ決済の魅力をさらに深堀りしていきましょう。

財布の中身を気にしなくていい

スマホ決済は銀行口座やクレジットカードと連携でき、必要な分だけその場でチャージして決済できます。現金のように手持ちの金額を気にして、必要に応じてATMで下ろすといった作業は不要であり、レジ前でチャージして支払うことも可能です。

また、後払い方式のサービスならそもそもチャージは不要であり、気にせず買い物ができます。財布の中身を気にせず使え、かつ細かい金額の決済をしても、お釣りが出ないためかさばらない点も魅力といえます。

支払いでポイントが貯まる

決済サービスによっては、支払いごとにポイントが貯まり、後日支払いに利用できます。還元率はサービスによって違いますが、よいものだと4%程度の還元率があり、現金支払いよりも断然お得です。ポイント還元がないサービスでも、そのサービス特有の割引を用意している場合も多く、お得に決済できます。

少なくとも現金よりも損をすることはなく、数%分はスマホ決済のほうがお得に使えます。サービスによってはひと月に決済した金額によって還元率が決まるものもあり、頻繁に使う人ほどお得になりやすい環境が整っているでしょう。

消費税増税後ポイント還元される

2019年の10月以降は、消費税が増税されますが、この負担を軽減する施策として、スマホ決済の使用が勧められています。施策によってスマホ決済を行うと、支払い金額の2%~5%のポイント還元が受けられるため、増税後もお得に利用できます。

増税後の施策は制度が複雑なため、利用できる店舗は限定的になる見込みですが、一部店舗では利用メリットが高まることは確かです。

スマホで決済するデメリット

便利なため積極的な活用がおすすめのスマホ決済ですが、一部デメリットもあります。

  • どこの店舗でも使える訳ではない
  • 充電切れの場合は使用不可
  • 設定や移行手続きが必要
  • 紛失・盗難やなりすまし等で悪用される恐れがある

メリットだけではなく、デメリットも把握した上で、正しく使いこなすことが大切です。

どこの店舗でも使える訳ではない

スマホ決済ができる店舗は増えてきましたが、それでも全ての店舗で利用できるわけではありません。利用できない店舗も当然あり、その場合や現金やカードなど、従来の方法で支払う必要があります。また、店舗ごとに利用できるスマホ決済サービスの種類が異なることにも注意しましょう。

例えばA店で非接触決済サービスの「iD」が使えたとしても、QRコード決済の「LINE Pay」が使えるとは限りません。

非接触決済サービスと、QRコード決済の両方に対応していても、一部サービスは使えないという場合もあります。店舗によって採用している決済方式が異なるため、スマホ決済が利用できる場合でも、詳細を確認しなければなりません。

充電切れの場合は使用不可

もしも充電が切れてしまうと、サービスやアプリを起動させることができず、スマホ決済は利用できなくなります。スマホ決済があるからと現金を全く持ち歩いていないと、もしもの場合に決済が使えず、支払いに困ることもあるため注意しなければなりません。

充電切れにならないよう注意が必要であり、こまめに充電しておくことが大切です。また、電池切れを起こしていなくても、インターネットに接続できない環境だと、一部サービスは利用できなくなります。スマホ本体の充電とインターネット環境の両方が必要であり、環境次第で使えなくなることは理解してきましょう。

設定や移行手続きが必要

スマホ決済サービスは、支払い方法の媒介であり、スマホ自体が決済能力を持つわけではありません。そのため、利用するには銀行口座やクレジットカード、電子マネーなどを登録する必要があり、これを面倒に感じる人は多いです。

サービスごとに利用できる銀行やカード会社のブランドが異なることもあり、登録してもデータに反映されて利用できるまでに、数日かかることもあります。また、機種変更の際には、設定を引き継ぐ移行手続きが必要です。

移行手続きをしないとこれまでに貯めたポイントやチャージした金額、サービスによってはポイントのランクなどが全て消滅します。初期設定から機種変更時の移行設定まで、面倒な操作が多い点がスマホ決済のデメリットです。

紛失・盗難やなりすまし等で悪用される恐れがある

決済サービスごとにセキュリティがかけられているため、安心して利用できますが、万が一アカウントを乗っ取られてしまった場合は大きな被害が出る可能性があります。また、スマホ自体の紛失や盗難によって勝手に使用される恐れもあり、素早くサービスを停止しなければなりません。

紛失や盗難、アカウントの乗っ取りなどがあった際には、決済サービスの運営会社に連絡して、アカウントを停止してもらう必要があります。スマホ決済サービスの悪用は、金銭に直結した被害が出るため、スマホをなくしたり、盗まれたりしないよう注意しなければなりません。

また、スマホにロックをかけたり、サービスごとにもパスワードをかけたりするなど、セキュリティを何重にもかけて利用することも大切です。

スマホ決済導入で小銭要らず

スマホ決済で支払う魅力は、会計のスムーズさや、小銭がかさばらない点が挙げられます。一部デメリットはあるものの、気をつけて使うことで、大抵のものは解消できます。

決済サービスの種類は豊富なため、自分に合ったスマホ決済を比較しながら見つけて、スマホ決済で毎日の買い物をスマートに済ませましょう。

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2019年10月09日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード