iPhone 8待望のニューカラーは「赤」!PRODUCT RED™とは?

iphone8の新しいバリエーションモデルとして発表されたPRODUCT RED™を解説します。Phone8が赤いカラーリングのデザインになっただけでなく、AppleがHIV/エイズ対策を進めるプロジェクトに賛同して発売されました。ほかのモデルとの違いについてもご紹介します。
新作iPhone先行予約方法 iPhone 8待望のニューカラーは「赤」!PRODUCT RED™とは?

今や現代人の必須アイテムとなりつつあるスマートフォン。

コンパクトサイズでありながら、ネットサーフィンや便利なアプリケーションまで使用できる優れものです。中には、ビジネスシーンで活用している方も増えていることでしょう。

そんなスマートフォン普及の立役者となったのがApple社のiPhoneシリーズです。

今日では、世界中のメーカーからスマートフォンが登場しています。しかし、現在でも「スマホ」ときいて真っ先にiPhoneを思い浮かべる方が大半でしょう。いわば、スマートフォンの代名詞的な存在となっているのです。

そんなiPhoneシリーズの現行ラインナップとして、もっともスタンダードなモデルに位置づけられているのがiPhone8です。

2017年9月に発売されたiPhone8ですが、その半年後に真っ赤なボディが印象的なPRODUCT RED™が追加されました。

今回は、そんなiPhone8の魅力をおさらいすると同時に、鮮やかなレッドカラーが目を引くニューモデルについてもチェックしていきます!

iPhone8とはどんなモデル?過去のモデルとの違いは?

iPhoneのレギュラーシリーズとして、最新モデルにあたるiPhone8。

上位モデルのiPhoneXと肩を並べる現行ラインナップのひとつです。

そもそも、iPhone8とは一体どのようなモデルなのか、過去のモデルとどう違うのか、細かくチェックしていきたいと思います。

iPhone8のスペックは?どんな風に変化した?

まずはスペック面の進化についてチェックしましょう。

スマートフォンは“心臓部”となるCPUの性能によって、処理能力が大きく左右されます。

先代モデルにあたるiPhone7に搭載されていたのは「A10」という名のCPUでした。一方、iPhone8にはA10を改良からさらに進化した「A11」というCPUが搭載されています。

その処理能力の向上は、A10に比べると最大170%にも及ぶのです。おおよそ1.7倍ものスピードで、あらゆる処理ができるようになりました。

もちろんグラフィック処理を行うGPUも性能がアップしました。先代モデルと比較して最大130%の処理能力を誇ることから、マシンパワーを必要とする3Dゲームも快適にプレイすることができます。

また、iPhone8最大の特徴として、革新的といえるワイヤレス充電が搭載されています。

従来のiPhoneは専用ケーブル(ライトニングケーブル)を接続して充電するのが基本です。しかし、これが“iPhoneの弱点”と呼ばれることも少なくありませんでした。

純正のケーブルはコネクタの抜き差しを繰り返したり、充電しながら使用していると断線しやすかったのです。

特にApple純正のライトニングケーブルは、その耐久性の低さが懸念されていました。

しかし、ワイヤレス充電であれば、充電器の上に置くだけで自動的に充電が始まります。

ケーブルを接続する必要はありませんので、手間もかかりませんし、断線やジャックの破損といったトラブルまで防いでくれます。

ディスプレイサイズや解像度については変更されていませんが、iPhone8には周囲の環境耕を踏まえた上でホワイトバランスを調整する「True Tone」機能が搭載されています。

やや地味な機能と思われるかもしれませんが、シーンに合わせてカラーバランスが変化すると、画面がみやすいだけでなく、長時間使用しても目が疲れにくくなります。

スマートフォンの使用時間が長くなりつつある、現代人の目に優しい機能です。

外観にはどんな違いがある?

続いて、iPhone8の外観についてもチェックしていきましょう。

パッとみただけでは、iPhone7とiPhone8の外観に違いは感じられません。事実、外観デザインには大きな変更点がなく、ディスプレイサイズも同じです。

iPhone8になって、最も変化したのは背面パネルがガラスになったことです。従来モデルの背面はアルミでしたので、それなりに大きな変更点といえます。

これはワイヤレス充電のために採用したスペックですが、光沢感があり、とても美しいデザインに仕上がっているのです。

手触りのよさはもちろんのこと、特殊強化ガラスを採用しているため、傷が付きにくいという点も注目です。

従来モデルに採用されていたアルミ製の背面は、ちょっとしたことで傷がついたり、塗装が剥がれるケースも少なくありませんでした。この点も、強化ガラスになったことで解消されています。

iPhone8とiPhoneXの違いは?

2018年5月現在、iPhone8と共に最新モデルとしてラインナップされているのがiPhoneXです。

位置づけ的には上位モデルにあたりますが、一体どのような違いがあるのでしょう?

まずチェックすべき点は材質です。ディスプレイ側、背面側の両方がガラスであることに変わりはありません。しかし、周囲のフレームは異なります。

Phone8がアルミ製なのに対して、iPhoneXはステンレススチールを採用しているのです。

なお、上位モデルにステンレス、下位モデルにアルミを採用するのはAppleWatchと同様で、これからのApple商品に採用されるスタイルなのかもしれません。

また、iPhone8とiPhoneX最大の違いは、ディスプレイにあります。

iPhone8には従来のモデル同様の液晶ディスプレイが採用されていました。

一方のiPhoneXは、iPhoneシリーズ初となる有機ELの「スーパーレティナHDディスプレイ」を搭載しています。

ディスプレイ自体も本体前面のほぼ全体に広がっており、今までのiPhoneシリーズにはない特徴、そしてiPhone8およびiPhoneXとの違いとなっています。

そしてカメラにも違いがあります。iPhone8には従来シリーズ同様シングルカメラが搭載されていますが、iPhoneXは一眼レフのような背景ぼかし写真を撮影できるデュアルカメラを搭載しているのです。

FaceIDもiPhoneXならではの特徴になっています。これはiPhone8等に搭載されている指紋認証システムのTouchIDに代わるもので、いわゆる顔認証システムです。

新しいスタイルのセキュリティシステムであり、賛否両論あるものの、慣れれば使いやすいシステムといえます。

このように、iPhoneXは上位モデルだけあって、従来のiPhoneシリーズと異なるスペックを持っています。もちろん価格も高価で、SIMフリー版であれば、価格差は最大4万円近くになっています。

現行最高スペックの一台ですから、高価となるのは仕方ないことでしょう。

注意点として、上位モデルだからといって必ずしもiPhoneXが優れているわけでもないのです。従来のiPhoneの操作に慣れている場合、iPhoneXは扱いにくく感じるかもしれません。

一方、iPhone8は従来のiPhoneシリーズと同じ感覚で操作可能です。

価格差ではなく、使い勝手の点からiPhone8をチョイスする方も少なくありません。いってしまえば、それぞれ一長一短であり、最終的には使い勝手や好みから選ぶのが確実です。

iPhone8の後継モデルは8S?それとも9?

iPhoneシリーズは毎年ニューモデルをリリースしています。

最新モデルのiPhone8が発売されたのは2017年でした。そのため、2018年にも何かしら新しいモデルが登場すると予想されているのです。

すでに、さまざまな情報が錯綜していますが、次はどんなモデルに仕上がるのでしょうか?

これはあくまで噂話ですが、iPhone8とXを現行モデルとして販売しているため、基本デザインは現在の方向性で引き継がれるといわれています。

また、各性能のスペック向上はもちろんのこと、全モデルに有機ELディスプレイを搭載する……といった話もあるようです。逆に現行スペックのまま、iPhoneSEのような廉価モデルが登場するともいわれています。

次のモデルがiPhone8Sになるのか、9になるのか、あるいは全く異なる名称になるのか、それはわかりません。

ニューモデルについて予想するのも、今やiPhoneファンの楽しみのひとつとなっています。

新しいiPhoneの発売はまだ先になりそうですが、あなたも次期iPhone予想を楽しんでみてはいかがでしょうか?

新しいバリエーション!iPhone8PRODUCT RED™とはどんなモデル?

2018年4月に、iPhone8の新しいバリエーションモデルとしてPRODUCT RED™が発売されました。

比較的落ち着いたカラーのモデルが多いiPhoneシリーズの中で、この真っ赤なモデルはある意味、異彩を放っています。

そんなPRODUCT RED™とは一体どのようなモデルなのかみていきましょう。

世界でHIV対策をすすめるためのプロジェクトであるRED™

PRODUCT RED™は単なるiPhone8のカラーバリエーションではありません。

モデル名にもなっているRED™とは、“HIV/エイズ対策を進めるためのプロジェクト”です。

Apple以外にも、このプロジェクトに賛同する数々の企業が、赤をイメージカラーとした製品を発売したり、イベントを行っています。

実はAppleがRED™シリーズを発売するのは、初の試みではありません。2006年にAppleはこのプロジェクトに参加し、iPhone7や7プラス、iPodなどでPRODUCT RED™シリーズを展開してきたのです。

カラーリングが赤になっているのは、当然ながらこのプロジェクトに賛同するためです。

しかし、そこはAppleですので、見事にデザインの一部として取り入れています。

落ち着いた赤が、艶やかなガラス素材とマッチしており、鮮やかでありつつ上品な印象です。

また、通常モデルに関していうと、フロントディスプレイ以外の部分は白で統一されています。

一方、このモデルではブラックが特別採用されていますので、スタイリッシュな印象も感じられるのです。

赤いiPhoneにはスペックの違いはある?

通常モデルとのスペックの違いはあるのでしょうか?

結論からいうと、カラーが違うだけでスペックに違いはありません。通常のiPhone8とスペック面は、全く同じです。これは選択できる容量についても同様です。

価格も同じですので、この点についてはカラーバリエーションの追加と考えても間違いありません。

唯一の違いとして、ユーザーに購入してもらった売上げの一部が、世界エイズ・結核・マラリア対策基金に寄付されます。iPhoneを買うとわずかながら、社会貢献もできるというわけです。

赤いiPhone8は数量限定なの?

特別なカラーというイメージが強いことから、この赤いiPhoneは限定モデルだと思われがちです。

しかし、2018年現在では、台数限定のアナウンスはされていません。かといって、iPhone7は生産・販売期間が比較的短かったのは事実です。

PRODUCT RED™のiPhone8が欲しい場合、入手可能な内に購入すべきでしょう。

新しい選択肢となった赤いiPhone8も魅力的!

正統進化を遂げた最新モデル、iPhone8。

上位モデルのiPhoneXとは明確な違いがあるため、性能面や機能面、使い勝手を比較しながらチョイスしましょう。

また、iPhone8にはPRODUCT RED™が登場しています。これもまた、iPhone選びの選択肢に加えることができるはずです。

スペックこそ通常モデルと同様ですが、その真っ赤なデザインは非常に魅力的です。生産期間が短い可能性もあるため、気になる方は早めにどうぞ!

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2018年06月05日

鈴木光平 ― ライター
鈴木光平 ― ライター

フリーのライター、趣味は料理とダンス。たまに公園で踊ってます。見かけたら声かけてください。喜びます。結婚してからは料理男子。妻の美容と健康のために頑張ったらハワイでモテる身体に近づけてしまいました。

関連キーワード