iPhoneホーム画面の超整理術|iPhoneの裏技を駆使しておしゃれに実用的に!

魅力的なアプリが多い今日、気づいたらホーム画面がぐちゃぐちゃになっているということは珍しいことではありません。ですがホーム画面を整理する「テクニック」を知っていたらすぐにホーム画面を整理することができます。これを読んでより快適にスマホを使いこなしましょう。
新型ihone12噂 iPhoneホーム画面の超整理術|iPhoneの裏技を駆使しておしゃれに実用的に!

今やスマートフォンは日常生活に欠かせないものとなりました。様々なアプリをスマホにダウンロードしている人も少なくないのではないでしょうか。

一方でアプリが多くなるとホーム画面がごちゃごちゃとしてしまいます。そこで今回はスマートフォンの中でもiPhoneに焦点を当て、ホーム画面を整理する方法について解説します。

iPhoneホーム画面の整理方法 入門編

まずはiPhoneに詳しくない人やiPhoneを手に入れたばかりの人でも簡単にできる整理方法を紹介します。基本的な内容ばかりですが、これらを行うだけでもホーム画面はだいぶ整理されてスッキリします。ぜひ試してみてください。

デフォルトアプリを消す

iPhoneは購入して起動した段階でいくつかのアプリがデフォルトでインストールされています。デフォルトのアプリには以下のようなものがあります。

メール、カレンダー、マップ、天気、メモ、株価、リマインダー、ビデオ、iTunesStore、iBooks、FaceTime、Podcas、計算機、Watch、コンパス、ボイスメモ、連絡先、友達を探す、Clips、Keynote、Numbers、Pages、iMovie、iTunesU、ミュージックなど

メールやカレンダー、天気、マップ、iTunesなど頻繁に使用するものもあれば、購入してから一度も株価やコンパスを利用したことのないという人も多いのではないでしょうか。

今まではデフォルトでインストールされているアプリは削除することができませんでしたが、現在では削除可能です。見た目がごちゃごちゃしてしまうのはもちろんですが、iPhoneの容量も消費しているので、もし1度も開いていないようなアプリがあれば削除してみてはいかがでしょうか。

インストールアプリを消す

デフォルトのアプリを削除したら次は自分でインストールしたアプリの削除にも取り組みましょう。

インストールしたアプリは自分で欲しいと思って入手したものかもしれませんが、意外と使っていないものも少なくないはずです。一方で有料アプリや課金をしているアプリだと削除することに抵抗があるかもしれません。

しかしこちらも使っていないのであれば、容量的にも視覚的にも無駄となってしまうので思い切って削除してしまいましょう。

アプリの削除方法

すでに知っている人も多いかと思いますが、ここで改めてアプリの削除方法を確認しておきましょう。削除の手順は以下の通りです。

  1. アプリのアイコンを長押しする
  2. アプリが揺れ出して「×」マークが出てくる
  3. 「×」マークを押して「削除」→「完了」を選択
  4. 削除完了

手順自体はとても簡単で10秒あれば削除できるので早速試してみてください。

類似するアプリはフォルダでまとめる

ホーム画面の整理方法はアプリの削除だけではありません。例えば、似たようなアプリをフォルダにまとめることもできます。フォルダの作成方法は以下の通りです。

  1. アプリのアイコンを長押しする
  2. アプリが揺れ出す
  3. フォルダにしたいアプリのアイコンを重ねる
  4. フォルダができるのでフォルダ名を入力

手順は途中まで削除するときと同じです。こちらも10秒もあればフォルダを作ることができるので、例えばSNSでまとめたり、ニュースアプリでまとめたりといったことを行ってみてください。

なおフォルダを作ったあと、ホームボタンを押せばアプリの揺れは止まります。アプリが多くてごちゃごちゃしていたホーム画面もフォルダで整理することで一気にスッキリします。

iPhoneホーム画面の整理方法 中級編

続いては中級編として、もう少し踏み込んだ整理方法について解説します。

ランドスケープモード

ランドスケープモードとは、iPhoneの画面を横向きにした状態のことを言います。写真を撮るときや動画を見るときなどに画面を横向きにする人は多いでしょう。

このランドスケープモードを意識してアプリを配置すれば、アプリがより使いやすくなります。

例えばカメラアプリを利用する場合、通常の縦向きの時にアプリを右上に配置しておけば、ランドスケープモードになった時に左手の親指ですぐにタップできます。そのため手親指ですぐにカメラを起動させ撮影することが可能です。

このようにランドスケープモードになった時のアプリの位置を考慮することで、片手でアプリを簡単に起動させることができます。

iPhone格安SIM通信アンケート

バッテリー使用状況を確認

当然ですがiPhoneのバッテリーはアプリを利用することでも消耗されます。アプリによってバッテリーの使用状況は異なるため、どのアプリがどのくらいのバッテリーを消耗しているのかを把握することで、削除の際の参考になるでしょう。

バッテリーの使用状況は以下の手順で確認することができます。

  1. 「設定」→「バッテリー」の順で選択
  2. 各アプリの使用状況が確認できる

バッテリーの使用状況をチェックすると、あまり使っていないのにバッテリーを消耗しているアプリもあるかもしれません。そういった場合は、アプリを削除してもいいでしょう。

簡易アクセス

iPhoneのホームボタンを2回タップすると、画面の上部分を下にスライドさせることができます。これを簡易アクセスと言います。

これを利用することで上部に配置しているアプリを片手操作で簡単に起動させることができます。ホーム画面の整理方法というわけではありませんが、覚えておくと操作性が一気に向上するのでぜひ利用してみてください。

なお、スライドしてきた上部分はホームボタンを再び2回タップしたり、画面上部の空白部分をタップしたり、何も操作をしていなかったりすると元の状態に戻ります。

簡易アクセスが使えない場合、設定で無効になっている可能性があるので、以下の手順で有効に設定しましょう。

  1. 「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」の順で選択
  2. 「簡易アクセス」をオンにすれば有効になる

iPhoneホーム画面の整理方法上級編

最後に整理方法の上級編を紹介します。アプリの配置を工夫することでさらに見やすくなるのでぜひ試してみてください。

壁紙変更

ホーム画面の整理をする時に忘れてしまいがちなのが壁紙です。壁紙はホーム画面を開いている時に常に目に入るもので、シンプルな方が見やすくなります。

また、好きな画像や思い出の写真に設定することでiPhoneを開いた時にちょっとした嬉しさを感じることができるでしょう。壁紙の変更手順は以下の通りです。

  1. 「設定」→「壁紙」
  2. ロック画面とホーム画面が表示されるので変更したい壁紙を選ぶ

壁紙は大きさや位置を調整することができます。この時壁紙のデザインに合わせてアプリを配置することで、より綺麗に見えるようになります。

例:壁紙の下部にキャラクターがくるのでそこにはアプリを配置しない

ページごとのアプリ数を減らす

フォルダを活用すれば1ページの中で大量のアプリを配置することができます。

しかしアプリの数が多くなるとどうしても見た目がごちゃごちゃしてしまいますし、どのアプリがどこにあるのかがわかりにくくなってしまいます。そこでおすすめしたいのが、1ページのアプリ数を少なくするというものです。

例えば、1ページのアプリ数を画面上半分までにして残りは次のページに配置するといった形をとることで見た目がすっきりとします。また壁紙もよく見えるようになります。

ドックのアプリ数を減らす

ドックとはiPhoneの下側の部分です。ドックにあるアプリはページを移動しても常に表示されます。

ドックには最大で4つのアプリが配置できますが、これをあえて少なくすることで、すっきりとした見た目にすることが可能です。

4つ配置された状態は左右に余白がないため、アプリのアイコンがきっちりと詰まっているように見えますが、3つや2つにすることで左右に大きなスペースができるため綺麗に見えるのです。

まとめ

今回はiPhoneのホーム画面に関して、初級編、中級編、上級編と分けて整理方法について解説しました。

不要なアプリを削除することから始まりフォルダやランドスケープモードの活用、さらにはアプリの配置などちょっとした工夫をするだけでホーム画面は一気にすっきりとした印象になります。決して難しい整理方法ではないので、アプリの数が多くて見にくいという人はぜひ試して見てください。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2019年09月28日

Kzy Shibata ― ライター
Kzy Shibata ― ライター

岡山県出身 フリーライター兼サッカー監督です。 「人間万事塞翁が馬」をモットーとしています。

関連キーワード