• Wi-Fi

auのホームルーターの特徴とメリット・デメリット・おすすめ「HOME L02」解説

auのホームルーターでおすすめなのは、2019年1月発売モデルのSpeed WiFi HOME L02です。魅力的な機能が多数搭載されています。今回、HOME L02のメリット・デメリットとauのホームルーターのお得な利用プランを解説します。
【公式】カシモWiMAX auのホームルーターの特徴とメリット・デメリット・おすすめ「HOME L02」解説

auでは自宅据え置きのWiFiホームルーターを提供しています。種類は様々ありますが、中でも2019年1月に発売されたSpeed WiFi HOME L02は、多数の機能を搭載しており、便利に使えます。

自宅で快適なネット環境を実現したいなら、ホームルーターの性能にこだわることが大切です。Speed WiFi HOME L02の特徴や魅力を把握し、いかに便利に使えるかを知っていきましょう。

auのホームルーターSpeed WiFi HOME L02の特徴

まずはauが提供しているSpeed WiFi HOME L02について、基本的な特徴を知っておくことが大切です。

  • 高速ギガビット通信に対応している
  • 4本の高感度アンテナが360度全方位をカバー
  • WiFi TXビームフォーミング対応
  • auスマートバリューで料金がお得になる

4つの特徴を把握して、どのような魅力があるのか深掘りしていきましょう。

高速ギガビット通信に対応している

Speed WiFi HOME L02は、高速ギガビット通信に対応しているため、有料のハイスピードプラスエリアモードが利用できます。

ハイスピードプラスエリアモードは、利用すると月額1,005円のオプション料金がかかりますが、高速での通信が可能となります。

LANケーブルに接続すると通信はさらに安定し、4K画質の重い動画でもスムーズに楽しめるでしょう。ハイスピードプラスエリアモードは、利用しない月はオプション料金がかからないため、必要な時だけ使うという使い分けができる点も魅力です。

4本の高感度アンテナが360度全方位をカバー

ホームルーターでは電波が上手く受信できないこともありますが、Speed WiFi HOME L02は、アンテナが4本ついているため、受信もしやすいです。

高感度のアンテナを4本搭載したことによって、360度の全方位から電波をキャッチできます。どの方向からでも電波をキャッチできるため、家中どこに置いても快適に利用しやすい点が魅力です。

WiFi TXビームフォーミング対応

従来のルーターよりも端末の受信速度が30%アップする、「WiFi TXビームフォーミング」に対応している点も特徴です。ビームフォーミングとは、簡単にいえばルーターに接続している端末に向かって、ピンポイントで電波を送信できる機能です。

ルーターが受信した電波を、接続しているスマホやPCに向かって送信できるため、端末側でも電波を受け取りやすく、通信が安定しやすくなります。また、微弱な電波でも的確に端末に飛ばすことで接続のしやすさは上がり、結果的に通信速度の向上も見込めます。

広く電波を受信する4本のアンテナに加えて、送信機能を強化するビームフォーミングを搭載していることで、従来モデルよりも通信の安定性は上がっているでしょう。

auスマートバリューで料金がお得になる

スマホをauキャリアで契約しているなら、加入しているプランに応じてauスマートバリューが適用できます。auスマートバリューに加入していると、ホームルーターもよりお得に使えます

次の表は、ホームルーターを単独で利用する場合と、auスマートバリューとセットで使う場合の月額料金を比較したものです。

ルーター単独利用の場合 auスマートバリュー専用プランの場合
「2年契約」 適用時
()内は適用前の料金
「WiMAX 2+ おトク割」適用時 「2年契約」適用時 「WiFi HOME おトク割」適用
WiMAX 2+ フラット for HOME 4,880円 (5,880円) 4,380円
※最大25カ月間 (加入月含む)
4,292円 3,792円
※最大25カ月間 (加入月含む)
ハイスピード プラス エリアモード (ご利用月のみ) 1,005円/月
(月間データ容量制限 7GB)
無料
(月間データ容量制限 30GB)

auスマートバリューの適用によって、月額料金はそれぞれ600円程度安くなります。また、月額料金以外では、プラスエリアモードが、無料で利用できるという違いが大きいです。

auスマートバリューを適用していると、セット料金で月額料金が安く、オプションは無料で使え、かつスマホの月額料金自体も割引されるため、auユーザーなら積極的に活用すべきでしょう。

参考:auスマートポート料金プラン

auのスマホでお得にホームルーターを使う

auのホームルーターの欠点

魅力的な機能が多数搭載されていて、便利に使えるauのホームルーターですが、一部欠点もあります。利用したいなら、欠点も把握した上で、本当にお得かつ便利に使えるかを考えることが大切です。料金面と使用面のそれぞれで欠点があるため、両方とも理解しておきましょう。

途中解約で違約金が発生する

ホームルーターの契約は2年単位が基本であり、途中で解約すると9,500円の違約金が発生します。契約から2年後の更新月なら無料で解約できますが、それ以外のタイミングでは全て違約金が発生するため、注意しなければなりません。

また、契約は自動更新であり、更新月に解約しないなら、そのまま契約が延長されます。2年契約が自動更新されると、次に無料で解約できるのはさらに2年後となります。違約金なしでの解約は、2年ごとのタイミングでしか行えないため、利用するなら長い目で見て必要かを考えることが大切です。

コンセントがないと使えない

コンセントに差し込むだけですぐに使える点は、ホームルーターの魅力ですが、裏を返せばコンセントがないと使えないということになります。設置したい場所があっても、近くにコンセントがないと使うことができず、別の場所を考えるか、延長コードで電源を引っ張ってこなければなりません。

また、停電時のように電力供給がなくなると、すぐに使えなくなってしまう点も欠点です。auが提供するルーターでも、モバイルWiFiなら本体の充電が可能なため、電力供給がなくなってもしばらくは使えます。常に電源が必須という点は、ホームルーターならではの特徴であり、欠点であるともいえます。

もしコンセントなしで、どこでもWIFIを使いたい場合、ホームルーターではなく、モバイルルーターと言ったポケットWIFIを使うのがおすすめです。

auのホームルーターの使い方と設定の手順

ホームルーターはコンセントに接続するだけで簡単に使えますが、自宅に届いたばかりなら、少しだけ設定をしなければなりません。

  1. 手動かQRコードでネットに接続する
  2. 設定画面にアクセスする
  3. 最新版にアップデートする

設定といっても難しくはなく、簡単3つのステップで完了します。

手動かQRコードでネットに接続する

ホームルーターをコンセントに接続して電源を入れた後は、WiFiへの接続を行います。WiFi接続は、SSIDとパスワードを直接入力するか、QRコードで情報を取得して、自動接続をします。

SSIDやパスワード、接続用のQRコードはルーターの裏面に記載されているため、それを確認して入力しましょう。スマホはカメラによってQRコードの読み取りが可能なため、QRコードで接続したほうが便利です。

設定画面にアクセスする

WiFiに接続した後は、ネットから設定画面へとアクセスします。設定画面のURLは、ホームルーターと一緒に同封されている書類に記載されているため、これを確認しましょう。ユーザーIDやパスワードを入力し、ログインすると、全ての機能が使えるようになって初期設定は完了です。

最新版にアップデートする

ホームルーターは定期的にバージョンアップされるため、最新バージョンがリリースされているなら、アップデートすることが大切です。アップデートはアプリから行え、起動して右上の表示されている歯車のマークから、簡単に更新できます。

また、歯車のマークから設定を開いて自動更新をオンにしておくと、最新版がリリースされるごとに、自動でアップデートできるため便利です。

auのホームルーターSpeed WiFi HOME L02の良い口コミ

Speed WiFi HOME L02の魅力を深堀りしたいなら、利用者の口コミをチェックすることがおすすめです。実際に使ってみていかに便利か、どのような点を魅力に感じるかといった意見を参考にすると、ホームルーターの良さが分かりやすいでしょう。

受信感度が最高

4本のアンテナの搭載やビームフォーミングを搭載していることによって受信感度が高く、通信速度が安定している点は高く評価されています。

建物の2階部分では電波が届きづらいこともありますが、口コミによると2階建ての住宅で、どこに置いても受信感度は抜群との評価を受けています。

参考:https://review.kakaku.com/review/K0001124622/ReviewCD=1235679/

設定が簡単にできる

たった3ステップで初期設定が完了する点も魅力であり、設定の簡単さについても、評価する口コミは多いです。

昔の機種と比較しても設定はより簡単になっており、初心者でも扱いやすいルーターといえるでしょう。

参考:https://review.kakaku.com/review/K0001124622/ReviewCD=1207102/

auのホームルーターSpeed WiFi HOME L02の悪い口コミ

Speed WiFi HOME L02の口コミについては、良いものばかりではなく、悪いものもあります。魅力的に思えて、実際に使ってみると不便を感じるケースもあるため、悪い口コミも参考にすることが大切です。思わぬところで失敗しないためにも、悪い面にも目を向けて、より細部まで理解を深めておきましょう。

アプリの使い心地が悪い

auのルーターはアプリを使って設定や操作ができますが、この使い心地の悪さが口コミとして上がっています。

アプリの使い心地をどのように感じるかは個人差がありますが、使いづらいと感じている人がいる以上、注意が必要なことは確かです。

参考:https://s.kakaku.com/review/K0001124622/ReviewCD=1239683/

速度規制を緩和してほしい

ホームルーターは通信量によって速度制限がかかり、これを嫌うユーザーは少なくありません。

無制限プランで契約している場合でも、直近3日間の通信量が10GBを超えると、翌日18時から2時までの間速度制限がかかります。制限時の通信速度は1Mbps程度のため、動画の視聴やオンラインゲームといった、通信量がかかる操作はしづらくなります。

また、ハイスピードプラスエリアモードは、月間7GBまで利用可能であり、速度制限後は128Kbpsと非常に低速になります。使いすぎないよう自分でも通信量のコントロールが必要ですが、ネットをよく利用する人にとっては、速度制限はデメリットになりやすいポイントといえます。

参考:https://s.kakaku.com/review/K0001124622/ReviewCD=1206730/

auのホームルーターでネット生活を快適に

auのホームルーターは、auスマートバリューとセットにした割引が適用でき、auユーザーは特にお得に利用できます。ルーター自体も高性能なものが多く、使いやすい点も魅力です。ただし、賛否はあるため口コミは幅広く確認し、特徴も細かく知ってから、利用するかどうか考えましょう。

こちらの記事でもSpeed WiFi HOME L02について解説しています。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2019年09月05日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。

関連キーワード