Androidおすすめ
  • スマホ

Origami Payの特徴とは?使い方やキャンペーンを紹介

Origami PayはQRコード決済アプリのひとつです。他のアプリにはないクーポンやキャンペーンが多数あるため、お得に使いやすいです。Origami Payの特徴から使い方を知り、賢く使ってお得にキャッシュレス決済を行いましょう。
新型ihone12噂 Origami Payの特徴とは?使い方やキャンペーンを紹介

スマホで利用できるQRコード決済アプリは多数ありますが、その先駆け的な存在がOrigami Payです。Origami Payは2015年にサービスが開始しており、QRコード決済のパイオニアともいえます。

他のスマホ決済アプリにはない魅力も多数持っており、おすすめできるサービスです。Origami Payの魅力や使い方を知り、QRコード決済をスマートかつお得に行いましょう。

Origami Payの魅力的な特徴

そもそもOrigami Payとはどのようなアプリなのか、まずは基本的な特徴や魅力を紹介します。

  • 店舗独自の割引が適用される
  • 2つのOSに対応している
  • キャンペーンが豊富に開催されている
  • 2万以上の店舗で使うことができる
  • クレジット払いの選択でポイントが二重取りできる
  • Origamiマーケットプレイスが利用可能
  • レシートがアプリ内に保存される
  • チャージする必要がない

これら8つの魅力から、Origami Payがいかに便利でお得に使えるアプリなのか知っていきましょう。

店舗独自の割引が適用される

Origami Payでは他の決済アプリのように支払い金額に応じたポイント還元はありませんが、その分割引が充実しています。割引内容は店舗によって違い、割引率の高いものだと1回の買い物で2%割引ということもあります。

また、初回限定のクーポンを使うと10~50%割引が受けられることもあり、条件次第では非常にお得に使えるでしょう。

店舗によって割引内容にばらつきはあるものの、お得に利用できることも多いため、現金で支払うよりもおすすめです。

2つのOSに対応している

iOSとAndroidの両方のOSに対応しているOrigami Payは、利用できる機種が多いです。対応OSであるなら利用が可能であり、端末におサイフケータイ機能が搭載されている必要もありません。

両方のOSで利用可能なことから、iOS端末からAndroid端末や、その逆の機種変更があったとしても、問題なく利用し続けられます。対応可能なバージョンは、iOS10以上、またはAndroid5以上です。

キャンペーンが豊富に開催されている

お得なクーポンを配布しているだけではなく、随時キャンペーンを開催していることもOrigami Payの魅力です。他のスマホ決済アプリでもキャンペーンの実施はありますが、Origami Payではその数の多さが他とは異なります

現在開催中から今後開催予定のものまでキャンペーンの種類は豊富であり、タイミングを合わせると幅広い店舗をお得に利用できます。

キャンペーン内容は開催中と今後開催予定ものが、まとめて公式ホームページに掲載されています。Origami Payを利用するなら、こまめにチェックしておくとよいでしょう。

Origami Payキャンペーン

2万以上の店舗で使うことができる

Origami Payが利用可能な店舗は約2万以上と多く、種類も豊富な点が魅力です。コンビニや飲食店を始め、ドラッグストアや百貨店、家電量販店などでも利用できます。利用可能な店舗は随時拡大中であり、今後も利用範囲が広がる可能性は高いです。

どの店舗に対応しているかは公式サイトからだけではなく、アプリの地図機能を使っても確認できます。Origami Payアプリを起動し、ホーム画面で「地図からお店を探す」をタップすると、周辺のマップが表示されます。

マップにはOrigami Payが利用できる店舗がマークされており、視覚的に簡単に対応店舗を見つけることが可能です。

また画面右上の三本線マークをタップすると、利用できる周辺の店舗や施設がリストで表示されます。幅広い種類の店舗で利用できるだけではなく、利用可能な店舗を見つけやすい点も魅力のひとつです。

Origami Payが使えるお店

クレジット払いの選択でポイントが二重取りできる

Origami Payではクレジットカードと銀行口座の両方を登録して支払いますが、お得度が高いのはクレジット払いです。クレジット払いを選択すると、支払った金額に応じてクレジットカードのポイントが貯まります。

加えてOrigami Payのクーポンやキャンペーンによる割引が利用でき、いわばポイントを二重取りしたようなお得感があります。銀行口座での支払いでもクーポンやキャンペーンの適用は可能であり、お得に使えることは間違いありません。

しかし、クレジットカードのようにポイントは貯まらないため、お得度で考えるなら、クレジット払いで利用をする方がおすすめといえます。

Origamiマーケットプレイスが利用可能

Origami Payアプリの中には、「Origamiマーケットプレイス」というオンラインストアがあります。

アプリ内ストアでは買い物ができ、Origami Payに登録した支払い方法を選択し、決済が可能です。実店舗での使用だけではなく、アプリ内サービスでのオンライン決済が可能な点も、Origami Payの魅力です。

購入できる商品は幅広く、一例だけでも次のものが挙げられます。

  • カメラ
  • カバン
  • アウトドア用品
  • おもちゃ
  • 食品
  • インテリア
  • 雑貨
  • コスメ
  • レディースファッション
  • メンズファッション
  • ガジェット
  • スポーツ用品
  • 音楽
  • 映画
  • 時計
  • アート

男女問わず楽しめるマーケットであり、ひとり世帯から家族層まで、幅広く網羅している点も魅力です。

レシートがアプリ内に保存される

Origami Payで支払うと、レシートが自動でアプリ内に保存されます。そのため、実店舗ではレシートをもらう必要がなく、支払いをして、商品を受け取るだけで済みます。

紙のレシートがないことで財布がいっぱいになるという心配もなく、そもそもOrigami Payを使うことで財布を持たずとも買い物が楽しめます。

保存されたレシートの情報は見直すことができ、出費の管理をしたい時にも役立ちます。余計なものを増やさずに、スマートに家計簿をつけたいなら、Origami Payで積極的に支払いを行い、アプリ内で購入記録を管理することがおすすめです。

チャージする必要がない

銀行口座かクレジットカードを登録して使用するOrigami Payでは、支払い時のチャージが不要です。登録した支払先から引き落としとなるため、アプリ内の残高を気にする必要がありません。

他のスマホ決済アプリではアプリ内残高にチャージしてから利用することがほとんであり、残高不足で決済エラーが出ることも多いです。Origami Payではチャージ作業に煩わされることがないため、ストレスなく利用しやすいといえます。

Origami Payの欠点

多数の魅力的な特徴があるOrigami Payですが、反面欠点もあるため注意が必要です。

  • 利用できる対象店舗の種類が少ない
  • オンライン決済が弱い
  • 知名度が低い
  • JCBのカードが使えない

4つの欠点も把握した上で、納得してから利用することが大切です。

利用できる対象店舗の種類が少ない

利用可能な店舗は2万以上と多いですが、各ジャンル内で考えると利用できる店舗の種類の少なさは欠点です。

例えばコンビニでいえば、ローソン系列やミニストップ、ポプラでのみ利用できます。その他大手のセブンイレブンやファミリーマートでは利用できず、近くに対象店舗がないと利用しづらいかもしれません。

さらに利用できるのは基本的にはチェーンの店舗であり、個人で導入しているところは非常に少ないです。

利用できるシーンが限定的になりやすいため、どこで利用できるか知り、自分の生活圏内ではどれくらい使えるのかチェックしておく必要があります。

オンライン決済が弱い

Origami Payではアプリ内ストアのOrigamiマーケットプレイスでオンライン決済ができますが、利用可能なのはこの1つのみです。他のスマホ決済アプリでは、複数サイトのオンライン決済に対応していることも多く、比較するとOrigami Payはオンライン決済が弱いといえます。

実店舗だけの利用やOrigamiマーケットプレイスだけで十分なら問題ありませんが、オンラインショッピングの利用が多い人は注意が必要です。

iPhone格安SIM通信アンケート

知名度が低い

Origami PayはQRコード決済の先駆け的な存在ですが、リリースが早過ぎたため、他のアプリに比べると知名度が低いです。QRコード決済が広く認知されるようになったのは最近のことで、元祖ともいえるOrigami Payが知られていないこともあります。

仮にOrigami Payに対応している店舗でも、店員が存在を把握していないために、支払いがスムーズに行えないこともあるでしょう。

QRコード決済を始め、多数のキャッシュレス決済を同時に導入している店舗は多いです。他の決済方法に紛れてOrigami Payが認知されていない可能性があることは、頭に入れておく必要があります。

JCBのカードが使えない

クレジットカードの登録が可能なOrigami Payですが、対応しているブランドは2019年8月現在ではVISAとMaster Cardのみです。比較的利用者の多いJCBカードや、AMERICAN EXPRESS、Diners Cardなどは登録できません。

登録可能なブランドの拡大は予定されていたものの、延期になっており、変わらずVISAとMaster Cardのみの利用となります。

Origami Payの使い方

スムーズにOrigami Payを利用するには、基本的な使い方を知っておくことが大切です。

インストール後の登録の方法からクーポンの取得、実際の支払い方法と、知っておくべきことは多数あります。基本的な使い方をマスターして、上手に使いこなしましょう。

登録したい場合

Origami Payアプリをインストールした後は、起動して登録を行います。アプリを起動すると、「Origamiの利用を開始する」と表示されるため、これをタップします。

続いてメールアドレスと電話番号の入力を行いましょう。Face Bookのアカウント持っているなら、連携させてメールアドレスの入力の省略も可能です。

電話番号を入力するとSMSでメッセージが届くため、認証番号を確認して入力します。後は氏名を入力してアカウントの登録が完了です。

次にホーム画面から「ウォレット」を選択し、銀行口座かクレジットカードの情報を入力します。決済方法の入力まで終了すると、Origami Payで決済ができるようになります。

クーポンを取得したい場合

お得なクーポンは、アプリに届くメッセージか、店頭のQRコードをスキャンすることで取得できます。Origami Payアプリには定期的にメッセージが届き、これを開くとクーポンが確認できます。

取得したクーポンはホーム画面の「クーポン」から確認でき、詳細を表示して、クーポン画面から直接支払いを行うことも可能です。

基本的にはメッセージからの取得となりますが、店舗によっては店頭にクーポン用のQRコードを設置しています。ホーム画面の「クーポン」から「キャンペーンQRコードをスキャン」を選び、コードを読み取ると取得完了です。

コード払いで支払いたい場合

Origami Payでコード払いを選択するなら、まずは店員にOrigami Payを使うことを伝えましょう。アプリを開き、ホーム画面から「コードお支払い」をタップし、画面に表示されたコードを読み取ってもらいます。

上手く読み取れない場合は、コードの右上にある虫眼鏡マークをタップすると、画面いっぱいに拡大表示されます。コードを読み取ってもらうと、自動で支払い金額が引き落とされ、支払いは完了です。

QRコードで支払いたい場合

お店にQRコードが設置されているなら、自分でコードをスキャンして支払います。QRコード払いの場合も、まずは店員にOrigami Payを使うことを伝えましょう。

その後アプリを起動し、ホーム画面から「スキャン支払い」を選びます。提示されたQRコードをカメラで読み取って、支払いは完了となります。

Origami Payで開催中のキャンペーン

Origami Payをよりお得に使いたいなら、キャンペーンを積極的に利用したいところです。豊富なキャンペーンを活用することで、よりお得に買い物が楽しめます。

2019年8月現在ではどのようなキャンペーンが実施されているのか知り、内容や利用条件など細部までチェックしておきましょう。

信用金庫の口座登録でクーポンプレゼント

信用金庫の口座を持っているなら、支払い方法に登録すると先着で300円オフのクーポンがもらえます。実施期間は2019年9月30日までですが、先着5万名のため、早めの登録がおすすめです。

クーポンは一人1枚までであり、複数口座を登録しても重複してはもらえません。また、クーポンは2週間以内の配布であり、登録して即時もらえるわけではないことは理解しておきましょう。

信用金庫の口座登録でクーポンゲット

大分県内の導入店舗で支払い5%OFF

大分県内のOrigami Pay導入店舗なら、初めての支払いで5%オフが受けられます。キャンペーン期間は2019年9月30日までであり、一度の会計で最大1,000円割引が可能です。

また各店での初めての支払いが割引の対象のため、別の店舗を利用するとそのたびにお得な割引が受けられます。

コンビニのミニストップは割引適用外ですが、その他の店舗では適用可能です。大分や近隣に住んでいる人はもちろん、大分に旅行する予定がある人にもおすすめのキャンペーンです。

大分県内の導入店舗で支払い5%OFF

東京・アトレ吉祥寺のSign KICHIJOJIと代官山駅前のSIGN ALLDAYで割引

東京・アトレ吉祥寺にあるSign KICHIJOJIと、代官山駅前のSIGN ALLDAYの2つのカフェで、お得な500円割引が受けられます。Origami Payでの支払いで、それぞれ最初の食事が500円割引となり、2回目以降も250円の割引が受けられます。

初回の500円割引はそれぞれのお店で利用できるため、1回ずつ食事をすると1,000円割引です。キャンペーン期間は明確に決まっていませんが、予告なく内容の変更や終了となることもあるため注意が必要です。

Sign KICHIJOJIとSIGN ALLDAYで割引

いつでもその場で最大3%OFF

2019年の9月30日までなら、Origamiアプリを使うだけで最大3%の割引が受けられます。割引率は支払い方法によって決まり、銀行口座なら3%、クレジットカードやデビットカードなら2%の割引になります。

クレジットカードならカードのポイントも貯まるためお得度は高いですが、ポイントの還元率が1%未満なら、銀行口座から支払うのも一つの方法です。

また割引金額は銀行口座で最大3,000円、クレジットカードやデビットカードで最大2,000円までと高額な点も魅力といえます。他のクーポンとの併用はできないものの、最大3%割引はかなりのメリットであるため、お得に使えることは間違いないでしょう。

Origamiアプリ

Origami Payで支払いをスムーズにしよう

QRコード決済アプリの先駆けであるOrigami Payは、お得なクーポンやキャンペーンが豊富にある点が魅力です。

支払いのスマートさはもちろん、アプリ利用のお得度が高いため、情報をこまめに確認して積極的に利用することがおすすめです。クーポンやキャンペーンを上手く活用し、Origami Payを賢く使いこなしましょう。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2019年08月21日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード