光回線の光コンセント確認方法|ネットをすぐ使うために確認すべきことと注意点解説

光回線を使える部屋に引越しする予定だけれども、引っ越し後、ネットをすぐに使えるのか不安な人はいないでしょうか。この記事では、光回線のコンセントの確認方法や、光コンセントが無い場合のネット利用法などを詳しく紹介していきます。
【公式】カシモWiMAX 光回線の光コンセント確認方法|ネットをすぐ使うために確認すべきことと注意点解説

「引っ越し先の賃貸物件でも、快適にネットを利用したい」という人は、引っ越し先で確認するべきことがいくつかあります。もし、光コンセント(光回線のコンセント)が備え付けられていても、すぐにインターネットが使えるとは限らないからです。

このページでは、そんな光コンセントの探し方と光コンセントが無い場合のネット利用法、光コンセントの注意点なども取り上げていきます。賃貸物件でインターネットを快適に使用したい人は、参考にしてください。

ネット設備表記を確認して光コンセントを探す

光コンセントを探すために、新しく住む物件のネット設備表記を確認しましょう。ネット設備表記の種類は、次の通りです。

  • インターネット対応
  • 光ファイバー対応
  • インターネット完備

インターネット・光ファイバーの違い、対応か完備か?など、各表記によって、光コンセントに影響があるのか、詳しく解説していきます。

インターネット対応

ネット設備表記が「インターネット対応」となっている場合は、建物の共用部分まで回線工事が終了しています。このケースでは、ネットの専用回線を備えているものの、すぐに利用できるとは限りません。

共用部分まで回線が通っているだけで、自分の住む部屋に回線を引き込むために、工事をする必要があります。その申し込みや費用は、入居者の負担です。

また、プロバイダ契約も、自身で行う必要があります。そのため、スムーズにインターネットを利用したい人は、入居前に各種手続きを進めておきましょう。当然、「インターネット対応」の部屋には、光コンセント未設置のケースも少なくありません。

ネット設備表記「インターネット対応」のメリットは、自分の好きなように、プロバイダや回線を決められるところです。前と同じプロバイダであれば、メールアドレスを変更しなくても問題ありません。一人で契約するのであれば、安い料金設定のサービスも選べるでしょう。

光ファイバー対応

「光ファイバー対応」というネット設備表記のケースは、建物の共用部分まで光回線の工事が終了している状態です。「光ファイバー対応」も、「インターネット対応」と同様に、ネットを利用するためには、回線を引き込む工事とプロバイダ契約を進めなければなりません。

早い通信速度で安定している光ファイバーは大変便利ですが、「光ファイバー対応」の建物の部屋には、光コンセント未設置のケースも多いです。

インターネット完備

ネット設備表記が「インターネット完備」になっている場合は、入居後、すぐにネットを利用できるケースが多いです。そのため、他のネット設備表記のように、工事の申し込みやプロバイダ契約も必要ありません。

環境によっては、インターネットの速度が遅いこともあり、新しく回線を引き直す人もいます。それほどネットを利用しない人は、気にならないでしょう。  

「インターネット完備」のデメリットは、インターネット料金が家賃に上乗せされ、たいしてネットを使わない人にとっては余計な出費が増えることです。ネットを頻繁に使いたい人は、ネット設備表記が「インターネット完備」の物件をおすすめします。

光回線のコンセントの確認方法

光回線のコンセントは2種類あり、基本的には壁に設置されています。光回線のコンセントの種類・位置などの確認方法を見ていきましょう。

\まずは無料相談!/
インターネット電話相談

光回線のコンセントは大きく2種類

光コンセントの種類は、次の2つです。

  • 一体型
  • 分離型

それぞれの特徴を紹介します。

一体型の光コンセント

一体型の光コンセントは、電力を使うために必要なコンセントと一緒になっているタイプです。コンセントに「光」または「光コンセントSC」などと表記されていれば、光コンセント設置済みのため、工事する必要はありません。新築の場合は、一体型の光コンセントである可能性が高いです。

分離型の光コンセント

分離型の光コンセントは、一体型の光コンセントとは異なり、光コンセントだけのタイプです。回線が露出しており、壁に穴を開けて工事をした場合は、分離型になるケースが多いです。

一体型の光コンセントと同様に、「光」または「光コンセントSC」などと表記されています。また、中古物件は、分離型の光コンセントを設置していることが多いです。

基本的には壁に設置されている

光コンセントは、壁に設置されていることが多く、一体型は電話コンセント付近、分離型はエアコンダクトやテレビアンテナコンセント付近をチェックしましょう。

ネットを利用するためには、引越しの荷物の搬入前に光コンセントの場所を探して、タンスなどで隠れないように注意する必要があります。部屋によっては、窓枠に光コンセントを設置しているケースもあります。

光コンセントがあればすぐに使えるのか

部屋に光コンセントがあった場合、光回線のサービスを契約していれば、すぐにネットを利用できます。しかし、基地局工事は必要です。詳しく光コンセントがあった場合のネット回線開通方法を見ていきましょう。

スマホやiPhoneの最新情報をいち早くお知らせ!
LINE友だち追加

契約してあればすぐに使える

部屋に光コンセントがある場合、光ファイバーはすでに引かれている状態です。そのため、光回線のサービスを契約するだけで、すぐにインターネットを利用できます。

契約すると、業者が通信機器などを届けてくれます。サービス利用開始日になり、通信機器などを光コンセントに接続すれば、ネットが使えます。契約からネット利用までの期間の目安は、数週間程度です。

光コンセントがあっても基地局工事は必要

光コンセントがあった場合、自宅に業者が来るような工事は必要ありません。しかし、光回線の事業者が基地局で開通工事を行う必要はあります。

かかる費用は、NTT系の光回線サービスで2,200円(税込)ですので、高くありません。本来の工事費用は、10,000円をオーバーします。「光ファイバー完備」、「インターネット完備」というネット設備表記であれば、すぐにネットを利用できるでしょう。

\まずは無料相談!/
インターネット電話相談
iPhone格安SIM通信アンケート

光コンセントが無い場合のネット利用法

光コンセントがなかった場合のネット利用方法は、次の通りです

  • 光ファイバーを引き込む宅内工事が必要
  • モバイル回線を使用したサービス
  • 電話コンセントでADSL

それぞれについて理解を深めて、自分に合ったネット利用方法を選択しましょう。

光ファイバーを引き込む宅内工事が必要

光ファイバーを引き込む工事は、集合住宅で約1時間、戸建てで約1時間~1時間半かかります。工事費用は、フレッツ光であれば、15,000円以上です。中部電力系グループ、関西電力系グループなどの「電力系」の光回線の場合、もっと高い金額のケースも考えられます。

NTTのフレッツ光でも、電力系でも、工事費用がかからないキャンペーンを行っていることがあるため、費用を節約したい人は、各ホームページをチェックしておきましょう。また、共有部分を工事する可能性もあるため、工事する前は管理会社などに相談しておいてください。勝手に工事するのだけは避けましょう。

モバイル回線を使用したサービス

光ファイバーを引き込んで光回線を利用するのではなく、「WiMAX2+」などのモバイル回線を利用するサービスでも、自宅にインターネット環境を構築できます。モバイル回線は、光回線よりも、月額料金が安い傾向にあり、ルーターを持ち運びして、外出先でもネット接続できるメリットがあります。

こちらの記事では、モバイル回線を使用したおすすめポケットWiFiを徹底比較していましたので、ぜひ合わせてご参考ください。

さらに、工事する必要もないメリットがあり、契約すればすぐにネットを利用できます。速度に関しては、光回線に軍配が上がりますが、最近では、技術向上によってモバイル回線の高速な通信も不可能ではありません。

モバイル回線が向いている人、光回線が向いている人は、次の通りです。

モバイル回線が向いている人 光回線が向いている人
  • よく引っ越しする人
  • 外出先もWiFiを使いたい人
  • 工事を面倒に感じる人
  • 一人暮らしの人
  • それほどゲームをしたり、動画を見たりしない人
  • 引っ越しを頻繁にしない人
  • 自宅以外でネットを使わない人
  • 工事を待てる時間的な余裕のある人
  • 大勢でネットを利用したい人
  • ゲームや動画が好きな人

どちらにもメリットとデメリットがありますので、契約前にしっかりと比較検討して、自分に合ったインターネット環境を構築しましょう。

電話コンセントでADSL

部屋に電話コンセントが設置されていれば、「ADSL」のモデムを接続し、インターネットを楽しめます。ADSLであれば、モバイル回線のように、工事も必要ありません。しかし、速度は光回線に敵わず、また電話や家電製品などのノイズの影響を受けやすいというデメリットがあります。

利用料金は「約2,800円」と低めに設定されているため、「ネットを頻繁に使わない」「できるだけ節約したい」という人には、もってこいのサービスでしょう。ちなみに現在、ADSLを提供している業者はSoftBankのみで、今後ADSLは廃止の動きとなっています。

\まずは無料相談!/
インターネット電話相談

光回線のコンセントについての注意点

光コンセントに関する注意点は、次の通りです。

  • 光コンセントがあっても未導入の場合もある
  • 既に存在する光回線の種類を必ず確認
  • 光回線のコンセントカバーは自分で外さない

注意点をよく理解し、快適なインターネット環境を構築しましょう。

光コンセントがあっても未導入の場合もある

「部屋に光コンセントがある=回線が導入済みですぐにネットを利用できる」と決めつけてはいけません。なぜなら、光コンセントがあっても、光ファイバーを引いていないケースがあるからです。

マンションなどの集合住宅では、光コンセントがあっても未導入の場合があります。回線の導入工事が必要なのかどうかは、引っ越し前に必ず確認しておきましょう。

既に存在する光回線の種類を必ず確認

NTTのフレッツ光、もしくは電力系の光回線が、日本で展開されている光回線サービスです。それぞれ使用する光ファイバーが異なり、どちらが自分の住む部屋に引かれているのか必ずチェックしておきましょう。

電力系光回線を使いたくても、NTTのフレッツ光回線が引かれていることで光コンセントがあるケースでは、宅内を工事しなければなりません。

電力系のインターネット回線は、次の通りです。

提供会社 電力会社 サービス名 エリア
中部テレコミュニケーション 中部電力 コミュファ光
  • 愛知県
  • 静岡県
  • 岐阜県
  • 三重県
  • 長野県
ケイオプティコム 関西電力 eo光
  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
  • 福井県
エネルギアコミュニケーションズ 中国電力 MEGA EGG
  • 広島県
  • 岡山県
  • 山口県
  • 島根県
  • 鳥取県
ST Net 四国電力 Pikara
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 徳島県
  • 高知県
九州通信ネットワーク 九州電力 BBIQ
  • 福岡県
  • 長崎県
  • 佐賀県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 宮崎県
  • 鹿児島県

東海エリアよりも西側に住んでいる人は、要チェックです。

光回線のコンセントカバーは自分で外さない

光コンセントに不備があったり、インターネットに接続できなかったりしても、勝手にコンセントカバーを開けてはいけません。なぜなら、さまざまな回線が混ざっており、知識のない人がいじってしまうと、感電する危険性があるからです。さらには、後の工事にも悪影響があります。

コンセントカバーを外して作業できるのは、特別な知識や技術を持っている有資格者のみです。コンセントカバーを外したい場合は、自分で対応するのではなく、カスタマーセンターなどに相談しましょう。

光コンセントはサービスをよく確認して利用

新居ですぐにネットを使いたい人は、まず物件のネット設備表記をチェックして、光コンセントを探しましょう。インターネット対応、光ファイバー対応、インターネット完備という表記によって、光コンセントの有無などが異なります。「完備」という文言があれば、すぐにネットを利用できるでしょう。

光回線のコンセントは、一体型、分離型という種類があり、基本的には壁に設置されています。また、光コンセントがあって契約すればすぐにインターネットを利用できますが、自宅に業者が来るような工事は不要で、基地局工事は必要です。工事費用は、それほど高いわけではありません。

光コンセントがなかった場合のネット利用方法は、光ファイバーを引き込むために宅内工事する、モバイル回線を使用したサービスと契約する、電話コンセントを使ったADSLを利用するという手段があります。それぞれについて理解を深めて、自分に合ったネット利用方法を選びましょう。

【業界最安級】カシモWiMAXを契約する!

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では、インターネットの契約や切替えをご検討中のお客様の電話相談を受け付けております。

相談後は、お客様のご希望があった場合にのみご連絡いたしますので、しつこい連絡や勧誘の心配はございません。

何度でも相談無料・加入の強要は一切ございませんので、インターネットに関してお困り方はぜひお電話ください。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2019年08月27日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!