Androidおすすめ

メルペイとはどんなサービス?使い方とメリットやデメリットを解説 

メルペイとはスマホ決済サービスのひとつです。メルカリで獲得した売上金やポイントを使って支払いが可能であり、全国幅広い場所で利用できます。サービスの概要からメリット・デメリットまで知り、メルペイについて理解を深めていきましょう。
Yahoo!モバイル20190717 メルペイとはどんなサービス?使い方とメリットやデメリットを解説 

スマホ決済サービスのひとつであるメルペイは、フリーマーケットアプリのメルカリと連携したサービスです。メルカリ利用者は特に便利に使いやすいため、メルペイも使ってみたいと考える人は多いです。

上手に使いこなすには、メルペイとはどのようなサービスなのか理解を深める必要があります。サービスの特徴からメリットやデメリットまで理解を深め、メルペイを上手に使いこなしましょう。

メルペイのサービス概要

メルペイについて理解を深めるには、まずはサービスの概要を知ることが大切です。どのようなサービスなのか基礎的な知識を身につけておくことで、より安心して利用しやすくなります。

特徴から利用できるサービスまで、メルペイとはどのようなサービスかを詳しく解説します。

メルペイ店舗用アプリ - 従業員会計用 -
メルペイ店舗用アプリ – 従業員会計用 –
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted withアプリーチ

メルカリの決済サービスのひとつ

メルペイとは簡単に言えばフリーマーケットアプリのメルカリと連携した、スマホ決済サービスのひとつです。

メルカリの100%子会社である株式会社メルペイが運営しているサービスであり、知名度の高さからもしやすいでしょう。

メルカリのアカウントを持っていると利用でき、基本無料で使える点も大きな特徴です。スマホを使って決済ができるため、キャッシュレスでスムーズな支払いが可能となります。

BIGLOBEmobile20190724_incontent

メルペイでできること

メルカリの決済機能であるメルペイでは、次のことが可能です。

  • メルカリ内での買い物
  • メルペイコード払い対応店舗での決済
  • iD払い可能な店舗での決済
  • 一部のネットショップでの支払い

これらの機能は全て利用できますが、スマホの機種によって対応非対応が異なることは覚えておいて下さい。

メルカリ内での買い物

メルペイはメルカリと連携している決済サービスのため、メルカリ内での買い物の支払いが可能です。プリペイド式でチャージして支払うだけではなく、メルカリの売上金を使い、商品が購入できます。

売上金はそのまま使うわけではなく、一度ポイントに変換して使用しますが、1ポイント1円のため還元率を心配する必要はありません。ポイントに交換すると電子マネーのメルペイ残高に追加され、残高から引き出して支払いが可能です。

メルペイコード払い対応店舗での決済

支払い画面ではスマホ上にQRコードやバーコードを表示させることができ、これを読み取ってもらうことで店舗での決済が可能です。

対応している店舗は決まっており、店舗ごとにQRコードとバーコードのどちらを使用するかは異なります。コードを使用する決済方法はメルペイコード払いといい、コード払いもメルペイ残高から引き出して支払います。

iD払い可能な店舗での決済

電子マネーのiDに対応している店舗なら、スマホをタッチしてiD払いも可能です。iD払いをするには、対象となる店舗がiDに対応していることに加え、自分のスマホがおサイフケータイの機能を搭載していなければなりません。

おサイフケータイ機能に対応していない機種では、iD払いは利用できないため注意が必要です。

一部のネットショップでの支払い

メルペイではメルカリだけではなく、一部のネットショップでの支払いも可能です。利用できるサイトは限られていますが、ネットでの支払いにも利用できる点は魅力的な特徴でしょう。ネット決済ではメルペイ残高での支払いから、チャージ払いまで幅広く対応しています。

メルペイの使い方

メルペイを使用するには、事前の準備から使用方法まで、把握しておくべきポイントが多数あります。

すでにメルカリアプリを持っている人はもちろん、これからアプリを取得する人も手順に沿って登録するだけで誰でも利用できます。基本的な使い方をマスターして、実際にメルペイで支払ってみましょう。

メルペイを登録する

メルペイを利用するには、登録が必要です。登録までのステップは、次の2つです。

  • メルカリアプリをインストールする
  • 事前登録をする

アプリのインストールと事前登録を行うことで、決済機能が使えるようになります。

メルカリアプリをインストールする

まずはメルカリアプリをインストールして起動します。GoogleやTwitterなどのアカウントと連携させて登録しておくと、メルカリ内での買い物もスムーズにできて便利です。

すでにアプリを使用している場合は、画面下にメルペイの画面が表示されているはずです。表示されていない場合はアップデートができていないため、最新情報を確認して更新しておきましょう。

メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ
メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted withアプリーチ

事前登録をする

決済機能を使うには、支払いに関する事前登録が必要です。コード払いの登録は、次の手順で行います。

  1. メルペイの画面を表示
  2. コード払いを選択
  3. 利用規約に同意する
  4. パスコードを設定する
  5. 通知メールを確認して設定を完了する

メルペイの画面からコード払いを選択すると、初回は利用規約の画面が表示されます。同意してパスコードを設定すると、メルカリに登録したアドレスに通知が届くため、それを確認して初期設定を終えましょう。

タッチ機能を使った支払いのiD払いを利用するには、さらに次の手順を踏まなければなりません。

  1. メルペイの画面を表示
  2. 「コンビニなど店舗でのお支払い方法」を選択
  3. 「設定をはじめる(無料)」を選択
  4. 電話番号認証をする
  5. 「電子マネーの情報を追加」を選択
  6. Apple Pay画面で使用する電子マネーを選択
  7. 支払い時のパスワードを設定する

「コンビニなど店舗でのお支払い方法」から画面に従って操作を進めると、電話番号認証が必要になります。

登録した電話番号宛にSMSで認証番号が届くため、それを入力して手続きを進めます。その後Apple Payに登録している電子マネーの情報を追加し、パスワードを設定して手続きは完了です。

店舗でメルペイを使う方法

対象店舗でメルペイを使用する場合、支払い方法はコード払いかiD払いのどちらかになります。店舗で対応している支払い方法を選択することになりますが、それぞれで手順が異なるため注意が必要です。

スムーズに支払うためにも、方法ごとの手順を知っておくことが大切です。

コード払いをする場合

コード払いをするにはまずはメルペイの画面を開き、「コード払い」を選択します。会計時にメルペイで支払うことを伝え、スマホに表示されたコードを読み取ってもらい、支払いは完了です。

店舗によってはQRコードを読み取って支払い金額を自分で入力することもあります。

メルペイのQRコードを記載したポップを設置する店舗なら自分で読み取り、ポップの設置がないならレジでコードを読み取ってもらうと考えて下さい。

iD払いをする場合

メルペイの画面から「電子マネー(iD)を開く」を選択すると、iDでの支払いが可能な状態となります。画面を開いたままiDで支払いたいことを伝えて、スマホをiDの読み取り機にかざして支払いは終了です。

コード払いのように店員に読み取ってもらったり、自分で読み取ったりと店舗による違いはありません。iDでの支払いは、スマホを読み取り機にかざすというひとつの方法で統一されています。

支払い用銀行口座を登録する

メルカリの売上金だけではなく、銀行口座を登録し、チャージして支払うことも可能です。銀行口座を登録するには、次の手順で操作を進めましょう。

  1. メルペイを選択
  2. 「お支払い用銀行口座の登録」を選択
  3. 「銀行口座を登録する」を選択
  4. 登録したい銀行を選び「同意して次へ」をタップ
  5. 「銀行口座の登録」画面で必要情報を入力
  6. 銀行サイトに移り登録を完了させる
  7. パスコードを入力して設定完了

メルペイの画面から銀行口座の登録を選択して、後は必要な情報を入力していくだけです。メガバンクから地方銀行まで幅広く対応していますが、一部非対応のものもあるため注意が必要です。

対応する銀行は順次拡大中のため、公式サイトで確認しましょう。

銀行口座を登録すると、売上金の表示がメルぺイ残高に変更されます。また「ポイントの購入」が「チャージ(入金)」に変更となり、ここから最低1,000円以上の任意の金額をチャージできます。

お支払い用銀行口座の登録方法

メルペイでの支払い可能な場所

メルペイは使用できる店舗が限られているため、現時点ではどこで使えるか知っておくことが大切です。支払い方法によって利用可能な店舗は異なります。

また、今後も決済可能な店舗は増える見込みのため、どこで使えるのか公式サイトで定期的に確認することがおすすめです。

電子マネーのiDでの支払いに対応のお店

iD機能を使った支払いなら、全国90万以上の店舗で利用可能です。iD対応のお店なら利用でき、コンビニやスーパーをはじめ、百貨店や居酒屋など幅広い施設で利用できます。またタクシーでもiD支払いに対応していることがあり、利用シーンは拡大しています。

メルペイコード払いに対応のお店

おサイフケータイ機能に対応していない機種では、メルペイコードでの支払いが基本となります。メルペイコード払いに対応しているお店も多く、主な店舗だと次のものが挙げられます。

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ミニストップ
  • 松屋
  • ライトオン
  • 阪神/阪急百貨店
  • ウエルシア
  • マツモトキヨシ
  • ヤマダ電機
  • ビッグエコー
  • 島村楽器
  • ポルタ
  • 天王寺ミオ
  • ルクア大阪

コンビニから百貨店、飲食店まで幅広く利用でき、コード払いに対応する店舗は多いです。

一部のネットショップ

メルカリ以外では、「SHOPLIST.com by CROOZ」というファッション通販サイトでメルペイが利用できます。メルカリを含むと2箇所とまだまだ少ないですが、応サイトは今後も追加される予定のため、拡大されるのを待ちましょう。

メルペイのメリットとデメリット

メルペイについてさらに理解を深めるには、メリットとデメリットの両面を知ることが大切です。便利に使える部分は数多くありますが、一部デメリットになるところもあるため注意が必要です。

両方を知った上で、自分にとって本当に便利に使えるか考え、利用を検討してみましょう。

メルペイのメリット

メルペイを利用するメリットは、次の6つが挙げられます。

  • メルカリでの売上金やポイントが使える
  • 電子マネーiDで現金不要の買い物が楽しめる
  • Suicaにチャージできる
  • あと払いができる
  • 手数料無料でチャージできる
  • 割引率の高いクーポンが利用できる

便利かつお得に使いやすいアプリのため、メリットは非常に多いです。

メルカリでの売上金やポイントが使える

メルカリで獲得した売上金やポイントがメルカリ以外でも利用できる点は大きなメリットです。これまではメルカリの売上金を現金化しようと思うと、10,000円以下は手数料が必要でした。

そのため、売上金が10,000円に満たないユーザーは手数料を払って現金化するか、あるいはメルカリ内での買い物に使用することがほとんどです。しかしメルペイの搭載によって10,000円以下でも手数料なしで現金代わりに使うことができ、メルカリ以外での支払いにも充てられるようになりました。

メルカリユーザーには嬉しい機能であり、特に売上金が10,000円になかなか到達しないライトユーザーには、メルペイの搭載は大きなメリットでしょう。

電子マネーiDで現金不要の買い物が楽しめる

おサイフケータイ機能が搭載されているという条件はありますが、電子マネーのiD決済ができる点もメリットのひとつです。

コード払いでもキャッシュレスで素早く決済できますが、iDだと機械にスマホをかざすだけのため、さらに早く支払いを終えられます。全国90万店舗以上と対応している場所も多く、現金を持ち歩かずにスマートに支払いができる点は魅力です。

Suicaにチャージできる

メルペイの電子マネー機能はApple Payと連携しているため、ここにSuicaを登録しておくと連携してチャージが可能です。

メルカリで獲得した売上金やポイントはSuicaにチャージが可能であり、iD以外の電子マネーとも組み合わせられる点もメリットと言えます。

電子マネーを複数使いたい人にもおすすめであり、キャッシュレス化を進めたい人には最適な決済方法です。

あと払いができる

事前に「あと払い」の設定をしていると、実店舗でもメルペイを使った後払いが利用できます。通常メルペイでの支払いはその場で残高から引き落とされますが、「あと払い」の設定をしていると支払った分が翌月まとめて引き落とされます。

つまり、クレジットカードのような使い方ができるということです。「あと払い」機能は自分で上限額を設定できるため、使いすぎる心配もありません。

手数料無料でチャージできる

銀行口座を登録し、口座から残高にチャージする場合は、手数料は無料です。最低金額は1,000円からと決まっていますが、金額に関係なく手数料はかかりません。

そのため、支払い時にこまめにチャージしたり、しばらく使えるようにまとめてチャージしたりと、自分に合った使い方ができます。

割引率の高いクーポンが利用できる

メルペイでは随時クーポンが発行されており、割引率が高いためお得に利用しやすいです。

クーポンの内容はメルペイ独自であり、その時々で使用できる店舗や割引内容は変わります。コンビニや飲食店などで使えるものが多く、クーポンを併用することでお得に決済できます。

メルペイのデメリット

多数のメリットがあるメルペイですが、反対に4つのデメリットがあるため注意が必要です。

  • メルペイ自体にポイント制度がない
  • あと払いに手数料がかかる
  • クレジットカードでのチャージが不可能
  • キャンペーンを利用するには本人確認が必要

デメリットも正しく把握して、本当にお得かつ便利に使えるか、よく考えることが大切です。

メルペイ自体にポイント制度がない

他のスマホ決済アプリでは、支払い時にポイント還元され、後に現金代わりに使えるようになりますが、メルペイには還元によるポイント制度はありません。

単に支払い機能を使うだけであり、多く使ったからといって特別お得になるわけではないことは理解しておいて下さい。

もちろん、各店舗で利用する場合は、それぞれのポイントカードを提示して、ポイントを付けてもらうことは可能です。

ポイントは支払いの前でなければ付けられないため、先にポイントカードを渡し、その後メルペイで支払いをしましょう。

あと払いに手数料がかかる

クレジットカードのような使い方ができる「あと払い」機能ですが、使用するには300円の手数料がかかります。300円はひと月分まとめての手数料であり、1回使っても10回使っても金額は変わりません。

通常より300円コストアップするため、「あと払い」自体がそれほどお得ではありませんが、1回分で300円支払うよりは、複数回使って300円支払ったほうがよいでしょう。

クレジットカードでのチャージが不可能

メルペイでチャージ用に登録できるのは指定の銀行口座のみであり、クレジットカードは指定できません。そのため、クレジットカードを登録してのチャージができず、カードのポイントが貯められない点はデメリットです。

他のスマホ決済アプリではクレジットカードの登録可能なものも多く、チャージや支払いでポイントを獲得できるため、比較するとデメリットは大きいです。

キャンペーンを利用するには本人確認が必要

ポイント還元などのお得なキャンペーンは定期的に実施されていますが、これらを利用するには本人確認が必要な場合が多いです。

銀行口座か免許証を登録して本人確認を行う必要があり、これができていないと利用できるサービスが制限されてしまいます。

また、「あと払い」機能も本人確認が必須であり、機能を最大限使用するには事前に登録しておかなければなりません。

メルペイを使う上での注意点

メルペイをトラブルなく使うためには、次の2つの注意点を知っておくことが大切です。

  • 銀行口座を登録するとポイント購入ができなくなる
  • スマホのOSが古い場合にはアップデートが必要

細かいポイントまで把握して、メルペイを賢く便利に使いましょう。

銀行口座を登録するとポイント購入ができなくなる

チャージ用の銀行口座を登録すると、ポイントの購入ボタンがなくなります。口座を登録したからといって、それまでに獲得した売上金やポイントがなくなるわけではありません。

単にポイント購入機能が使えなくなるだけであり、売上金は自動でポイントへと変換されます。

また、支払い時にはポイントが優先的に使用されるため、ポイントを保有した状態で銀行口座を登録しても問題はありません。

ただポイント購入ができなくなり、画面の仕様が口座の登録前後で若干変わるため、変更点に戸惑いそうなら先にポイントを使い切ってしまうこともおすすめです。

スマホのOSが古い場合にはアップデートが必要

メルペイの決済機能を使うには、アプリだけでなくスマホ本体もアップデートしなければなりません。

iOSだと10以上、Androidだと5.0以上のバージョンが必要であり、古いバージョンのまま使用している人は注意が必要です。

また使用している端末が古く、既定のOS以上にバージョンアップできない場合は、そもそもそのスマホではメルペイは利用できません。

スマホ決済アプリは比較的新しいサービスであり、端末が古すぎると他の決済アプリも利用できないことが多いです。

アップデートで対応できるならバージョンを上げ、無理なら端末を新しいものに買い替えて、便利なスマホ決済を利用してみるとよいです。

メルペイはメルカリを利用していなくても登録する価値あり

メルカリアプリに付随する決済機能のメルペイは、メルカリの使用の有無に関係なく利用できます。

メルカリの売上金を使って支払いができるため、メルカリユーザーには特におすすめですが、それ以外の人でも便利に使えます。

登録は無料のため、まずはアプリをダウンロードし、お試しで使って使い勝手をチェックしてみてはいかがでしょうか。

Y!mobile1,080円~

公開日時 : 2019年08月22日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。

関連キーワード