iPhoneのリマインダーはオールマイティに活用できる便利アプリ

iPhoneにはリマインダーアプリが搭載されており、使い方次第で非常に便利に利用できます。リマインダーアプリは使い方を知らない人も多いですが、プライベートからビジネスまで幅広いシーンで活躍するため、上手な使い方をマスターしておきましょう。
楽天モバイル20220722 iPhoneのリマインダーはオールマイティに活用できる便利アプリ

iPhoneに標準搭載されているリマインダーアプリは、実は優秀で使い勝手がよいことをご存知でしょうか。

初期からインストールされているアプリのため見落とされがちですが、活用の幅は広く、ビジネスからプライベートまであらゆる領域で活躍します。

存在は知っていても使用している人は少ないリマインダーアプリの魅力を知り、便利な機能を上手に使いこなしましょう。

\お得にスマホを契約しよう!/

iPhoneのリマインダーは進化したメモ帳

初期搭載されているリマインダーアプリは、いわば進化したメモ帳です。

通常メモ帳の機能では忘れたくないことを記入しておくだけですが、リマインダーでは時間を指定して通知がくるように設定できます。メモしただけで忘れてしまうという状態を防ぐことができ、複数の用件もまとめて管理しやすい点が魅力です。

メモ帳代わりとしても使えますが、TODOリストとしての機能も有しています。そのため日々タスクに追われている人でも、予定をチェックしながら優先順位を考えたスケジュール管理がしやすく、効率的に予定を組みやすくなります。

初期搭載されているリマインダーアプリは削除していないならiPhoneのホーム画面に残っているのでぜひ利用してみましょう。

削除してしまった場合でも、Apple Storeで再度ダウンロードできます。

リマインダー
リマインダー
開発元:Apple
無料
posted withアプリーチ

iPhoneのリマインダーの便利なポイント

iPhoneのリマインダーアプリが便利なのは、魅力的な特徴を多数有しているからです。シンプルながらも使い勝手がよく、主に次の点で利便性が高いといえます。

  • 用件毎に日時を指定して通知
  • 繰り返し機能を利用してうっかりミスの予防
  • 場所を指定して通知
  • 自由に使いやすく編集
  • リストを他の人と共有して複数人で管理
  • iCloudで他のデバイスでも管理可能
  • 別のアプリ情報をリマインダーへ登録

便利に使えるポイントを把握して、いかに魅力的なアプリなのか知っていきましょう。

用件毎に日時を指定して通知する

リマインダーアプリでは、用件を入力するだけではなく、日時を指定して、通知がくるよう設定できます。例えば「10日の13時に○○社の担当者とランチ」という約束を入力したとします。

その数時間前に通知時間を設定しておくと、ランチの時間前にメモした内容が通知されるため、当日スケジュールを飛ばしてしまう心配はありません。

リマインド時間の指定は複数の用件でも設定可能で、内容に合わせて別の時間を指定することもできます。

重要な予定は早めに通知するよう設定しておくとリマインド通知を受け取ってから準備もしやすく、スケジュールを円滑に進めやすくなるでしょう。

繰り返し機能を利用してうっかりミスの予防

時間指定のリマインドは一度きりではなく、繰り返しの通知も可能です。

重要な用件は何度も繰り返し通知することでうっかりミスを予防でき、スケジュールの管理がしやすくなります。繰り返しの通知は毎日や毎週はもちろん、週の中でも指定した曜日のみや隔週といった設定も可能です。

さらに毎月、毎年と長いスパンでの繰り返し設定も可能であり、用件に合わせた通知方法を取りやすい点も魅力でしょう。

繰り返し設定にはカスタムという項目もあり、より詳細な再通知設定を行うことも可能です。用件の内容やスケジュールに合わせた再通知の設定ができるため、多忙な人におすすめできるアプリです。

場所を指定して通知できる

iPhoneのリマインダーアプリでは時間だけではなく、場所を指定して通知することも可能です。

用件を登録する際に、位置情報も付け加えておくと、その場所に到達した時にリマインド通知がくるようになります。

また設定次第では指定の場所から離れた時に通知を送ることもでき、状況に合わせて細かい設定ができる点も魅力です。

用事のある場所をリマインダーに登録しておくと、その場所が近づく、あるいは離れた時に通知が来るため、うっかりミスもなくせます。

移動が多いとどこで何をすべきか忘れてしまいやすいため、位置情報まで追加して予定の管理ができる点は他のリマインダーアプリにはない魅力です。

自由に使いやすく編集できる

iPhoneのリマインダーアプリはシンプルで使いやすい点も特徴であり、自由に編集して直感的に操作できます。

入力したリストは順番を自由に変えることができ、予定を全て終えたなら削除も可能です。また用件ごとに色を変えて管理したり、「!」をつけて優先順位を付けて管理もできます。

「!」は3段階あるため、重要度に応じて順位をつけやすい点も、便利に使えるポイントです。

仕事とプライベートで色を変えたり、「!」の表記で視覚的に素早く優先順位をチェックしたりと、管理の自由度は高いです。

リストを他の人と共有して複数人で管理

リマインダーアプリで作成したリストは、自分で管理するだけではなく、他の人と共有して管理することも可能です。

用件ごとに共有設定を決めることができ、連絡先から共有したい人を選ぶか、相手のメールアドレスを入力するだけで簡単に共有設定が行えます。

共有の有無はリストごとに設定できるため、プライベートなものは家族と、仕事の用件は同僚といった、使い分けも可能です。

共有機能を使うことで、お互いのスケジュールをチェックしたり、タスク管理にも使えたりしてより便利に利用できます。

iCloudを使えば他のデバイスでも管理可能

クラウドサービスのiCloudを使うと、手持ちのiPhone以外のデバイスでもリストの管理が可能です。

iPodやiPad、別端末のiPhoneでの共有はもちろん、パソコンからiCloudにアクセスしてもリストの同期ができます。

複数デバイスで情報が共有できるだけではなく、メインで使っているデバイス以外からでもリストの管理が可能な点は大きな魅力です。

メインで使っているiPhoneでは別の操作をしながら、他のデバイスを使ってリストを更新することも可能であり、同期することで使い勝手はさらによくなります。

別のアプリ情報をリマインダーへ登録

他のアプリやSafariでのネットの閲覧時には、共有アイコンをタップして、直接リマインダーアプリに情報を登録できます。

画面下部に表示されている共有アイコンをタップし、リマインダーを選択すると、そのまま画面を登録できます。

例えば、サイト閲覧時にリマインダーに登録すると、リマインダーから直接登録したサイトに飛んで、続きの閲覧が可能です。

登録時にはサイトやアプリの情報が表示されますが、任意での変更も可能であり管理もしやすいです。

リマインダーアプリ単体での利用はもちろん、他のアプリとも組み合わせて使える点も便利なポイントと言えます。

iPhoneのリマインダーを使いこなすためには

多機能で便利に使えるリマインダーアプリですが、使いこなすには事前にいくつか設定をしておかなければなりません。

正しく設定ができていないと一部機能が使えなくなり、利便性が下がってしまうため注意が必要です。

リマインダーアプリを使いこなすためのポイントを知り、適切な設定を行って利便性を最大限まで高めましょう。

リマインダーの通知を許可にしておく

リマインダーアプリの最大の特徴である通知機能を使うには、設定で通知を許可にしておかなければなりません。

大元の設定で通知がオフになっていると、アプリで設定しても通知に気づけないため注意が必要です。

通知を許可するには、設定アプリから「通知」→「リマインダー」と進み、通知許可をオンにします。

位置情報サービスをONにしておく

位置情報による通知を利用したいなら、位置情報サービスをオンにする必要があります。

設定アプリから「プライバシー」→「位置情報サービス」→「リマインダー」と進み、「このAppの使用中のみ許可」にチェックを入れると利用できます。

全体の通知設定とは別に、位置情報サービスの許可も設定しなければならないため、設定をオフにしている人は注意が必要です。

iCloudで使用するAppに加えておく

共有機能を使うには、iCloudの設定を変更して、リマインダーを使用するアプリとして加えておかなければなりません。

設置アプリから自分のアカウント名の表示をタップすると、詳細な情報が確認できます。

「iCloud」の項目から「iCloudを使用しているAPP」の一覧をチェックし、リマインダーをオンにします。

iCloudの設定をオフにしていると、リストの共有ができないため注意が必要です。

リマインダーへの登録をスマートに行う方法

iPhoneのリマインダーアプリをより便利に使いこなすには、スマートな登録方法を知ることが大切です。

アプリを起動し、リストを呼び出して登録するやり方が普通ですが、他にも登録方法はあります。

複数のやり方をマスターして、状況に合わせて方法で、スマートにリマインダーへの登録を行いましょう。

3D Touchですぐにリマインダーへ登録

iPhoneが3D Touchに対応しており、機能をオンにしているなら、素早くリマインダーの登録が可能です。

アプリのアイコンを強く押し込むと、リマインダーに登録されているリストが表示されます。任意のリストを選択することで、直接そのリストにアクセスでき、素早く用件の管理ができます。

多数のリストを持っていて、目当てのものを探し当てるだけでも時間がかかる人は、3D Touchを使うとスムーズにアクセスしやすくなるでしょう。

ウィジェットでリマインダーを使う

ロック画面やホーム画面で右スワイプすると出てくるウィジェットでも、リマインダーの管理は可能です。

ウィジェットの上部には「今日」という項目が表示されており、ここにリマインダーの内容を表示させられます。

当日の通知内容を簡単に確認するだけではなく、そこからリマインダーアプリにアクセスして、リストの管理を行うことも可能です。

ウィジェットにリマインダーの内容を表示するには、ウィジェット画面を下までスクロールし「編集」を選択します。リマインダーを選び、追加すると、画面上部で登録した内容の確認ができます。

Siriを使ってリマインダーへ登録

Siriのオンにしていると、iPhoneに話しかけるだけで簡単にリマインダーへの登録が可能です。

文字を入力しなくて済むため手軽であり、入力内容に間違いがないかチェックもできます。別の作業をしていて手が空いていない時でも登録が可能であり、便利な人におすすめの機能です。

詳細な指示を出すことで、位置情報や時間指定による通知の設定もできます。またメモ書き程度で情報を記録したいだけなら、「○○を覚えて」のワードだけで登録可能です。

詳細な設定から簡易的な登録まで音声入力できるため、Siriを使いこなすとリマインダーアプリはさらに便利に利用できます。

\お得にスマホを契約しよう!/
\お得にスマホを契約しよう!/

iPhoneのリマインダーは自分好みに活用

隠れた優秀アプリであるリマインダーは使い方次第で幅広いシーンで活躍する便利なツールとなります。メモからTODOリスト、スケジュール管理まででき、他人とリストを共有してタスク管理も行えます。

見落とされがちなリマインダーアプリは、オールマイティに使える万能アプリのため、上手に使ってスマートに用事を管理しましょう。

公開日時 : 2019年08月26日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード