Androidおすすめ

LINE Payで割り勘にする方法|事前の友だち登録で簡単便利!注意点もご紹介

LINE Payは個人での支払いだけではなく、割り勘機能を使ってグループで支払うことも可能です。会費の払い忘れをなくしたり、細かいお金を持っていないときなどに便利です。割り勘機能を使う方法や注意点を解説します。ラインペイでスムーズに割り勘支払いを行いましょう。
新型ihone12噂 LINE Payで割り勘にする方法|事前の友だち登録で簡単便利!注意点もご紹介

キャッシュレス決済が可能なLINE Payでは、グループでの支払いに便利な割り勘機能が使えます。しかし、機能の存在は知っていても、どのように使うのか分からず、まだ利用したことがないという人は少なくありません。

割り勘機能を使って大勢での支払いをスムーズに済ませるためにも、基本的な使い方から注意点まで理解を深めておきましょう。

LINE Payの割り勘機能の特徴3つ

キャッシュレス決済アプリは複数あり、LINE Pay以外でも割り勘機能が使えるものはあります。割り勘機能は標準搭載となっていることも多いですが、LINE Payならではの特徴もあるため、これを知っておくことが大切です。

  • LINEユーザーなら誰でも使える
  • 履歴を確認できるから払い忘れがない
  • お得なキャンペーンが実施されていたことがある

3つの特徴を把握して、LINE Payについての基本的な理解を深めていきましょう。

LINEユーザーなら誰でも使える

LINE Payは他の決済アプリのように独立した存在ではなく、LINEアプリの機能のひとつです。そのため、LINEアプリを持っている方であれば誰でも簡単に使うことができ、本人確認さえ完了しているなら、すぐにでも割り勘機能が利用できます。

新しくアプリをダウンロードするという手間がないため、他の決済アプリよりも利用のハードルは低いでしょう。

履歴を確認できるから払い忘れがない

個人での支払いでも割り勘での支払いでも、履歴が残る点がLINE Payの特徴です。支払い履歴はもちろん、送金の依頼は送ったほう、送られたほうの両方で履歴が残るため、払い忘れる心配がありません。

大勢での割り勘では誰が支払ったかを管理するだけでも大変ですが、履歴が一覧で確認できるため、管理がしやすくなります。キャッシュレスでスムーズに支払えるだけではなく、人数の多い割り勘にも対応しやすい点は、LINE Payの魅力といえます。

お得なキャンペーンが実施されていたことがある

現在では終了していますが、過去には割り勘機能を使うことで、最大1万円プレゼントというキャンペーンが実施されていました。キャンペーン内容はその時々で違いますが、今後もお得な内容で実施される可能性は十分にあります。

割り勘機能に限らず、個人での支払いに関するキャンペーンも多く実施されているため、LINE Payはお得に使いやすいです。キャンペーンを適用することでお得なクーポンが使えたり、還元率が上がったりと金銭的なメリットが大きくなる点も、LINE Payの特徴といえます。

LINE Payで割り勘にする場合の手順

スムーズに割り勘機能を使うには、全体の手順を知っておくことが大切です。割り勘機能を利用するには、大きく4つの手順に沿って操作を進めます。

  1. LINEアプリを起動する
  2. タイトルを入力する
  3. QRコードを参加者全員に読み取ってもらう
  4. 割り勘金額を支払う

幹事と参加者で操作の方法が異なるため、それぞれの違いを把握しておくことが大切です。

手順1.LINEアプリを起動する

まずはLINEアプリを起動し、「ウォレット」の項目からLINE Payのメニューを開きます。メニューの右下に「割り勘」という項目があるため、幹事はこれを選択して割り勘を作成します。

参加者もLINEアプリを起動し、LINE Payのメニュー画面には進みますが、割り勘を選択するのは幹事のみです。

手順2.タイトルを入力する

「割り勘」を選択すると、タイトルの入力を求められます。タイトルは任意であり、グループで分かりやすいようにつけましょう。

例えば「ランチ」や「飲み会」、「旅行の予約金」など、お互いに共通認識を持てるものなら、タイトルはどのようなものでも構いません。タイトルを入力し、QRコードの作成を選択して、次は参加者の操作に移ります。

手順3.QRコードを参加者全員に読み取ってもらう

幹事のスマホでQRコードを作成した後は、割り勘に参加する人全員に、QRコードを読み取ってもらいます。LINE Payアプリに「コードリーダー」という項目があるため、それを使って読み取りましょう。

QRコードを読み取ると、LINE Payでの支払いか、現金での支払いかを選択できます。参加者全員が参加し、支払い方法を選択して、次のステップに進みます。

iPhone格安SIM通信アンケート

手順4.割り勘金額を支払う

割り勘対象者が全員参加したことを確認した後、幹事が代表して支払いを行います。お店によって支払いの方法は異なりますが、QRコードを読み取って金額を入力するか、バーコードを読み取ってもらうかして支払いを済ませましょう。

支払い後は、グループの参加者に割り勘のリクエスト(送金依頼)を行います。参加者全員がリクエストに応じた金額を設定して送金すると、割り勘での支払いは終了です。このとき支払い金額は任意で決めることができ、個人によって金額の多い少ないに差を付けられます。

ただし、幹事への送金額を実際の支払い金額より多く、あるいは少なくすることはできません。あくまで支払い金額の範囲内で、合計額が実際の支払いと同一になることを前提としますが、金額差をつけて割り勘にすることも可能です。

LINE Payで割り勘にできない場合の対処法

便利に使えるLINE Payの割り勘機能ですが、利用するにはいくつか条件があります。そのため、条件を満たしていないと割り勘機能が使えないため、注意しなければなりません。割り勘にできない場合は対処法もあるため、機能が使えない原因に合わせた解決策を取ることが大切です。

本人確認を行う

割り勘機能はいわば個人間での送金です。送金機能を使うには本人確認が必要であり、事前に済ませておかなければなりません。これは参加者全員に該当することであり、それぞれ確認を済ませる必要があります。本人確認の方法は複数あるため、各自に合った方法で行っておくことが大切です。

本人確認の方法と注意点

LINE Payの本人確認の方法は、次の3つが挙げられます。

  • スマホで簡単確認
  • 銀行口座の登録
  • 郵送ハガキによる登録

スマホで登録する場合は、画面の指示に従って顔写真や本人確認書類を撮影したり、個人情報を入力したりして行います。

スムーズに登録できて便利ですが、名前と住所が、提示する本人確認書類と同じでなければなりません。引越しや結婚によって、住所変更や氏名の変更ができていない場合は、登録ができないため注意が必要です。

銀行口座の登録もスマホの操作で簡単に行えますが、銀行によって手順の詳細が異なるため注意しなければなりません。また、多数の銀行が登録可能ですが、残高を口座に出金したいなら「みずほ銀行」か「三井住友銀行」での登録が必要です。残高のチャージのみでの利用なら、どの銀行でも問題はありません。

郵送ハガキによる登録は、スマホでハガキでの確認を依頼し、登録書類が送られてくるのを待ちます。そのため、申請してからハガキが手元に届くまで数日かかることもあり、すぐに登録したい人には不向きです。

ハガキに記載されているQRコードの読み取りか、16ケタの番号の入力で登録は可能ですが、事前に本人確認書類をアップロードしておかなければなりません。

支払い方法で「現金」を選択する

割り勘機能を使うにはLINE Payの本人確認が必要ですが、実際の支払いまでに登録が間に合わないこともあります。この場合は現金での支払いを選択することもでき、本人確認が未完了なだけではなく、LINE Payのアカウントを持っていない人でも割り勘に参加できます。

幹事が作成した割り勘グループのQRコードを読み取り、支払い方法で「現金」を選択すると、本人確認が済んでいなくても割り勘への参加が可能です。支払い方法は通常の割り勘と同じであり、金額を設定してリクエストを完了するだけです。

現金での支払いは、いわば支払い金額の帳尻を合わせるためのものであり、金額を設定して完了したからといって、実際に幹事に送金されているわけではありません。そのため、割り勘終了後は個別で現金を幹事に支払う必要があります。

スマホで支払いを選択したからといって、二重支払いになっているわけではないため、必要な金額を幹事に現金で渡しましょう。

LINE Payの割り勘機能に関する注意点

トラブルなくLINE Payの割り勘機能を使うには、次の3つの注意点を知っておくことが大切です。

  • 割り切れないときは切り上げした金額に調整される
  • エラーが起きる場合がある
  • 友だち以外には割り勘機能が使えない

割り勘で失敗してうまく支払いができなかったとならないためにも、注意点は正しく理解しておきましょう。

割り切れないときは切り上げした金額に調整される

支払い金額と参加人数に応じて、自動で一人当たりの支払い金額が計算されますが、時には割り切れないこともあります。割り切れない分は切り上げした金額に調整され、余った分は割り勘作成者の幹事が受け取ることになります。

幹事は数円分得をすることもありますが、支払いの管理を行うという手間があるため、役得と考えて必要な金額を支払いましょう。余計なトラブルを生みたくないなら、事前に割り切れないときは自動で切り上げた金額になってしまうと、説明しておくことも大切です。

エラーが起きる場合がある

LINE PayはLINEアプリに付随する機能のため、スムーズに使い続けるには、LINEアプリを定期的に更新しておかなければなりません。アプリの状態が古いと一部機能が使えなかったり、割り勘時にエラーが起きたりすることもあるため注意が必要です。

また、アプリだけではなく、スマホのOS自体も定期的に更新しておかなければなりません。古いバージョンを利用していると、不具合が生じやすいだけではなく、アップデートで追加される最新機能も使えないため不便です。

友だち以外には割り勘機能が使えない

LINE Payの割り勘機能を使うには、事前にLINEで友だちになっておかなければなりません。友だち以外だと割り勘機能が使えないため、お互いのアカウントを登録しておく必要があります。

登録が必要なのはLINEのアカウントのみであり、電話番号やメールアドレスまで連絡先に登録する必要はありません。LINE上の友だちになっているなら機能は使えるため、友だち追加するだけですぐに割り勘にできます。

LINE Payで割り勘の計算をスムーズにしよう

参加人数に応じて自動で割り勘の計算をし、かつ支払い金額を個人によって任意で変更できる点は、LINE Payの魅力です。

LINE Payに登録していなくても、現金での支払いも選択でき、多様な状況にも対応できます。割り勘機能を上手に使いこなし、大勢での支払いもLINE Payを使って賢く管理しましょう。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2019年08月27日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!