WiMAXの有線設定方法と接続できないときの対処法3選

WiMAXは無線だけでなく、有線で接続することも可能です。今回は、WiMAXを有線で接続するための方法やメリットについて調査しました。また接続できない場合の対処法もご紹介しています。
【公式】カシモWiMAX WiMAXの有線設定方法と接続できないときの対処法3選

「WiMAXを有線で接続する方法があるけど、どんなメリットがあるんだろう?」と疑問を感じている方も多いのではないでしょうか。

結論を言ってしまえば、WiMAXは有線接続で使用した方が多くのメリットがあります。そこで今回は、WiMAXを有線で接続するメリットや接続方法、トラブルが起きた場合の対処法をチェックしていきます。

WiMAXのさまざまな接続方法を知ることで用途の幅が広がります。

今までは無線で使っていても、有線で使ってみることでWiMAXの新たな便利さが発見ができるチャンスもあるはずです。

ぜひ有線接続についての知識を身につけ、便利にWiMAXを使用していきましょう。

WiMAXの有線接続がおすすめな理由

まずはWiMAXの有線接続がおすすめな理由から見ていきましょう。WiMAXの有線接続にはさまざまなメリットがあります。

それらを踏まえた上で、WiMAXの有線利用がおすすめな理由について紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

接続状態が安定する

WiMAXを有線でつなぐことで接続状態が安定します。これは無線接続の場合と違い、周囲の電磁波の影響を受けにくいためです。

逆に無線の場合であれば、周囲の電子機器(電子レンジなど)から発せられる電磁波によって接続が不安定になってしまうことがあるのです。

ですが、有線であればこのような心配はありません。無線LANのように接続が使用中に突然切れてしまうこともなく、快適にインターネットを利用できるでしょう。

「頻繁に接続が切れてしまう」という場合には、周囲の電磁波の影響を受けている場合もあり得ます。このような場合は有線への切り替えで解決できる可能性もあるのです。

無線LANよりも通信速度が速い

有線は無線LANよりも通信速度が速い傾向にあります。

その理由は、有線は無線よりも通信状態が安定しやすいため、その分通信速度がアップしやすいからです。

高速通信が安定するということは、インターネットをする上でとても大きなメリットと言えるでしょう。

特にSNSにたくさんの画像や動画を投稿したり、YouTubeなどで動画をたくさん見る人、オンラインゲームを楽しみたい人には大きなメリットです。

もし、使用している無線LANが高速通信に対応していない場合は、有線に切り替えることをおすすめします。

ダウンロード速度が最大1Gbpsの回線を使用しているにも関わらず、もし無線LANの対応速度がそれ以下だった場合、快適にインターネットを利用することができないからです。

セキュリティレベルが高い

有線と無線のセキュリティレベルを比較すると、有線のほうが高いと言えます。無線LANは暗号化していても、通信記録情報が盗まれる可能性があるのです。

また、Wi-Fiルーターにパスワードを設定していない場合は不正にアクセスされてしまう危険性が高まり、さらにセキュリティレベルが低くなってしまうのです。

対して、有線であれば他人に不正に回線を使用される心配はありません。

大事な仕事のやりとりなどをしている場合は、有線で接続したほうがセキュリティ面で安心と言えるでしょう。

古いパソコンにも対応

近年販売されているパソコンのほとんどは、無線LAN接続に対応しています。しかし、古いパソコンの場合には無線LAN接続に対応していないことも多いです。

対して有線接続の場合は、古いパソコンでもインターネットに接続可能です。

ただし、古いパソコンを使用してインターネットに接続する際には注意も必要。サポートがすでに終了しているOSは、セキュリティの脆弱性に対する修正がなされません。

そのため、セキュリティ面でリスクが高くなってしまうのです。古いパソコンを使用する場合は、必ずインストールされているOSの確認を行ってください。

そして可能な限り、OSを最新版にアップデートして使うようにしてください。

トラブルの原因が特定しやすい

WiMAXの使用中に何らかのトラブルが発生した際、有線接続の方が原因を特定しやすいというのもメリットの1つです。

無線の場合、接続が切れてしまったり速度が遅くなってしまった場合、原因を特定するまでに時間がかかります。

電磁波の影響や障害物によって電波が遮られる可能性もあれば、そもそもWi-Fiルーターに電波が届いていない可能性、ルーターの不具合、パソコンの不具合など、さまざまな原因が考えられるからです。

しかし有線の場合にはパソコンとルーターが直接繋がるので、考えられる不調の原因のパターンが減り、特定しやすくなるのです。

スムーズに原因が特定できた方が、より速くトラブルを解決できるでしょう。

WiMAXの有線LAN接続方法

WiMAXの有線接続のメリットが分かれば、次にWiMAXの有線LANの接続方法をチェックしていきましょう。

漠然と「難しそう」と感じる人もいるかも知れませんが、手順を1つ1つ確認してクリアーしていけば大丈夫です。

ここからはそれらの手順について説明していきます。

LANケーブルとクレードルを用意する

WiMAXを有線で接続するためには、LANケーブルとクレードルが必要です。

LANケーブルとは、通信をするためのケーブル。クレードルとは、LANケーブルの差込口がついた拡張器。充電やデータの転送を行えます。

これらは、どちらも家電量販店やネットショップで購入可能です。

また、プロバイダによっては契約時にクレードルを無料で提供してくれるケースもあります。

まずは自分が選んだプロバイダがクレードルを無料で提供してくれるかどうかを確認してみましょう。

クレードルにWi-Fiルーターをつける

クレードルには、有線接続以外の活用方法もあります。クレードルにWi-Fiルーターをつけることで、自動的にルーターが充電されます。

クレードルはスタンドのような形をしているので、Wi-Fi置き場・充電スタンドとしても活用できるでしょう。

WiMAXを使っていると「うっかりしていて充電がもうない」ということも多いですが、使用後にクレードルに設置する習慣を身につければ、このような事態を防ぐことができるので一石二鳥です。

Wi-Fi置き場・充電スタンドとしての機能も活かしていきましょう。

パソコンや自宅のネット回線につなげる

有線でインターネットに接続する場合は、まずWiMAX機器をクレードルに設置します。

次にクレードルの差込口にLANケーブルの片側を挿し、もう片側をパソコンに挿します。これでWiMAXの有線接続は完了です。

パソコンに無線機能がない場合であっても、WiMAX機器を直接パソコンとつなぐことができます。

また、WiMAXを自宅のネット回線とつなげば、Wi-Fi端末として利用することも可能です。

パソコンが複数台ある場合には

パソコンを複数台使用している人の中には、「有線接続できるパソコンは1台だけじゃないの?」と思う人もいるかも知れません。

しかし、スイッチングハブを使えば、複数台のパソコンを有線接続することも可能です。

スイッチングハブは、複数のLANケーブルが繋げるように中継する機材であり、家電量販店やネットショップで購入可能です。

スイッチングハブを使う場合は、一端クレードルからスイッチングハブにLANケーブルを繋ぎ、そこかた各パソコンにLANケーブルを繋ぐようにしましょう。

全てのパソコンを有線接続にしたい場合もあれば、1台だけ有線接続でほかは無線接続で大丈夫という場合もあるでしょう。

自分が使用したい状況に応じて使用するようにしてください。

クレードルはどんな人におすすめ?

クレードルの特徴やできることがわかったところで、これからWiMAXを契約する方もすでに契約をしている方もWiMAXの使い方を振り返ってみましょう。

こちらの記事では特徴を踏まえてどんな方におすすめなのか、値段はどのくらいなのかも解説をしています。

クレードルの写真も掲載しているので、どんな見た目なのか気になる方も是非チェックしてみてくださいね。

WiMAXの有線接続ができないときの対処法

WiMAXの有線接続の方法を紹介しましたが、中にはうまく有線接続ができないというケースもあるでしょう。

そこでここからは、WiMAXの有線接続ができないときの対処法をチェックしていきます。

これらを試すことで接続できる可能性があるので、万が一うまく接続できない場合には1つずつ試してみてください。

新しいLANケーブルを使用する

規格の古いLANケーブル(通信速度10mbpsなど)を使用していると、それが原因で通信状態が悪くなってしまうことががあります。

あまりにも古いLANケーブルであれば、新しいものに買い替えましょう。LANケーブル自体は高価なものではなく、数百円から1,000円以内で購入できるケースがほとんどです。

また、クレードルとパソコンが離れたところにある場合は、できるだけ長いLANケーブルを購入するのが良いでしょう。

再起動やケーブルの挿し直し

一度つながった後に接続が切れてしまった場合は、パソコン側に原因があることも考えられます。

パソコンに原因がある場合は、再起動を行うことで問題を解決できる可能性があります。また、LANケーブルを挿し直すことも手段の一つです。

差込口にLANケーブルがきちんと入っていない場合、接続が途切れてしまうこともあるからです。

一度は接続ができていたのにいきなり切れてしまったという場合には、まずパソコンの再起動とLANケーブルの抜き差しを実行してください。これによって簡単に復活する可能性があります。

ACアダプタを使用する

クレードルを使ってLANケーブルを挿したにも関わらずインターネットネットに繋がらない原因として、ACアダプタを使っていないことが挙げられます。

ACアダプタを使わないことで接続ができないケースもあるため、クレードルを使う際はACアダプターを使用するようにしましょう。

また、クレードル本体にACアダプタが付属していないことも多いです。自宅にACアダプタがない場合は、家電量販店などで購入してください。

クレードルがあるとWiMAXの機能が拡張できる!

WiMAXは有線接続することにより、インターネットをさらに快適に利用できます。

有線接続であれば接続が安定しますし、速度も上がります。

また、セキュリティレベルが高い、無線LAN接続に対応していない古いパソコンでも接続可能といった点もメリットと言えるでしょう。

「WiMAXの接続がよく切れる」「WiMAXの速度が遅くて不満を感じている」という方は、有線接続へ切り替えてみてはいかがでしょうか。

有線接続にはクレードルが必要ですが、クレードルはWiMAX機器の充電もできるなど、便利に活用できます。

有線接続の方法は難しいという印象を持つ人も居るかも知れませんが、クレードルをWi-Fiルーターにつけ、LANケーブルでパソコンと接続すればいいだけなので、案外簡単です。

クレードルをセット契約できるWiMAXを契約しよう!

クレードルが必要か不要か決まったらWiMAXを契約しましょう。

WiMAXプロバイダは数多くありますが、どこで契約してもその性能や速度には変わりがありません。

となると、重要なポイントは月額料金になります。

月額料金が安く、人気が出ている『カシモWiMAX』というプロバイダは業界最安級の月額1,380円から契約可能です。

さらに、無制限プランでも端末によっては初月無料で契約できるプランもあります。

キャッシュバックなどのキャンペーンはありませんが、月額割引制を導入しているため、契約すればどなたでも確実に初月からお得な価格で使い始めることができるとして、人気が出ています。

WiMAXを初めて契約するという方にもとてもおすすめです。もちろんクレードルセットでの契約もできますよ。

さらに詳しくカシモWiMAXについて知りたいという方はこちらの記事で解説をしています。合わせて読んでみてくださいね。

カシモWiMAXでWiMAXを契約する 【公式】カシモWiMAX
沖田理紗 ー ライター
沖田理紗 ー ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。

関連キーワード