現在地に近い無料WiFiスポットの探し方|コンビニ/喫茶店/キャリアの接続方法も

外出先でWiFiを接続したいときに役立つフリーWiFiスポット。コンビニやカフェで接続することができますが、WiFiスポットの探し方を知っておくと場所に限らず探すことができます。スマホやパソコンでの探し方・接続方法をご紹介します。
【公式】カシモWiMAX 現在地に近い無料WiFiスポットの探し方|コンビニ/喫茶店/キャリアの接続方法も

無料WiFiスポットの利用方法を知ることで、通信制限を気にせず無料でインターネットに接続したりできるので、非常に便利です。

ただ、無料というのはそれなりに条件や注意すべき点もあります。それらを知った上で便利に使って、快適に利用したいものです。

無料WiFiスポットの探し方|アプリで簡単に発見!

WiFiスポットが利用できる方法をご紹介しましたが、よく行くところだと把握していても外出先だとどこにあるか分からずに困ってしまうこともあります。そんな時に便利なのがWiFiスポットを探してくれるアプリの存在です。自分の使いやすいものを入れておけば、外出先でも快適にインターネットを使用できます。

WiFi Map – 無料のインターネットを入手

android版、iphone版どちらもインストール可能です。海外旅行に行く際によく使われているアプリで世界中で利用できますが、日本でも使用可能です。

アプリをインストール後に開くと、現在地の周辺にあるWiFiスポットを地図上で印が付いて教えてくれます。現在地から近い順に並んでいるので、とても探しやすいです。

無料WiFiに接続

こちらは「無料WiFiに接続」というわかりやすい名前のついたアプリです。android版に対応しています。

アプリをインストール後に開くと、すぐにWiFiのネットワークを検索して自動接続してくれます。また、表示されているマークをタップして好きなネットワークに接続したり、切断することができます。

無料WiFiスポットの確認方法

WiFiスポットの確認方法を事前に知っておくことで、外出先でもスムーズに利用できます。

スマホで公式サイトから検索する

WiFiスポットを確認するには、スマホから簡単に検索することが可能。ドコモはWiFiエリアマップ、wimaxはサービスエリアマップ、auはエリアから、それぞれ検索ができます。構内情報通信網(LAN)サービスが受けられる、各会社の公式サイトから確認しておきましょう。

スマホのアプリで検索する

スマホのアプリをインストールすることで、アプリから簡単にWiFiスポットの検索をすることも可能。ネットで調べるよりも、無駄な情報が出てくることもなくスムーズに調べられます。 ソフトバンクではiPhoneを利用している人を対象に、iPhone専用のアプリでWiFiのスポットを検索できるサービスを行っています。

パソコンやスマホのWiFi設定から検索する

ネットやアプリから検索する方法以外にも、WiFi設定からWiFiスポットの確認ができます。スマホやパソコンのWiFi機能をonにして、フリーで接続できるスポットを検索するという方法です。 自分のいる場所の付近にWiFiスポットがある場合は、接続することが可能です。ただし現在地付近にWiFiスポットがない場合は、WiFiスポットが出てこないため、場所ごとに何度も試す必要があるので注意しましょう。

無料WiFiスポット|コンビニ・カフェ編

意外とたくさんのWiFiスポットがあるということがわかりました。これから、詳しいWiFiスポットの設置場所とアクセス方法についてみていきましょう。覚えておくと非常に便利です。

WiFiを利用できるスポットに入ったら、AndroidでもiPhoneでも「設定」からWiFiへと進み、WiFiをオンにします。接続する目的のSSID(ネットワーク名)が表示されたら、それを選択して接続します。

セブンイレブンの7SPOT

セブンイレブンのWiFiスポットは「7SPOT」というものです。「7SPOT」はセブンイレブンだけではなく、実はイトーヨーカ堂やヨークベニマルなどのセブン&アイグループのお店で利用できる便利なスポットです。必要情報入力はメールアドレスによる会員登録と利用規約同意で接続できます。

利用方法としては、1回60分まで1日3回まで利用可能ですが、セブン-イレブンアプリを使えば「7SPOT」を回数無制限で利用できるようになります。WiFiスポットへ接続するためのSSIDは「7SPOT」と表示されます。

ローソンのLAWSON Free WiFi

ローソンのWiFiスポットは、「LAWSON Free WiFi」というものです。必要情報入力はメールアドレスが必要になります。1回60分まで1日5回まで利用可能となっています。SSIDは「LAWSON Free WiFi」と表示されます。

ファミリーマートのFamilyMart WiFi

ファミリーマートのWiFiスポットは「FamilyMart WiFi」というものです。必要情報入力は、Eメールアドレス・パスワード・性別となっています。1回20分まで、1日3回までの利用が可能となっています。SSIDは「Famima_WiFi」と表示されます。

タリーズコーヒーのtullysWiFi

タリーズコーヒーのWiFiスポットは「tullys WiFi」というものです。必要情報の入力はありません。ブラウザを起動しトップ画面を表示して、「インターネットに接続」というボタンをクリックします。利用規約の内容を確認後、「同意」するをクリックすれば利用可能です。タリーズコーヒーのWiFiスポットは利用時間・回数に制限はなく、SSIDは「tullys_WiFi」と表示されます。

スターバックスのWi2サービス

スターバックスのWiFiスポットは「at_STARBUCK_Wi2」というものです。必要情報入力は、以前はFacebook・Twitter・Yahoo!Japan・Goolgeなどのアカウントでの利用登録やSNSでの認証が必要でしたが、今は登録の必要もなく利用規約に同意することで利用可能となりました。

こちらは1回のログインで利用できるのは1時間までとなり、再度利用する時はログインし直せば利用可能です。SSIDは「at_STARBUCKS_Wi2」 と表示されます。

ドトールコーヒーのWi2サービス

ドトールコーヒーのWiFiスポットは「Wi2premium」というものです。必要情報入力は店頭で掲示されているカードや、店にあるチラシのQRコードや記載のEメールアドレスにて空メールを送信します。

自動返信メールでかえってきたメールに記載されたゲストコードをコピーしておきます。WiFi接続画面で「Wi2premium」を選択後、コピーしたゲストコードを入力して手続きは完了です。一度の接続で3時間利用可能です。SSIDは「Wi2premium」と表示されます。

無料WiFiスポット|携帯キャリア編

携帯のキャリアでもWiFiスポットを提供しています。有料が多いのですが、条件によっては無料で使用することもできるので、携帯キャリアと契約をされているかたは、チェックしてみることをおすすめします。

NTTドコモのdocomoWiFi

NTTドコモが提供しているWiFiスポットは、「docomoWiFi」というものです。月額使用料は有料で300円かかりますが、対象のパケット定額サービスもしくは料金プランに加入している場合は月額使用料が永年無料になるキャンペーンをしており、実質的に無料となるサービスです。

SIM認証方式というものに対応しており、自動接続エリアに入るだけで自動で接続されます。SIM認証が利用できない場合は、IDとパスワードを入力して利用可能です。こちらは永年無料のキャンペーン対象者でなくても、初回31日間は無料で使えるサービスになっています。SSIDは「0001docomo」と表示されます。

auのauWiFiSPOT

auが提供しているWiFiスポットは、「au WiFi SPOT」というものです。対象のパケット定額サービスもしくは料金プランに加入している場合は、月額使用料が無料で使用可能です。こちらは特に設定はしなくても自動で接続されます。

また、au契約者限定でノートパソコン等WiFi専用機器にて全国のスポットのWiFiが利用できるサ ービスがあり、そちらは月額利用料が300円で利用可能となっています。auIDでの認証が必要なためIDの取得など事前に設定が必要ですが、設定後は自動で接続できます。専用アプリなどは不要でWebブラウザだけでご利用いただけます。

ソフトバンクのWiFiスポット

ソフトバンクが提供しているWiFiスポットは、「ソフトバンクWiFiスポット」というものです。本来は月額467円で利用可能ですが、フラット型パケットサービスなどに加入していれば無料で使用できます。

接続エリア内に入れば自動接続できますが、iphoneの場合は事前にプロファイルをインストールしておく必要があります。また、スマートフォンの場合は専用のアプリがあるのでそちらでの事前の設定が必要になります。SSIDは「0001softbank」、「0002softbank」、「mobilepoint」と表示されます。

無料WiFiスポットの接続方法

インターネットを便利に利用できる、無料WiFiスポットの接続方法を覚えておきましょう。

メールアドレスを登録

利用したい無料WiFiスポットを利用する際に、メールアドレスの登録が必要になるケースがあります。設定は、接続するフリーWiFiのブラウザを立ち上げて、新規会員登録を行うという方法です。 メールアドレスが外部に流出しないか不安な場合は、アドレスはフリーWiFi専用のものを作っておきましょう。万が一、登録アドレスが流出してしまった時のために、自分自身で対策を行っておくとよいでしょう。

アプリのインストール

「WiFiスポット」を利用するには、提供しているアプリの登録が必要な場合もあります。専用のアプリをインストール後、アプリで利用登録を行うという方法です。 アプリを一度インストールしておけば、WiFiを接続する際には、専用のアプリを使ってスムーズにWiFiにつなぐことが可能です。毎回面倒なログインをすることもなく、WiFiに接続することが可能なアプリもあるので便利に活用しましょう。

パスワードの入力

フリーWi-fiが使えるスポットのなかには、宿泊施設や公共施設の利用が条件で接続できるところもあります。無料でインターネットが利用できるが、接続には専用のパスワードが必要なことも。 各施設を利用することによって、無料で使えるWiFi用のパスワードが教えてもらえます。パスワードを入力してインターネットに接続しましょう。

セキュリティについて

wi-fiスポットの使用については不正アクセスやウイルス感染、乗っ取りなど重大な危険性もあります。セキュリティについても理解した上で安全に利用しましょう。

iPhone格安SIM通信
iPhone・Wifi・WiMAXをもっとお得に!

無料WiFiスポット使用時の注意点

無料のWiFiスポットの使い方やアプリで検索をできることもわかりましたが、使う際に注意すべき点もあります。使用時に確認するべきことを知っておきましょう。

無料か有料かの確認をする

街中ではたくさんのWiFiスポットがありますが、本当に無料で使えるものなのでしょうか。有料のWiFiスポットの場合は接続できないので注意が必要です。見た感じではわからないWiFiスポットもありますので、使用する際に施設の人に利用可能か確認をとると安心です。

利用回数や利用時間に注意

コンビニやコーヒーチェーンなどの無料WiFiスポットの場合は、使用できる回数が決められていることがあります。「7SPOT」のように同じグループ内であれば登録しておけば場所が違っても利用可能ですが、違う場所での接続の場合は新たにメールアドレスの登録などが必要になってくることもあります。

利用時間が過ぎると切断されることもありますが、再度ログインすればだいたいの場合は使用可能です。使用する前に利用回数や利用時間をチェックしておくことも大事です。

クレジットカード番号の入力はしない

無料WiFiスポットというのは誰でも利用できるというのがメリットではありますが、逆にいうとセキュリティに関しては弱いので個人情報が漏れる危険性があります。

WiFiスポットが利用できるのはたくさんの人が利用する公共機関や人の出入りの多い場所に設置されていることが多いため、個人情報やクレジットカード番号などの入力をするのは避けたほうがよいです。

ブラウザーのみを使用する

無料WiFiスポットを利用する際は、他のアプリを利用することは避け、ブラウザーのみの使用に留めておくことが無難です。iPhoneであれば「Safari」、Androidでは「Chrome」がそれぞれの主流のブラウザーなのでそれらの使用がベストです。

そのブラウザーからは「https」で始まるURLのサイトにだけアクセスするようにすると、個人情報などの漏洩を避けることができリスクの軽減につながります。

無料WiFiのリスクを減らすVPNアプリ

無料WiFiスポットでの使用はリスクがありますが、どうしても確認したいメールやSNSへの投稿など、やむを得ない理由で無料のWiFiを使いたいときは「VPN」という暗号化できるアプリを使うことでリスクを軽減することが可能です。

トレンドマイクロ フリーWiFiプロテクション

こちらのアプリはandroid版、iphone版どちらもインストール可能です。有名なセキュリティ会社のアプリなので安心感があります。

本登録すると、支払いが発生しますが、インストールすれば会員登録などを行うことなく一週間の試用が可能です。無料WiFi接続時の盗み見や、個人情報の漏えいを防止するために、自動的にWiFi利用時の通信を暗号化してくれます。

シマンテック ノートンWiFiプライバシー

こちらのアプリもandroid版、iphone版どちらもインストール可能です。こちらも有名なセキュリティ会社のアプリなので安心感があります。

本登録すると支払いが発生しますが、無料試用期間があります。ただし試用期間の7日間が経過すると、自動で一年分の料金が発生してしまいますので試用される際は注意してください。購入の際には「ノートン アカウント」への登録も必要となります。使い方としては、無料WiFi利用時に個人情報を自動的に暗号化してくれる便利なアプリです。スマホだけではなく、ノートパソコン等でも使用できます。

安全にWiFiを使いたいならWiFiモバイルルーターを持とう

仕事のやりとり、個人情報の送信などセキュリティの対策はできていても、大事な情報を取り扱う場合は心配です。

情報の漏洩は信頼にもつながるので、できるだけ安全な環境で取り扱うのがおすすめです。

そのような点を考慮すると、できるだけ安く、安全にインターネットを利用できることが一番望ましいですよね。

そこでおすすめなのがカシモWiMAXの契約です。カシモWiMAXのギガ放題プランは契約1-2ヶ月目を1,380円、3-24ヶ月を3,380円で利用することができる、業界最安級のサービスです。

WiMAXの回線はKDDIグループのUQコミュニケーションという会社がサービス提供をしているので、安全性も高いです。

無料WiFiスポットユーザーには嬉しいサービスですよね。WiMAXは繋がるエリアも広がっており、場所を選ばずどこでも使えるのでこれまでわざわざ喫茶店を探していた方もかなり快適なインターネット環境をつくることができますよ。

その中に、月額料金1,380~契約できるカシモWiMAXがおすすめです。

カシモWiMAXを契約する

外出先でも気軽にWiFiを利用しよう

近年インターネットを利用することが、当たり前の時代になっています。自宅ではインターネットの固定回線をつないでいても、外出先ではインターネットに接続ができず、パソコンやスマホが利用できないという方も多いです。 全国各地にあるさまざまな場所で、フリーWiFiスポットの利用ができます。どこにいても無料でインターネットができる便利な時代。外出先でも気軽にWiFiを利用してみましょう。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2018年06月12日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。

関連キーワード