Androidおすすめ

テザリングできない原因と対処法【iPhone/Android】パソコン・スマホの設定手順

テザリングができない時の原因と対処法についてご紹介しています。iPhone / Androidどちらをお使いの方も共通して試すことのできる対処法をお伝えしつつ、3つのテザリングの特徴についてもご紹介。テザリングを使う方は必見ですよ。
モバイル保険 テザリングできない原因と対処法【iPhone/Android】パソコン・スマホの設定手順

「テザリングを使いたいが上手く接続できない」という経験は皆さんありますか?

いざテザリングしようとした時に、接続できないと非常に困りますし焦りますよね。

そこで本記事では、テザリングができない時の原因と対処法についてお伝えしていきます。

テザリングは周辺にWi-Fi環境がなくても、スマホやタブレットから他の機器に電波を飛ばすことで、ネット接続ができる便利な機能です。

上手くテザリングできない方は、これからご紹介する原因にあてはまるものはないか確認しつつ、対処法も試してみてください。

テザリングができない時の7つの原因

テザリングができない時に確認しておきたい7つの原因は以下の通り。

  • テザリングオプションに加入していない
  • iPhone/AndroidのWi-Fiがオフになっている
  • 電波障害の影響
  • 同時接続台数を超えている
  • ペアリングがうまくできていない
  • パスワード入力が間違っている
  • データ容量の上限に達して低速になっている

1つずつ詳しく確認していきましょう。

1.テザリングオプションに加入していない

テザリングオプションに加入しているつもりでも、実際には加入できていないこともあります

テザリングオプションの利用料は、携帯キャリアや加入しているプランによって有料・無料が変わってきます。

よくある例として、オプション利用料が無料だからと申込みをしなくても、使えると思っている方がいます。

ですが、有料・無料に関わらずテザリングへの加入申請をしないと、使えないことがほとんどです。

オプションに加入の有無は、各キャリアのマイページから確認することができますので、一度確認してみるといいでしょう。

2.iPhone / AndroidのWi-Fi設定がオフになっている

Wi-Fiテザリングを利用する場合、電波を受け取る側の機器のWi-Fi設定がオンになっている必要があります。

何かの拍子でオフになってしまっていることもあるので、「設定アプリ」→「Wi-Fi」で確認してみてください。

オフになっている場合は、オンにしましょう。

3.ペアリングがうまくできていない

Bluetoothテザリングを利用する場合、電波を飛ばす機器と電波を受ける側の機器をペアリング設定をする必要があります。

「設定アプリ」→「Bluetooth」でそれぞれの機器名のところに「接続済み」と出ていれば、ペアリングができている状態です。

接続済みと出ていない場合はペアリングができていない可能性があるので、機器名をタップし接続をしましょう。

4.電波障害の影響

場合によっては、テザリングのやり方の問題ではなく、キャリア側の一時的な電波障害の可能性も考えられます。

電波障害が発生していれば、電波を飛ばす側の機器も通信ができない状態にあるので、復旧されるまで待つしかありません。

\新キャンペーン続々登場!/
UQ

5.同時接続台数を超えている

テザリングを行う場合、同時に接続できる機器の台数が決められています。

同時接続台数は、iPhoneやAndroidの機種ごとに変わってきますが、5〜10台の間であることがほとんどです。ちなみにiPhoneの最大接続台数は5台です。

複数の機器にテザリングでつないでいる場合、接続されている台数を確認してみてください。

他の機器に接続されないようにするか、場所を変えてみるのもいいでしょう。

6.パスワード入力が間違っている

Wi-Fi接続を利用する場合、電波を受信する側の機器で、Wi-Fiのパスワードを入力する必要があります。

ただパスワードが間違っていれば、接続することはできません。今一度確認し、パスワードを再入力してみてください。

もしパスワードがわからない場合は、電波を飛ばす側の機器の「設定アプリ」→「インターネット共有」や「ポータブルスポット」という項目からパスワードを確認・変更することができます。

7.データ容量の上限に達して低速になっている

キャリアのプランによって、データ容量の上限は設定されてます。

テザリングする機器でデータを使いすぎてしまうと、低速になり通信速度が遅くなってしまいます。

それはテザリング利用時にも影響してきますので、低速時であれば繋がりが悪くなり、時には使えないことも出てくるかもしれません。

プランごとでのテザリングの上限容量は、各キャリアに確認してみましょう。

テザリングができない時の6つの対処法

ここまでテザリングができない原因についてお伝えしてきましたが、ここからは誰でも簡単にできる対処法について解説していきます。

  • iPhone / Androidの再起動をする
  • 場所を移す
  • ネットワーク設定のリセットをする
  • iPhone/AndroidのOSを最新のものにアップデートをする
  • スマホの「インターネット共有」がオンになっているか確認する
  • パソコン側のWiFi設定を確認する

iPhone / Android共通してできる対処法になりますので、一度試してみてください。

1.iPhone / Androidの再起動をする

テザリングが上手くできない時は、まず再起動を試してみてください

テザリングする側と電波を受け取る側の機器、それぞれ行うとなおいいででしょう。一度電源を落としてあげることで、不具合が治ることはよくあることです。

iPhoneの場合は、「設定」→「一般」→「システム終了」→「スライドで電源をオフ」で電源を落とすことができます。

Androidの場合は、電源ボタン長押しで「電源オフ」をタップしましょう。

2.時間をおくか場所を移す

皆さんの生活している周辺には、常にWi-FiやBluetoothなどの電波が飛び交っています。

またテザリングも電波を飛ばして利用するものになるので、周辺で多くの電波が飛んでいると、極稀に干渉してしまうことがあります。

その為、テザリングの電波を上手く拾えなかったり、接続ができたとしても途中で切断されてしまうことがあります。そういった経験は、今までにもあるのではないでしょうか。

そうした場合は、時間をおいて再度接続しなおしてみるか、場所を変えてみると改善されるかもしれません。

3.ネットワーク設定のリセットをする

テザリングできない時は、電波を受け取る側の機器の、ネットワークのリセットやペアリングの再接続を行うのも有効的です。

一度接続をリセットしてあげることで、初期状態になり上手くいくことがあります。

設定のWi-FiやBluetoothの項目から、接続されているネットワークの詳細を開き、接続を一度削除しましょう。

その後、再度接続を試してみてください。

4.iPhone / AndroidのOSを最新のものにアップデートをする

スマホのOSのバージョンアップを怠ってしまうと、テザリングができなくなってしまうことがあります。

もしバージョンが古ければ、最新のOSをインストールしてあげてください

アップデートする際は、データが消滅してしまう可能性もあるので、バックアップを事前に取っておくことをおすすめします。

アップデート方法は、iPhoneの場合、「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」からできます。

Androidの場合は、「設定」→「システム」→「詳細設定」→「システムアップデート」からできます。

5.スマホの「インターネット共有」がオンになっているか確認する

テザリングを行う際は、電波を飛ばす側のスマホ、またはタブレットの「インターネット共有」がオンになっている必要があります。

この設定がオフになっている場合は、オンにしましょう。

iPhoneの場合、「設定」→「インターネット共有」→「ほかの人の接続を許可」の横のボタンが緑になっていればオンになっています。

Androidの場合、「設定」→「アクセスポイント」→「アクセスポイント」の横のボタンをオンにすれば完了です。

Androidは、機種によって「ポータブルスポット」や「ホットスポット」など、若干表記が違うことがあります。

6.パソコン側のWiFi設定を確認する

パソコンでテザリングの電波を受け取るには、パソコン側のWi-Fi設定も行う必要があります。

テザリングが繋がらない原因の理由としてお伝えしたように、接続したつもりでも電波干渉や周辺環境などによって接続が切れてしまっていることもあります。

そういった場合は、パソコン側の設定から再度Wi-Fiに接続してあげてください。接続済みとなっていれば問題なく利用できる状態にあります。

テザリングの種類と特徴

テザリングができない時は、他のテザリング方法を試してみるのも1つの手です。

テザリングには3つの方法があるので、シーンによって使い分けてみてもいいでしょう。ここではテザリングの種類と特徴について触れていきます。

Wi-Fiテザリング

1つ目に、Wi-Fiテザリングです。

Wi-Fiテザリングは通信速度が速く、同時に複数の機器を接続できるのが特徴です。高速通信を行いたいシーンで利用するのがおすすめ。

ただバッテリー消耗が激しいので、利用する際は注意が必要です。

Bluetoothテザリング

2つ目に、Bluetoothテザリングです。接続方法は簡単ですが、Wi-Fiテザリングに比べ通信速度は遅め。

電池消耗が少なく済むので、ネット閲覧やクラウドでのテキスト入力程度であれば、問題なく利用できるでしょう。

USBテザリング

3つ目に、USBテザリングです。

パソコンとスマホをケーブルで繋ぐことで、テザリングができる方法です。

Wi-FiテザリングやBluetoothテザリングと比較して、通信が安定して高速であるのが強みです。またテザリングしながら、同時にスマホの充電も可能。

USBケーブルを常に持ち歩く必要があることや、複数機器への接続ができない点などを除き、安定した高速通信を求める方にはおすすめの方法です。

テザリングができない原因と対処法まとめ

本記事では、テザリングができない時の主な原因を7つお伝えしてきました。

  • テザリングオプションに加入していない
  • iPhone/AndroidのWi-Fiがオフになっている
  • 電波障害の影響
  • 同時接続台数を超えている
  • ペアリングがうまくできていない
  • パスワード入力が間違っている
  • データ容量の上限に達して低速になっている

状況によって接続できない原因は変わってくるので、当てはまるものがないか確認してみてください。

またテザリング方法には3つの種類があるので、接続ができない場合には、その他のテザリング方法も試してみるといいでしょう。

テザリングはポケットWi-Fi代わりにもなり、非常に便利な機能になっているので、ぜひ活用して快適なネット生活を送りましょう。

公開日時 : 2021年10月04日

OmuraRyo ― ライター
OmuraRyo ― ライター

幼い頃からパソコンを操作しており、今はスマートフォンに関する情報も豊富に蓄えている。現在、ローカルグルメ旅ブログを更新中。趣味は旅行、スノーボード

関連キーワード