Androidおすすめ

ガラケーからスマホに機種変更・データ移行する方法!MNPで料金は安くなる?

ガラケーからスマホに機種変更する方法や、機種変更後のデータ移行手順をまとめました。ガラケーからスマホに買い替えた後の月額料金や、ドコモ・au・ソフトバンクで使えるキャンペーン情報をご紹介します。
モバイル保険 ガラケーからスマホに機種変更・データ移行する方法!MNPで料金は安くなる?

長年使っていたガラケーからスマホに乗り換える方が、年々増えています。

しかし、乗り換えること自体が初めてなので、どうすればいいかわからない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ガラケーからスマホに乗り換えるための手順やデータ移行方法を解説します。ドコモ・au・ソフトバンクどこのキャンペーンがお得なのかもまとめています。

ガラケーとスマホに機種変更するメリットは?

そもそも、ガラケーからスマホに機種変更するメリット・デメリットは何なのでしょうか?

ここでは、ガラケーからスマホに変えることで生じるメリット・デメリットをまとめました。なお、このサイトで紹介する内容は動画にもまとめています。

メリット1.ガラケー非対応のアプリが使える

ガラケーからスマホに乗り換える最大のメリットと言えるのが、ガラケー非対応のアプリが使える点です。

例えば、以下のようなアプリはガラケーに対応していません。

  • LINE
  • Skype
  • カカオトーク

家族や友人とLINEで連絡を取りたくて、スマホに替える方も多いのではないでしょうか?LINEは連絡が使いやすいだけでなく、無料通話が使える点も魅力です。

無料通話を使うようにするだけでもかなり節約できるので、通話料金が安くなるのもスマホに機種変更するメリットといえます。

メリット2.画面が見やすい

ガラケーに比べ、スマホは圧倒的に画面が大きいです。

そのため、メールを打つにもインターネットを使うにも、ガラケーよりも圧倒的に画面が見やすくなります。

画面が大きいだけでなく、有機ELディスプレイのような高性能なディスプレイが使われている機種もあります。色の濃淡がはっきりしているので、ガラケーよりも写真や文字が見やすいはずです。

特に高齢でガラケーを使っている方は、スマホの方が使いやすいと感じるでしょう。アイコンで直感的に操作できるので、慣れてしまえばガラケーよりも操作しやすいかもしれません。

画面の大きいスマホを探している方は、6インチ以上の大画面スマホをサイズごとに解説した記事もご覧ください。

メリット3.高性能カメラが使える

ガラケーよりもカメラの数が多く、レンズの性能が高い点もメリットの1つです。

最近のスマホは、最低2眼〜4眼くらいが主流になってきています。1つ1つのレンズの画素数も高いので、カメラ任せでも簡単に高画質な写真が撮れます。

望遠レンズや広角レンズなど、ガラケーよりもレンズの種類が豊富です。孫の写真や美味しいご飯の思い出を残すなら、ガラケーよりもスマホカメラをおすすめします。

こちらの記事では、カメラ性能が高いおすすめスマホをご紹介しています。

デメリット1.料金が高くなる可能性がある

デメリットとして挙げられるのは、月額料金が高くなる可能性がある点です。

ガラケーよりもスマホの方がデータ消費量が多いため、一般的にスマホの方が料金設定が高くなっています。そのため、スマホに機種変更したことで月額料金が今よりも高くなる可能性があります。

ただし、最近はガラケーからスマホ機種変更限定のキャンペーンもあります。キャンペーンを使えば、ガラケー時代よりも安くすることも可能です。

デメリット2.端末代金が高い

ガラケーよりも性能が良い分、スマホの方が端末料金が高いです。

ガラケーが平均3万円前後で購入できるのに対し、スマホは3万円〜10万円ほどします。もちろん最近は3万円以下の格安スマホも出ていますが、ガラケーよりも高いのは事実です。

しかしガラケーからスマホに買い換える方限定で、端末割引を実施している大手キャリアもあります。

また、スマホは中古端末も数多く出回っているため、場合によってはガラケーよりも安く購入できるかもしれません。

ガラケーからスマホへの機種変更手順

ここでは、ガラケーからスマホへ機種変更する手順と、機種変更後のデータ移行方法を解説します。

スマホへの機種変更に必要なもの

店舗

  • 本人確認書類
  • 利用中の端末
  • 手数料(2,200〜3,300円[税込])

オンラインショップ

  • キャリアアカウントのID・パスワード
  • 手数料(0〜3,300円[税込])

どのキャリアでも、必要なものは大体上記の通りです。店舗で機種変更する場合は、オンラインショップよりも必要なものが多くなります。

オンラインショップの場合は、dアカウントやMy SoftBankといったのアカウント情報があれば機種変更可能です。

なお、店舗の場合は機種変更手数料として2,200〜3,300円(税込)がかかります。

ドコモオンラインショップの場合のみ、手数料0円です。

ガラケーからスマホ機種変更方法

ガラケーからスマホへ機種変更する流れは、大まかに以下の通りです。

手順1.商品の選択・申し込み

商品を選択すると申込み手続きに移るので、順番に必要な情報を入力しましょう。申込みの際に入力する情報は、以下の4点です。

  • 商品受取方法
    (自宅・店舗受取を選択)
  • 料金プラン
    (料金プランおよびサービスを選択)
  • 支払い情報
    (一括払い・分割払いを選択)
  • キャンペーン・割引
    (適用できるキャンペーン・割引を選択)

これで、申込みは完了です。

手順2.商品の受け取り

登録した受取方法で、商品を受け取ってください。その際は、届いた商品が申し込んだものと間違いがないか、破損がないかなどの確認を行いましょう。

段ボール開封後は、自己都合による返品は受付不可となるので注意してください。

手順5.利用開始の手続き

商品を受けとったら、自分で利用開始手続きを行います。

iPhoneの場合は、上記の手順で初期設定を進めましょう。基本的には、画面の案内に沿って設定していけば5〜10分程度で完了します。

ガラケーからスマホへのデータ移行方法

ガラケーからスマホへのデータ移行は、大まかに以下の方法があります。

  • キャリアのデータ移行サービスを使う
  • microSDカードを使う
  • Bluetoothでデータ移行する
  • 赤外線通信でデータ移行する

ここでは、キャリア別にガラケー電話帳のデータ移行方法を解説していきます。

ドコモ・auガラケーの場合

ドコモとauの移行方法は似ています。その方法を詳しく見ていきましょう。

電話帳のデータをSDカードへコピーする

まず、ガラケーの電話帳データをSDカードへコピーします。

ガラケーの機種によっては、SDカードではなくmicroSDやminiSDカードの場合もありますが、その場合は以下の手順で進めてください。

事前にガラケー本体にSDカードが差し込まれている必要があります。SDカードが無い場合は、大手家電量販店やコンビニなどで購入して用意しましょう。

ガラケー本体にSDカードを差し込んだら、アドレス帳にあるサブメニューの「コピー」の項目から「microSDカード」を選択し、電話帳のデータをSDカードにコピーします。

コピーが完了したら、ガラケー本体からSDカードを抜き取ってガラケー側の作業は終了です。

パソコンにデータを保存する

事前にパソコンに必要なソフトをインストールしておきましょう。

ドコモの場合は「電話帳変換ツール」、auの場合は「アドレス帳変換ツール」というソフトが必要です。どちらのソフトとも、WindowsパソコンでもMacでも使用できます。

パソコンの準備が整ったら、ガラケーから抜き取ったSDカードをパソコンのスロットに差し込みます。

そして、SDカードからパソコンにデータを移した後に、パソコンにインストールしたソフトを使ってiPhoneでインポート可能なデータに変換をします。

iPhoneにインポートする

変換したデータファイル(.vcfファイル)を、パソコンからiPhoneへメールで送信します。

ドコモの場合、初期設定でパソコンからのメールは受け取らない設定になっている場合があるため注意しましょう。

iPhoneでそのメールを受信したら、添付ファイルを選択してiPhoneの電話帳にインポートします。インポートが完了したらiPhoneの電話帳を開いて、データが正しくインポートされていることを確認しましょう。

ソフトバンクガラケーの場合

次に、ソフトバンクでデータ移行する方法を見ていきましょう。

電話帳のデータをサーバーに保存する

ソフトバンクの場合、SDカードとパソコンを使用せず、サーバーを介してデータ移行させることが可能です。大まかな流れは、「ガラケー」→「サーバー」→「iPhone」となります。

ガラケーからサーバーへの保存は「S!電話帳バックアップ」機能か、ソフトバンク店頭の専用機器を使って行うことができます。

近所にソフトバンクのお店がある場合は、店頭で移行作業を行うのも良いでしょう。

「S!電話帳バックアップ」を使用する場合は、ガラケーの電話帳を表示した状態で、「メニュー」 → 「S!電話帳バックアップ」と操作をします。

iPhoneに電話帳をインストールする

iPhoneに機種変更後、まず「あんしんバックアップ」というアプリをそのiPhoneにインストールする必要があります。

「あんしんバックアップ」は、App Storeから無料でダウンロードしてインストールすることが可能です。

インストール完了後「あんしんバックアップ」を開いて、サーバーに保存しておいた電話帳をiPhoneにインポートしてください。

インポート作業が完了したら、iPhoneの電話帳を開いてデータが正しく移行できていることを確認しましょう。

ガラケーからスマホ機種変更で使えるキャンペーン

ガラケーからスマホへと乗り換える場合に利用するべきキャンペーンについて紹介したいと思います。

実は各携帯キャリアでは、ガラケーからスマホへの乗り換えや、初めてスマホを契約するユーザーに対して、料金の割引サービスを行っています。

これらを利用すれば、端末料金や月々の利用料金がかなりお得になりますので、ぜひ利用したいところです。

では、各社のキャンペーンについて詳しく見ていきましょう。

はじめてスマホ購入サポート|ドコモ

出典:ドコモ
  • 開催期間:201911月1日(金)~3月31日(火)
  • 適用条件:FOMAからXiへの変更または他社3G回線からXiへの乗り換え
  • 特典内容:dポイントを22,000ポイントまたは11,000ポイント還元
    ※店頭購入の場合は同額を直接値引き

ドコモのはじめてスマホ購入サポートは、FOMAからXiへの変更または他社3G回線からXiへの乗り換えで、22,000ポイントまたはdポイント11,000円分還元でスマホを購入できるキャンペーンです。

はじめてスマホ購入キャンペーンは2020年3月31日までのお得なキャンペーンとなっているので、スマホへの乗り換えを検討している方は今がチャンスです!

【ドコモ】最新キャンペーンはこちら

はじめてスマホ割|ドコモ

「はじめてスマホ割」はガラケー(フィーチャーフォン)からスマートフォンに機種変更する方を対象とした割引サービスです。

その割引額は月1,100円(税込)。割引期間は初回適用月から最大12ヵ月間なので、1年で13,200円(税込)もお得になる計算です。

対象料金プランは以下の通りです。ガラケーから初めてのスマホに変更する際にはぜひご利用ください。

  • ギガホ
  • ギガホ:定期契約なし
  • ギガライト
  • ギガライト:定期契約なし

【ドコモ】最新キャンペーンはこちら

下取りプログラム|ドコモ

出典:ドコモ

2014年12月1日(月)から実施されている「下取りプログラム」は、今持っている端末を下取りに出すことにより、端末購入代金から最大75,600円分を割引してもらえるサービスです。

iPhoneやiPadをはじめ、ドコモのAndroidTMスマホやタブレット、ドコモ ケータイの、ほぼ全機種が下取り可能です。※dtab 01及び付属品を除く

乗り換え元の端末が必要ない方は絶対に利用するべきサービスとなっています。

【適用条件】

  • 携帯電話機などの購入時に、使用していた端末を下取りに出す
  • dポイントクラブもしくはドコモビジネスプレミアクラブに加入している

【ドコモ】最新キャンペーンはこちら

かえトクプログラム|au

出典:au

auの「かえトクプログラム」は、2020年2月21日(金)から開始した端末代金を残価クレジット設定して購入することができるサービスです。

auのかえトクプログラムの残価設定の扱いは、以下の通りです。

【auのかえトクプログラムの残価設定方法】

  • 残価=24ヵ月後の購入端末の価値(auの買取保証額)で価格設定
  • 支払回数は24回の分割払い
  • 本体価格から残価を除いた端末代金を23回の分割払いで支払う
  • 25ヵ月目の分割払いの最終回(24回目の支払い)は以下3つの選択肢から選択できる
    新しいauのスマホに買い替える(使っていたスマホはauに返却)
    そのままスマホを使い続ける 使っていたスマホをauに返却するのみで買い替えをしない

25ヵ月目の分割払いの最終回(24回目の支払い)の3つの選択肢について詳しく見ていきましょう。

【au公式】最新キャンペーンはこちら

購入13~25ヵ月目にかえトクプログラムを利用した場合

出典:au

まずは、かえトクプログラムを利用してスマホを購入して、25ヵ月目に新しいauのスマホに買い換える場合は、以下のような端末代金の支払い方法になります。

購入からの経過月 1ヵ月あたりに支払う端末代金
購入月 端末代金の支払い無し
2ヵ月目から24ヵ月目 (本体代金-残価)÷23
25ヵ月目 残価分の支払いは免除

【au公式】最新キャンペーンはこちら

購入25ヵ月目以降にかえトクプログラムを利用しない場合

出典:au

かえトクプログラムを利用してスマホを購入したものの、25ヵ月目以降もそのまま同じスマホを使い続ける場合は、以下の2つのいずれかの端末代金の支払い方法になります。

▼残価を一括で支払う場合

購入からの経過月 1ヵ月あたりに支払う端末代金
購入月 端末代金の支払い無し
2ヵ月目から24ヵ月目 (本体代金-残価)÷23
25ヵ月目 残価分を支払う

▼残価を24回の分割払いで支払う場合

購入からの経過月 1ヵ月あたりに支払う端末代金
購入月 端末代金の支払い無し
2ヵ月目から24ヵ月目 (本体代金-残価)÷23
25ヵ月目 残価÷24

【au公式】最新キャンペーンはこちら

下取りプログラム|au

出典:au

auに乗り換える方も、既にauを契約中の方も使えるのが下取りプログラムです。auで端末を購入する際に使っていた端末を下取りに出すと、最大53,900円割引を受けることができます。

下取り前の機種はiPhone・Android・ガラケー・タブレット等幅広く、画面が割れている機種も対象です。以下、対象端末の一部をご紹介します。

出典:au 出典:au

機種変更後スマホの使い道がない方や、自分で売るのが面倒な方はぜひ活用しましょう。

下取りした機種の代金はau WALLETポイントとして還元され、1ポイント1円で機種変更時の割引に使えます。

【au公式】最新キャンペーンはこちら

スマホ応援割Ⅱ|au

出典:au
  • 2019年11月1日(金)~

新規契約もしくは機種変更で対象プランに加入すると手続き翌月~6ヵ月間、月々1,100円(税込)割引が受けられます。

対象プランに加入するだけで、申し込みしなくても割引されるお得なキャンペーンです。対象プランは以下の通りとなっています。

  • auデータMAXプランPro
  • auデータMAXプラン Netflixパック
  • auフラットプラン25 NetflixパックN
  • auフラットプラン20N

【au公式】最新キャンペーンはこちら

4G LTEケータイ とりかえ割|au

出典:au
  • 2019年10月1日(火)~

auケータイ(4G LTE)から対象のauスマホに機種変更すると、最大22,000円の端末割引を受けることができます。

「スマホは端末代が高い」と感じているガラケーユーザーの方も、安心して機種変更できるキャンペーンです。人気のGalaxyやAQUOSのスマホが対象端末となっています。

ガラケーからスマホへの買い替えを検討している方は、ぜひキャンペーンを活用して機種変更しましょう!

【au公式】最新キャンペーンはこちら

3Gとりかえ割(スマホ)|au

出典:au
  • 2019年11月1日(金)~

初スマホ割(4G LTEケータイ)の、3Gバージョンのキャンペーンです。auケータイ(3G)から対象のauスマホに機種変更すると、最大34,580円(税込)の端末割引を受けることができます。

初スマホ割(4G LTEケータイ)と異なり、こちらのキャンペーンではiPhoneも割引対象端末です。割引額も38,500円とかなり高額なので、機種変更の際にはぜひとも使いたいキャンペーンとなっています。

【au公式】最新キャンペーンはこちら

トクするサポート+|ソフトバンク

出典:ソフトバンク

2021年10月13日に開始した「トクするサポート+(2021年9月24日以降加入者向け)」は対象機種を48分割で購入した後、25ヵ月目以降に特典申し込みと端末を回収に出すと、端末の残債が不要になるキャンペーンです。

48分割の内24回分の支払いがなくなるので、端末を実質半額で購入できるのです。

特典受付開始日以降にソフトバンク指定の機種へ買い替える「端末買い替え」条件がなくなり、機種を買い替えなくても特典が利用可能になりました。

例えば96,000円のスマホを購入した場合、最大48,000円が無料になるというお得なキャンペーンになっています。

【ソフトバンク】最新キャンペーンはこちら

スマホデビュープラン|ソフトバンク

出典:ソフトバンク
  • データ容量が1GB/月の定額サービス「データ定額スマホデビュー」+「通話基本プラン」+「ウェブ使用料」の総称
  • 1年目は最安で1,078円(税込)/月になる

お得なキャンペーンを複数同時に使えるので、機能が制限される前に機種変更を検討してみてください。最安になるのは1年目だけですが、2年以降でも2,178円(税込)/月からスマホが使えます。

さらに上記の機能制限を受ける機種からの変更なら、機種変更の手数料3,300円(税込)が無料です。

【ソフトバンク】最新キャンペーンはこちら

下取りプログラム|ソフトバンク

出典:ソフトバンク

ソフトバンクの「下取りプログラム」は、使っているスマホを下取りに出すとPayPayボーナスがもらえるキャンペーンです。

ソフトバンク契約中の場合は「下取りプログラム(機種変更)」、乗り換えの場合は「下取りプログラム(のりかえ)」という名前になっています。機種変更と乗り換えでは、下取り金額が若干違うのでよく確認しましょう。

    【キャンペーンの適用条件】
  • 下取りの査定を受ける
  • ソフトバンクが指定する端末に機種変更をする
  • 製造番号(IMEI)が確認できており、メーカー保証外の端末ではない
  • 機種変更前の端末が正常に動作し、初期化・各種ロックの解除が完了している

破損の基準は、ガラスや筐体の破損、液晶表示の異常やタッチパネルの動作不良、筐体の変形が対象です。

電源が入らなかったり、初期化されていなかったりすると、下取りの対象外になってしまいます。破損で下取り価格は1/3になってしまうので、機種変更まで大事にスマホを使ってください。

【ソフトバンク】最新キャンペーンはこちら

ガラケーからスマホ機種変更後の料金

ガラケーからスマホに機種変更すると料金はいくらになるのか、各キャリアごとに料金プランを比較しました。

ガラケー(税込) スマホ(税込)
ドコモ 1,320円 2,178〜4,378円
au 1,320円 3,278〜6,578円
ソフトバンク 1,408円
(1,078+330円)
5,478円〜9,328円
\新キャンペーン続々登場!/
UQ

ドコモのガラケー・スマホ料金

  • ガラケー:ケータイプラン
  • スマホ:ギガライト

ドコモガラケーが現在契約できるのは、「ケータイプラン」です。スマホの場合、最も安いのは使った分だけ支払う「ギガライト」というプランになっています。

ケータイプラン(税込) ギガライト(税込)
料金 1,320円 2,178〜4,378円
かけ放題 770〜1,870円 770〜1,870円
データ容量 100MB 1〜7GB

月に使えるデータ容量は、ケータイプランが100MBまで、ギガライトが1〜7GBまでです。

100MB=0.1GBなので、ケータイプランで使える容量はギガライトの1/10ということになります。

そう考えると、データ容量あたりの価格はギガライトの方が圧倒的に安いです。最安の場合2,178円(税込)でスマホが持てるので、ガラケーから機種変更しても月々の負担額もそこまで多くないでしょう。

【ドコモ】最新キャンペーンはこちら

auのガラケー・スマホ料金

  • ガラケー:ケータイシンプルプラン
  • スマホ:ピタットプラン 4G LTE

auのガラケープランは「ケータイプラン」です。スマホは様々な料金プランがありますが、最安は「ピタッとプラン 4G LTE」となっています。

ケータイシンプルプラン(税込) ピタットプラン 4G LTE(税込)
料金 1,320円 3,278〜6,578円
かけ放題 880〜1,980円 880〜1,980円
データ容量 100MB 1〜7GB

料金設定や使えるデータ量は、ドコモとほぼ同じです。auの方が、若干スマホとかけ放題の料金が高く設定されています。

【au】最新キャンペーンはこちら

ソフトバンクのガラケー・スマホ料金

  • ガラケー:ケータイ料金プラン
  • スマホ:ミニフィットプラン

ソフトバンクのガラケープランは「ケータイプラン」です。スマホの最安料金はは「ミニフィットプラン」となっています。

ケータイ料金プラン ミニフィットプラン
料金 1,408〜2,728円
(1,078+330円)
5,478円〜9,328円
かけ放題 880〜1,980円 880〜1,980円
データ容量 100MB 1〜5GB

大手キャリアでガラケー・スマホ共に最も料金が高かったのは、ソフトバンクでした。

ソフトバンクはドコモ・auと異なり、データ容量プランと音声プランを組み合わせる料金プランです。

ガラケーの場合、データ容量は100MBと1GBの2種類から選べます。音声プランは一律1,078円(税込)です。

  • ケータイ100MBプラン
    :1,408円(税込)(1,078円(税込)+330円(税込))
  • ケータイ1GBプラン
    :2,464円(税込)(1,078円(税込)+1,650円(税込))

スマホ向けの「ミニフィットプラン」は、半年間の割引を除くと5,478円(税込)〜9,328円(税込)もかかります。そのため、ソフトバンクを契約中の方は、別の携帯キャリアでスマホに機種変更した方がいいかもしれません。

【ソフトバンク】最新キャンペーンはこちら

こちらの記事では、スマホ初心者にぴったりのAndroidおすすめスマホを価格帯別にご紹介しています。

ガラケーからスマホへ機種変更しよう!

今回は、ガラケーからスマホへと乗り換える手順やキャンペーンについて紹介しました。

はじめてスマホを使う場合、さまざまなキャンペーンを利用できるため、おトクに乗り換えることができます。スマホデビューを検討している人は、ぜひ利用するようにしましょう。

公開日時 : 2020年07月02日

el buho ― ライター
el buho ― ライター

京都在住のフリーランスライター。スポーツと音楽とダーツとDIYを愛する。いつか海外に移住したいと企んでおり、投資の勉強中。左利きだが右投げというややこしさ。血液型がA型であることがすぐにバレる傾向にある。