Androidおすすめ

AndroidスマホのOSアップデートの方法と手順解説|できない場合の対処法も

AndroidのOSアップデートの方法と手順、アップデートする意義や注意点についても詳しく解説します。今まで後回しにしていた方も本記事を参考にして挑戦してみて下さい。また、アップデートが上手くできないときの原因と対処法も紹介します。
モバイル保険 AndroidスマホのOSアップデートの方法と手順解説|できない場合の対処法も

スマートフォンにアップデートの通知が届いても面倒だからと後回しにしてしまう方も多いのではないでしょうか?

確かにアップデートをしなくても、そのままスマートフォンを使い続けることはできます。しかし、アップデートをすることで最新の技術を使えるようになり、利便性が大きく変わります。

この記事では、Androidのスマートフォン端末のOSアップデートの正しいやり方と注意点について詳しく解説していきます。今までアップデートを後回しにしていた方も是非この記事を参考にしてアップデートに挑戦してみて下さい。

AndroidのOSアップデートって何?

AndroidのOSアップデートとは、AndroidのOSを最新版にバージョンアップさせることです。

OSをアップデートすることで、機能・操作性・品質などが向上し、さらに安全快適にスマートフォンを利用できるようになります。

Android 11がPixelシリーズで先行リリース

Googleは自家スマホPixelシリーズで、最新のモバイルOS「Android 11」をリリースしました。

Google Pixel 2以降の機種を所持すれば、Android 11へのアップデートが可能になります。

今回Android 11に追加された注目な新機能は下記となります。

Android 11注目新機能

  • 画面録画機能の追加
  • メッセージアプリ管理「Bubbles」
  • スマートデバイス一括管理
  • アプリ権限のセキュリティ強化

Androidのアップデートを行うメリットとデメリット

AndroidのOSアップデートにはメリットとデメリットがあります。実際にアップデートを行う前に、両方を確認しておきましょう。

メリット

アップデートを行うことで、主に以下のようなメリットがあります。

  • 消費電力の削減機能やロック解除時の認証機能など新機能が追加される
  • 既存機能や操作性の向上
  • 最新のセキュリティ更新パッチを受けられる
  • 不具合が修正される
  • 最新のアプリが使えるようになる

最新OSにアップデートすると、新機能の追加や操作性の向上などの恩恵が受けられます。

それだけでなく、最新のセキュリティ更新パッチを受けられるため、セキュリティ面のリスクも軽減されます。

デメリット

セキュリティ面などを考えてアップデートは基本的に行うべきですが、以下のようなデメリットが伴うケースもあります。

  • 古い機種の場合、スマートフォンの動作が遅くなる可能性がある
  • 最新バージョンのOSに対応していないアプリが使えなくなる
  • 機能や設定が削除される場合がある

購入から年数が経過した古い端末を使用している場合、最新のOSが求める性能に追いつかず、アップデート後に動作が遅くなってしまうことがあります。

また最新のOSに対応していないアプリなどは使えなくなるため注意してください。

AndroidのOSバージョンアップがあるか否かの確認方法

AndroidのOSのバージョンアップがあるかどうか確認したい場合はどうすればよいのでしょうか。

ここでは2通りのバージョンアップの確認方法を解説します。

通知から確認する方法

1つ目は通知から確認する方法です。

この場合、スマートフォンのステータスバーから「ソフトウェアアップデートの提供開始」の通知を選択し、その画面から更新を確認することができます。

\新キャンペーン続々登場!/
UQ

設定から確認する方法

もう1つは「設定」から確認する方法です。

この場合、まずスマートフォンの「設定」を開きます。次に「ソフトウェアアップデート」を選択し、ここで更新を確認します。

アップデート前の準備と確認事項

AndroidのOSアップデートをスムーズに行うためには、しっかりと事前準備をしておく必要があります。

ここでは、アップデートを行う前に整えておくべき条件と確認事項を解説します。

十分なストレージの空き容量を用意

OSアップデートの際には膨大なデータをダウンロードするため、その分の空きストレージを用意する必要があります。

ストレージ容量が不足していると、アップデートの途中で動作に支障をきたす恐れがあるため、ストレージが足りない状態でアップデートを始めるのは避けて下さい。

バックアップを取っておく

通常、アップデートによってデータが失われるようなことはありませんが、万が一通信環境やバッテリー不足の問題でアップデートが失敗した場合、大切なデータが失われる可能性があります。

絶対になくしたくない大切なデータがある場合は、事前にバックアップを取っておくようにして下さい。不安な方はiCrackedなどスマホ修理業者でもバックアップサポートサービスを行っています。

出典:iCracked

実行中のプログラムはすべて閉じる

アップデートを始める前に、動いているプログラムはないか確認しましょう。

アプリなどがアップデートの途中でフリーズなどを起こした場合、アップデートが停止し、データが消えてしまう恐れがあるため、他のアプリなどを起動している場合は必ず終了させてください。

通信環境が安定していることを確認

アップデートは安定した通信環境のもとで行う必要があります。途中で通信が途切れると、アップデートが失敗したり、最初からやり直しになってしまいます。

ドコモ、au、ソフトバンクの3社のスマートフォンを利用している場合、3GやLTEを利用してアップデートしても通信料はかかりませんが、基本的にはWiFiに接続して行うことが推奨されています。

充電器に繋いでおく

アップデートの途中で電源が切れてしまわないように、十分なバッテリー残量が必要です。

できれば充電器に繋いだ状態でアップデートを行うようにしてください。

アップデートに関する注意点

アップデートを実際に行う上で、いくつか注意すべきポイントがあります。

以下のポイントに気をつけて確実なアップデートを行って下さい。

一度アップデートしたら元に戻せない

OSアップデートをすると端末を最新の状態にすることができますが、アップデート後にバグなどの不具合を見つけたとしても前の状態に戻すことは基本的にできません。

アップデートをする前にOSごとバックアップを取っておくことで、元の状態に戻すことが可能ではありますが、とても手間がかかります。

バグなどが心配な場合は、ある程度最新OSに関するレビューが出てからアップデートするようにした方がよいかもしれません。

アップデートには時間がかかる

OSのアップデートには30分~1時間ほど時間がかかります。

また、アップデート中は通話やメールをはじめ、全ての操作ができなくなるので注意が必要です。重要な連絡のやり取りなどが必要な時間帯は避けてアップデートを行うようにして下さい。

絶対に途中で電源を切らない

アップデートの途中で電源を切ってしまったり、バッテリー不足で電源が切れてしまった場合、中途半端なアップデートになり、エラーが発生したりデータが破損する可能性があります。

バッテリーの残量をしっかり確認した上で、アップデート中は絶対に電源は切らないようにしてください。

スマホ本体でアップデートを行う方法と手順

ここからは、実際にAndroidのOSアップデートを行う方法と手順を解説していきます。

まずはスマートフォン本体を使用してアップデートを行う方法を説明します。Androidのスマートフォンであればどの機種でも同じ手順でアップデートすることができます。

手動でアップデートする場合

まずは手動で一からアップデートする方法を紹介します。

手動でアップデートを行う際の手順は以下の通りです。

  1. 「設定」を開く
  2. 「端末情報」をタップ(機種によって「端末情報」ではなく「端末管理」「バージョン情報」と表記されることもある。)
  3. 「ソフトウェア更新」をタップ
  4. 「今すぐ更新」をタップ(機種によって「今すぐ更新」ではなく、「ソフトウェアアップデート」「ソフトウェア更新」と表記されることもある。)
  5. 「インストール」をタップ    
  6. 「OK」を押すとスマホが再起動し、再起動するとアップデートが完了する

自動でアップデートする場合

バージョンアップの度に毎回手動でアップデートするのが面倒だという場合は、ソフトウェアが更新されると自動でアップデートしてくれるように設定しておくこともできます。

この設定方法は、「ソフトウェア更新」内の「更新を自動的にダウンロード」をオンにするだけと簡単です。こうすることで、WiFiネットワーク接続時に自動でアップデートを行うことができます。

ただし、更新したくないタイミングでも自動でアップデートしてしまうため注意して下さい。

時刻を指定してアップデートする場合

長時間にわたるアップデートを寝ている時間などに終わらせたいという場合、時刻を指定して予約することができます。

この場合の設定も簡単で、「ソフトウェア更新」内の「ソフトウェアの更新予約」をオンにし、時刻を指定するだけで完了します。

この設定をしておけば、予約した時間に自動でアップデートが開始されます。

パソコンを使ってアップデートを行う方法と手順

基本的にAndroidのOSアップデートはスマートフォン端末によって行いますが、Xperiaシリーズのスマホであれば、パソコンを使ってアップデートを行うことも可能です。

パソコンに接続して行う場合、パケット料金が発生しないため、WiFi環境下でアップデートができないという場合はおすすめの方法です。

また、この場合、各メーカーが提供するソフトウェアをインストールする必要があります。このソフトウェアを一度インストールすれば、パソコンを起動する度に最新のアップデートがあるかを確認し、必要があれば自動でアップデートをしてくれます。

キャリアの店舗でアップデートすることもできる

アップデートを自分で行うのは面倒だという場合には、各キャリアのショップにスマートフォンを持ち込んで、店員さんにアップデートをしてもらうことも可能です。

au、docomo、softbank、ワイモバイルのいずれかのキャリアと契約している方は、購入店舗問わず無料でアップデートしてもらうことができます。

なお、この場合もアップデート完了までに最低1時間ほど時間が掛かるので、時間に余裕を持つようにしましょう。

アップデートができているか確認する方法

アップデートをしたら、無事にOSが最新バージョンに更新されているか確認してみて下さい。

アップデートを確認する際は以下の手順でスマートフォンを操作します。

  1. スマートフォンの画面で「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア情報」の順に選択する
  2. 「ビルド番号」を選択し、ビルド番号が、OSの最新のナンバーと一致しているか照合する

なお、最新のビルド番号は各キャリアの公式サイトから機種ごとのアップデート情報を調べることで確認できます。

また、SIMフリーのスマートフォンを利用している場合は、各キャリアのニュースリリースページにあるアップデート情報から確認します。

最新のビルド番号が分かったら、スマートフォンのビルド番号と一致するか照合し、無事に最新OSにアップデートされていることを確認してください。

アップデートができない場合の原因と対処法

AndroidのOSアップデートがうまくできないという場合、どのような原因が考えられるのでしょうか。

ここでは、アップデートができないときの原因とそれぞれのケースの対処法について見ていきます。

スマホのストレージ容量が不足しているケース

ストレージ容量が足りずにアップデートできないというケースです。画像や音楽、アプリなどのデータで容量がいっぱいになっているとアップデートができなくなってしまいます。

この場合、まず何が原因で容量不足になっているのか確認します。

特に使用量が多いデータは削除したり、SDカードなどに写すことで容量を確保することができます。

スマホが最新のOSに対応していないケース

古い機種を使っている場合、スマートフォン自体の性能不足で最新のOSに対応していない可能性があります。

スマートフォンの機種名と最新OSでインターネット検索することで、自分のスマホが最新のOSに対応した機種であるか確認することができます。

スマートフォンがOSに対応していないことが原因であった場合は、対処が難しく、今のOSのまま我慢するか、新しい機種の購入を検討する必要があります。

順番待ちが必要なケース

スマートフォンが最新のOSに対応していてもアップデートができない場合は、アップデートがまだ自分に配布されていない可能性があります。

OSのアップデートの配布には順番があるため、この場合は通知がくるまで待つ必要があります。

正しい手順でAndroidのOSをアップデートしよう

アップデートする際には、通信環境やバッテリー残量、メモリ容量などを確認してから行うことが大切です。アップデートがスムーズに行かず、失敗してしまうと大切なデータが失われてしまうこともあるため注意してください。

OSをアップデートすることで、いま使っているスマートフォンをより快適に使用できるようになります。今までアップデートは面倒くさいと思って後回しにしていたという方も、ぜひこれを機に最新版のOSをダウンロードしてみて下さい。

公開日時 : 2020年09月09日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード