Androidおすすめ

写真共有アプリならセキュリティ面でも安心!家族・友人と合言葉で安全に写真共有を

スマホなどで撮影した写真を、限られた人との間でだけ共有することができるアプリをご存知でしょうか。これらのアプリを使うとセキュリティ面でも安心して利用できます。写真共有できるおすすめアプリや選び方だけでなく、利用する際の注意点なども解説します。
新型ihone12噂 写真共有アプリならセキュリティ面でも安心!家族・友人と合言葉で安全に写真共有を

写真や動画は、そこに掲載されている情報が個人情報の一つと捉えるべきものです。SNSなどで扱う際も、拡散してしまう恐れがあるので注意が必要です。

写真や動画を共有する際には、限られた人の中で共有することが大切です。写真共有の専用アプリを利用することで、共有が簡単にできるようになるだけでなく、セキュリティ面でも安心して活用することができます。

では、共有アプリの選び方や、どのようなアプリがあるのかということについて紹介します。

写真を共有したい人によってアプリを選ぼう

所有しているスマホやタブレットなどで写真を撮影する機会が増えた人も多いのではないでしょうか。楽しい瞬間を切り取った思い出の写真は、多くの仲間と共有したいものです。誰と共有するのかによって、アプリを使い分けるとよいでしょう。

夫や祖父母など「家族」

写真を共有できるアプリやサービスはとても豊富にあります。子供やペットなど、プライベートな情報になりがちな写真を夫や祖父母など家族と共有する場合は、写真を送信するなどの一手間が省けて、「写真」アプリ内で共有したい写真を追加するだけでシェアできるアプリがおすすめです。

子供の成長記録として活用する場合は、育児日記として活用することも可能です。共有できる人数は5人までなど、共有人数があまり多くないアプリを選ぶとよいでしょう。

ママ友を中心とした「友達」

ママ友などの友人たちと写真を共有したい場合で、特に共有したい人数が10人以上になるような場合では、少人数間で共有するアプリとは異なるアプリを選ぶ必要があります。

写真の保存方法、プリントアウトをするかしないかなど、それぞれニーズが異なることが多いので、アプリで共有すればニーズに合わせて対応する必要もなくなり、コストも最低限に抑えることが可能です。

データ共有の場合、子供の顔などのセキュリティ対策が必要になってきます。限られた仲間内でしか見ることができない写真共有アプリなら、セキュリティ対策としても活用できます。

会社など「同僚」

会社でのイベントなどで撮影した写真を共有する場合、共有人数が非常に多くなるケースが考えられます。そんな場合は、社内の全員ではなく、社内の中の数人のみと共有する方法がおすすめです。

写真公開できる範囲を限定するなど、工夫が必要になってきます。仕事の効率をアップさせたり、社内のコミュニケーションが活性化としても活用できるだけでなく、社内イベントなど楽しかった思い出の写真共有も可能なので、使い勝手がよいです。

「家族」と写真と共有する写真共有アプリおすすめ

家族という少ない人数で写真を共有する場合、どのようなアプリを選ぶとよいのでしょうか。家族向けに開発されている写真共有アプリもたくさんあるので、自分に合った使いやすいアプリを見つけましょう。

Amazon Photos

オンラインショップの大手Amazonがアマゾンプライム会員に向けたサービスです。アマゾンプライム会員1人につき、最大5名まで共有が可能です。

容量無制限で使用することができ、アップロードする際に自動で画像がリサイズされることがないので、画像がきれいなままの状態で共有することができます。

写真の容量は無制限で使用することができますが、動画については5GBまでの制限があるので注意しましょう。

Amazon Photos
無料
(2019.08.06時点)
posted with ポチレバ

Amazon Photos(Android版)

家族アルバム みてね

名前からも分かる通り、家族内での写真共有におすすめのアプリです。両親それぞれで撮影した写真や動画を同じアプリ内にアップロードできるのでとても便利です。

共有したいメンバーを事前に登録しておけば、それぞれの端末から写真や動画をアップロードでき、登録したメンバーのそれぞれの端末で好きなタイミングで見ることができます。

さらに、毎月アップロードされた写真や動画を使って自動でアルバムを作成してくれたり、作ったアルバムをそのまま実際のアルバムとして購入することもできるサービスがあります。

家族アルバム みてね
無料
(2019.08.06時点)
posted with ポチレバ

家族アルバム みてね(Android版)

wellnote

写真も動画も要領は無制限で使用することができます。高画質で高性能なスマホなどで撮影した画像も、画質やサイズを変化させることなく、共有することができます。

アップロードした写真を使って、オリジナルのスタンプを作成することも可能です。記念に残るショットを唯一無二のスタンプにできたら、より仲間内で盛り上がることでしょう。

登録したメンバー間での共有になるので、セキュリティ面でも安心です。

wellnote 家族アルバム(Android版)

「友人」と写真と共有する写真共有アプリおすすめ

ママ友や会社関係などの大人数でも写真や動画を共有できるアプリについてもご紹介します。無料で利用できるアプリで、大量になりがちなイベントの写真などを効率的に共有できるよう活用しましょう。

30days Album

一つのアルバムにつき、写真は150枚までアップロードが可能です。ただし、1カ月に3つのアルバムしか作成できないという制限があるので注意しましょう。

アップロードされた写真を見るには、自分で決めた「合言葉」が必要になります。その合言葉を知っている人の間でのみ閲覧可能な仕組みになっているので、セキュリティの面でも安心してアップロードすることができます。

画像の共有期間は30日間と無期限から選択できます。30日間を選択した場合、期間を過ぎたあと、アルバムにアップロードした画像は自然に消失するので、画像の消し忘れ防止にもおすすめです。

30days Album(Android版)

アルバム作りが簡単なScene

アプリをダウンロードするだけで、スマホに入っている写真を日付順に並べてくれます。時系列で見たい写真を探すことができるので、共有したい写真も探しやすく使いやすいです。

共有したい写真でアルバムを作成する際は、写真をドラッグ&ドロップだけの簡単操作も魅力です。作成したアルバムはLINEなどのアプリで送ることができるので、気軽に共有しやすいアプリといえるでしょう。

Scene – カンタン写真整理・共有・印刷(Android版)

AlbumCollection(アルバムコレクション)

パスワードを設定して送受信できるのでセキュリティー面でも安心して共有できます。パスワードが分からないと写真が閲覧できないようになっているので、不特定多数の人に見られてしまう危険がありません。

写真を選んで送信するだけで簡単に共有できるので、画像共有アプリを始めて利用する初心者でも使いやすい仕組みになっています。

写真や動画をサーバーで保存できる期間は、14日間という制限があるので注意しましょう。アップロードされてから14日以内にダウンロードすれば、自分の写真データに追加することができます。

LINE

連絡手段としても利用している人が多いLINEでも写真共有をすることが可能です。新たなアプリをダウンロードする必要がないので、すぐに利用することができます。

LINEの中のアルバム機能が該当します。トーク画面でグループを作成しておくと、グループ加入者間での共有が可能です。グループが変わるときは、毎回グループラインを作る必要があるので注意しましょう。

つまり、トーク画面で宛先を追加するだけでは、アルバム機能を利用することができないということになります。使い慣れたアプリなので、すぐに使い勝手のよい写真共有機能となるでしょう。

LINE
無料
(2019.08.06時点)
posted with ポチレバ

LINE(Android版)

写真共有アプリをダウンロードする前に

写真共有アプリを選ぶ際に重要なのは、何人で共有できるのかも大切ですが、他にも抑えておくべきポイントがあります。使い勝手のよいアプリを選ぶためにも、しっかりとチェックしておきましょう。

容量を確認

写真共有アプリの中には、アプリの中に写真を保存したらスマホのカメラロールから写真を削除してもデータが消えないアプリもありますが、撮影した写真をコピーして保存しているアプリの場合、同じ写真をスマホ内で2枚保存していることになり、容量を増やしてしまう可能性があるので注意が必要です。

スマホで写真や動画をよく撮影する人にとって、容量という問題は切り離せません。スマホの容量を使わずに、別のアプリでデータを保存できれば、さらに写真や動画を撮影することが可能になりますが、容量を増やしてしまうアプリでは、どんどん写真や動画を撮影できなくなってしまう状況になってしまいます。

口コミ評価の高いアプリや、クオリティの高いアプリでも、容量についてきちんと確認してからインストールすることがおすすめです。

消したくない写真はダウンロード

写真共有アプリにアップロードされた写真は、自分が撮影していない写真などをみることも可能になり、見ていてもとても楽しいですが、一定期間を過ぎると閲覧できなくなる可能性もあるので、消したくない写真は自分のスマホの写真データとしてダウンロードしておくと安心です。

アルバムフォルダに入れるなどの簡単な作業で保存することができるので、いつでも振り返って写真を楽しむことができるようになります。

写真共有アプリは、あくまでサーバー上での保存にすぎないということを、しっかりと念頭に置いておくようにしましょう。

写真を共有するときの注意点

写真共有アプリは、思い出を共有したい相手と、写真や動画をシェアできるのはとても魅力的ですが、注意しなければならない点もあります。写真共有アプリをインストールする前に、注意点について理解しておきましょう。

共有したい人で使い分ける

写真共有アプリを選ぶ際には、写真ごとに共有したい人が選べるタイプが便利です。家族だけの共有や、友人間の共有など、共有したい人の写真の線引きがあることが多いのが一般的です。

共有したい人にとっては、アプリを上手に使いこなせるかどうかも念頭に置いておかなければなりません。写真をアップロードする方法や、アップロードされた写真を見る方法など、使い方が誰でも割りやすい仕組みになっているかどうかもチェックすべきポイントといえるでしょう。

共有リンクURLや合言葉の管理

写真共有アプリで画像を共有するには、共有リンクや合言葉が必要なアプリがあります。その場合、共有リンクのURLや合言葉を知ってしまえば、誰でもアクセスすることが可能になってしまうため、第3者に知られないように注意する必要があります。

プライベートな情報をしっかりと守るためにも、共有リンクや合言葉が漏れないように注意しましょう。

共有を解除された人の写真は削除される可能性がある

写真共有アプリでは、アルバムを作成するオーナーと、それに参加する参加者がいます。オーナーはアルバムを作成するだけでなく、共有を解除することもできます。

参加者は、共有の解除をすることはできないことが多く、オーナーが共有を解除してしまうと、その時点までにアルバムに追加していた写真データがアルバムから削除される可能性があるので注意しましょう。

アプリ内だけで写真を保管しておくだけでなく、PCやスマホにダウンロードしておくと、共有を解除してもデータが削除されてしまう危険を回避できるので安心です。

Twitterなどへのリンク付

共有リンクのURLや合言葉などを知ってさえいれば、誰でもアルバムにアクセスすることが可能になるので、SNS上などに投稿する際には注意が必要です。

TwitterやfacebookなどのSNSにリンクさせてしまうと、オープンな空間に共有リンクを貼ってしまうことになり、誰でも写真を閲覧できてしまう状況になる可能性があります。

アルバムで共有されている写真をSNSに投稿したいときは、PCやスマホにダウンロードしてから行うとよいでしょう。

写真を共有して思い出に残そう

イベントなどで大量に撮影した写真は、アプリを使って仲間と共有しましょう。誰と共有するのか、何人で共有するのかによって、おすすめのアプリが異なります。アプリを使いこなせるメンバー間で共有するのかどうかも、アプリを選ぶ際のポイントです。

誰でも簡単にアクセスでき、プライベートな情報はしっかと保護できるような安心して活用できるアプリを探してみましょう。これからは、写真をデータで共有するのが一般的になるかもしれません。アプリでフォトアルバムを作れるものもあるので気になる方は併用してみてください。

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2019年08月11日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。

関連キーワード