Androidおすすめ

[2021]視力検査ができるおすすめアプリ|視力回復方法と回復に役立つアプリも紹介

視力検査はアプリでも簡単に行うことができ、現在の大まかな視力をすぐに確認できます。また、視力回復に向けたトレーニングも、アプリを使って行えます。視力検査からトレーニングのおすすめアプリを上手に使って目の健康を取り戻しましょう。
モバイル保険 [2021]視力検査ができるおすすめアプリ|視力回復方法と回復に役立つアプリも紹介

パソコンやスマホを使うことが多い人は、視力の低下を心配することもあるでしょう。しかし、実際にどの程度視力が低下したか、現在の視力がどれくらいなのか把握できている人は少ないです。

視力の低下が気になるなら、視力検査のアプリがおすすめです。視力回復に役立つトレーニングアプリもあるため、両方使って視力の回復を目指しましょう。

視力検査の方法

視力の低下が心配な時には、まずは視力検査を行うことが大切です。視力検査をする方法は、大きく次の3つが挙げられます。

  • 眼科で検査
  • 眼鏡屋で検査
  • アプリで検査

複数の方法から自分に合ったやり方を選び、現状を正しく把握することが大切です。

眼科で視力検査をする

もっとも精密に視力検査ができるのは眼科です。眼科では単純な視力を測るだけではなく、乱視や近視、その他目の病気にかかっていないかもチェックしてもらえます。費用と手間はかかるものの、検査結果はもっとも正確であり、現状を知るには最適の方法です。

何らかの理由で受診したなら視力検査を行うことがほとんどですが、視力検査だけを目的にして受診することも可能です。目の健康状態を詳しく知りたいなら、健康診断の一環と考えて眼科で見てもらうことがおすすめでしょう。

眼鏡屋で視力検査もできる

眼鏡を作る際にはお客さんの正確な視力を知る必要があることから、眼鏡屋でも視力検査をしてもらえます。眼科での検査のように精密な結果が出るわけではありませんが、それでも左右それぞれの視力と、両目の視力は測ってもらえます。

現在の視力のレベルを知るには十分であり、眼鏡を購入しない人でも無料でやってもらえるケースは少なくありません。万が一視力が悪くなっているなら、その場で自分に合った眼鏡を作ってもらえます。眼鏡を作ろうかと悩んでいる人は、まずは一度検査をしてもらうことがおすすめです。

アプリならどこでも気軽に視力検査ができる

もっとも手軽に視力検査をしたいなら、アプリの利用がおすすめです。アプリなら場所を選ばず手軽に行うことができ、何度も実施できる点が魅力です。眼科や眼鏡屋での検査ほどの正確性はありませんが、ある程度の視力を測りたいだけなら問題ありません。

視力が低下しているかどうか、大まかな指標が欲しい人におすすめです。視力検査のアプリは複数あるため、いくつか試してみてより正確なデータを取ることをおすすめします。

おすすめの視力検査アプリ

手軽に視力検査を行いたいなら、次の4つのアプリがおすすめです。

  • 視力チェック
  • DryeyeKT
  • 音声視力検査
  • スマートアイ(視力回復・視力検査)

シンプルな操作で視力検査ができるため、隙間時間で簡単に取り組める点が魅力です。

\新キャンペーン続々登場!/
UQ

視力チェック

スマホを目から離して、「C」の空いている方向を選択するだけの簡単操作が、視力チェックの魅力です。通常の視力検査と同じ方式であり、スマホから距離を取って操作するだけのため、手軽に行えます。

スマホをどれだけ離すかによって計測できる視力は異なり、50cm離して操作すると、0.02から1.0まで計測可能です。

また、100cm以上離すと、2.0まで計測できる点も特徴です。50cm以上離す場合は2人で行う必要がありますが、簡単な操作で計測できる範囲が広い点は大きな魅力でしょう。

視力チェック
無料
(2019.08.02時点)
posted with ポチレバ

DryeyeKT

より実際的な視力検査をしたいなら、DryeyeKTがおすすめです。DryeyeKTでは通常の視力とは違い、実用視力を計測できる点が特徴です。実用視力とは連続して視力検査を行い、平均値を視力として計測します。

通常の視力検査では少しでも見えるとそのレベルの視力あると計測されますが、実用視力では連続して検査を行うことで、実際にどれくらい見えているのかを、より正確に測れる点が魅力です。

偶然見えたものが視力として反映されないため、正確性は検査結果の正確性は高いでしょう。

使い方は簡単で、目からスマホを離して「C」のマークで穴が開いている方向を選択するだけです。また、ドライアイのチェックができる点も魅力であり、1分間の測定で実用視力とドライアイの危険度もチェックできます。

近くの眼科を検索できる機能もあり、簡易的ながらも使い勝手のよいアプリと言えます。

DryeyeKT
無料
(2019.08.02時点)
posted with ポチレバ

音声視力検査

実際の視力検査のように、「C」のマークの穴が開いているほうを口頭で答えて計測できる点が、音声視力検査の特徴です。上下左右と「分かりません」という言葉に反応して、検査を行います。

認識する音声は設定によって別の言葉に変えることも可能であり、やりやすい方法で検査できる点も魅力です。

スマホを離す距離によって計測できる視力値は異なり、1mで0.05~1.0まで、3mで0.1~2.0まで調べられます。

音声視力検査 Android版(Android専用)

スマートアイ(視力回復・視力検査)

タップと音声の両方で測定が可能な点が、スマートアイ(視力回復・視力検査)の特徴です。視力検査の方法は「C」マークの穴の開いたほうを選択する方式であり、0.04~1.0まで測定できます。

視力値は右目と左目、両目の3つが表示されるため、より詳細までチェックしたい人におすすめです。

また、視力検査だけではなく視力回復のトレーニングコンテンツも搭載されています。検査の結果を見ながら視力回復のトレーニングにも取り組め、それらの記録は保存が可能です。

測定結果は1日1回残り、最新のものに常に更新されます。視力回復のトレーニングと並行して、どれだけ視力が戻ってきたかデータで確認できる点は大きな魅力です。

スマートアイ(視力回復・視力検査) Android版(Android専用)

視力を回復する方法

視力検査を行った結果、視力が低下していたなら回復させたいと考える人は多いでしょう。低下した視力をもとに戻すのは難しいですが、改善策がないわけではありません。

視力の低下を食い止める対策や、回復を目指す方法はあります。自分の目の状態に合わせて、適切なやり方で視力回復を目指すことが大切です。

眼精疲労の場合は目の疲れをとる

目の疲れによって目がかすんだり、一時的に視力が低下していたりすることがあります。目の疲れを眼精疲労と言い、これに該当する場合はまずは目を休めて疲れを取ることが大切です。

長時間スマホやパソコンの画面を見ているなら、使用を中断し、目をつむったり、遠くを見たりしましょう。また、ホットタオルで温めたり、ゆっくりとお風呂に入って血行を良くしてこりをほぐすこともおすすめです。

眼精疲労は頭痛に繋がることもあるため、体全体に不調を及ぼさないためにも、早めに対処することが大切です。

視力回復トレーニングをする

目が悪くなってきていると感じるなら、視力回復トレーニングで対処することも大切です。視力は鍛えることによって回復することもあり、適切なトレーニングを行うことで、問題の改善に繋がります。

トレーニングの方法は複数ありますが、もっとも簡単に行えるのは「遠近体操法」です。

やり方は非常に簡単で、近くの物を数秒見た後に、遠くの物に焦点を当て、これを何度か繰り返すだけです。視力が低下する原因の多くは、近い距離で物を見続けていることにあります。特にパソコンやスマホの使用が多い人はこれに該当することが多く、いわば目のピントが縮み、遠くが見えづらくなっている状態です。

近くと遠くを見てピントを伸ばしたり縮めたりすることで、ピントの調節能力を高めることができます。また、遠くを眺めるだけでも視力回復の効果はあり、ピントを伸ばしながら目も休められるためおすすめの方法です。

視力回復アプリの効果

視力回復トレーニングは遠くを見るだけでも行えますが、実はアプリを使った方法もあります。しかし、アプリを使った視力回復トレーニングには、本当に効果があるのか疑問に思う人もいるはずです。

手軽にトレーニングできる点は大きな魅力ですが、それだけではなく実際の効果の程度まで知って取り組むことが大切です。

視力回復アプリでは効果的に目のトレーニングができる

結論から言えば、視力回復アプリを使ったトレーニングは効果的です。使用するアプリによっても違いますが、目のストレッチとトレーニングを両立できるものも多く、ゲーム感覚で目の調子を整えられます。

目の筋肉を鍛えることで視力回復が望めたり、ストレッチによって緊張を和らげ、疲れを取ったりできます。

もちろん、アプリのやり過ぎで目を酷使すると本末転倒なため、トレーニングの時間には注意しなければなりません。やり過ぎはかえって悪影響ですが、適度に行うなら効果的に目のトレーニングと疲労の回復ができます。

なかなか元にまでは戻らない

アプリでの視力回復トレーニングには一定の効果がありますが、絶対に視力が元に戻るわけではありません。アプリの使用の有無に関わらず、そもそも一度低下した視力を元に戻すのは非常に難しいです。

そのため、ある程度の改善は見られても、完璧に元通りになるケースはほとんど稀であることは覚えておかなければなりません。

もちろん、症状によってはアプリでのトレーニングでも改善されることはあります。また、トレーニングで視力が戻らないわけではなく、多少の回復が見込めたり、これ以上の視力の低下を抑えたりすることは可能です。視力低下を食い止める予防策にもなるため、アプリを使ったトレーニングはおすすめです。

おすすめの視力回復アプリ

手軽に視力回復トレーニングをしたいなら、次のアプリがおすすめです。

  • 3D視力回復アプリ
  • 視力回復メソッド

それぞれ立体視や眼球運動とトレーニング内容が異なるため、併用して取り組むとよいです。

3D視力回復アプリ

立体視のトレーニングを行うなら、3D視力回復アプリがおすすめです。ステレオグラムと呼ばれる、目の焦点の変化によって平面を立体視できる画像を見るだけで、簡単にトレーニングできる点が魅力です。

初心者向けと上級者向けのコースがあり、計60ものステージがあるため、長く楽しめます。ゲーム感覚で行えるため飽きずに続けやすく、1日5分でできるため、忙しい人にもおすすめです。

視力回復メソッド

眼球運動によるトレーニングや目のストレッチをしたいなら、視力回復メソッドがおすすめです。このアプリでは視力回復のトレーニング方法を多数紹介しており、指示に沿って進めるだけで簡単に視力回復を目指せます。

トレーニングの種類が多いため飽きずに利用でき、普段はしない眼球運動をすることで、目の筋力アップも可能です。トレーニング方法はアニメーション付きで紹介されているため、分かりやすいです。

方法さえ知っているなら、アプリを使わなくてもいつでもトレーニングできます。トレーニングをしたい人はもちろん、どのような眼球運動が視力回復に役立つか知りたい人にもおすすめです。

視力回復メソッド
無料
(2019.08.02時点)
posted with ポチレバ

視力検査アプリを使って手軽に視力検査をしよう

視力検査は眼科や眼鏡屋で行うのが一般的ですが、アプリを使って手軽に行うこともできます。また、視力回復のトレーニングも、アプリを使って取り組めます。

アプリを上手に使って視力の測定から改善のトレーニングを行い、視力低下にストップをかけましょう。

公開日時 : 2019年08月04日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード