WiMAX2+が使えるエリア・範囲の確認方法|△・圏外・繋がらない時の対処法

WiMAX2+が使えるエリア・範囲の確認方法と、エリア判定が△・圏外の時の対処法をまとめました。WiMAXの対応エリア判定でエリア内かエリア外か確認する方法や、使える範囲がどのくらいかを解説。通信速度が遅いと感じている方は、WiMAX2+を使いましょう。
【公式】カシモWiMAX WiMAX2+が使えるエリア・範囲の確認方法|△・圏外・繋がらない時の対処法

WiMAXは、家でも外でも使えるポケットサイズのWiFiルーターです。どこでも通信ができるので非常に便利です。キャンペーンを利用すると、月々の値段がかなり安くなります。

いいことばかりのWiMAXですが、場所や目的によってWiMAXは利用しにくい場合があるため、契約する前に確認しましょう。

利用しやすいエリアはどこなのか、反対に利用しにくいエリアはどこなのか、まずその点を知ってからWiMAXを契約しましょう。

目次

WiMAX2+が使えるエリア

WiMAXはエリアが広がりつつありますが、未だつながりにくいエリアもあります。まだ、通信ができないエリアはどのエリアか最新情報をもとに説明します。

数値上では日本どこでも使える

WiMAXは、屋外基地局が2万局を到達し、さらに全国政令都市で実人口カバー率が99%以上を達成しています。出張や通勤時の移動にもネットが使えるようにサービスエリアを拡大しています。

WiMAXは富士山の山頂でも使えて、持ち運びも楽な非常に便利なモバイルWiFiルーターです。数値の上では日本のほぼどこでも利用することができます。

地方に行くと使えないことも

エリアはほぼ拡大していて、全国ほぼどこでも利用できますが、まだWiMAXの電波が届いていないところもあります。政令都市は基地局がほぼついていますが、それ以外の利用人口が少ないエリアではまだ通信網が整っていないところもあります。

また、下り220Mbpsで対応している地域では室内に入ると圏外になることがあります。ハイスピードモードが入りにくいエリアでも4G LTEのハイパーフォーマンスモードにしておくと通信ができることもあります。

利用エリアは拡大し続けている

すでにエリアは日本全国に広がっていて利用エリアは拡大し続けているので、今後混雑を解消するため、WiMAX基地局が増設される可能性があり、ますますエリアが拡大する可能性があります。

また、WiMAXの送信出力向上やWiMAX機器のアンテナ増幅機能により圏外だったエリアがエリア化されることも出てきます。

地方ではインフラが遅れていて、現在、IターンやUターンが促進されていることや高齢者医療、福祉現場での高速ネット通信など今後、地方での普及がより必要になってくるでしょう。最新情報は公式ホームページから確認できます。

どのプロバイダも対応エリアは同じ

WiMAX2+は10社以上が代理販売をしていますが、どのプロバイダも対応エリアは同じです。

その理由は、どのWiMAXプロバイダもUQコミュニケーションズの回線を使っているからです。使っている回線が同じため、どこと契約しても提供エリアは変わらないわけですね。

WiMAX2+対応エリアかどうか調べる方法

エリア外だとインターネットに接続できない

都市部ではほとんどの地域でWiMAXの利用ができるようになっていますが、WiMAXを利用する人が少ない地域ではサービス提供エリア外のところがあります。

プロバイダによっては〇日以内の申請で違約金なしで契約をキャンセルすることができます。ほとんどのプロバイダは2年契約や3年契約をしてしまうと、クーリングオフ制度がないので、解約する場合は違約金が発生してしまいます。

まずはエリア判定で、いつもインターネットを使う地域がWiMAX対応エリアかどうか見ておきましょう。

公式サイトで確認する

サービスエリア判定は、UQコミュニケーションズのサイトで確認できます。WiMAXのサービスエリアのサイトには、サービスエリア判定とピンポイントエリア判定があります。

サービスエリア判定のWiMAX2+をクリックして、日本地図の利用している都道府県をクリックします。すると、地域の地図が出てきて、ピンクのエリアが下り最大速度440Mbps対応エリア、紫色がWiMAX2+のサービスエリア、肌色が拡大予定のサービスエリアとなっています。

色が塗られていない部分は非対応エリアです。住所を入力すると、地域のところにマークがつくので、その色を見てWiMAXが利用できるかどうかを判定できます。

ピンポイントエリア判定で確認する

もう一つの判定方法は、ピンポイントエリア判定です。自宅などをピンポイントで調べたい時に使うことができ、〇△×で判定されます。

ピンポイントエリア判定の所をクリックして住所を入力するか、または住所リストから地域を探します。入力した住所の地域がWiMAXエリアかどうかは、〇△であらわされ、WiMAXが入る地域かどうかがすぐにわかります。

例えば、東京都葛飾区亀有2-21だと〇判定です。徳島県阿南市阿瀬比町阿里田3付近はWiMAX2+はエリア外ですと出ています。自宅など同じところで利用する場合、ピンポイント判定だとすぐにわかります。

Try WiMAXを活用する

Try WiMAXを利用すると、自宅や活動エリアでWiMAXが利用できるかどうかを確認することができます。提供エリア内でも家の造りや環境によって受信状況が変わるので、室内では電波が届かないことがあります。

貸出期間は貸出機器の発送日と返却日を含めた15日間です。申し込みはTry WiMAXのぺージから申し込めます。レンタルには登録料、通信料、機器レンタル料、配送費用などは一切かかりません。

レンタルにはクレジットカードの登録が必要で、本人確認、機器紛失、破損時の請求先、機器未返却時の請求先の情報のためとしています。

Try WiMAXを試してみる

WiMAX+2のエリア外だった場合

自宅や活動エリアがWiMAX2+のエリア外だった場合の対処法を見ましょう。エリア外でも電波が入る可能性があります。

判定が△(三角)だった場合

エリア判定が三角のケースでは必ず、Try WiMAXを申し込んで試しに使ってみるのがよいです。

Try WiMAXでレンタルできる機種はいくつかありますが、エリアを調べるだけならどれでもよいです。

Try WiMAXの期間は15日間ですが、3日間使えばある程度の感覚はつかめます。普通通りインターネットを使ってみて、快適に使えるか試してみましょう。

判定が✕(バツ)だった場合

判定がバツだと使えないというわけではなく、自宅の近くの住所などをピンポイントエリア判定で試してみてください。それでもバツの場合には、現状は諦めたほうが無難でしょう。

しかし、自宅近くに三角がある場合には、モード変更などをすることで使えるようになります。

ハイスピードプラスモードといって、4GLTE回線と併用するモードを使用すると自宅でも使えるかもしれません。ただし4GLTE回線には別料金がかかる可能性がありますので要注意です。

判定が◯(マル)の場合

ピンポイント判定がマルだった場合には基本使えるのですが、高層地や地下またはビル群の中だと上手くネットにつながらないケースがあります。

自宅や職場などがこれに該当する場合でも、Try WiMAXを使うことをおすすめします。

基本的にその住所(地上)には電波が届いているかいないかというのがピンポイント判定なので、使用感などをチェックするために試してから考えることも大事です。

屋外や窓辺で試す

今いる場所や職場のデスクがWiMAXが使えなくても、それは屋内にいて電波が遮断されているだけかもしれません。この場合には屋外に出たり、窓辺に置いて試すなどすると通じることも。

ピンポイント判定でマルでも、状況によっては電波が通じにくいということもあり、そのケースがあることからやはり試してみるのが一番です。

屋内やビル群の中での通じにくさについてはおそらく利用者が増えていくうちに、基地局が複数の範囲をカバーする範囲に建てられることで、解消されていくことでしょう。

今の段階で選ぶ基準としては、ルーターの置く位置やその場所を変えてみて試してみるとよいです。

専用アプリで確認する

WiMAX専用アプリがあり、地図やエリアそれからその地点でも電波状況などを測ることができるので、利用してみましょう。

アプリならWiFiスポットなどの検索もできるので、WiMAXにしようかWiFiにしようか迷っている方にはおすすめです。専用アプリをWiMAXルーターにひも付ければ、通信量の把握にも役立ちます。

WiMAXを使うときには一緒にダウンロードしたいアプリです。「WiMAX専用アプリ」と検索すれば出てきますので利用してみましょう。

モード変更を試してみる

WiMAXの回線が入らないときでも、ハイスピード・エリアプラスモード(LTE回線)なら入る可能性があります。

ハイスピード・エリアプラスモードとは、モバイル回線より範囲が広い4GLTE回線に切り替えられるモードです。LTE回線を使うと別途料金が発生しますが、お互いの回線の弱点を補ってくれます。

また、LTE回線はエリアが広く、郊外へ行ったときや建物が密集している場所でも入りやすいです。

例えば、移動が多い仕事で、スマホやPCを使うなどするような方にはこのモードがおすすめ。金額的な面から考えても光回線より安くなる場合が多いです。

LTEもエリア外の場合は固定回線が無難

屋内で使用する場合、LTE回線もエリア外の場合は選択肢として、3G回線、固定回線の二択になります。固定回線は光回線のことで、電話回線を利用してルーターを固定して通信を行います。

NTTの電話回線を利用するので、電波が安定していてデータ通信し放題、大容量のインターネットも利用できます。LTEもエリア外の場合は、固定回線の方が無難です。

モバイルWiFiの最終手段は3G回線

3G回線とは第3世代の電話回線で、携帯電話回線網を利用した回線です。高速インターネットが可能で、マルチメディア通信サービスができる通信網です。

携帯電話通信網を利用しているので、データ通信だけでなく電話もできます。基地局が多いのでほぼどこでも利用できます。ただ、速度はかなり遅いので、動画などにはあまり適していません。

WiMAX2+のエリア内で電波が入らない原因

一般的には端末からの距離は数十メートル以内

WiMAX2+の電波は、野外であれば30メートル離れていても大丈夫ですが、屋内は弱く、端末から数十メートル以内しか電波が飛びません。

広範囲で使いたい場合は、クレードルやホームルータータイプのWiMAX機器を使うと、室内でWiMAXに接続しやすくなります。

クレードルとは、Wウイングアンテナと呼ばれる拡張アンテナを搭載していて、全方位で電波をキャッチして室内で広範囲にWiMAXのデータ通信を利用することができるようになります。

室内は壁の材質や厚みが障害物となる

WiFiは室内の壁の材質や厚みが障害物となって電波が弱くなる場合があります。リフレクターを利用して、電波の強度を高めることができます。

ステンレス製の小さいボールとまたはプラスチック製のボールにアルミホイルを敷き詰めてWiMAXを固定します。

そこで、電波を受信する向きにボールの空いた方を向けてパラボナアンテナのようにします。この方法でOKだったという人もいますので試してみる価値はあります。

無線LAN親機で電波を中継できる

自宅に無線LAN親機をつなげることで、電波を中継でき、自宅内で電波のつながりやすさにムラがある場合に有効です。

WiFi電波は間に壁やドアなどの障害物があると弱くなりますが、無線LAN親機を利用することで室内でも電波が受信で切る場合があります。

WiMAXエリアに関するQ&A

WiMAXエリアに関する、よくある疑問点を見ていきましょう。

プロバイダでエリアは変わるのか

WiMAXを提供しているプロバイダはたくさんありますが、どのプロバイダであっても、WiMAXエリアに変わりありません。

また対応エリアは、各プロバイダのサイトを探さなくても、UQコミュニケーションズのサイトをチェックすれば把握できます。

プロバイダは、WiMAXの契約における代理店のような存在のため、利用可能エリアに関しては、全プロバイダが同じです。

プロバイダによる違いを知りたい

プロバイダによってWiMAXエリアだけではなく、通信速度も変わりません。しかしながら、通信料金は異なります。そのため、各プロバイダの料金を比較しなければ、お得に利用できないでしょう。

特典の内容も、プロバイダによって違いがあります。キャッシュバック金額が数万円になるプロバイダもありますので、契約する前にWiMAXのプロバイダを必ず比較検討しましょう

海外で使用できるのか

WiMAXは、海外でも利用可能です。しかし条件はあり、WiMAX搭載のパソコンかつ韓国でのみ利用できます。

もちろん事前に手続きする必要もあります。昔はアメリカでも利用できましたが、現在ではサービスが終了しています。

また、最新のWiMAX2+は、国内では利用できるものの、海外では利用できません。韓国の郊外などでもWiMAXを利用できない可能性がありますので、事前にエリア内なのかどうかチェックしておきましょう。

▼iPhone格安SIM通信では海外で利用できるおすすめのWiMAXをご紹介しています!

エリア拡大は要望を出せるのか

エリアは順次拡大していますが、ユーザーからエリア拡大の要望も出せます。UQコミュニケーションズ公式サイトに「エリア改善要望受付フォーム」があります。

また、エリア拡充情報ページからどのエリアで拡大・拡充したのかわかります。昨今では、次の周辺エリアが拡大・拡充しました。

  • 岩手県盛岡市盛岡駅前北通
  • 秋田県横手市中央町
  • 埼玉県さいたま市浦和区東仲町
  • 千葉県千葉市中央区南生実町
  • 東京都台東区谷中1丁目
  • 東京都大田区本羽田1丁目
  • 東京都八王子市川口町
  • 神奈川県横浜市鶴見区市場上町 など

最新情報を随時チェックしておくことで、契約をスムーズに進められるでしょう。

繋がらないときはどうしたらいいのか

どうしてもつながらなかった際は、「初期契約解除制度」を利用することをおすすめします。

「初期契約解除制度」とは、端末到着から8日以内であれば、事務手数料と返送料はかかるものの、違約金なしで契約を解除できる制度です。

8日以内の期日ではなかったり、端末一式に不備があった際は、通常よりも高い料金を請求されますので、注意しましょう。

また、プロバイダによっては、20日以内であれば違約金なしで契約を解除できる制度を整えています。時間的に余裕の欲しい人は、20日以内に設定しているプロバイダを選びましょう。

地方でも利用できるのか

政令指定都市には基地局がありますので、ネットがつながりやすいです。

しかし、人口の少ない地方では、WiMAXの電波が届いていない場所もあります。北海道や沖縄も場所によってはWiMAXを利用できますが、離島になると厳しいかもしれません。

圏外だったエリアでも長期的にはエリア化される可能性がありますので、公式ホームページを確認しておきましょう。旅行先でインターネットを使いたいという人も、事前にチェックしておくことをおすすめします。

ルーターの種類で繋がりやすさは変わるのか

ホームルーターでも持ち歩き用のルーターでも、WiMAXエリアに違いはありません。

それぞれの違いは、最大接続台数です。持ち歩き用のルーターは、同時接続できる台数が多くありません。

家族など大勢で利用したい人は、ホームルーターを選ぶとよいでしょう。

W06 」という機種は、通信速度が最速で、電波を受信する性能に優れている「高性能ハイモードアンテナ」を搭載しています。

さらに、通信速度を改善できる「TXビームフォーミング」も搭載し、快適にネットを利用できるでしょう。

WiMAXのエリアに関する口コミを紹介

WiMAXのエリアに関する口コミも紹介しましょう。契約しようか迷っている人は、参考にしてください。

一人暮らしではwimaxがいいという口コミ

エリアが広いwimaxという口コミ

離島で利用している人の口コミ

自分の地域でサービスが提供されているか確認しよう

WiMAXを利用する前に、公式サイトで自分の地域がWiMAX対象エリアかどうかを確認してみましょう。

もしエリア判定が△だった場合は、Try WiMAXでWiMAX端末をレンタルし、お試しで使ってみるのがおすすめです。万が一判定が✕だった場合でも、LTE回線を利用すると使えることもあります。

契約前にエリアを確認して、WiMAXで快適にインターネットを使ってくださいね!

また、家で快適なWiFiを通してインターネットを使う方法を記事でまとめていますので併せてご一読ください。

さらに、月々の通信費用を安くするには、格安SIMの利用もおすすめです。

こちらの記事では、WiFiと格安SIMの併用やおすすめの格安SIMを紹介しているので、是非ご覧ください。

そのほかWiFiの契約を検討している方は、おすすめのWiFiをまとめた記事をご覧ください。条件別におすすめのWiFiを紹介しています。

ポッケトWiFiを検討している方は、おすすめのポケットWiFi契約方法をまとめましたので、ぜひご参考にしてください。

ほかにも、おすすめのホームルーターのお得契約方法を紹介しましたので、ぜひ合わせてご覧ください。

iPhone格安SIM通信
iPhone・Wifi・WiMAXをもっとお得に!

また、モバイル回線と固定回線を比較した記事もありますので、ご自身に合った回線を選ぶ際の参考にしてくださいね。

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2020年09月18日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!