Androidおすすめ

「auフラットプラン7プラス」を徹底解説|人気SNSのデータ消費0?

auフラットプラン7プラスの紹介です。新しく提供される「au フラットプラン7プラス」は従来の料金プランから最大4割もお得で、対象のSNS・動画サービスならデータ容量を消費しないプランでたくさんの使えるデータ容量が魅力的です。これを機会に乗り換えてみてはいかがでしょうか。
モバイル保険 「auフラットプラン7プラス」を徹底解説|人気SNSのデータ消費0?

2019年5月13日、大手携帯キャリアのauは、新しい料金プラン「auフラットプラン7プラス」の提供を開始することをアナウンスしました。

なんでも、従来の料金プランから最大4割もお得になるそうなのですが、どんなプランでどのように変化したのでしょうか?今回は、この「auフラットプラン7プラス」について徹底的に解説したいと思います。

auフラットプラン7プラスとはどんな料金プランなのか

出典:au

まずは、auフラットプラン7プラスがどのような料金プランなのか、解説していきたいと思います。

auフラットプラン7プラスの特徴

auフラットプラン7プラスは、7GBのデータ通信を定額にて利用できる料金プランです。それに加えて、対象となるSNSサービスならば、データ容量を消費せずに利用することが可能です。

これまで格安SIMでは特定のSNSや動画サービスなどを利用する場合に、データ容量を消費しないプランがありました。

大手キャリアではソフトバンクが2018年9月から提供を開始した「ウルトラギガモンスター+(プラス)」にて対象のSNS・動画サービスならデータ容量を消費しないプランを提供しており、これに追随するような形での発表となりました。

また、auの発表によれば、auが提供している豊富な割引サービスを適用することで、従来の料金プランと比較して、最大4割もお得に利用できるとのことです。

auフラットプラン7プラスの月額料金

それでは、auフラットプラン7プラスの月額料金について見てみることにしましょう。

auフラットプラン7プラスでは、7GBのデータ通信料に加え、対象SNSの利用時にはデータ消費なしでの利用が可能なサービスがついて、月額料金が6,028円(税込)となっています。

そこから、「2年契約」、「家族割プラス(3人以上の場合)」、「auスマートバリュー」のすべてが適用された場合2,000円の割引を受けることができるので、最安月額3,828円(税込)にて利用可能です。

これらの割引サービスは、12ヵ月や24ヵ月などの期間限定ではなく、「永年割引」となるため、一度契約して継続すれば、ずっと月額3,828円(税込)にて利用することができます。

割引サービスを加えた支払い料金は、以下のようになります。
データ利用量 7GB
お支払合計額1+2+3
(家族割プラス3人で加入の場合、翌月から1人あたり)
3,828円(税込)/月
内訳
1.利用料金
※22円(税込)/30秒の国内通話料が別途必要
2年契約適用時
6,028円(税込)/月
継続利用による料金割引未加入時
7,628円(税込)/月
2.auスマートバリュー
翌月から永年-1,000円/月
3.家族割プラス
※2019年7月1日~2019年9月30日ご利用分は未加入の場合でも、-1,000円/月に。
3人以上で加入した場合 翌月から永年-1,000円/月
2人以上で加入した場合
翌月から永年-1,000円/月
家族割プラスに未加入の場合
\新キャンペーン続々登場!/

auフラットプラン7プラスの対象SNSとは

出典:au

auフラットプラン7プラスでは、対象のSNSサービスを利用する際に、データ通信量が消費されない仕組みになっています。厳密にいうと、2019年の秋以降のデータ利用分から、データ通信量ゼロになる予定で、対象SNSは順次拡大していく予定とのことです。

現在、データ通信量ゼロになることが決まっている対象SNSサービスは、以下の通りです。

  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook
  • +メッセージ

対象SNSでも使い方によってはデータを消費する

ただし、対象SNSだったとしても、使い方によってはデータを消費してしまうこともあるので注意が必要です。

au公式ホームページには、データ容量を消費するケースとして、以下のように明記されています。

全アプリ共通 ・VPN(Virtual Private Network)、プロキシサーバを介した通信
・外部リンク、外部サーバへの接続
・非公式アプリ利用時の通信
・海外での利用(国際ローミング通信)
・WiFiとモバイルデータ通信の同時接続および接続切り替えが発生した場合
・3G通信での利用時
・テザリングの利用時
・動画、音楽の送受信
Facebook ・Messengerなどを利用する場合
Twitter ・GIF動画の投稿、再生などを利用する場合

また、対象となるサービスなどの内容は変更になる可能性があり、その場合にはauのホームページを確認する必要があるでしょう。

auのホームページを確認する!

auフラットプラン7プラスは本当にお得なのか?

ここからは、auフラットプラン7プラスが本当にお得なのかどうかについて検証してみたいと思います。

旧プランと比較して最大4割お得になる

auフラットプラン7プラスでは、従来の料金プランよりも最大4割以上お得に使用できるサービスであると、プレスリリースにも記載されています。

ちなみに同じプレスリリースには、従来の料金プランとは「LTEプラン、LTEフラット(7GB)、LTE NETに加入し、auスマートバリュー適用(3年目以降)の場合」とも記されています。

では、こちらのLTEプランの月額料金を見てみましょう。

LTEプラン 1,027円(税込)
LTEフラット(7GB) 6,270円(税込)
LTE NET 330円(税込)
合計 7,627円(税込)
auスマートバリュー適用時の月額料金 2年目:6,076円(税込)
3年目以降:6,600円(税込)

これを見ればわかるように、LTEプラン、LTEフラット(7GB)、LTE NETを選択し、auスマートバリュー適用3年目以降の月額料金は6,600円(税込)となります。

auフラットプラン7プラスの場合、利用できる割引サービスをすべて適用したなら、月額3,828円(税込)となりますので、約42%お得になる計算になります。

しかも、料金プランのリニューアルなどがない限り、割引サービスが永年継続することになりますから、同じデータ通信量でもかなりお得になることがわかります。

利用できる割引サービスの内容

auフラットプラン7プラスを月額3,828円(税込)で利用するには、以下の割引サービスを適用させる必要があります。

  • 2年契約
  • 家族割プラス
  • auスマートバリュー

それぞれの割引サービスの内容について見ていきましょう。

割引サービスその1:2年契約

auフラットプラン7プラスでは、2年契約によって基本使用料1,500円割引のサービスを受けることができます。

2年契約とは、auのスマートフォンなどを2年単位で継続利用する契約のことです。2年契約を結んだ日から翌月までを1ヵ月とし、24ヵ月間の継続利用が条件となります。

また、24ヵ月目から26ヵ月目までの3ヵ月間が更新期間となり、さらに継続してauのスマートフォンなどを利用する場合は、24ヵ月目の終了時に自動更新されるようになっています。

auフラットプラン7プラスのほかにも、さまざまな料金プランで2年契約による割引が可能となっています。

この2年契約をすることで、通常月額7,678円(税込)が1,500円割引によって、月額6,028円(税込)になるというわけです。

割引サービスその2:家族割プラス

auフラットプラン7プラスでは、家族割プラスという割引サービスを受けることができます。

家族割プラスとは、同居している家族がauの対象プランに加入している場合、その人数に応じて月額料金の割引が受けられるサービスのことをいいます。

家族割プラスなら、対象プラン加入の同居家族が2回線の場合は1人あたり月500円が、3回線以上の場合は1人あたり月1,000円が、永年割引となります。

このサービスも、auフラットプラン7プラスなどと一緒に発表された新しい割引サービスとなっており、適用開始になるのは2019年10月からとなっています。

ただ、2019年7月~9月までの期間は、「家族割プラス スタートアップキャンペーン」と題して、家族の人数に関わらず月々1,000円が割引になります。

割引サービスその3:auスマートバリュー

auフラットプラン7プラスでは、auスマートバリューによる割引サービスを受けることができます。

auスマートバリューとは、auのスマートフォンや携帯電話と、auひかりなどの「対象固定通信サービス」をセットで利用しているユーザーに対して割引を行うもの。つまり、電話とネットをセットで契約した場合に利用できる割引サービスです。

対象となる固定通信サービスは以下の通りです。

  • auひかり(@nifty、@T COM、ASAHIネット、au one net、BIGLOBE、DTI、So-net)
  • auひかり ちゅら
  • eo光
  • コミュファ光
  • Pikara(ピカラ光)
  • メガエッグ
  • BBIQ
  • ひかりJ
  • J:COM(ケーブルテレビ)
  • auスマートポート(対象機種での新規契約+指定料金プラン+2年契約が必要)

※一部サービスは対象外。

※「ネット+電話」、「ネット+テレビ」、「テレビ+電話」を同一固定通信サービスで加入の場合に限る。

これらの対象となる固定通信サービスとスマートフォンなどをセットで契約している場合、auスマートバリューの加入ができ、auフラットプラン7プラスなら、加入翌月から月額料金が1,000円割り引かれます。

auのホームページを確認する!

auフラットプラン7プラスのメリット・デメリット

ここからは、auフラットプラン7プラスのメリットとデメリットについて解説していきましょう。

auフラットプラン7プラスのメリット

auフラットプラン7プラスでは、以下の3つのメリットがあります。

  • 対象SNSがカウントフリー
  • 制限速度が300kbps
  • 7GBプランなら大手キャリア最安

メリットの一つに、7GB以上消費した際の制限速度が300kbpsと一般的な制限速度よりも速いことが挙げられます。これだけの速度があれば、WEBページの閲覧なら問題なく処理できます。

もう一つのメリットが、7GBを目安にプランを比較すると、他の大手キャリアと比較しても最安の料金設定となっていることです。そのため、4GB~7GBくらいのデータ通信を毎月行うというユーザーには、おすすめできるプランといえます。

auフラットプラン7プラスのデメリット

一方、auフラットプランには、以下のようなデメリットがあります。

  • 毎月割が利用できない
  • 機種変更し続けなければならない可能性がある

まず、デメリットとして毎月割の割引サービスを受けられないことが挙げられます。

このサービスは、対象プランに加入することで月々一定の割引を受けられるというもの。これにより、端末代金の実質価格を抑えることができました。

しかし、auフラットプラン7プラスは対象プランではないため、端末購入の負担額が増えてしまうということです。

また、auフラットプラン7プラスに加入しても、auのアップグレードプログラムには加入可能なので、端末代金が実質半額になる割引を受けることができます。

ただし、このサービスの場合、24回または48回の分割払い契約を結び、その半分の期間を過ぎた段階で、「機種変更した場合」に残りの端末残高の支払いが免除されることになります。

そのため、割引サービスを最大限受けるためには、必ずauで機種変更しなければなりません。仮にいつかのタイミングでいずれMNP転出しようと考えている場合、端末金額の残高の支払い義務が発生することになります。

そうなるのを防ぐためには、auとの契約を継続し、機種変更し続けなければならなくなってしまいます。

auフラットプラン7プラスはスマホのミドルユーザーにおすすめの料金プラン

今回は、auフラットプラン7プラスについて解説してきました。

対象SNSがカウントフリーになり、割引サービスの適用で月額料金がずっと3,828円(税込)になるので、家族でauを利用しているミドルユーザーにはおすすめできるプランです。

スマートフォンの料金プランの変更を検討しているなら、この新しいプランへの変更を考えてはいかがでしょうか?

auのホームページを確認する!

公開日時 : 2019年07月30日

el buho ― ライター
el buho ― ライター

京都在住のフリーランスライター。スポーツと音楽とダーツとDIYを愛する。いつか海外に移住したいと企んでおり、投資の勉強中。左利きだが右投げというややこしさ。血液型がA型であることがすぐにバレる傾向にある。

関連キーワード