ソフトバンク光

[2022年]プロバイダのおすすめはこれ!安い・速い回線は?契約前の確認事項

インターネットプロバイダの選び方について、その仕組みや選択のポイントをまとめました。プロバイダと光回線の関係性や、おすすめサービス、お得なサービスの選び方を紹介します。光回線の契約を検討している人、プロバイダはいつ・どうやって選ぶべきか悩んでいる人は要チェックです。
【公式】カシモWiMAX [2022年]プロバイダのおすすめはこれ!安い・速い回線は?契約前の確認事項

回線とともにインターネットの利用に欠かせないプロバイダですが、「選び方がいまひとつわからない…」と感じている人は意外と多いのではないでしょうか。

本記事では、プロバイダと光回線の選び方について、どういった優先順位で、どのような点に気をつけて選べばよいかをまとめました。

タイプ別のおすすめサービスも合わせて紹介しますので、快適かつお得なネット環境の構築に役立てましょう。

光回線の「プロバイダ」とは?

プロバイダとは、回線とインターネットをつなげるための接続事業者です。自宅からインターネットに接続するには、光回線などの回線業者と、接続事業者であるプロバイダの2つを利用しています。

とはいえ昨今は、光回線などの回線とプロバイダが一体になったサービスも多くあります。こうしたケースでは回線事業者との契約だけで済むので、「自身でプロバイダを選んだ覚えがない」という人も多いかも知れません。

まずは、光回線とプロバイダの組み合わせについて押さえておきましょう。

フレッツ光以外はプロバイダ一体型が多い

フレッツ光以外の光回線は、光回線とプロバイダをまとめて契約する一体型が中心です。光回線の利用料にプロバイダの利用料も含まれているため、請求も光回線からのみになります。

ただし、同じ一体型でも、パターンは2つあります。

1つ目は、利用可能なプロバイダが1つのみのパターンです。この場合、光回線を選ぶとプロバイダも自動的に決定になります。

2つ目は、複数の対応プロバイダから利用するプロバイダを選択できるパターンです。対応プロバイダ数は光回線により異なりますが、例えばauひかりなら7社、ドコモ光なら23社からプロバイダを選べます。

フレッツ光はプロバイダ契約が必要

フレッツ光の場合は一体型と異なり、光回線とプロバイダを別々に契約する必要があります。月額利用料金もサービスごとにそれぞれ支払いが生じます。

まったくの自由ではなく、フレッツ光対応プロバイダから選ぶ必要はありますが、非常に多くのプロバイダから好きなサービスを選択可能です。

また、フレッツ光でも、大手プロバイダ数社とフレッツ光をセットで申し込める「プロバイダパック」も提供しています。

プロバイダ選びと光回線選びの関係性

自宅のネット環境を整える場合、多くの人がまずは使用する回線サービスを選びます。ここで選んだ光回線がプロバイダ一体型で、利用できるプロバイダが1社のみの場合、プロバイダの選択も同時に終了です。

このように、プロバイダ選びは光回線ありきになること、プロバイダ選びと光回線選びが「=」になるサービスも多いことは押さえておきましょう。本記事で紹介する光回線もプロバイダ一体型のため、実質的には「光回線選び」に役立つ内容になっています。

絶対に利用したいプロバイダがあり、一体型の光回線では対応していないというときは、フレッツ光のように回線とプロバイダを別々に契約できるサービスを選ぶ必要があります。

プロバイダ・光回線のおすすめはこれ

前述した通り、フレッツ光以外のサービスでのプロバイダ選びは、使用する光回線ありきです。ここでは光回線選びでまずチェックしたい、利用しているスマホごとにおすすめのプロバイダ・光回線を紹介します。

多くのキャリアが自社のインターネット回線とスマホとのセット割を提供しています。割引額が大きいスマホのセット割を使えるかどうかは、月の通信量を左右する重要なポイントです。

自身の利用するスマホでセット割が使えるプロバイダ・光回線は、しっかりチェックしておきましょう。

ドコモスマホなら「ドコモ光」

出典:ドコモ光 代理店 株式会社ネットナビ
  • ドコモのスマホとのセット割あり
  • プロバイダは23社から選択可能
  • 1ギガプランの新規工事費無料
ドコモ光 月額料金
戸建て 5,720円(税込)
マンション 4,400円(税込)

ドコモ光は、ドコモが提供する光回線サービスです。プロバイダ一体型のため、戸建て5,720円(税込)、マンション4,400円(税込)の月額料金にプロバイダの利用料も含まれています。

大手キャリアの運営による安心感や提供エリアの広さに加え、ドコモユーザーにとって最大のおすすめのポイントがスマホとのセット割「ドコモ光セット割」です。ドコモ光とドコモのスマホを一緒に使うと、スマホの月額料金が1人あたり月額最大1,100円(税込)割引になります。

「ファミリー割引」を使っている家族も対象になるため、2人なら2,200円(税込)、3人なら3,300円(税込)とよりお得です。

一体型ながら、23社と多くのプロバイダに対応しているのも特徴です。利用できるプロバイダはコースにより異なりますが、「1ギガ タイプA」なら17社から選択できます。

サービス内容が好みのプロバイダを選んで問題ありませんが、特にこだわりがない場合は、特典をチェックしてみましょう。

ドコモ光の代理店では、特定のプロバイダを選ぶことで高性能ルーターの無料レンタルなどの特典を提供しています。また、プロバイダによっては、独自のキャッシュバック特典を設けていることもあります。

【ドコモ光】詳細はこちら

ドコモ光のキャンペーン

ドコモ光の主なキャンペーン

  • 最大20,000円キャッシュバック
  • 開通までポケットWiFi無料レンタル
  • 新規工事料無料

ドコモ光では、キャッシュバックをはじめお得なキャンペーンを多数実施しています。併用できるキャンペーンもあるので、光回線をお得に契約したい方におすすめです。

最大20,000円のキャッシュバックは、ドコモ光を新規・転用・事業者変更で申し込む場合に適用されます。満額を受け取るためには条件がありますが、オプションに加入しなくてもキャッシュバックを受け取ることが可能です。

条件 キャッシュバック金額
ひかりTV+DAZN for docomoを新規で契約する 20,000円
ひかりTVを新規で契約する 18,000円
DAZN for docomoを新規で契約する 17,000円
条件なし 15,000円

キャッシュバックは、最短翌月に振り込まれます。申し込む際に、担当オペレーターへキャッシュバック希望の旨を伝えてください

他にも、新規工事料無料やdポイント2,000ポイントプレゼント、WiFiルーター無料レンタルなど様々なキャンペーンを展開しているので、ぜひこの機会にチェックしてみてください。

【ドコモ光公式】詳細はこちら

auスマホなら「auひかり」か「ビッグローブ光」

auのスマホは、セット割が利用できる回線が複数あります。ここでは中でもおすすめのauひかりとビッグローブ光を紹介します。

auひかり

フルコミット
  • au・UQモバイルのスマホでセット割適用
  • プロバイダは7社から選択可能
  • 他社の解約金や初期費用を還元
auひかり 月額料金
戸建て 5,610円(税込)
マンション 4,180円(税込)

auが提供するauひかりは、大手キャリアならではの回線品質や速度に定評がある光回線です。プロバイダ一体型なので、戸建て5,610円(税込)、マンション4,180円(税込)の月額料金に、プロバイダの利用料も含まれています。

auとUQモバイルのスマホでセット割「スマートバリュー」を利用できるので、両サービスのスマホを使っているユーザーに特におすすめのサービスです。auひかりのネット+電話とスマホの利用で、auの場合は1人あたり月額最大1,100円(税込)、UQモバイルの場合は1人あたり月額最大858円(税込)がスマホの月額料金から割引されます。

この割引額は1人当たりなので、家族でauまたはUQモバイルを使っている場合はさらにお得に利用できるチャンスです。

一体型ながら、7社のプロバイダに対応していて、自社で提供するau one netに加え、ビッグローブ、So-net、@niftyなど大手を含む7社から選択できます。いくつかのプロバイダでは、申込時にキャッシュバックの特典を行っている点も特徴です。

auひかりを代理店から申し込んだ場合、代理店独自のキャッシュバックとプロバイダからのキャッシュバックの双方が受け取れるケースも多く、高額のキャッシュバックが期待できる点も魅力となっています。

キャッシュバックの金額は、プロバイダにより異なり、代理店によっても変化しますが、25,000円と高額なキャッシュバックが得られる場合もあります。よりお得なプロバイダを検討してみましょう。

【auひかり】詳細はこちら

auひかりのキャンペーン

フルコミット

auひかりのキャンペーン

  • 特典A:最短翌月最大63,000円キャッシュバック
  • 特典B:最短1年後最大93,000円キャッシュバック

auひかりの代理店「フルコミット株式会社」では、2つのキャッシュバックキャンペーンを実施しています。それぞれ受け取り時期やキャッシュバック金額が異なるので、重視するポイントに合わせて選びましょう。

特典Aのキャッシュバック金額

ホームタイプ マンションタイプ
開通翌月末に振込 25,000円 30,000円
ひかり電話加入 10,000円 10,000円
プロバイダから振込※ 25,000円 20,000円
auスマートバリュー適用 3,000円 3,000円
合計 最大63,000円

特典Bのキャッシュバック金額

ホームタイプ マンションタイプ
開通翌月末に振込 65,000円 70,000円
プロバイダから振込※ 25,000円 20,000円
auスマートバリュー適用 3,000円 3,000円
合計 最大93,000円

※So-net・BIGLOBE・@niftyからの振り込みです。

すぐにキャッシュバックを受け取りたい方は特典A、より高額なキャッシュバックを受け取りたい方は特典Bがおすすめです。

特典Aは申し込み時に振込口座を伝えるだけなので、受け取り手続きを忘れてもらい損ねるということがありません。申請時期を忘れる心配がある方は、確実にキャッシュバックを受け取るためにも特典Aを選びましょう。

特典Bの場合は、インターネット開通月を含む12か月目に受け取り手続きをする必要があります。申請時期を忘れないという方は、特典Bの方がお得です。

どちらも有料オプションに加入する必要がないため、希望に合ったキャンペーンを選びましょう。

さらに、他社からの乗り換えの場合、違約金負担として最大55,000円上乗せで還元されます。詳細は、フルコミットのサイトを確認してみてください。

【auひかり】詳細はこちら

auひかりのエリア外ならビッグローブ光

ビッグローブ光
  • au・UQモバイルのスマホでセット割適用
  • プロバイダはビッグローブのみ
  • 公式、代理店ともにキャッシュバックが充実
ビッグローブ光 3年契約
ファミリータイプ 5,478円(税込)
マンションタイプ 4,378円(税込)

ビッグローブ光は、老舗プロバイダのビッグローブが提供する光回線サービスです。自社運営のBIGLOBEモバイルだけでなく、auとUQモバイルも加えた3社のスマホとのセット割が利用できる点もポイントです。

「auスマートバリュー」を利用できるので、auまたはUQモバイルを使っている場合の割引額はauひかりの場合と同じです。

auのスマホであれば1人あたり月額最大1,100円(税込)、UQモバイルは1人あたり月額最大858円(税込)がスマホの月額料金から割引されます。

家族のスマホも対象になり、複数人で利用している場合は1,100円×人数分(auの場合)の割引を受けられる点も同じです。

なお、ビッグローブ光オリジナルのセット割となる、BIGLOBEモバイルの場合は、毎月220円(税込)がスマホ代から割引かれます。

プロバイダ一体型なので、戸建て5,478円(税込)、マンション4,378円(税込)の利用料にプロバイダの利用料も含まれています。利用できるプロバイダはビッグローブのみです。

ビッグローブ光は、NTT回線を使った光コラボのため全国で利用できる点も特徴で、auひかりより広い範囲でサービスを利用できます。auのスマホとネットのセット割を使いたいが、auひかりの提供エリアに入っていないという場合にもおすすめです。

公式特典が充実しているのも魅力で、2022年10月現在、新規回線の契約でキャッシュバック60,000円を含む、総額最大68,000円の特典を提供しています。

【ビッグローブ光】詳細はこちら

ビッグローブ光のキャンペーン

  • 特典1:最大68,000円キャッシュバック
  • 特典2:最大38,000円キャッシュバック+工事費最大19,800円割引(実質無料)

ビッグローブ光では、選べる2種類のキャンペーンを実施しています。特典1は高額キャッシュバックを受け取りたい方特典2は初期費用を安く抑えたい方におすすめです。

なお、特典Aは新規・転用・事業者変更の方、特典Bは新規申し込みの方に適用されます。また、特典Aは3年プランに加入する場合に限り利用できるので、2年プランを検討している方は特典Bを選びましょう。

その他の適用条件はビッグローブ光の公式サイトに記載されているので、申し込む前に必ず確認してください。

光回線への申し込みで高額キャッシュバックを受け取れるチャンスなので、ぜひこの機会にビッグローブ光に申し込んでみてはいかがでしょうか。

【ビッグローブ光】詳細はこちら

ソフトバンクスマホなら「ソフトバンク光」か「NURO光」

ソフトバンクのスマホは、ソフトバンク光はもちろん、NURO光でもセット割を利用できます。それぞれの特徴やキャンペーンをチェックしましょう。

  • ソフトバンクのスマホでセット割適用
  • プロバイダはYahoo!BBのみ
  • 回線工事費が実質無料
ソフトバンク光 月額料金
戸建て 5,720円(税込)
マンション 4,180円(税込)

ソフトバンクが提供するソフトバンク光は、大手キャリアならではの回線品質、提供エリアの広さを備えた光回線です。プロバイダ一体型なので、戸建て5,720円(税込)、マンション4,180円(税込)の月額料金に、プロバイダの利用料も含まれています。

ソフトバンクの光回線とスマホ・携帯電話、指定のオプションを利用すると、スマホの月額利用料金が1台につき月額最大1,100円(税込)割引になる「おうち割光セット」があるのも大きな特徴です。家族のスマホも対象になるので、たとえば家族3人なら3,300円(税込)割引とお得になります。

「おうち割光セット」は、光BBユニットレンタル・Wi-Fiマルチパック・固定電話(BBフォン・ホワイト光電話など)の3つのオプションの利用が必要ですが、これらをまとめた「オプションパック(セット割)」(月額550円/税込)があるので負担はさほど大きくありません。

レンタルできる光BBユニットを使うと、より高速な「IPv6高速ハイブリッド」が利用できるので、ソフトバンクユーザーならぜひ検討したいサービスと言えます。

なお、提供プロバイダは1社のみのタイプのサービスで、利用できるプロバイダはYahoo!BBのみです。

【ソフトバンク光公式】詳細はこちら

ソフトバンク光のキャンペーン

  • 特典A:最大37,000円キャッシュバック+工事費実質無料
  • 特典B:Nintendo Switchプレゼント

ソフトバンク光では、2種類のキャンペーンを実施しています。キャンペーン内容をチェックして、希望の特典を選びましょう。

特典Aは、最大37,000円を最短2か月で受け取れるキャンペーンです。有料オプションへの加入は不要で、新規契約なら37,000円、転用・事業者変更の場合は16,000円が振り込まれます。

また、26,400円(税込)の初期工事費が実質無料になるキャンペーンも利用可能です。高額キャッシュバックを受け取りたい方や、初期費用を安く抑えたい方はこちらを選びましょう。

特典Bは、新規申し込みで人気のゲーム機「Nintendo Switch」がもらえるキャンペーンです。こちらもオプション加入は不要で、開通後の電話のみで受け取り手続きが完了します。

ソフトバンク光の高速通信で快適なゲームプレイを楽しみたい方は、こちらの特典がおすすめです。

詳しい適用条件や申し込み方法はホームページに記載されているので、気になる方はチェックしてみてください。

【STORY公式】詳細はこちら

NURO光

出典:NURO光
  • ソフトバンクのスマホでセット割適用
  • プロバイダはSo-netのみ
  • 下り最大2Gbpsの高速通信
NURO光 G2D
(2年契約プラン)
G2T
(3年契約プラン)
戸建て 5,700円(税込) 5,200円(税込)
マンション 5,700円(税込) 5,200円(税込)

ソニーネットワークコミュニケーションズが提供する光回線サービスNURO光は、その速度が最大の特徴です。

下り最大2Gbpsの高速回線を手頃な価格で利用できるので、オンラインのゲームを楽しみたいなど、速度を重視する人におすすめのサービスです。

NURO光で利用可能なNURO光でんわと、ソフトバンクのスマホを一緒に利用すると、スマホのセット割「おうち割光セット」が利用できます。割引額はソフトバンク光の場合と同じで、スマホ1台につき月額最大1,100円(税込)で、家族のスマホも対象になる点も同じです。

プロバイダ一体型の回線なので、戸建て・マンションとも5,200円(税込)の月額料金に、プロバイダの利用料も含まれています。利用できるプロバイダはSo-netのみです。

他社の解約による違約金などのキャッシュバック(最大20,000円)や、工事費が実質無料になる特典もあり、初期費用の心配もありません。

NUROモバイルのスマホとのセット割、ひかりTVや電気などのサービスとのセット割も提供しています。

【NURO光公式】詳細はこちら

NURO光のキャンペーン

  • 45,000円キャッシュバック
  • 基本工事費44,000円が実質無料
  • 他社違約金を最大20,000円キャッシュバック

NURO光公式サイトから申し込むと、オプション加入なしで45,000円の高額キャッシュバックを受け取れます。

他社のキャッシュバックキャンペーンの場合、オプション加入が必要だったり受け取り時期がかなり先だったりすることがあります。しかし、NURO光なら素早く簡単にキャッシュバックがもらえます。

キャッシュバックの受け取りには、口座情報の登録が必要です。開通月+2ヶ月後中旬にキャッシュバックの手続きメールが届くので、メールの案内に沿って手続きをしてください。

他にも、基本工事費44,000円(税込)が実質無料になるキャンペーンや、他社違約金を最大20,000円まで負担してくれるキャンペーンも実施中です。

NURO光公式サイトならではのサポートも充実しているので、光回線をお得に安心して契約したい方は、ぜひNURO光を検討してみてください。

【NURO光公式】詳細はこちら

楽天モバイルなら「楽天ひかり」

楽天ひかり
  • 楽天モバイルのスマホとセットでネットがお得
  • プロバイダは楽天ブロードバンドのみ
  • 楽天市場でのショッピングがお得
楽天ひかり 1年目 2年目〜
戸建て 3,080円(税込) 5,280円(税込)
マンション 1,980円(税込) 4,180円(税込)

楽天ひかりは、楽天モバイルが提供する光回線です。NTT東日本・NTT西日本フレッツ光回線の提供エリアで利用できるので、広い範囲をカバーしています。

プロバイダ一体型なので、戸建て5,280円(税込)、マンション4,180円(税込)の月額料金に、プロバイダの利用料も含まれています。

楽天モバイルのスマホとセットで契約すると、光回線の利用料が1年間無料になる特典があるので、楽天モバイルユーザーにとっては特におすすめです。楽天ひかりに加入すると、楽天市場のポイント還元率が+1倍になるので、楽天市場でよく買い物する人も要チェックです。

提供プロバイダは1社のみのタイプのサービスで、利用できるプロバイダは楽天ブロードバンドのみです。

【楽天ひかり公式】詳細はこちら

楽天ひかりのキャンペーン

公式からのみの申し込みとなるので、代理店が提供するキャンペーンなどはありません。キャンペーンは不定期で開催されるので、公式サイトをチェックしてみましょう。

2022年8月時点のキャンペーンは、スマホとのセット割引と、楽天スーパーポイントアッププログラムです。

一般的なスマホと光回線のセット割は、スマホの月額料金が割引かれる場合が多いですが、楽天ひかりと楽天モバイルのスマホのセット割は楽天ひかりの月額料金が無料になる点が特徴です。1年間限定の特典で、2年目からは通常の料金になる点も覚えておきましょう。

【楽天ひかり公式】詳細はこちら

OCNモバイルONEなら「OCN光」

出典:OCN光
  • OCNモバイルONEのスマホでセット割適用
  • プロバイダはOCNのみ
  • IPoEインターネット接続機能追加料金なし
OCN光 2年自動更新の料金 標準料金
戸建て 5,610円(税込) 6,820円(税込)
マンション 3,960円(税込) 5,170円(税込)

NTTレゾナントが提供するOCN光は、NTT東日本・西日本が提供する光回線を使用しており、対応エリアの広い光回線サービスです。プロバイダ一体型なので、戸建て6,820円(税込)、マンション5,170円(税込)の月額料金に、プロバイダの利用料も含まれています。

やや高額な印象ですが、2年間で自動更新になる「新2年自動更新型割引」を使うと月額基本料が1,210円(税込)割引になり、お得に利用できます。

さらにOCN光とOCN モバイル ONEのスマホをセットで利用すると、スマホの月額料金が割引になる「OCN光モバイル割」も利用可能です。割引金額は、スマホ1台あたり月額220円(税込)で、家族のスマホ(最大5台まで)も割引の対象になります。

格安SIMのひとつであるOCN モバイル ONEは、大手キャリアに比べてスマホの月額利用料がとても安いので、スマホ代を格安に押さえたいという人にも適したサービスとなっています。

提供プロバイダは1社のみのタイプのサービスで、利用できるプロバイダはOCNのみです。

【OCN光公式】詳細はこちら

OCN光のキャンペーン

OCN光では2022年8月現在、高額なキャッシュバックなどを実施している代理店はないようです。

公式サイトでは、OCNの契約で利用料金110円(税込)につき、1ポイント分のdポイントが毎月自動で貯まる特典を提供しています。

現在は実施されていませんが、工事費が割引になるキャンペーンなどが開催されていたこともあるので、申し込みの際にはキャンペーンの有無をチェックしましょう。

【OCN光公式】詳細はこちら

プロバイダを選ぶときの確認事項

一体型のサービスが中心のため、プロバイダ選びの確認事項は、実質的には光回線を選ぶときの確認事項です。

どのような点に注意すべきか、まとめてチェックしておきましょう。

1.住所が提供エリア内か

サービスの提供エリアは、光回線ごとに異なります。回線を引く予定の場所が、サービス対象エリアに含まれているかは最初に確認したいポイントです。

対応県内であっても、一部地域は未対応といったケースもあるので、公式サイトでしっかり確認しましょう。多くのサービスで、郵便番号や住所から対応エリアか否かを簡単に確認できます。

2.実質料金が安いか

多くの光回線サービスで、新規契約時のキャッシュバック特典や月額料金の割引、スマホとのセット割などが提供されています。月額料金は、こうした割引をすべて考慮した実質料金で検討しましょう。

たとえば、スマホ、光電話やテレビ、電気などのサービスをまとめてもよい場合、多数のサービスを使うことで大幅な値引が受けられるサービスがお得です。

一方、スマホとネットのみしか利用する気がないという人は、その場合のみの料金を比較する必要があります。

自身の希望する使い方での料金を比較して、お得なサービスを探しましょう。

3.マンション・戸建ては料金や工事内容が違う

光回線のサービス内容は、月額料金、必要な工事内容ともに物件により条件が異なるのが一般的です。

特に工事費は、戸建てかマンションかで違うのはもちろん、敷地や建物のどこまで回線が引かれているかによって、同じマンションでも金額が変化します。

工事費無料の条件に実は該当していなかった…などのトラブルを避けるため、自分の家の場合はどうなのかを正しく把握することが大切です。

4.キャッシュバックは適用条件を確認する

光回線の申し込み時に利用できるキャッシュバック特典は、それぞれに条件が設けられています。

高額なキャッシュバックを期待していたら、有料のオプションサービスへの加入も必要だったというケースはよくあります。

特典を受け取るために利用が必要なサービスやコース、利用すべき期間、他の特典との併用の可否などは特にしっかり確認したいポイントです。

5.開通までにかかる期間を確認する

光回線の利用には一般的に工事が必要ですが、混雑していると開通までに思いがけず時間がかかることもあります。

開通までの必要日数は、サービスごとはもちろん、時期によっても違います。サービスの目星を付けたら、どのくらいの日数がかかるかを確認しておきましょう。

開通までの期間、Wi-Fiなどの通信手段を無料で貸し出してくれるサービスもあるので、希望した期間で開通できるのかに合わせて、できない場合の対処法も確認するのがおすすめです。

プロバイダに関するよくある質問

最後に、プロバイダに関してよくある質問について解説します。疑問点がある方は、こちらで解決しましょう。

プロバイダは変更できる?

本記事で何度か言及した通り、フレッツ光以外の多くの光回線サービスが、回線とプロバイダの一体型サービスです。

対応するプロバイダが1社のみの場合も多く、光回線はそのままにプロバイダを変更することはできないサービスが多くあります。

なお、一体型でも対応プロバイダが複数ある場合、また、フレッツ光のように個別に契約する場合はサービスにより対応が異なり、光回線を変えずにプロバイダだけ変更できるケースもあります。詳しくはサポートセンターなどに問い合わせてみましょう。

プロバイダによって何が変わる?

インターネットの速度は、使用する光回線サービスによるところが大きく、プロバイダごとの違いはあまり大きくないとされています。

利用するプロバイダの違いがもっともわかりやすいのは、付与されるメールアドレスでしょう。メールアドレスは一般的に「xxxxx@プロバイダのドメイン」という形式が採用されています。

その他、セキュリティ対策や、どのような通信方式に対応しているか、利用できるオプションサービスなども違います。

ahamo・povo・LINEMOはセット割が適用される?

大手キャリアの提供ながら、手頃な価格でスマホが利用できるドコモのahamo、auのpovo、ソフトバンクのLINEMO。これらが光回線のセット割の対象になるかは、気になる人も多いのではないでしょうか。

残念ながら、2022年8月の時点では、ahamo・povo・LINEMOはいずれも、光回線とのセット割の対象外です。

おすすめプロバイダまとめ

光回線サービスの多くがプロバイダ一体型で、プロバイダだけを個別に選べないというシステムは、プロバイダ選びの重要なポイントです。

一般的には、対応エリアや回線速度、実質利用料金などを比較して光回線を選ぶことで、利用できるプロバイダが自ずと決まります。

プロバイダを含む光回線選びの料金の比較は、キャッシュバックなどの特典、割引などを考慮した実質料金で考えることが大切です。

特にスマホのセット割は影響が大きいので、自身の使うスマホとセット割が利用できる光回線は、候補の1つとしてぜひチェックしてみましょう。

公開日時 : 2022年10月26日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード