Androidおすすめ

【保存版】au新料金プランを徹底比較|月額料金・ギガ数を比べたおすすめプランと注意点

auの新料金プランを比較し、どれがお得でおすすめか徹底解説!au・povo・UQモバイルの料金プランを比較し、スマホ代が最安になるプランはどれかご紹介します。自分に合ったプランはどれか、何ギガを選べばいいかわからない方必見です。
新作iPhone 13情報と予約方法 【保存版】au新料金プランを徹底比較|月額料金・ギガ数を比べたおすすめプランと注意点

auはオンライン専用新料金ブランド「povo(ポヴォ)」と大容量プラン「データMax 4G/5G」の料金改定を発表しました。

本記事では各料金プランの解説の他、auとpovoの違いや旧プランと新プランの違いをそれぞれ比較しています。

auの新料金プランについて詳しく知りたい、自分にぴったりの料金プランを選びたいという方は参考にしてみてください。

auの新料金プランとpovoの違いを比較

2021年1月13日に発表された「povo」は、auのオンライン専用新料金ブランドです。

月額料金の安さや充実したオプションが魅力の料金プランですが、他のプランと比較するとどのような点が優れているのでしょうか。

使い放題MAX 4G/5G・ピタットプラン 4G/5G・UQモバイルのくりこしプランと、povoを比較してみました。

povoと「使い放題MAX 4G/5G」を比較

まずは、中容量プランのpovoと大容量プランの使い放題MAX 4G/5Gを比較します。

povo 使い放題MAX 5G/4G
データ容量 20GB 無制限
(テザリング・データシェア・国際ローミング通信を利用する場合は30GB/月まで)
月額料金 2,728円(税込) 7,238円(税込)
割引適用後月額料金 4,928円~(税込)

povoは月間データ通信容量20GB、使い放題MAX 4G/5Gはデータ使い放題の料金プランです。povoの場合、割引サービスが適用されないため、月額料金はずっと2,728円(税込)となっています。

使い放題MAX 4G/5Gは各種割引サービスを併用できて、最安で4,928円(税込)です。また、データ利用量3GB以下/月の場合は1,650円(税込)自動で割引されるので、3,278円(税込)利用できます。

データ容量を無制限で使いたい方は、使い放題MAX 4G/5Gがお得なように感じますが、povoには「24時間データ使い放題」というオプションがあります。

24時間データ使い放題は、1回220円(税込)で24時間データ容量無制限になるオプションで、月に何度でも利用可能です。

そのため、月に10日ほどデータ無制限で使いたい場合は、使い放題MAX 4G/5Gよりもpovoで24時間データ使い放題を利用した方がお得と言えるでしょう。

povoについてはpovoのメリット・デメリットと評判を解説した記事もありますので、気になる方はぜひご覧ください。

povoと「ピタットプラン 4G/5G」を比較

次に、povoと低容量プランのピタットプラン 4G/5Gを比較します。

povo ピタットプラン 4G/5G
データ容量 20GB ~7GB
月額料金 2,728円(税込) ~1GB:3,465円(税込)
1GB~4GB:5,115円(税込)
4GB~7GB:6,765円(税込)
割引適用後月額料金 ~1GB:2,178円(税込)
1GB~4GB:3,278円(税込)
4GB~7GB:4,928円(税込)

ピタットプラン 4G/5Gは、7GBまでの小容量プランで、2年契約N・auスマートバリュー・家族割プラスを併用できます。

ただし、各種割引を適用した場合でも1GB以上使うと3,278円(税込)/月~となるので、比較してみると20GB使えるpovoの方が圧倒的にお得です。

そのため、月々のデータ使用容量が1GB未満かつ各種割引を適用できる方はピタットプラン 4G/5Gがおすすめですが、それ以外の方はpovoが向いているでしょう。

「ピタットプラン 4G/5G」の詳細はこちら

povoとUQモバイル「くりこしプラン」を比較

ここでは、povoとauのサブブランド「UQモバイル」で2021年2月1日から提供開始される「くりこしプラン」を比較してみました。

くりこしプランは、月間データ通信容量に応じてS・M・Lの3種類に分けられます。それぞれの月額料金とデータ容量を、povoと比較しながら見ていきましょう。

au UQモバイル
povo くりこしプランS くりこしプランM くりこしプランL
データ容量 20GB 3GB 15GB 25GB
月額料金 2,728円(税込) 1,628円(税込) 2,728円(税込) 3,828円(税込)

このように比較してみると、povoの料金プラン(20GB/月)とUQモバイルのくりこしプランM(15GB/月)が同じ料金なので、15GB以上使う場合はpovoの方がお得であることがわかります。

ただし、povoは月間データ通信容量20GBのプランのみとなっており低容量プランがないため、月のデータ使用量が3GB以下の方はくりこしプランSの方がお得です。

また、UQモバイルのくりこしプランは余ったデータ容量を翌月に繰り越しできます。あまりデータを使わない月でも、無駄なく利用できることがメリットと言えるでしょう。

povoは、申し込みや各種手続きなどすべてオンラインのみの料金プランとなっています。一方、UQモバイルのくりこしプランは店舗・電話でのサポートが受けられるので、スタッフと直接相談しながら手続きを行いたい方におすすめです。

UQモバイルがおすすめの人

  • 月のデータ使用容量が3GB以下→くりこしプランS
  • データを繰り越しながら使いたい
  • 店舗・電話でのサポートを受けたい

なお、どちらも通話従量制なので、別途通話料金が発生します。通話をよくする方は、それぞれ通話オプションに加入しましょう。

UQモバイルの詳細はこちら

UQモバイルの新料金プランのおすすめはどれか、用途別の最適プランを解説しています。

auの新料金プランとドコモ・ソフトバンクの違いは?

今回紹介したように、auには利用用途に合わせて選べる3種類の料金プランがあります。ドコモやソフトバンクの料金プランとは、どのような点が異なるのでしょうか。

ソフトバンクやドコモからauの乗り換えを検討している方は、各キャリアの料金プランを比較した以下の記事を参考にしてください。

auの新料金プラン・通話プランおすすめはどれ?

auの料金プランの概要をそれぞれ紹介します。

auの料金プランは、月々のデータ使用容量や利用用途に合わせて選べるプランとなっています。まずは、それぞれの内容や通話プランを見ていきましょう。

中容量「povo」

出典:povo

はじめに、2021年1月13日に発表されたauのオンライン専用新料金ブランド「povo」の料金プラン概要を紹介します。

「povo」がおすすめの人

  • 月に20GB以上使う
  • オンライン申し込みでも問題なく手続きができる
  • 注意点:各種割引の適用予定がないため、割引を利用して既存プランを契約している方は注意

au「povo」の月額料金プラン

(税込) povo2.0
基本料金 0円
データ容量 0円
国内通話料金 22円/30秒
データトッピング 1GB(7日間) 390円
3GB(30日間) 990円
20GB(30日間) 2,700円
60GB(90日間) 6,490円
150GB(180日間) 12,980円
使い放題(24時間) 330円
通話トッピング 5分かけ放題 550円
通話かけ放題 1,650円
コンテンツトッピング DAZN使い放題パック 760円
smash.使い放題パック 220円

povoの料金プランは、月額料金2,728円(税込)で月間データ通信容量が20GBのプランのみとなっています。複雑な条件の割引などがないため、シンプルでわかりやすいことが特徴です。

povoは基本料金に加えて、「トッピング」と呼ばれるオプションを自由に選択できるシステムです。現時点では、2種類の通話オプションを含む4種類のトッピングが用意されています。

トッピングの中でも珍しいのは、1回220円(税込)の追加料金で24時間データ通信が上限なしで使い放題になる「24時間データ使い放題」。月に何度でも利用可能で、データ容量をたくさん使いたいという日に単発で追加できる便利なトッピングです。

月額料金の安さだけでなく、追加料金なしで5G通信やテザリングが利用できる点や、オプションを自由に選べる点など、サービス内容が充実しています。

2021年3月よりサービス開始で、申し込みや各種手続きなどすべてオンライン上で完結する料金プランです。店頭・電話では申し込みができないので注意しましょう。

またpovoに乗り換えをしたい方は、事前に対応したスマホを購入しておく必要があります。

詳しくは、povo対応機種・端末のおすすめを解説した記事をご覧ください。

【povo公式】詳細はこちら

大容量「使い放題MAX 4G/5G」

auは、「データMAX 5G」「データMAX 4G」を値下げした大容量プラン「使い放題MAX 5G」「使い放題MAX 4G」を発表しました。まずは、使い放題MAX 4G/5Gの料金プランを見ていきます。

「使い放題MAX 4G/5G」がおすすめの人

  • 家族割プラスやauスマートバリューを利用したい
  • データ容量を無制限で使いたい
  • 店舗・電話でのサポートを受けたい

au「使い放題MAX 4G/5G」の月額料金プラン

(税込) 使い放題MAX
5G/4G
使い放題MAX
5G
with Amazonプライム
使い放題MAX
5G/4G
Netflixパック(P)
使い放題MAX
5G/4G
テレビパック
使い放題MAX
5G
ALL STAR パック
データ容量 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
月額料金 7,238円 8,008円 8,338円 9,108円 9,988円
割引適用料金 4,928円 5,698円 6,028円 6,798円 7,678円
テザリング上限 30GB 60GB 60GB 70GB 80GB

使い放題MAX 4G/5Gは、月額料金7,238円(税込)でデータ容量が使い放題の料金プランです。追加料金なしでテザリング機能を利用できますが、その場合は合計30GBまで使えます。その場合は合計30GBの容量制限があるので注意しましょう。

「auスマートバリュー」は、auひかりとauのスマホをセット契約している方に適用され、毎月1,100円(税込)割引されます。「家族割プラス」は、家族2人で契約した場合は-550円(税込)/月、3人以上の場合は-1,100円(税込)/月です。

また、使い放題MAX 4G/5Gの支払い方法をau PAYカードに設定するだけで月額110円(税込)割引される「au PAYカードお支払い割」も併用できます。

さらに、データ利用量が3GB以下/月だった場合、月額料金から1,650円(税込)割引されるので、毎月の利用量にバラつきがあっても安心ですね。

なお、通話従量制となっているため、別途通話料として22円(税込)/30秒が発生します。

旧プランと比較

使い放題MAX 4G/5Gは、既存の料金プラン「データMAX 4G」と「データMAX 5G」の月額料金を値下げしたプランです。月額料金以外にも変更した点があるので、それぞれ見ていきましょう。

異なる点 データMAX 4G/5G 使い放題MAX 4G/5G
月額料金 データMAX 4G:8,415円(税込)
データMAX 5G:9,515円(税込)
7,238円(税込)
併用できる割引 ・2年契約N
・auスマートバリュー
・家族割プラス
・スマホ応援割Ⅱ
・5Gスタート割(5Gのみ)
・auスマートバリュー
・家族割プラス
・au PAYカードお支払割
データを使わない月の自動割引 データ利用量2GB以下/月の場合
→1,628円(税込)自動割引
データ利用量3GB以下/月の場合
→1,650円(税込)自動割引

割引前の月額料金を比較すると、データMAX 4Gの場合1,177円(税込)、データMAX 5Gの場合2,277円(税込)値下げしています。

併用できる割引特典の数は少なくなっていますが、使い続けることを考えると、新料金プランの使い放題MAX 4G/5Gの方がお得です。

また、どちらもデータ使い放題のプランですが、データ容量をあまり使わなかった月は月額料金から自動で割引される仕組みとなっています。

この割引も比較してみると、使い放題MAX 4G/5Gは3GB以下/月で1,650円(税込)割引なのに対し、データMAX 4G/5Gは2GB以下/月で1,628円(税込)割引なので、使い放題MAX 4G/5Gの方がお得に利用できるでしょう。

auスマートバリューとは

出典:au

使い放題MAX 4G/5Gで利用できる「auスマートバリュー」は、ネットとauのスマホをセットで契約するとスマホの月額料金から割引されるサービスです。

使い放題MAX 4G/5Gと、「auひかり」や自宅のインターネット(ネット+電話)または「auスマートポート」をセットで利用すると、月々1,100円(税込)割引されます。

こちらの割引サービスは、6か月間や12か月間ではなく永年適用されるので、セット契約をしている限り月額料金から毎月1,100円(税込)割引されます。

また、50歳以上の家族の場合は、対象のインターネットサービスに契約している住所と別住所でも申し込み可能です。

住んでいるエリアで対象となるインターネットは、auの公式サイトから確認できるので、申し込む前に確認してみましょう。

家族割プラスとは

出典:au

「家族割プラス」は、対象プランに加入している同居家族の人数に応じて、月額料金から割引されるサービスです。

こちらも使い放題MAX 4G/5Gで利用でき、同居家族が2人の場合は1人あたり永年550円(税込)/月割引、3人以上の場合は1人あたり1,100円(税込)/月割引されます。

家族割プラスは、同一住所に住んでいることと、割引対象の料金プランに加入していることが条件です。対象の料金プランは、新規受付終了のプランも含まれており、auの公式サイトから確認できます。

なお、「auスマートバリュー」に加入している場合は、離れて暮らす家族でも対象プランに加入していると家族割プラスの割引が適用されます。

「使い放題MAX 4G/5G」の詳細はこちら

小容量「ピタットプラン 4G/5G」

auの小容量プラン「ピタットプラン 4G/5G」は、使った分だけ支払いができるシステムです。1GBまで・1GB超~4GB・4GB超~7GBの3段階に分けられます。

「ピタットプラン 4G/5G」がおすすめの人

  • 家族割プラスやauスマートバリューを利用したい
  • 月のデータ使用容量が1GB以下
  • 店舗・電話でのサポートを受けたい

au「ピタットプラン 4G/5G」の月額料金プラン

(税込) ピタットプラン 5G
ピタットプラン 4G LTE
通常料金 割引適用料金
~1GB 3,278円 2,178円
1GB超~4GB 4,928円 3,278円
4GB超~7GB 6,578円 4,928円

ピタットプラン 4G/5Gは、毎月のデータ使用量に応じて月額料金が変動します。1GBまでの場合は 3,465円(税込)、1GB超~4GBまでの場合は5,115円(税込)、4GB超~7GBの場合は6,765円(税込)です。

2年単位の継続利用で月額料金から割引される「2年契約N」と、auひかりとauのスマホをセット契約すると-550円(税込)/月になる「auスマートバリュー」が適用されます。

また、家族で一緒にauを契約すると、2人以上の場合は-550円(税込)/月、3人以上の場合は-1,100円(税込)/月の割引が適用される「家族割プラス」も併用可能です。

そのため、すべての割引を適用すると、2,178円(税込)で利用できます。なお、国内通話を利用する場合は22円(税込)/30秒の通話料が発生します。

auの通話プラン

「データMax 4G/5G」と「ピタットプラン 4G/5G」で利用できる通話プランは、「通話定額2」と「通話定額ライト2」の2種類。

旧通話プランの「通話定額」と「通話定額ライト」との違いは、通話に関する便利なサービスがセットになっている点です。それぞれの月額料金とプラン内容を見ていきましょう。

通話プラン 通話定額2 通話定額ライト2
月額料金 1,980円(税込) 880円(税込)
プラン内容 国内通話が24時間かけ放題※ 1回5分以内の国内通話が24時間かけ放題
(5分超過後は30秒/20円)※

※ 電話きほんパック・電話きほんパック(V)の月額料金無料

月額1,980円(税込)の通話定額2は、国内通話が24時間かけ放題の通話プランなので、長電話を楽しみたい方におすすめです。

もう1つの通話プラン、月額880円(税込)の通話定額ライト2は、1回5分以内の国内通話が24時間かけ放題のプランとなっています。短い通話をよくする方におすすめですが、5分超過後は30秒ごとに20円発生するので注意しましょう。

通話定額2と通話定額ライト2は通話料金がお得になることに加えて、「電話きほんパック」と「電話きほんパック(V)」の月額料金が無料になる特典が利用できます。

電話きほんパックは、お留守番サービスEX・待ちうた・三者通話サービス・迷惑電話撃退サービスを1つにまとめた月額330円(税込)のオプションで、電話きほんパック(V)は追加で割込電話もセットになった月額440円(税込)のオプションです。

電話きほんパックおよび電話きほんパック(V)のサービスを利用したい場合は、別途申し込みが必要なので事前に確認しておきましょう。

「ピタットプラン 4G/5G」の詳細はこちら

auで5G契約をする際の注意点

auは2020年3月より5Gサービスを提供しています。

ここでは、auで5G専用料金プランを契約する場合の注意点を解説するので、ぜひ参考にしてください。

\初回限定3ヶ月無料!/

5Gスマホを購入する場合5G契約が必要

auでは、iPhone 12シリーズをはじめとしたさまざまな5G対応スマホを販売しています。これらの5Gスマホを利用する場合は、5G専用の料金プランを契約する必要があります

そのため、現在4Gの料金プランを契約していて5Gスマホに機種変更する場合、5G専用料金プランへのプラン変更が必須です。プラン変更の手続きはWeb・店舗・電話で行え、基本的に手数料は発生しません。

auの5Gおすすめスマホ機種をご紹介しています。5Gスマホへの機種変更を検討している方も、ぜひ参考にしてください。

4G契約で5Gにプラン変更する場合SIMの入れ替えが必要

現在4Gの料金プランを契約していて、5G専用料金プランにプラン変更する場合は、SIMカードの入れ替えが必要です。

SIMカードの入れ替えはau直営店を含むauショップで対応しており、事務手数料として3,300円(税込)が発生します。より確実に5G通信を利用するためにも、必ず5G専用のSIMカードに交換しましょう。

5G専用SIMは4G端末でも使えるのか?

5G専用のSIMカードは、5Gに対応していない一部の4G端末でも使うことが可能です。

iPhoneに関しては、iPhone 8以降の端末であれば利用でき、Androidスマホも一部の端末では利用できることがわかっています。

ただし、au公式では5G専用SIMは5G対応端末、4G端末の場合は4GのSIMを使用することが推奨されています。

2年定期契約は申し込むべき?

auの料金プランでは、「2年契約N」という料金割引サービスを利用できます。2年契約Nとは、2年単位の継続利用で、月額料金から187円(税込)/月割引されるサービスです。

2年契約Nを申し込む場合、更新期間にauを解約すると契約解除料が発生しません。ただし、更新期間以外に解約手続きを行うと、契約解除料として1,100円(税込)がかかります。

なお、2年契約Nの廃止を申し出ない場合は、2年単位で自動更新されます。

長期的にauを利用する場合にはお得なサービスですが、2年以内に解約する可能性がある場合や好きなタイミングで解約したい場合は申し込みをしなくてもいいでしょう。

au料金プランの詳細はこちら

ライフスタイルにあったプランを選ぼう

今回紹介したように、auでは利用用途に合わせて選べる料金プランを3種類取り揃えています。

月々のデータ使用容量が少ない方は「ピタットプラン 4G/5G」、10GB~20GBほどの方は「povo」、無制限のプランを希望する方は「使い放題MAX 4G/5G」がおすすめです。

auの公式サイトでは、スマホの料金シミュレーションができるページもあるので、どのプランにしようか迷っている方は試してみましょう。

また、auの料金プラン変更手順を完全解説した記事もありますので、不安な方はしっかり確認しておきましょう。

さらに、auのスマホ料金を安くする方法をまとめた記事もありますので、自分が損をしていないかチェックしてみてください。

au料金プランの詳細はこちら

サムネイル:au公式 iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2021年07月01日

miku ― ライター
miku ― ライター

学生時代はずっとベースを弾いていました。最近は暇さえあれば映画鑑賞。時間がゆっくりと流れる映画が好きです。

関連キーワード