【完全版】WiMAXの使い方!ルーターが届いたらやること・初期設定・できること

WiMAXの初期設定・接続設定をポケットWiFiとホームルーターにわけてそれぞれ解説します。スマホ・パソコンをWiMAXに接続する方法も紹介します。WiMAXがつながりにくい場合や通信速度が遅いときの対処法もまとめたので、困っている方はチェックしてください。
【公式】カシモWiMAX 【完全版】WiMAXの使い方!ルーターが届いたらやること・初期設定・できること

自宅に届いたWiMAXは、電源を入れるだけでは使えません。初期設定と接続設定を行う必要があります。

ポケットWiFiとホームルーターで設定手順が異なるため、それぞれの手順を確認することが重要です。

この記事では、WiMAXの初期設定や接続設定の手順を解説します。

さらにデータ通信量の確認方法や、つながりにくい場合の対処法を解説するので、ぜひ参考にしてください。

WiMAXが届いたらやること・初期設定

WiMAXが自宅に届いたら、すぐに使えるわけではありません。使い始める前に初期設定が必要です。

初期設定の方法は「ポケットWiFi」と「ホームルーター」で異なるため、それぞれの方法を解説します。

ポケットWiFiの場合

  1. 同梱されているSIMカードを取り出す
  2. 端末の側面にある差し込み口にSIMカードを挿入
  3. 端末画面の右側にある電源ボタンを長押し
  4. ディスプレイに「NEC」と表示されたら完了

SIMカードには表裏が決められているため、間違えないよう注意しましょう。間違えて挿入するとSIMカードを傷つけてしまい、通信できなくなる場合があります。

金属のICがついている方が「表」になるので、上を向けて挿入してください。

ホームルーターの場合

  1. 電源に接続する前にルーターの底面にSIMカードを挿入
  2. カバーを閉じたら、同梱されていたケーブルで電源に接続
  3. 自動的にネットワーク接続が行われる

SIMカードの挿入する方向は、金属のICが左側を向き、切り欠き部が下側です。

ネットワーク接続が安定するまでに1〜2分ほどかかるので、しばらく待機しましょう。

WiMAXとスマホ・パソコンの接続方法

WiMAXをスマホ・パソコンに接続する方法はそれぞれ異なります。

パソコンの場合は、接続に必要なSSIDやパスワードを手動で入力しなければなりません。

しかしスマホでは、QRコードをカメラで撮影するだけです。

端末ごとにWiMAXへの接続方法は異なるので、詳しく確認していきましょう。

\Amazonギフト券が必ずもらえる!/
【公式】カシモWiMAX

WiMAXとスマホの接続方法

WiMAXとスマホを接続する場合、スマホの設定画面から手動で接続を行います。

  1. スマホの設定でWiFiを開く
  2. ルーター裏に記載されたSSIDのネットワークを選ぶ
  3. ルーター裏のパスワードを入力したら接続完了

WiMAX端末の種類によっては、端末に記載されたQRコードをスマホの専用アプリで読み取るだけで接続できます。

端末にQRコードが記載されている場合は、取扱説明書で専用アプリを確認してみましょう。

QRコードを使えば、パスワードを入力せずに簡単に接続できます。

WiMAXとパソコンの接続方法

WiMAXとパソコンを接続する場合、パソコンのWiFi設定画面から接続を行います。

  1. WiFi接続画面を開く
  2. 周辺で接続可能なネットワークが一覧で表示される
  3. その中から、保有している端末の裏に書かれたSSIDを選択
  4. パスワードを入力して接続完了

パスワードは端末の裏に書かれているので、正確に画面に入力すると接続完了です。

接続できない場合は、パスワードの入力を間違えている可能性があります。改めてパスワードを入力し、再び接続してみましょう。

WiMAXルーターでできること

WiMAXルーターの機能は、WiFiに接続するだけではありません。

WiFi接続以外には4つの機能があります。

  • データ使用量がわかる
  • モードが切り替えられる
  • アプリで操作できる
  • WiFi設定がかんたんに引き継げる

上記の機能を使いこなせば、データ使用量を簡単に管理できます。それぞれの機能について、詳しく見ていきましょう。

1.データ使用量がわかる

WiMAXのポケットWiFiでは、データ使用量が確認可能です。

  1. ディスプレイのメニューから「情報」を選択
  2. 「データ通信量」から「推移」を選択

データ使用量を確認する画面は、1日で使用したデータ通信量が3日分表示される設定です。

3日間15GB以上のデータ通信を行うと速度制限になるので、データ使用量が多いと感じた場合は端末メニューから確認してみましょう。

専用アプリ「Nec WiMAX 5G Tool」を使えば、ホームルーターのデータ使用量を確認できます。

アプリを開くとメイン画面で、データ使用量と上限が確認可能です。

さらに「月間」や「3日間」のタブが選択でき、それぞれ詳細なデータ使用量の推移を確認できます。

NEC WiMAX +5G Tool
NEC WiMAX +5G Tool
無料
posted withアプリーチ
\Amazonギフト券が必ずもらえる!/
【公式】カシモWiMAX

2.モードが切り替えられる

WiMAXのポケットWiFiを使うと、消費電力のモードが切り替え可能です。

3つのモードが用意されており、状況に応じて使い分けできます。

WiMAXの消費電力モード

  • ハイパフォーマンス
  • ノーマル
  • エコ

設定を変更しなければ、ノーマルモードで使用しています。

通信速度を優先したい場合、ハイパフォーマンスモードに変更しましょう。

通信速度のアップは期待できますが、バッテリーが早く減少します。バッテリー残量を確認したうえで利用しましょう。

エコモードに変更するとバッテリーが長持ちする分、通信速度が低下します。バッテリー残量が少ないときには、通信速度を抑えて動作時間を長くできます。

3.アプリで操作できる

WiMAX端末の種類によっては、アプリでの操作が可能です。

ポケットWiFiは画面のメニューを使えばある程度操作できます。しかし、ホームルーターの場合そうはいきません。

専用アプリ「Nec WiMAX 5G Tool」をスマホやタブレットでダウンロードすると、データ通信量や電波状況の確認、モード変更などができます。

端末ごとに利用するアプリが異なるので、あらかじめ確認しておきましょう。

端末名 使用するアプリ名
HOME 5G L12 Nec WiMAX 5G Tool
HOME 5G L11 Nec WiMAX 5G Tool
HOME 02 Nec WiMAX 2+ Tool
HOME 01 Nec WiMAX 2+ Tool
Speed Wi-Fi 5G X11 Nec WiMAX 5G Tool

端末に対応したアプリを利用して、WiMAXを最大限活用しましょう。

NEC WiMAX +5G Tool
NEC WiMAX +5G Tool
無料
posted withアプリーチ
NEC WiMAX 2+ Tool
NEC WiMAX 2+ Tool
無料
posted withアプリーチ

4.WiFi設定がかんたんに引き継げる

WiMAXの古い端末から新しい端末に変更した場合、WiFi設定を簡単に引き継ぐことが可能です。

引越し機能は、ポケットWiFiとホームルーターの両方で利用できます。

ポケットWiFiのお引越し機能

  1. ホーム画面のクイックメニューから「詳細設定」を選ぶ
  2. WiFi接続から「WiFi設定お引越し」を選択
  3. 表示された確認項目をチェックしたら「はい」を選択
  4. 「WiFi設定お引越し」を選択・決定
  5. これまで使用していた機種のWPS機能を実行
  6. 親機として検出されたら「はい」をタップ
  7. 設定成功画面が表示され、引き継ぎ完了

ホームルーターのお引越し機能

  1. 端末の電源を切る
  2. 底面のWPSボタンを約25秒間押し続ける
  3. 端末正面の「Modeランプ」が緑色に点滅したら押すのをやめる
  4. これまで使用していた機種のWPS機能を実行
  5. 新しい端末のWPSボタンを長押しし、引き継ぐ周波数を決定
  6. Statusランプが緑に点灯したら、再起動してWiFiに接続できれば引き継ぎ完了

2.4GHz帯を引き継ぐなら2秒以上、5GHzなら5秒以上長押ししてください。

\Amazonギフト券が必ずもらえる!/
【公式】カシモWiMAX

WiMAXがつながらない・遅い時の対処法

WiMAXにつながらない場合や、通信が遅いと感じることもあるでしょう。

そんな時には、3つの方法を試してみてください。

  • ルーターを再起動する
  • ルーターの設置場所を変える
  • 周波数帯を切り替える

上記の方法を行うと、接続不良や速度低下などの問題がほとんど解決できるでしょう。

1.ルーターを再起動する

WiMAXがつながらないときは、ルーターを再起動してみましょう。

多くの場合、再起動することで解消されます。もっとも簡単な解決策なので、最初に試してみましょう。

2.ルーターの設置場所を変える

WiMAXのつながりにくさは、ルーターの設置場所に問題がある場合も。テレビや電子レンジなどがWiFi電波に干渉することも多くあります。

特に2.4GHzの周波数帯は、干渉を受けやすいので要注意です。

ルーターは電化製品の近くを避け、外に近い場所に設置するのがおすすめです。

再起動してもつながりにくい場合、ルーターの設置場所を変更してみましょう。

3.周波数帯を切り替える

周波数帯を切り替えると、スムーズにつながる場合があります。WiFiの周波数帯は「5GHz」と「2.4GHz」2種類です。

                        
メリット デメリット
5GHz 通信速度が速い 壁や柱などの障害物に弱い
他の電波と干渉しない 電波をあまり遠くに飛ばせない
2.4GHz 壁などの障害物に強い 通信速度が遅い
距離が離れてもつながりやすい 家電と電波が干渉しやすい

WiMAXがつながりにくい場合、同じ周波数帯の利用者が多く、混雑しているケースが考えられます。

周波数帯を切り替えることで、つながりやすくなる場合があります。

\工事不要ですぐ使える!/
【公式】カシモWiMAX

WiMAXの使い方まとめ

この記事では、WiMAXの使い方を解説しました。

自宅にWiMAXが届いたらまずは初期設定を行い、スマホやパソコンなどの接続設定をしなければなりません。

初期設定の手順はポケットWiFiとホームルーターで異なります。

WiMAXでデータ通信量を確認する方法や、WiFiがつながりにくい場合の対処法も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

公開日時 : 2022年03月30日

トシ ― ライター
トシ ― ライター

田舎育ちのフリーライター。喫茶店と読書をこよなく愛し、至高の珈琲を追い求める旅はまだ始めたばかり。気になる匂いの喫茶店への寄り道が休日の日課。「まず入ってみる」がモットー。

関連キーワード