Androidおすすめ

Androidデバイスマネージャーで紛失したスマホを探す方法

Androidのスマホを失くした時、その場所を特定できるのが「Androidデバイスマネージャー」です。このサービスはスマホを遠隔操作して個人情報の漏洩を防ぐこともできます。Androidデバイスマネージャーでスマホを探す方法を解説します。
新型ihone12噂 Androidデバイスマネージャーで紛失したスマホを探す方法

iPhoneを紛失した際は「iPhoneを探す」という機能を使って失くしたiPhoneを探すことができますが、Androidのスマホを失くした際はどうすれば良いのでしょうか。

実はAndroidにも「Androidデバイスマネージャー」という失くしたスマホを探すWebサービスがあります。この機能を使えば、失くしたスマホを効率的に探すことができます。

この記事では、Androidデバイスマネージャーの使い方と、失くしたスマホの探し方を詳しく解説していきます。

Androidデバイスマネージャーってどんなもの?

Androidデバイスマネージャーとはどのようなサービスなのでしょうか。まずはこのサービスを使ってどのようなことができるのか、具体的な機能について見ていきましょう。

Googleのスマホ追跡サービス

Androidのデバイスマネージャー(別名:端末を探す)は、Googleが無料で提供しているスマホの追跡サービスです。

この機能を使うことで、Googleアカウントと紐づけられたスマホの位置を、タブレットやパソコンなど別の端末から特定することができます。

他にも遠隔操作で音を鳴らしたり、ロックをかけることもできます。

Androidデバイスマネージャーの機能

Androidデバイスマネージャーには具体的に以下のような機能があります。

紛失したスマホの位置を特定する

GPS機能で紛失したAndroidのスマホが今どこにあるのか位置を特定することができます。

紛失したスマホがどのような環境にあるかにもよりますが、誤差15~20m程で現在地を特定することができるため、スマホをどこかで落としてしまったという時に便利な機能です。

遠隔操作でスマホの音を鳴らす

遠隔操作でスマホの音を鳴らし、音によって端末の位置を特定することができる機能です。

Androidデバイスマネージャーから指示を出すことで、探しているスマホから最大音量で着信音を鳴らすことができます。着信音は5分間鳴り続けるため、その間にスマホを探しましょう。

失くしたスマホがマナーモードに設定されていても音が鳴るため、電話を掛けて探すよりもこちらの方が確実に発見できます。

遠隔操作でスマホにロックをかける

遠隔操作で紛失したスマホにロックをかけることができる機能です。

外出先でスマホを紛失してしまった際に、他の人にスマホの中のデータを見られることを防ぐために使います。

また、ロック画面に「~まで届けて下さい」といったメッセージを表示したり、任意の電話番号に電話をかけるためのボタンを表示することもできるため、スマホを拾ってくれた人とやり取りをすることができます。

遠隔操作でスマホのデータを削除する

遠隔でスマホのデータを削除する機能です。一部のデータを消去するのではなく、スマホ内の全てのデータを消去して工場出荷状態に戻します。

端末の位置も特定できず、音を鳴らしても、メッセージを表示してもスマホを見つけられないという時に、スマホを悪用されないために行う最終手段です。

しかしSDカードのデータを消去することはできないため注意が必要です。

Androidデバイスマネージャーでスマホを探す方法

ここからは、実際にAndroidデバイスマネージャーの機能を使って、紛失したスマホを探す方法を解説していきます。

まずは事前設定をする

Androidデバイスマネージャーの機能を使うためには、事前にスマホ側の設定をしておく必要があります。設定は以下の手順で行って下さい。

GPSをオンにする

まずは位置特定を理由するためにGPSをオンにします。GPSのオン/オフは「設定」か「クイック設定」から切り替えることができます。

「設定」からGPSをオンにする手順は次の通りです。

  1. 「設定」を開く
  2. 「セキュリティと現在地情報」を開く
  3. 「位置情報」を選択
  4. 「位置情報を使用」をオンにする 

「クイック設定」からGPSをオンにする手順は次の通りです。

  1. 画面の上部をスワイプして「クイック設定」を開く
  2. 「現在位置」をオンにする

クイック設定を開いても現在位置が表示されない場合は、「設定」からGPSの設定を確認して下さい。

端末を探すをオンにする

次に「端末を探す」をオンにします。「端末を探す」はAndroidの設定か、Googleの設定で変更することができます。どちらの方法で行っても結果は同じなので、使っている端末で見つけやすい方で設定を行って下さい。

Androidの設定から「端末を探す」をオンにする手順は次の通りです。

  1. 「設定」を開く
  2. 「ロックとセキュリティ」を開く
  3. 「端末管理アプリ」を選択
  4. 「端末を探す」にチェックを入れる 

Googleの設定から「端末を探す」をオンにする手順は次の通りです。

  1. 「設定」を開く
  2. 「Google」を開く
  3. 「セキュリティ」を選択
  4. 「端末を探す」にチェックを入れる

正しく設定をしていないと、いざスマホを紛失した際に使うことができないため、設定後は実際に位置特定が使えるかどうか試してみることをお勧めします。

Androidデバイスマネージャーを使ってスマホを探す

ここからは実際にスマホを失くしてしまった際に、Androidデバイスマネージャーを使ってどのようにスマホを探せば良いのか解説していきます。

他の端末にアプリをインストール

失くしたスマホを探すためには、他のAndroid端末を使う必要があります。タブレット端末や家族や友だちのスマホを使って探しましょう。

まずは用意したAndroid端末にGoogle playから「端末を探す」アプリをインストールして下さい。

アプリを起動すると、Googleアカウントのログイン画面が表示されます。この時、

  1. 紛失したスマホと同じGoogleアカウントを利用している端末から探す場合は、「○○として続行」からログインすることができます。
  2. 別のアカウントを利用している場合は、「ゲストとしてログイン」を選択し、Gmailアドレスとパスワードを入力してログインしましょう。

なお、Googleアカウントを忘れてしまうと、スマホを探すことができないため注意が必要です。

スマホの現在位置を特定する

「端末を探す」アプリにGoogleアカウントでログインすると、Googleアカウントに紐づいたAndroidのスマホの位置が地図上に表示されます。

同じアカウントで複数の端末を利用している場合は、画面上部に端末の画像が表示されるので、目的の端末を選択して下さい。

失くしたスマホに近づいて音を鳴らす

位置情報でスマホの位置を特定し、スマホの近くまで行くことができたら、音を鳴らして探すのが効果的です。

アプリ内の「音を鳴らす」をタップすると、5分間着信音を鳴らすことができます。音を止めたいときは「着信音を停止」をタップしてください。

位置情報が表示されない場合でも、この機能を使うことはできるので、家の中やデスク周りでスマホを失くした際にも効果的な方法です。

スマホをロックしてメッセージを表示する

スマホの現在位置を特定し、音を鳴らしても見つからない場合は、悪用を防ぐためにスマホをロックしましょう。

「端末を探す」アプリのトップ画面で「ロック」をタップすると、紛失したスマホにロックがかかると同時に、メッセージや電話番号の入力画面が表示されます。

ここでメッセージと電話番号を入力すると、メッセージが専用のロック画面が表示され、入力した電話番号にだけ発信できるようになります。スマホを落としたり、どこかに置き忘れて失くした場合、メッセージを設定しておくことで、拾ってくれた方から連絡がくる可能性が高まります。

こちらも事前設定をしていなくても使える機能なので、スマホを失くした際は有効にすると良いでしょう。

どうしても見つからない場合はデータを消去

これらの機能全てを試しても、スマホが見つからないという場合は、個人情報の漏洩を防ぐためにデータを消去することをお勧めします。

「端末を探す」アプリのトップ画面で「消去」をタップすると確認画面が表示されますので、データを消去する場合は「消去」ボタンをタップします。

iPhone格安SIM通信アンケート

パソコンからデバイスマネージャーを使うことも

Androidのスマホやタブレット端末ではなく、パソコンからデバイスマネージャーを使ってスマホを探すこともできます。

パソコンを使ってAndroidのスマホを探す場合、まずはパソコンのブラウザから「端末を探す」にアクセスします。

このURLにアクセスすると、本人確認の画面が表示されるので、失くしたスマホに登録しているGoogleアカウントとパスワードを入力しログインしましょう。そうすることで、デバイスマネージャーが使えるようになり、GPSの情報から地図上にスマホの現在位置が表示されます。

また、画面の左側に「音を鳴らす」「ロック」「消去」の3つのメニューが表示されるため、必要な項目を選んで操作してください。機能はそれぞれスマホ版と同じです。

Androidデバイスマネージャーを使う際の注意点

Androidデバイスマネージャーを使ってスマホを探す上で、いくつか注意すべきポイントがあります。次のポイントに注意して使うようにしましょう。

ネット環境がないと使えない

Androidのデバイスマネージャーはインターネットを使って遠隔操作する機能です。

したがって、紛失したスマホがインターネットの使えない環境にある場合は全く機能しないということですので注意が必要です。

GPSがオフの場合位置の特定ができない

位置の特定機能は、紛失したスマホの事前設定ができておらず、GPSがオンになっていない場合には利用できません。

電池の消耗を抑えるために、普段GPS機能をオフにしている方も多いと思いますので、注意しましょう。

また、GPSがオンになっていても建物の地下などで落とした場合には、GPSによる位置の特定が難しいことがあります。

データを消去すると遠隔操作ができなくなる

スマホがなかなか見つからず、データの悪用を防ぐためにデータを消去した場合、Googleアカウントも同時に消去されます。デバイスマネージャーは、Googleアカウントに紐づいたスマホを遠隔操作して探すものなので、データ消去後は使えなくなってしまいます。

ですから、データ消去は、すべての方法を試して、それでも解決しない場合の最終手段として使うことをお勧めします。

Androidデバイスマネージャーを使ってスマホを探そう

ここまでAndroidデバイスマネージャーを使って紛失したスマホを探す方法を解説してきましたが、いかがでしたか?

スマホを失くしてしまって焦っているという方も、まずは落ち着いて、デバイスマネージャーを使って今スマホがどこにあるのか確認してみましょう。

またGPS機能が上手く使えない場合でも、音を鳴らす機能やロックをかける機能は効果的です。電源が入っていない場合も、メッセージ表示やデータ消去などの操作は、拾った人が充電するなど、通信ができる状態に戻った際に機能します。ですから位置特定ができない場合でも「端末を探す」を使って操作しておくと良いでしょう。

Androidデバイスマネージャーを使えば、闇雲にスマホを探すよりも効率的にスマホを探すことができますので、是非使えるようにしておいて下さい。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2019年07月15日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード