Androidおすすめ

AirPodsのおすすめケース・カバー|見た目もおしゃれ!革製などタイプ別に厳選

AirPodsのケースというとシリコン製のものなどいくつか種類があります。また、デザインや機能面もメーカーで異なっています。この記事ではおすすめのAirPodsケースを詳しく解説していきます。こだわって選びたい人向けの内容です。
Yahoo!モバイル20190717 AirPodsのおすすめケース・カバー|見た目もおしゃれ!革製などタイプ別に厳選

AirPodsといえばワイヤレスイヤフォンの代名詞とも言える存在です。現在では既存の第1世代のモデルだけでなく、第2世代のモデルもリリースされています。

しかし、そのままカバンなどに入れておくと傷がついたり、最悪壊れてしまうこともあります。そんなときおすすめなのがAirPods用のケースです。

今回は素材別やおしゃれさを重要視したAirPodsなどを紹介していきます。また、購入の際に気をつける点も解説します。ぜひ、あなたが求める納得のAirPodsにケースを手に入れましょう。

おすすめのシリコン素材のAirPodsケース

AirPodsケースを選ぶ際デザインも気になるところですが、素材も重要です。

  • 衝撃を吸収できるシリコン素材
  • 機能性を考えてカナビラ付き

この条件でおすすめのAirPodsケースを2つ紹介します。

AIRPODS HANG CASE for AirPods elago

「elago」は、シリコンの厚さが1.3ミリあり、落下時の衝撃を緩和してくれます。また、一般的なシリコンでは少しの傷でも目立ってしまいますが、表面の特殊な加工により傷がつきにくくなっているので、そのようなことはありません。

さらに、デザインがはシンプルなで、どのようなファッションをしても合うようになっています。本体をしっかりと守りながら、使い勝手のよいAirPodsケースといえるでしょう。

BIGLOBEmobile20190724_incontent

AirPods ケース Oumino

「Oumino」の特徴は、ふたの裏側とボディの底につや出しがあることです。これによってケースとAirPodsがしっかり吸着するので、しまっているときに外れるようなことはありません。

また、蓋とボディが分離することができ、複数購入することで、さまざまな色子組み合わせを楽しむことができます。色は10色と豊富に用意されています。

価格もお手頃なので、高い機能性を持ちながらデザイン性を重要視するのであれば、こちらはおすすめです。

おすすめのレザー素材のAirPodsケース

AirPodsケースを選ぶのなら、耐久性や時間経過による味わいを大切にしたい人もいるでしょう。そんな人におすすめなレザー素材を使ったAirPodsケースを3つ紹介します。

同じレザー素材でも違いがしっかりとありますので、参考にしてみてください。

Apple AirPods ケース ATiC

「ATiC」は、耐久性に優れたレザー素材でできているため、傷や汚れ、衝撃を防止することができます。また、ケースに入れたまま充電可能であったり、ふたがマグネット式で開閉しやすいつくりになっていたりという、使い勝手のよさも備えています。

なお、こちらは第1世代向けのAirPodsケースで、第2世代のユーザーは利用できないので注意してください。

Rugged Case Air Pods NOMAD

「NOMAD」は、上質なアメリカホーウィン社レザーを使用しています。おろしたてのときにはその上質さが目立つものですが、時間の経過とともに味わい深い風合いになり、自分だけのケースになっていきます。また、ケースに入れたままで充電でき、使い勝手のよさも売りになっています。

ただし、値段に関しては、比較的高めに設定されています。それは素材の良さによるものと理解してください。

最高級本革レザー 保護ケース LNOBERN

「LNOBERN」は、丈夫で柔軟性の高い牛革を使用しています。また、ケースの内側は、PC材質が使われているため型崩れしにくく、装着しやすいつくりになっています。

カラーはコーヒー、ブラック、ブラウン、レッドの4種類が用意されており、丈夫さと機能性、スタイリッシュさを兼ね備えたケースであるでしょう。

おすすめのおしゃれなAirPodsケース

AirPodsケースを選ぶのなら、耐久性や機能性ではなく、おしゃれさを第一にして探したい人もいるでしょう。そこで、おしゃれでデザインセンスが優れているケースを4つ紹介します。

AirPods ケース Casestudi

「Casestudi」は、ポリカーボネート素材でできており、ホコリがつきにくくなっています。また、表面にはUVコーティングがされているため、表面に光沢があり、傷や湿気に強くなっています。長く使っていても丈夫なAirPodsケースです。

気になるデザインは、花柄やネコ柄など、おしゃれでかわいいものが用意されています。カラーとデザインの豊富な組み合わせが楽しめるところもポイントです。

AirPodsケース ミックスカラー DamonLight

「DamonLight」は、ふたと本体の色が違うという、おしゃれなデザインになっています。このことに抵抗感がある人もいるかもしれませんが、本体と同じ色のふたもセットになっているので大丈夫です。

また、0.7ミリのシリコン素材なので衝撃を吸収でき、スリムで滑らかなフォルムで使いやすくなっています。海外製ですが、動画で取り付け方法が説明されているのでその点も安心できます。

AirPods用ケースカバー LBOTOO

「LBOTOO」は、オリジナルのフクロウデザインがかわいらしいケースです。少し吊り目になっているフクロウの強い存在感によって、印象的なものに仕上がっています。また、色のバリエーションも豊富で、好きな色を選べます。

シリコン素材製で、表面には特殊な加工が施されているため、傷や汚れがつきにくく、長く使うことができます。さらに、ふたが90度開くので、AirPodsの出し入れがしやすくなっています。デザイン性はもちろん、耐久性や機能性もしっかりと確保されています。

ネオン AirPods ケース スキン CASETiFY

「CASETiFY」の「ネオンは、」ビビッドなネオンカラーがポップな印象を与えるケースです。デザインのポップさだけでなく、耐久性の強い高品質なシリコン製である点もポイントです。

カラーのラインナップは、ネオンカラーをミックスしたバイカラーの4色になっています。ポップな印象がお好みであれば、こちらを検討してみてください。

おすすめの機能性抜群のAirPodsケース

耐久性やおしゃれさよりも、機能性を重要視したい人もいるでしょう。ここでは、おすすめの機能性抜群のAirPodsケースを3つ紹介します。

Apple AirPodsケース GDOO

このAirPodsケース「GDOO」は落下などの衝撃に強く、防水仕様にもなっています。さらに、防塵であったり、カラビナ付であったり、デザインよりも機能性重視の人におすすめのケースです。

また、価格も2,000円台と、機能が充実していながらお求めやすくなっています。

AirPods ケース AhaStyle

「AhaStyle」は、第1世代と第2世代の両方に対応しています。ケースをつけてもLED指示ライトが見えるタイプです。また、ハンドストラップとメタルカラビナが付いており、持ち運びに便利です。

値段は、1,000円台で、高い機能性とコストパフォーマンスを兼ね備えたケースです。

AirPodsカバー T98

「T98」は、カバーに衝撃に強い金属製のものを採用しています。そのため、防塵・防水・耐衝撃機能に優れています。紛失防止ストラップ、イヤーピース、カラビナ、ホルダーなど便利な付属品もついており、機能性に関しては抜群といってよいAirPodsケースです。

AirPodsのケースを選ぶときの注意点

AirPodsケースには、素材やデザイン、機能が異なるさまざまなものがあります。そのため、よく理解して購入しないと後悔することもあります。

ここでは、AirPodsのケースを選ぶときの注意点を3点解説していきます。納得のいくAirPodsケースを選ぶ参考にしてください。

ケースの材質を確認する

AirPodsケースの材質は、主にシリコン、ポリカーボネート、PUレザー、本革の4種類があります。しかし、それぞれ特徴があるので、自分に合ったものを選ぶ必要があります。

例えば、とにかく本体を落として壊すのを避けたいのであればシリコン製を選んだり、長く使っていく上で劣化が目立ちにくいものならポリカーボネートがおすすめです。

ただし、今あげた素材でも経年劣化によって黄ばんだり、強い力が加わったときに割れてしまったりと、素材によってデメリットがあります。

詳しくはつぎの表で簡単にまとめておきました。自分の好みにあった素材のケースを選んでください。

素材 メリット デメリット
シリコン 衝撃吸収性が高い 経年劣化によって黄ばんだりする
ポリカーボネート 重量が軽く、劣化しずらい 表面がつるつるしているので落としやすい、強い力が加わるとひびが入ることも
PUレザー(合成皮革) 撥水性が高い、値段が安い 直射日光があたったり、湿度が高いとボロボロになってしまう
本革 耐久性は高い、風合いの変化を楽しめる 水分に弱く、すぐにシミができてしまう

ケースに入れたまま充電できるか確認する

毎日充電のたびに、いちいち外に取り出して、充電が終わったら中に入れることは意外と面倒な作業です。

AirPodsケースによっては、充電のたびにケースから取り出さなくても充電できるものがあるので、そちらがおすすめです。購入前にそれができるかどうか確認してみてください。

ワイヤレス充電に対応したケースか確認する

AirPodsの充電ケースには、ワイヤレス充電対応のものと、非対応のものがあります。それぞれに対応したケースを選ばないと、ランプが見えなかったり、ボタンが押せなかったりするので注意が必要です。

外見から確認するポイントは、LEDランプの位置とリセットボタンの位置が違う点です。例えば、ワイヤレス充電対応であれば対応しているものは本体の前面にLEDランプがありますが、非対応の場合にはありません。また、パッケージなどに「ワイヤレス充電対応」と記載されているかも確認してみてください。

AirPodsにケースをつけて長く大切に使おう

AirPodsのケースには、シリコン素材やレザー素材などがあります。また、デザイン性もメーカーで異なっており、おしゃれなものもたくさんあります。もちろん、防水加工になっていたりと機能面が充実しているケースもあるのです。

ただし、材質にはメリットとデメリットもありますし、ケースに入れたまま充電できたり、ワイヤレス充電に対応したケースか確認する必要があります。これらをしっかりと理解した上で、ぜひあなたに合ったAirPodsケースをつけて長く大切に使ってください。

Y!mobile1,080円~

公開日時 : 2019年12月24日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。

関連キーワード