Androidおすすめ

6インチ以上の大画面スマホおすすめ18選 | 大型スマホをご紹介

2019年最新の大画面スマホおすすめ14選をご紹介します。ファブレットとも呼ばれる6インチの大画面スマホは様々なシーンで使われています。大きいスマホでゲームや電子書籍、動画配信を楽しみたい方は必見です!
モバイル保険 6インチ以上の大画面スマホおすすめ18選 | 大型スマホをご紹介

スマホは大きいほどいい、そう思っている方は多いでしょう。iPhone Plusのように、同じスペックでサイズ違いが発売されていることから、大きな端末のニーズがあることは明白です。

今回は大きなスマホとして、6インチ以上のスマホを紹介していきます。大型のスマホをお探しの方は参考にしてください。

変わりゆく6インチスマホのイメージ

「6インチスマホ」と聞いて、あなたは大きいと感じるでしょうか。おそらく、数年前に比べて6インチスマホに持つイメージは大きく変わったはずです。

ディスプレイは年々巨大化している一方、本体は小型化してきたからです。

ちなみに、6インチを超える大画面スマホの原点と言えばXperia Z Ultraです。5インチでも大きいと言われていた2013年に、6.44インチの大画面ディスプレイを持って登場し、日本では翌年の2014年に発売が開始されました。

その後AppleからiPhone XS Maxが発表されます。iPhone XSと同時に発売されたサイズの大きいスマホです。

iPhone XS MaxとXperia Z Ultraのサイズがどのくらい違うのか、数字で比べてみましょう。ちなみに最新の端末の中で最も大きいiPhone 12 Pro Maxも一緒に比較してみましょう。

スマホ ディスプレイ 縦幅 横幅 厚さ
Xperia Z Ultra 6.44インチ(1920×1080) 179mm 92mm 6.5mm
iPhone XS Max 6.5インチ(2688×1242) 157.5mm 77.4mm 7.7mm
iPhone 12 Pro Max 6.7インチ 160.8mm 78.1mm 7.4mm

ここ近年、ベゼルレスのスマホが急激に増えて、ディスプレイの大きさがそのまま筐体の大きさ、もしくはほとんど差がなくなってきています。かつては片手では使えない6インチスマホも、今は男性であれば片手使えるほどのサイズになっています。

6インチスマホのイメージが、ここ数年で大きく変わったことを理解してもらえたでしょうか。ここからは2018年の夏以降に発売された、6インチ台のスマホを大きい順に紹介していきます。

6.7インチサイズのスマホ

最も大きい6.7インチのディスプレイを持つスマホは、現在iPhone 12 Pro Maxのみです。

Apple「iPhone 12 Pro Max」

  • 画面サイズ:6.7インチ(2788×1284)Super Retina XDRディスプレイ
  • 本体サイズ:縦16.08cm、横7.81cm、厚さ0.74cm
  • 本体重量:226g

2020年秋に発売されたiPhone 12 Pro Max。現在発表されているiPhoneの中で最も大きなサイズです。その大きさはなんと6.7インチ。

最新のチップA14 Bionicを搭載しつつ、iPhone 5を彷彿とさせるデザインでAppleが好きな方の心をつかむようなモデルとなっています。

iPhone 12 Pro Maxをドコモで購入する

iPhone 12 Pro Maxと同時に発表されたiPhone 12シリーズの違いを詳しく解説した記事がありますので、ぜひあわせてお読みください。

6.5インチサイズのスマホ

6.5インチのディスプレイを持つスマホは、現在iPhone XS Maxのみです。

Apple「iPhone XS Max」

  • 画面サイズ:6.5インチ(2688×1242)※有機EL
  • 本体サイズ:縦15.8cm、横7.7cm、厚さ0.8cm
  • 本体重量:208g

iPhone XS MaxもiPhone 11 Pro Maxと同じく大きなディスプレイを持つスマホです。

iPhone XS Maxは端末の表面積のほとんどをディスプレイにした「オールスクリーン・デザイン」を採用し、見事に筐体の小型化に成功した事例といえます。また、単純にディスプレイが大きいだけでなく、ハイエンドモデルらしく性能もトップクラスです。スキのない大型スマホと言えるでしょう。

iPhone XS Maxをドコモで購入する

6.4インチサイズのスマホ

6.4インチとなると、少し端末の数は増えますが製造しているメーカーは限られています。

\新キャンペーン続々登場!/
UQ

OPPO「R17 Neo」

  • 画面サイズ:6.4インチ(2340×1080)※有機EL
  • 本体サイズ:縦15.8cm、横7.5cm、厚さ0.7cm
  • 本体重量:156g

日本ではあまり馴染みのメーカーであるOPPO。大手キャリアでは取り扱っておらず、こちらの端末もUQモバイル専売となっています。日本で初めてディスプレイに指紋センサーを内蔵した端末として有名です。

R17 NeoをUQモバイルで購入する

OPPO「R17 Pro」

  • 画面サイズ:6.4インチ(2340×1080)※有機EL
  • 本体サイズ:縦15.8cm、横7.5cm、厚さ0.8cm
  • 本体重量:183g

こちらもOPPOの端末。Neoに比べて若干厚く、重いですがディスプレイのサイズは同じです。R17 Proは楽天モバイルの専売となっています。Neoと同じく、ディスプレイに指紋センサーが内蔵された端末となっています。

R17 ProをIIJmioで購入する

ファーウェイ「HUAWEI Mate 20 Pro」

  • 画面サイズ:6.39インチ(3120×1440)※有機EL
  • 本体サイズ:縦15.8cm、横7.2cm、厚さ0.9cm
  • 本体重量:189g

2018年の末に発売されたファーウェイのフラグシップモデル。ソフトバンクが取り扱っています。大きな特徴はLeica性のトリプルレンズカメラ。背面には3つのレンズとフラッシュがスクエア状に配された独特なデザインをしています。

HUAWEI Mate 20 Proを楽天モバイルで購入する

6.3インチサイズのスマホ

6.3インチとなると、多くのメーカーが端末を提供しています。

Google「Pixel 3 XL」

  • 画面サイズ:6.3インチ(3200×1800)※有機EL
  • 本体サイズ:縦15.8cm、横7.7cm、厚さ0.8cm
  • 本体重量:184g

これまでAndroidOSを提供してきたGoogleが自らメーカーとなって作っているPixelシリーズの第三段。三作目でようやく日本でも発売が開始されました。ドコモとソフトバンクで取り扱っており、サイズが一回り小さい「Pixel 3 」も販売されています。

Pixel 3 XLをドコモで購入する

ASUS「Zenfone Max(M2)」

  • 画面サイズ:6.3インチ(1520×720)
  • 本体サイズ:縦15.8cm、横7.6cm、厚さ0.8cm
  • 本体重量:160g

「特定の周波数帯を使用できない不具合」が原因で一度は販売中止になった端末。現在は販売が再開されています。販売中止になる前の端末を購入して、まだ返品・交換をしていない方は電波法に抵触する可能性があるため、速やかに対応しましょう。

ASUS「Zenfone Max Pro(M2)」

  • 画面サイズ:6.3インチ(2280×1080)
  • 本体サイズ:縦15.8cm、横7.6cm、厚さ0.9cm
  • 本体重量:175g

Zenfone Max(M2)の上位互換のモデルです。ディスプレイのサイズは同じですが、画面解像度が高く、輝度も高いため、Zenfone Max Proの方が明るく鮮明な画像を楽しめるでしょう。また強化ガラスを採用しているため、大きいだけでなく高い耐久線も持っています。

Zenfone Max Pro(M2)をBIGLOBEモバイルで購入する

ファーウェイ「HUAWEI Mate 20 lite」

  • 画面サイズ:6.3インチ(2340×1080)
  • 本体サイズ:縦15.8cm、横7.5cm、厚さ0.8cm
  • 本体重量:172g

ビックカメラから限定発売されて注目を浴びた端末。顔認証と指紋認証を搭載していて、セキュリティ性能が高い特徴があります。またDSDVにも対応して2枚のSIMを使えるのも、一部の人に人気の理由です。

HUAWEI Mate 20 liteを楽天モバイルで購入する

6.2インチサイズのスマホ

6.2インチになるとさらにメーカーは増えますが、まだキャリアで扱っている端末は少ないです。

シャープ「AQUOS zero」

  • 画面サイズ:6.2インチ(2992×1440)※有機EL
  • 本体サイズ:縦15.4cm、横7.3cm、厚さ0.9cm
  • 本体重量:146g

発売当時は6インチ以上のディスプレイをもち、3,000mAh 以上のバッテリーをもつスマホの中では最軽量のスマホでした。発売当初はソフトバンクからの発売でしたが、2019年になりSIMフリーの端末も発売されています。

AQUOS zeroをソフトバンクで購入する

LG「LG Q Stylus」

  • 画面サイズ:6.2インチ(2160×1080)
  • 本体サイズ:縦16.0cm、横7.8cm、厚さ0.9cm
  • 本体重量:172g

大画面を活かして、端末に収納できるペンを使って操作できる端末です。画面は大きくても表示範囲を狭める「ミニビュー機能」もあるので、手の小さい方でも快適に操作することが可能です。楽天モバイルの専売となっております。

LG Q Stylusを楽天モバイルで購入する

OPPO「AX7」

  • 画面サイズ:6.2インチ(1520×720)
  • 本体サイズ:縦15.6cm、横7.5cm、厚さ0.8cm
  • 本体重量:168g

先に紹介したOPPO端末のような、指紋センサーを搭載したディスプレイはありませんが、お求めやすい価格が魅力の端末です。価格の割に大容量のバッテリーや高性能カメラを搭載しており、コストパフォマンスのいい1台です。こちらも楽天モバイルの専売です。

AX7を楽天モバイルで購入する

ファーウェイ「HUAWEI nova lite 3」

  • 画面サイズ:6.21インチ(2340×1080)
  • 本体サイズ:縦15.5cm、横7.3cm、厚さ0.8cm
  • 本体重量:160g

格安SIMで発売されており、そのコスパのよさから人気の高い端末。価格は2万円台と求めやすいが、AIを搭載したダブルレンズを搭載の搭載と大画面ディスプレイで、同価格帯の端末よりも目を引く1台です。フルHD+搭載で、美しい表現で大画面ディスプレイを十分に堪能できます。

HUAWEI nova lite 3を楽天モバイルで購入する

6.1インチサイズのスマホ

6.1インチともなると、キャリアでも扱っている端末が増えてきます。

Apple「iPhone 12」

出典:Apple
  • 画面サイズ:6.1インチ(1792×828)
  • 本体サイズ:縦14.67cm、横7.15cm、厚さ0.74cm
  • 本体重量:162g

iPhone 12は2020年秋にAppleから発表されたモデルです。iPhone 12 Proと画面サイズは同じですがややiPhone 12の方が重さが軽いです。

価格もiPhone 12 Proに比べて安価なため、手に入れやすいモデルとなっています。

iPhone 12をドコモで購入する

Apple「iPhone 12 Pro」

出典:Apple
  • 画面サイズ:6.1インチ(1792×828)
  • 本体サイズ:縦14.67cm、横7.15cm、厚さ0.74cm
  • 本体重量:187g

iPhone 12 Proは2020年秋に発表されたiPhone 12シリーズの一つです。iPhone 12と同じ画面サイズを持ちながら、そのスペックはiPhone 12 Pro Maxとほとんど同じ。

最新チップのA14 Bionicはもちろんのこと、カメラにもLiDARスキャナがついており、手のひらサイズで最新技術を楽しめるスマホとなっています。

iPhone 12 Proをドコモで購入する

Apple「iPhone 11」

iPhone 11 出典:Apple
  • 画面サイズ:6.1インチ(1792×828)
  • 本体サイズ:縦15.09cm、横7.57cm、厚さ0.83cm
  • 本体重量:194g

iPhone 11は2019年秋に発表されたiPhoneです。iPhone 12の登場によりiPhone 11 Pro/Pro Maxの販売が終了した中で残っているiPhone 11。

iPhone 12に性能は劣りますが、安価な価格でしっかりとした性能を持ち合わせているスマホといえます。

iPhone 12 Proをドコモで購入する

Apple「iPhone XR」

  • 画面サイズ:6.1インチ(1792×828)
  • 本体サイズ:縦15.1cm、横7.6cm、厚さ0.8cm
  • 本体重量:194g

言わずとしれたiPhoneシリーズの最新作です。高性能を売りにしたiPhoneXSに比べて、お求めやすい高性能スマホであるiPhoneXR。XSのような最新技術は搭載していませんが、これまでの高性能技術がうまくまとめられていて、評価の高い1台です。

iPhone XRをドコモで購入する

ファーウェイ「HUAWEI P20 Pro」

  • 画面サイズ:6.1インチ(2240×1080)※有機EL
  • 本体サイズ:縦15.5cm、横7.4cm、厚さ0.8cm
  • 本体重量:180g

今やHUAWEI PシリーズはLeicaのレンズが搭載されるのが一般的になっていますが、初めてLeicaのトリプルレンズを取り入れたのが、この1台です。

単にカメラの性能がいいだけでなく、AIを搭載することによるプロのような写真が気軽に撮れるのも大きな特徴。大画面ディスプレイを活かして、撮影した写真を楽しみましょう。

HUAWEI P20 Proをドコモで購入する

こちらの記事でも、6インチ以上の大画面スマホを紹介しているので参考にしてください。

公開日時 : 2020年10月14日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード