LINEモバイルの評判・口コミは悪い?実際に契約した料金・速度とメリット・デメリット

LINEモバイルは全料金プランでLINEが使い放題なので、少ない容量の料金プランを契約して節約したいという方におすすめです。他にも、instagram・Twitterなどとした主要SNSも使い放題です。当サイト限定のキャンペーンも紹介しているのでぜひ参考にしてください。
BIGLOBEmobile20190724_desc LINEモバイルの評判・口コミは悪い?実際に契約した料金・速度とメリット・デメリット

今やスマホ利用者のほとんどが利用しているLINE。格安SIMはLINEのID検索ができなくて不便ですが、LINEモバイルなら快適にLINEが利用できます。

今回はLINEにどんなメリット・デメリットがあるのか、口コミ・評判は悪いのか解説していきます。

結論から言うと、LINEモバイルは料金が安い上にSNSが使い放題になると評判の格安SIMでした。

出典:LINEモバイル

LINEモバイルは全料金プランでLINEが使い放題のため、少ない通信容量でも快適にネットを使うことができます。

加えて他の格安SIMでは使えない「LINEのID検索」ができたり、クレジットカードなしで契約できたりと、他社にはない魅力があります。

【キャンペーン実施中】LINEモバイルのお申込みはこちら

そのためLINEモバイルは、乗り換えで通信料金を節約したい方にぴったりの格安SIMです。詳しいLINEモバイルの口コミ・評判については、このまま記事を読み進めてみてください。

楽天モバイル

LINEモバイルの良い口コミ、悪い口コミまとめ

LINEモバイルの口コミをそれぞれまとめました。気になる評判をタップすれば、すぐに読むことができます。

LINEモバイルの良い口コミ・評判

様々な魅力があるLINEモバイルですが、実際の口コミや評判はどうなのでしょうか。LINEモバイルに対する、インターネット上の口コミ・評判を一部ご紹介します。

1.主要なSNSがデータフリーで使える

LINEモバイルの最大の特徴といえば、LINEをはじめとした各種SNSがデータフリーで使える点です。

データフリーとは、対象サービスを使ってもデータ通信量が消費されないことをいいます。定められたサービスであれば、どんなに使ってもデータ通信量がなくならないため使い放題です。

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • LINE MUSIC

もちろん通信容量を使い切って低速通信に切り替わった後も、カウントフリーのサービスであれば高速通信で利用できます。どのSNSがカウントフリーなのかはプランによります。

もし特定のSNSを多く使うことがわかっている場合には、カウントフリーになるプランを選べば少量でも事足りるので節約になるでしょう。

スマホはほとんどSNS利用がメインという方にとっては、我慢せずにスマホ代を節約できるお得なプランです。実際に使っている方の口コミ・評判でも、LINEモバイルだからこそ通信制限がかからなかったという声も上がっています。

インスタのストーリー機能や動画などは、データ通信量が多いので、利用者にとっては嬉しいポイントですね。

LINEモバイルのデータフリーオプションの料金表は以下のとおりです。

データフリーオプション 月額料金(税抜) 対象サービス
LINEデータフリー 0円 LINE利用時のデータ通信量がゼロ
SNSデータフリー 280円 LINE、Twitter、Facebook利用時のデータ通信量がゼロ
SNS音楽データフリー 480円 LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSIC利用時のデータ通信量がゼロ

【キャンペーン実施中】LINEモバイルのお申込みはこちら

出典:LINEMUSIC

また、LINE MUSICもデータフリーで使い放題になります。音楽のストリーミング視聴やダウンロードはかなりデータ通信料が多く、気づけば通信制限に、ということも少なくありません。

ぜひLINEモバイルでLINE MUSICを使ってみてください。インストールと会員登録は無料となっています。

LINE MUSICを無料インストールする!

2.テザリングした端末でもデータフリーが適用される

LINEモバイルの「データフリーオプション」のメリットは、スマホで使う時ばかりではありません。LINEモバイルでは、テザリングした端末でも対象SNSが使い放題になります。

そのため1台LINEモバイルを契約しておけば、タブレットや自宅のPCもギガを気にせず使うことが可能です。

大手キャリアのプランでさえ、テザリング端末のデータ使い放題はありません。安くて使いやすい点が、良い口コミ・評判を生んでいるようです。

【キャンペーン実施中】LINEモバイルのお申込みはこちら

3.LINEのID検索・年齢認証ができる

格安SIMのデメリットといえば、LINEの年齢確認といえばID検索ができないことです。大したことではないように思えますが、現代人の必須アプリとも言えるLINEの機能が制限されるのは不便なものです。

しかし、LINEモバイルは格安SIMの中で年齢認証とID検索が可能です。これまでLINEでの年齢認証ができないことがネックで、格安SIMに乗り換えられなかったという方はLINEモバイルを活用しましょう。

【キャンペーン実施中】LINEモバイルのお申込みはこちら

4.豊富なキャンペーンでお得に契約できる

LINEモバイルでは、毎月のようにお得なキャンペーンが実施されています。月額料金割引から端末割引まで、実に様々です。

不定期で開催されるキャンペーンに加え、友人からの招待で事務手数料が無料になる招待キャンペーンなどもあります。招待キャンペーンは常に実施されているので、周りにLINEモバイル契約者がいる方はぜひ活用しましょう。

最新のLINEモバイルキャンペーンの情報をまとめていますので、ご覧ください。

月額基本利用料3ヶ月500円キャンペーン

出典:LINEモバイル
  • 2020/8/26(水)〜 終了日未定

LINEモバイルでは、2020年8月26日からベーシックプラン(音声通話SIMを3GB以上)を契約すると月額基本利用料から3ヶ月間980円割引されるキャンペーンを実施しています。

データSIM(SMS付き)やベーシックプラン500MBはキャンペーン対象外のためご注意ください。また、初月の月額基本利用料は日割り計算となります。

ベーシックプランに加えて月額0円で利用できるLINEデータフリーオプションを選んだ場合、キャンペーン適用時の料金は以下のようになります。

データ容量 初月 2~4ヶ月目 5ヶ月目以降
3GB 初月の月額基本料金は 日割り計算 500円 1,480円
6GB 1,220円 2,200円
12GB 2,220円 3,200円

※すべて税抜価格です。

月額280円のSNSデータフリーオプションと、月額480円のSNS音楽データフリーオプションを選んだ場合でも、月額基本利用料から3ヶ月間980円割引されます。

【LINEモバイル】最新キャンペーンはこちら

冬のモトローラSALE

出典:LINEモバイル
  • 期間:2020年11月20日~2021年1月27日
  • 対象端末:moto g9 play / moto g8 plus

LINEモバイルでは、モトローラの新端末「moto g8 play」の発売を記念して、モトローラの対象端末がセール価格で販売されています。

対象端末は、10月30日に発売された「moto g9 play」と、使いやすさが魅力的な「moto g8 plus」の2機種です。それぞれのセール期間中の価格(税抜)は、以下の通りです。

moto g9 play moto g8 plus
一括払い 14,800円 24,000円
分割払い(24回) 616円~ 1,000円

moto g9 playは、4,800万画素トリプルカメラとLEDフラッシュを搭載しており、明るく鮮明な写真を撮影できます。

また、5,000mAhの大容量バッテリーは、1回の充電で2日以上の駆動が可能。音楽再生なら83時間、動画視聴なら16時間楽しめる驚異のバッテリー持ちを実現しています。

moto g8 plusも、優れた性能を持っているコストパフォーマンスに優れたモデルです。どちらも、この価格で購入できるのは今だけなので、検討している方は早めに購入することをおすすめします!

なお、こちらのキャンペーンは、LINEモバイルに契約済みの方で機種変更の場合も適用されますが、セール価格となるのは一括払いのみです。

【LINEモバイル】最新キャンペーンはこちら

5.どのキャリアからも乗り換えできる

LINEモバイルはドコモ・au・ソフトバンク回線を利用しているので、どのキャリアからも乗り換えできて安いのは大きな魅力でしょう。

LINEモバイルは大手3キャリアに対応しているため、乗り換えやすさが魅力です。シンプルな料金形態はユーザーの満足度を上げています。

また、LINEモバイルでSIMカードだけを契約し、スマホはこのまま使いたいというニーズも満たしています。たまに速度が遅いと感じることがあっても、その不便を埋めて余りあるメリットの数々です。

【キャンペーン実施中】LINEモバイルのお申込みはこちら

6.余った通信容量は繰り越しできる

余った通信料が翌月に持ち込めるのは意外に嬉しいもの。きっと多くの人が少し余裕を見てプランを選んでいるので、毎月少しだけ通信容量を余しているものだと思います。

たまにスマホで高速通信を多く使う月があっても、前月からの持ち越しがあれば、月末の低速通信を避けれるというもの。通信量の持ち越しは大手キャリアにはないメリットなので、嬉しい方も多いでしょう。

【キャンペーン実施中】LINEモバイルのお申込みはこちら

7.種類豊富な格安SIM対応端末から選べる

格安SIMで携帯代は抑えたいとはいえ、端末はしっかりお気に入りのものを選びたいという方も少なくないでしょう。しかし、格安SIMは概して端末の種類が少なく、限られた端末の中からしか選べません。

その点、LINEモバイルはZenFoneやAQUOSシリーズなど端末を豊富に用意しています。格安SIMでお気に入りの端末を見つけられなかったという方は、ぜひLINEモバイルを覗いてみましょう。

機種変更したい、LINEモバイルのおすすめ端末・スマホを厳選紹介した記事もご覧ください。

【キャンペーン実施中】LINEモバイルのお申込みはこちら

8.クレジットカードなしでも契約できる

一般的には格安SIMではクレジットカードがなければ契約できません。そのためクレジットカードなしで契約できる格安SIMは貴重です。

LINEモバイルは、クレジットカードなしでも契約できます。「LINE Payカード」というチャージ式のプリペイドカードで支払いができ、コンビニで購入・チャージが可能です。

携帯代はあらかじめチャージして置いた金額から引き落とされるので、携帯代分は忘れずにチャージしておきましょう。

【キャンペーン実施中】LINEモバイルのお申込みはこちら

9.未成年でも契約できる

未成年者も多くの格安SIMでは契約できません。しかし、LINEモバイルでは未成年者でも契約が可能です。未成年者はクレジットカードを作るのが難しいと思いますが、上記で紹介したLINE Payカードを利用します。

LINEモバイルで未成年者が契約できるとはいえ、18歳以上であることや、保護者の同意が必要なことなど、様々な条件があります。

保護者である「契約者アカウント」と、実際に利用する未成年の「利用者アカウント」を連携しておくと、余ったデータ量をあげたり、親が子供の利用状況を確認できるのでおすすめです。

【キャンペーン実施中】LINEモバイルのお申込みはこちら

10.無料でフィルタリングアプリが利用できる

格安SIMの中には、有料オプションとしてセキュリティ機能を使える場合が多いですが、LINEモバイルでは無料でフィルタリングアプリでセキュリティができます。フィルタリングアプリでできることは次の3つ。

  • 年齢に応じて閲覧サイトのフィルターがかけられる
  • PCから子供の検索履歴が確認できる
  • 長時間のスマホ利用を制限できる

親が安心して子供にスマホを持たせられるような配慮がされていますね。

GPS機能もついているので、端末を使って子供がどこにいるのか確認するのにも役立ちます。スマホを持ちたいこどもが、親を説得するための材料としても役立つでしょう。

【キャンペーン実施中】LINEモバイルのお申込みはこちら

LINEモバイルの悪い口コミ・評判

LINEモバイルの悪い口コミ・評判についても見ていきましょう。実際にLINEモバイルを利用したユーザーの声も紹介します。LINEモバイルの契約時の注意点や決済方法についてまとめました。

1.通信速度がそこまで速くない

LINEモバイルの通信速度が遅いという、不満の口コミ・評判もいくつか見受けられました。

格安SIMを大手キャリアの通信回線の一部を借りてサービス提供しているため、ユーザー増加や時間帯によって速度が遅くなりやすい特徴があります。

特に大手キャリアから格安SIMに乗り換えたばかりの方は、格安SIMの速度に慣れるまでストレスを感じるかもしれません。

キャリアよりも比較的遅い傾向にあるものの、常に通信速度が遅いわけではないです。現に、LINEモバイルの速度が速いという口コミや評判もあるため、使う時間帯や使い方によっても感じ方は様々なようです。

2.最低利用期間がある

LINEモバイルの音声通話SIMには、12ヶ月の最低利用期間が設定されています

契約してから12ヶ月以内に解約してしまうと、契約時期によっては最大9,800円の違約金が発生してしまうのです。試しに格安SIMを使ってみたいという人にとってはリスクが大きいですね。

試しにデータ専用SIMで契約してから、後から音声通話SIMに変えたいと思っている方もいるかもしれませんが、これも注意が必要です。

ラインモバイルは、同じサービスタイプでしかプラン変更ができないため、データ専用SIMから音声通話SIMにプラン変更ができません。データ専用SIMから音声通話SIMに変える際には、一度解約して再契約する必要があります。

3.口座引き落としができない

クレジットカードなしでも契約できる、数少ない格安SIMであるLINEモバイルですが、口座引き落としができないという落とし穴もあります。

BIGLOBEモバイルや楽天モバイルといった、クレジットカードなしでも契約できる格安SIMは、口座引き落としに対応しているので、注意が必要です。

先述したように、クレジットカードを持ってない方がLINEモバイルを契約するにはLINE Payカードが必要になります。カードを作ったり、チャージするのは面倒かもしれませんが、クレジットカードを持ってない方は活用しましょう。

4.SMSなしのプランがない

一般的な格安SIMでは、データ専用SIMには「SMSつき」と「SMSなし」の2種類を用意しています。SMSとは70文字以内のショートメッセージ機能です。

LINEなどのメッセージアプリが普及している今では、使う人も少ないと思いますが、他にも小さなメリットがいろいろあります。そのため、SMSなしのプランはSMSつきに比べて、微妙に安い料金設定となっているのが一般的です。

しかし、LINEモバイルではSMSなしのプランがなく、SMSつきのプランしかありません。基本的にはSMSつきの方がおすすめではありませんが、少しでも安くしたいと思っても、SMSなしの選択肢がありません。

LINEモバイルは評判の良い格安SIMだった

今回は、実際にLINEモバイルを利用した・しているユーザーの口コミと評判をもとに、メリットとデメリットを紹介しました。

格安SIMならではの通信速度の問題は、どのユーザーも抱えているようですね。

速度重視で格安SIMを探している方は、人気格安SIMの通信速度や料金を比較し、おすすめ格安SIMを解説した記事もご覧ください。

LINEモバイルの新料金プランについてもまとめていますので、ぜひご覧ください。

【キャンペーン実施中】LINEモバイルのお申込みはこちら

  iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2020年03月11日

鈴木光平 ― ライター
鈴木光平 ― ライター

フリーのライター、趣味は料理とダンス。たまに公園で踊ってます。見かけたら声かけてください。喜びます。結婚してからは料理男子。妻の美容と健康のために頑張ったらハワイでモテる身体に近づけてしまいました。