OCN光

NURO光の工事は2回必要!開通までの流れや費用を徹底解説

新しくNURO光を導入するためには、宅内工事と屋外工事の計2回の工事が必要です。この記事では現在NURO光の導入を検討している人に向け、申し込みから開通までの流れや、工事の費用、困ったときの問い合わせ先について詳しく解説します。
【公式】カシモWiMAX NURO光の工事は2回必要!開通までの流れや費用を徹底解説

利用可能エリアが拡大してきているNURO光ですが、導入を検討しているなら、工事にかかる時間や費用について知っておくと計画を立てやすくなります。

この記事ではNURO光の申し込みから開通までの流れ、工事にかかる費用や知っておきたいFAQを紹介します。

NURO光の工事・開通までの流れ

出典:NURO光

ここではNURO光の工事と開通までの流れを解説します。

NURO光を利用するには2回の工事が必要です。1回目は部屋の環境を整えるための宅内工事2回目は光ケーブルを引き込むための屋外工事です。

工事・開通までに1~2ヵ月程度かかります。北海道や東北・関西・九州エリアは工事状況によってはさらに1~2ヵ月かかる場合があります。

工事の日程を確認してから現在契約中の回線を解約しましょう。

1.NURO光の工事を申し込む

公式Webサイトまたは電話で申し込めます。

電話で申し込む場合には、1回目の工事(宅内工事)の日程を予約できませんが、オンラインであれば契約申し込みと、宅内工事の日程予約が可能です。

【キャッシュバック実施中】NURO光のお申込みはこちら

2.NURO光の宅内工事日を決める

申込時に宅内工事日を選択の有無で、連絡が来るまでの期間に違いが生じます。

工事日を選択した場合には約3~4日後に、申し込み時に登録した携帯電話番号とSo-netのメールアドレス宛に宅内工事日決定の連絡が来ます。

宅内工事希望日を選択しなかった場合は、約10日後にNURO光開通センターから、電話かSMSで日程調整の連絡が入ります。

3.NURO光の宅内工事

宅内工事は立会いが必要で、その場で無線ルーターの設置場所を業者と相談しながら決めます。

初めに部屋の外壁にビスで光キャビネットを取り付けます。

このキャビネットは屋外工事で電線から光ケーブルを引くときの接続口になります。取り付けの際、ビス止めのために、外壁に直径約3~4mmの穴をあけます。

ビス穴をあけられない場合には、壁面用の両面テープでキャビネットを固定します。この場合、落下防止のため吊り線が設置されます。

次に、取り付けた光キャビネットから、光ケーブルを宅内に引き込みます。

方法は次の3種類あり、部屋の状況に合わせて最適な方法が用いられます。いずれの場合にも、必ず契約者本人に了承を得てから設置されます。宅内工事にかかる時間は約1~2時間です。

電話線などの既存の配線を利用する

室内にある電話線などの光アウトレットを、光コンセント対応用の光アウトレットに交換します。

エアコンのダクトを利用する

エアコンのダクトの隙間から光ケーブルを通して、光ローゼットを取り付けます。ダクトの隙間を利用しますが、ケーブルの固定のためにビス穴をあけることがあります。

新たに壁に穴をあける

壁に小さな穴をあけて光ケーブルを通し、光ローゼットを取り付けます。

また、賃貸物件の場合には、光キャビネット設置のために建物のオーナーや所有者の許可が必要です。

これはNURO光の業者が行うのではなく、賃貸契約している本人が前もって許可をもらう必要があります。

4.NURO光の屋外工事日を決める

宅内工事が済んだら、屋外工事日を決めます。

建物への光ケーブル提供方法が確定して、工事日調整の準備が整ったら、連絡がきて工事日を決めます。

工事の日程調整には30日程度かかることがあります。自宅近くまで光ケーブルが来ていない場合には、その場所まで光ケーブルを引いてくる工事が必要です。

その場合はさらに時間がかかる可能性があります。

5.NURO光の屋外工事を行ってもらう

屋外工事にも立会いが必要です。最寄りの電柱から部屋に光ケーブルを引き込み、宅内工事のときに設置した光キャビネットに接続します。工事にかかる時間は1~2時間程度です。

屋外工事が終われば、開通工事が完了です。

NURO光20200203_incontent

NURO光の工事を早めることはできる?

NURO光の申し込みから開通工事完了まである程度時間がかかることがわかりましたが、工事期間を早めることはできるのかどうかについて見ていきます。

NURO光の工事は遅い?2回必要

NURO光の工事は、宅内工事と屋外工事が必要です。

NURO光は、NTTが使っていない光ケーブル「ダークファイバー」と呼ばれる部分を利用するため、屋外工事と宅内工事を行う業者が違います。

屋内工事はNURO光のサービスを提供しているSo-netが行いますが、屋外工事はSo-net以外の業者が担当するので工事が2回に分かれています。

例外として、NURO光forマンションの場合はすでに光ケーブルを最寄りの電柱からマンションの設備に引き入れる屋外工事が終っているので、宅内工事の1回で終わるケースがあります。

1回にするためには別料金がかかる

宅内工事と屋外工事を同日に行えます。しかしすべての地域、すべてのプランで利用できるというわけではありません。

関東地域で、戸建て住宅であるという条件を満たしていれば可能です。同日工事には別途5,500円(税込)の費用が発生します。

NURO光は工事が完了するまでポケットWi-Fiのレンタルが可能

回線工事が完了するまでの間、インターネットが使えない状態だと不便ですが、NURO光ではWi-Fiのレンタルを行っています。

NURO光の申し込み者は、1日単位でレンタルが可能です。初月は1,078円(税込)でレンタルできます。またWi-Fi端末の返却はコンビニや宅配、ポスト投函で返却できます。

【キャッシュバック実施中】NURO光のお申込みはこちら

NURO光の工事費用はいくら?

NURO光の開通工事費用は平日の工事と土日祝日の工事では費用が変わってきます。また、追加費用がかかる場合についてもありますので詳しく見ていきましょう。

[平日]のNURO光回線工事費用

NURO光の工事費はプランにより44,000円(税込)または66,000円(税込)で、それぞれ分割での支払いが可能となっています。

プラン名 工事費用 分割回数
NURO光 G2V 44,000円(税込) 30回
NURO光 G2 44,000円(税込) 30回
NURO光 6Gs 66,000円(税込) 60回
NURO光 10Gs 66,000円(税込) 60回

「NURO光G2V」「NURO光G2」は30回分割払い、「NURO光6Gs」「NURO光10Gs」は60回分割払いで、毎月使用料と一緒に支払います。

転居やコース変更による解約も含め、解約時に工事費用の残債がある場合には一括請求が発生します。

例えば契約期間が2年で満了になっても、24ヵ月しかたっていません。そのタイミングで解約すると、工事費の残債が6ヵ月分残っているので残債を一括で支払う必要があります。

[土日]のNURO光回線工事費用

土日祝日は通常の工事費にプラスして、「土日祝日工事費」が3,300円(税込)追加されます。

宅内工事と屋外工事2回とも土日に行った場合は、6,600円(税込)の追加費用がかかります。

NURO光20200203_incontent

既存機器類の撤去費用

NURO光を利用する前に他社回線を使っていた場合、NURO光回線導入のためにケーブルなどの撤去が必要です。その際には撤去費用として、11,000円(税込)が別途かかります。

以前利用していた回線が光回線だったとしても、他の種類の回線でも一律で撤去費用がかかるので忘れないようにしましょう。

契約期間内に解約する場合は違約金がかかる

NURO光のコースによっては契約期間内に解約する場合、違約金が発生することがあります。

NURO光G2 V(戸建て・マンションミニ)コースは、2年継続契約が申し込み条件になっているので、違約金として10,450円(税込)かかります。

また、特典・キャンペーンによっては契約期間が設定されている場合があるので、解約違約金とは別に「特典・キャンペーン違約金」が発生する可能性があります。

NURO光の工事料金は高い?実質無料にする方法

回線工事の相場は15,000円~30,000円程度といわれていますが、その相場から考えるとNURO光の工事費は高いと思うかもしれません。この工事費を実質無料にする方法はあるのかについて説明します。

他社と比べて料金は高い?

NURO光と他社の工事費用について比較してみましょう。

光回線名 工事費用
NURO光 G2V・G2:44,000円(税込)
6Gs・10Gs:66,000円(税込)
ドコモ光 戸建て:21,780円(税込)
マンション:18,150円(税込)
auひかり 戸建て:41,250円(税込)
マンション:33,000円(税込)
ソフトバンク光 26,400円(税込)
コミュファ光 27,500円(税込)

光回線の工事費の相場は20,000円~30,000円ですが、NURO光はプランによって40,000円~60,000円と少し高くなっています。

実質無料にする方法

開通工事に発生する工事費用ですが、NURO光の申し込み特典として毎月の工事費の割引があります。

工事費用は、開通して2ヵ月目から31ヵ月目までの30回の分割、または61カ月目までの60回の分割になります。

特典が適用されると、44,000円(税込)の場合は31カ月目まで、66,000円(税込)の場合は61ヵ月目まで継続利用することで工事費用分が実質無料になります。

注意が必要なのは、契約期間は2年ですが、工事費が実質無料になるためには2年6ヵ月必要という点です。2年目の契約更新期間に解約すると、工事費の残債を支払う必要があります。

※本記事で紹介した特典・キャンペーン(またはキャッシュバック)の内容は予告なく変更される可能性があるため、必ず公式ページで確認するようにしてください。

NURO光の工事にまつわるFAQ

NURO光の工事について、よくある疑問について説明します。

NURO光20200203_incontent

キャンセルはできる?

宅内工事が終わっていても、2回目の屋外工事予定日の2日前までなら無料でキャンセルが可能です。

キャンセルは、NURO光のマイページから行うか、サポートデスクに電話します。

サポートデスクの電話番号は次の通りです。

電話番号 0120-80-7761
受付時間 月~土9:00~18:00

工事終了後のキャンセルは「解約」の扱いになり、解約違約金や工事費用がかかります。

また、宅内工事のときに設置された壁面の光キャビネットや、光コンセントなどの撤去が必要な場合、撤去費用として別途11,000円(税込)程度かかります。

問い合わせ窓口は?

問い合わせ先は、問い合わせ内容によって3つに分かれています。

問い合わせ内容 電話番号 受付時間
NURO光の新規申し込み・相談 0120-117-260 9:00~23:00
(年末年始除く年中無休)
NURO光の開通・工事に関する相談 東日本 0120-201-761 9:00~21:00
(年末年始除く年中無休)
西日本 0120-130-624
NUROサポートデスク(契約確認・契約キャンセル) 0120-65-3810 9:00~18:00
(1/1-2、メンテナンス日休み)

契約の相談や、契約後に細かな点をじっくり相談したいときには、チャットでの問い合わせを活用できます。

「契約に関する問い合わせ」や、「メールやオプション設定について」「インターネット・無線LAN・電話接続設定について」の3つに分かれています。受付時間は9:00~18:00です。

NURO光の申し込み後の進捗状況は、マイページで確認できます。

NURO光の工事を早めることはできる?

通常、2回に分ける宅内工事と屋外工事を1日で行うことで工事を早めることができます。

それには次の条件を満たす必要があります。

  • 関東地域に住んでいる
  • 戸建て住宅であること

この2つの条件を満たしているなら、追加料金5,500円(税込)で同日工事が可能です。

工事の際は必ず立会いが必要?

宅内工事、屋外工事いずれも、立会いが必要です。

ただし、契約者本人でなくても宅内工事の場合は無線ルーターの設置位置を決定できる人、もしくは決定できる人と連絡の取れる人であれば大丈夫です。

集合住宅・アパート・マンションの場合は工事できない?

集合住宅やアパート、マンションでも建物の所有者やオーナーから許可が取れれば工事可能です。

賃貸契約している本人が、大家やオーナーにNURO光を利用するための工事について相談・お願いをする必要があります。

立地条件により工事ができないこともある?

NURO光のサービス提供エリアとされている場所でも、地域によっては未対応の場合があります。

また、立地条件や建物の構造によっては宅内工事はできても屋外工事ができない場合があります。

そのように工事ができないと判断された場合にはキャンセル料は発生しません。

NURO光の工事日程は早めに調整しよう

NURO光の申し込みから開通までの流れを見てきましたが、工事日を決めるまでに数日かかったり、宅内工事と屋外工事と2回の工事が必要になります。

NURO光の導入を決めたら早めに工事日を調整するとスムーズです。

また、条件を満たしているなら、追加費用を払って宅内工事と屋外工事を1日で済ませることもできます。工事費も他社と比べると高いですが、申し込み特典で決められた期間利用すれば実質無料になります。

契約前、契約後でも聞きたいことがあれば、それぞれの問い合わせ内容に合わせて電話やチャットなど問い合わせ先が設けられているので、じっくり相談しましょう。

【キャッシュバック実施中】NURO光のお申込みはこちら

公開日時 : 2021年01月30日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!