Androidおすすめ

AQUOS R3レビュー!スペック・カメラ・バッテリー・性能を実機検証

ドコモ・au・ソフトバンクで発売中のAQUOS R3をレビューし、スペック・カメラ・バッテリー性能を徹底検証しました!シャープの新作スマホであるAQUOS R3のIGZOディスプレイやカメラ性能をレビューし、評価していきます。機種変更したい方必見です。
新型ihone12噂 AQUOS R3レビュー!スペック・カメラ・バッテリー・性能を実機検証

待ちに待ったAQUOSの新機種が発売しました!

AQUOS R3は、AQUOSのハイエンドモデルに位置づけされるハイスペックスマホです。高スペックでありながら10万円以下で手に入るため、注目している方も多いのではないでしょうか?

本記事では、AQUOS R3を実際に使って、カメラ性能やスペックを徹底検証していきます。Androidスマホの買い替えを検討している方は、ぜひ参考にしてください!

AQUOS R3のご購入はこちら

AQUOS R3の基本スペック

本体サイズ 約156mm✕約74mm✕約8.9mm
画面サイズ 約6.2インチ
重さ 約185g
CPU Qualcomm Snapdragon 855
RAM/ROM RAM6GB/ROM128GB
バッテリー 約3,200mAh
アウトカメラ デュアルカメラ
標準 約1,220万画素
動画専用 約2,010万画素
インカメラ 約1,630万画素

AQUOS R2に比べ、画面サイズが6.0から6.2インチになりましたが、本体サイズはわずか0.1mmしか変わっていません。スリムで持ちやすい大きさはそのままに、より広々と画面を使えるようになりました。

CPUには、最新のSnapdragon855を搭載。GalaxyやZenFoneにも搭載されているチップで、Snapdragon845と比べて、全体的に45%もパフォーマンスが向上しているとのこと。

CPU性能が上がったことでAI処理能力も200%UPし、AQUOS史上最高のスペックに仕上がっています。

また、ストレージは128GBというPC並みの大容量。microSDにも対応しているので、画像や動画がたまってきたらSDカードに保存することも可能です。

バッテリー容量も3,200mAhと申し分なく、ワイヤレス充電もできる使い勝手の良い仕様になっています。

AQUOS R3の特徴を簡単にまとめてみました。

  • AI処理能力200%向上!AQUOS史上最高スペック
  • 写真専用・動画専用のデュアルカメラ搭載
  • 10億色のディスプレイがとにかく綺麗
  • 防水・ワンセグ・おサイフケータイ対応

AQUOS R3のご購入はこちら

AQUOS R3のデザイン・本体サイズ

洗練されたデザインが魅力のAQUOSシリーズ。デザインや本体機能とともに、触ってみて感じたことをご紹介していきます。

▲しずく型のノッチを採用。iPhoneのノッチに慣れていると最初は少し違和感がありますが、慣れてくると画面の表示領域が広がって見やすいです。

▲上部にイヤホンジャック、下部にType-Cの充電端子があります。有線のイヤホンを直接挿せるので、ワイヤレスイヤホンの充電が切れても安心です。

▲Googleアシスタントをすぐ起動できる、「アシスタントキー」搭載。メモをとったりカメラを起動したりといった動作も、アシスタントキーを使えば瞬時にできます。

▲SIMカード挿入口には、microSDのトレイもついています。

▲縦の大きさはiPhone XS Maxとほぼ同じ。

▲横幅がスリムなので、片手で持っても画面端がタッチできます。

▲プラチナホワイト・プレミアムブラックの2色は3キャリア共通。 ドコモはラグジュアリーレッド、ソフトバンクはエレガントグリーン、auはピンクアメジストが各社限定で販売されています。ドコモ版のラグジュアリーレッドは、少しパールがかった上品な色味です。

AQUOS R3のご購入はこちら

AQUOS R3のベンチマークスコア・ゲーム性能

簡単に性能を見たところで、AQUOS R3のベンチマークスコアを確認してみましょう。

ベンチマークスコアは、341069。Androidスマホのランキング(※)で比べると、世界トップ5という位置づけです。

ハイスペックスマホの代表であるGalaxy S10/S10+よりも高い数値となっており、AQUOS R3はかなり性能が良いといえます。

Global Top 10 Best Performing Android Phones, May 2019を参照。

実際にゲームプレイしてみた

スペックの高さが際立つのが、ゲームプレイ時です。スペックの低いスマホの場合、グラフィックの凝ったゲームは動作がカクついてしまい、快適にプレイすることができません。

AQUOS R3のスペックで重いゲームができるか試したところ、プレイ環境は快適そのものでした。

▲重いゲーム代表格である、デレステやミリステもスムーズに動くので、大抵のゲームは快適にプレイできると見て間違いないでしょう。

AQUOS R3のご購入はこちら

AQUOS R3のディスプレイ

前機種のAQUOS R2から大きく変わった点の1つが、ディスプレイです。表示できる色の数が増え、AQUOS R3上で見る全ての画像・サイトが見やすくなっています。

さらに、画面の明るさも約2倍に上がっているので、屋外でも画面が見やすいです。

10億色はこれだけ綺麗

AQUOS R2では1,677万色でしたが、今作ではなんと10億色まで増えました。

10億色といわれてピンとこないかもしれませんが、表示できる色が増え、より正確に綺麗に色が表示できるようになったということです。

たしかに、ホーム画面からアプリの画面まで、AQUOS R3の画面はとにかく綺麗。AQUOS R3の後に自分のスマホを使うと、いかに明るく鮮やかなディスプレイなのかがわかります。

屋外で見やすい「アウトドアビュー」

「アウトドアビュー」とは、周囲の明るさに合わせてコントラストを自動最適化してくれる機能です。

この機能があれば、「外だと画面が暗くなって見づらい」なんてことは起きません。日差しが強い屋外でも画面の明るさを調整してくれるので、いつでもどこでも快適にスマホが使えます。

▲屋外でAQUOS R3の画面を見た様子。暗すぎず明るすぎず、見やすい明るさに調整されています。

AQUOS R3のご購入はこちら

AQUOS R3のカメラ性能

AQUOS R3のカメラは、「カメラ専用」と「動画専用」のデュアルレンズです。カメラ専用レンズには、簡単にプロ仕様の写真を撮るために様々な機能が搭載されています。

  • 手ブレ補正(電子式・光学式)
  • AIオート(被写体別に撮影)
  • ポートレートモード(背景をぼかす)

手ブレ補正は、撮っている側・撮られている側どちらが動いても対応できる設計です。

ペットや子どもを撮影する等、よく動く被写体でもブレずに綺麗に撮影してくれます。逆に、撮影者側が動いてしまう場面でも、光学式手ブレ補正が機能するので安心です。

AIオートは、被写体ごとに最適な撮影モードを選択してくれる機能です。被写体にカメラを向けるだけで自動検出してくれるため、自分でモードを選択する手間がありません。

ポートレートモードは、背景をぼかして被写体を際立たせる撮影モードを指します。撮影時にファインダー越しにぼかし具合を変えられるので、簡単に自分好みの写真が撮れます。

▲被写体を見分けて最適なモードで撮影してくれます。AIモードが働いている時は、撮影ボタンの横にアイコンが表示されます。

▲ただの街路樹も、陰影がハッキリした綺麗な写真になりました。木々の青々とした色がしっかり表現されています。

▲素人の写真もいい感じに仕上げてくれます。アプリで加工しなくても十分なので、うまく写真が撮れない方にぜひ使ってほしいです。

▲夜景もつぶれず、暗闇の中でも建物がはっきりとわかるように撮影できました。

AQUOS R3のご購入はこちら

AQUOS R3の動画性能

デュアルレンズのスマホは多くありますが、動画専用レンズがついているスマホはなかなかありません。

動画専用レンズでは、動画を撮るだけでAIが自動で約15秒のショートムービーをつくってくれます。AIが笑顔や構図の良いシーンを判断してくれるので、動画のダイジェストを作成してくれるイメージです。

動画は撮りっぱなしでフォルダに埋もれてしまうことが多いですが、ショートムービーなら気軽に誰かとシェアすることができます。余興や歓送迎会等のちょっとしたイベントでも活躍してくれそうですね。

さらに、動画の中のベストショットは別で写真撮影してくれるので、動画と一緒に写真も撮ることができます。動画専用カメラならではの、至れり尽くせりな機能といえるでしょう。

他には、逆光でも綺麗な動画が撮れる「HDR撮影」という機能があります。

なんと、撮影と同時に様々な明るさで撮影した映像を合成し、黒つぶれ・白飛びを抑えた動画に仕上げてくれるんです。リアルタイムで合成されるので、ファインダー越しの映像と誤差が出ることもありません。

AQUOS R3のご購入はこちら

AQUOS R3はお値段以上の大満足スペック

AQUOS R3の実機を使ってレビューしてみました。

個人的には、画面がとにかく綺麗な点が気に入りました。一度AQUOS R3を使うと、元のスマホには戻れないくらい違いがあります。

スマホで動画視聴やゲームプレイをする方にとっては、ディスプレイの美しさは大きな魅力ではないでしょうか。

もちろん、スペックやカメラ性能も申し分ない仕上がりなので、機種変更を考えている方にぜひ試していただきたい1台です。

AQUOS R3のご購入はこちら

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2019年06月27日

sato ― ライター
sato ― ライター

格安SIMでスマホ代を節約中。大学時代は軽音サークルでベースを担当。カフェラテの摂取量に定評のあるカフェイン中毒。

関連キーワード