JCOM_iPhone7

[DMMモバイルのMNP]転出・即日転入で乗り換える方法と注意点解説

DMMモバイルのMNP転出・即日転入の方法・手順・注意点を解説します。スマホ乗り換えにはMNP転出のために予約番号発行が必要ですが、発行のタイミングや手数料等諸費用を事前に確認して余計なお金を支払うことなくスムーズに乗り換えましょう。
BIGLOBEmobile20190724_desc [DMMモバイルのMNP]転出・即日転入で乗り換える方法と注意点解説

これまでに利用していたスマホの電話番号をそのまま引き継いで携帯キャリアを移行することをMNP(ナンバーポータビリティ)と言いますが、DMMモバイルでも、MNPによる転出・転入が可能です。

本記事では、DMMモバイルからMNP転出で他社に乗り換えたい人、もしくはMNP転入でDMMモバイルを利用したい人のために、具体的な方法や注意点について解説していきたいと思います。

DMMモバイルからMNP転出する場合の費用

まずは、DMMモバイルからMNPを利用して、他の携帯キャリアやMNVOに変更する場合について紹介します。

DMMモバイルからのMNP転出手数料

DMMモバイルから、他の携帯キャリアやMNVOに乗り換える場合、手数料などの費用が発生します。

まず、例外なく必要になるのは、MNP転出をするために必要な手数料です。

  • MNP転出手数料:3,000円(税抜)

その他には、以下の費用が発生する場合があります。

  • DMMモバイルの解約手数料:9,000円(税抜)
  • 契約しているプランの月額料金
  • 端末代残金

DMMモバイルからのMNP転出を希望する場合、基本的にはMNP転出手数料のみが必要となりますが、場合によって上記の費用が掛かる場合があります。

それぞれについて詳しく解説していきましょう。

解約手数料が発生するMNPのタイミングは?

MNPを利用するタイミングによっては、解約手数料が発生する場合があります。

多くの格安SIMでは、最低利用期間が定められています。その期間内にMNP転出(つまり解約)を申込むと、解約手数料が必要になります。

DMMモバイルにも最低利用期間が定められているので、MNPに掛かる費用を抑えたいのであれば、タイミングに注意しなければなりません。DMMモバイルの最低利用期間は、以下の通りです。

  • データ通信SIMの最低利用期間:利用開始日を含む月の末日まで
  • 音声通話SIMの最低利用期間:利用開始日の翌月1日から12ヶ月目の末日まで

上記の最低利用期間内にMNP転出を申込んだ場合、解約手数料として9,000円(税抜)が発生します。

最低利用期間は、「利用開始日」から起算されて計算されますので、どちらについてもしっかり確認しておくことが大切です。

DMMモバイルの「利用開始日」はいつなのか

DMMモバイルの利用開始日は、DMMモバイルから届くSIMカード発送を知らせるメールに記載されています。

基本的には、SIMカード発送日の2日後が利用開始日になります。ただし、契約した日やSIMカードが発送された日によって異なるため、確認が必要となります。

契約しているプランの月額料金

MNP転出を申込むタイミングによっては、契約しているプランの月額料金が必要となる場合があります。

これは、MNP転出が完了した月については、契約しているプランの月額料金を日割りではなく全額支払わなければならないからです。

つまり、MNP転出を申込んだものの、当月中に転出が完了しなければ、翌月分の月額料金も必要になるということです。

DMMモバイルでは、MNP転出の申込みを行ってから4日程度で登録してあるメールアドレスに転出用MNP予約番号が届くようになっています。それから他社にMNP転入を申込むと開通までに数日掛かります。

開通することで転出が完了することになるので、これらの日数を計算しておかないと余計な費用が掛かってしまうことがあるので注意しましょう。

端末代の残金

DMMモバイルで端末を分割払いにて購入し、MNP申込み時に支払いが完了していない場合、残額を支払う必要があります。

基本的には、残額を一括で支払う必要がありますので、分割払いが完了していない場合はその分の費用も用意しておかなくてはなりません。

楽天モバイル

DMMモバイルからMNP転出する場合の3つの注意点

ここからは、DMMモバイルからMNP転出する場合の注意点について解説していきます。

注意点1.解約後SIMカード返却しなかったら損害金発生

DMMモバイルからMNP転出をする場合、最終的にSIMカードを返却する義務が発生しますので注意が必要です。

返却しなかった場合、SIMカード損害金として2,000円が請求されることになります。

また、返却した場合でも、SIMカードに破損や切断が確認されたときには同様に損害金が発生します。

DMMモバイルのSIMカードの返却先は以下の通りです。

DMMモバイルのSIMカードの返却先

  1. 〒143-0006
  2. 東京都大田区
    平和島3-6-1 東京団地倉庫A-2棟 住友倉庫内
    DMM mobile窓口 行

なお、SIMカード返却の送料は契約者の負担となりますので、併せて確認しておきましょう。

注意点2.MNP予約番号の有効期限は15日間

DMMモバイルで発行されるMNP予約番号には有効期限が設定されており、その日数は15日間です。

この有効期限までに手続きが完了しなかった場合、再度MNP予約番号を発行しなければならなくなります。

また、新しく契約する携帯キャリアやMNVOによっては、有効期限の日数が足りない場合にMNP転入手続きが実施できない場合もあります。

MNP予約番号を手に入れた後は、速やかに転出・転入の手続きを行う必要があることを理解しておきましょう。

注意点3.月の最終日は解約手続きに対応していない

DMMモバイルでは、月の最終日に解約やMNP転出の手続きに対応していません。

先述したように、手続きが翌月にずれ込むと、契約しているプランの月額料金を支払う必要もあります。ですから、月が終わるギリギリになってMNP転出の申込みするのは、避けたほうが賢明です。

DMMモバイルに乗り換える

DMMモバイルからMNP転出する方法・手順

ここからは、DMMモバイルからMNP転出をするための具体的な手順について紹介していきます。

DMMモバイルからMNP転出する4つの手順

MNP転出の申し込み手続きは、DMMモバイルのマイページから行います。それでは手順をご説明します。

手順1.マイページにログインする

DMMモバイルのマイページにログインし、MNP転出の項目を選択して手続きを行いましょう。

手順2.MNP予約番号を確認する

MNP転出の手続きを行ってから4日ほど経過すると、DMMモバイルからMNP転出のための予約番号が送られてきます。

マイページに登録してあるメールアドレスに送信されるので、内容を確認しましょう。

手順3.新たな契約先にMNP転入を申込む

DMMモバイルから発行されたMNP予約番号を使って、新しく契約したいキャリアやMNVOにMNP転入を申込みます。

転入が完了した時点で、DMMモバイルとの契約も自動的に解約となり、手続きとしては完了となります。

手順4.DMMモバイルで使用していたSIMカードを返却

最後に、DMMモバイルで使用していたSIMカードを返却して、すべて完了となります。

先述した通り、返却を怠ると損害金が発生しますので注意してください。

DMMモバイルに乗り換える

「おうちで乗り換えMNP」でDMMモバイルに即日乗り換えできる!

ここからは、他社からDMMモバイルに転入するための方法について紹介していきたいと思います。

DMMモバイルでは、即日中にMNP転入ができるサービス「おうちで乗り換えMNP」を2016年2月から提供しています。

このサービスを利用することで、不通期間なしでDMMモバイルに乗り換えることができるので、たいへん便利です。

以前は不通期間が存在していた

以前までは、他のMNVOや携帯キャリアからDMMモバイルに乗り換えをする際に、不通期間が存在していました。

MNP転入手続き完了から、SIMカードが手元に届くまでに2~4日程度の日数がどうしても掛かってしまうことが原因です。

不通期間は、通話はもちろん、データ通信もできないため、スマホを頻繁に使用する人や仕事などで電話連絡が多い人にとってはとても不便でした。

そこで登場したのが、先述した「おうちで乗り換えMNP」というサービスです。これによって、不通期間が発生するという問題が完全に解消されることになったのです。

「おうちで乗り換えMNP」と以前のMNP転入と何が違う?

DMMモバイルが以前行っていたMNP転入と、おうちで乗り換えMNPでは、何が違うのでしょうか?

それは、MNP転入の手続きが完了するタイミングの違いです。

以前までのMNP転入では、DMMモバイルが新規契約手続きを完了させた時点で、MNP転入の手続きも完了する仕組みになっていました。

その時点で、以前に契約していたMNVOとの契約も切れてしまうため、SIMカードが使えなくなり、DMMモバイルから新しいSIMカードが届くまでに不通期間が発生していました。

一方で、おうちで乗り換えMNPでは、DMMモバイルとの契約が完了した時点ではMNP転入手続きが完了しない仕組みになりました。

そのため、新しいSIMカードが届くまでの間も以前のSIMカードを使うことができるようになったのです。

そして、DMMモバイルからのSIMカードが届いてからユーザーの好きなタイミングでMNP転入手続きを完了させることができるので、不通期間がほぼ発生しなくなったというわけです。

MNP転入後約1時間はデータ通信できない

とはいえ、ほんの少しだけ不通期間が発生します。

おうちで乗り換えMNPを利用し、MNP転入手続きが完了してから、約1時間程度だけ、データ通信を利用できません。

音声通話は転入後すぐに利用できますが、Webの閲覧や動画鑑賞、メッセージの送受信などはできませんので注意が必要です。

「おうちで乗り換えMNP」の4つの手順

では、おうちで乗り換えMNPの具体的な手順について説明していきましょう。

手順1.MNP予約番号を取得する

現在利用しているMNVOや携帯キャリアでMNP転出のための予約番号を発行します。それぞれの発行手順については、各業者のホームページにて確認してください。

手順2.DMMモバイルにMNP転入による新規契約を申込む

次に、DMMモバイルにMNP転入による新規契約の申込みを行います。

DMMモバイルトップページから「いますぐ新規お申し込み」を選択後、音声通話付きSIMプランの「乗り換えで申し込む」より申し込みできます。

先述したように、新規契約手続きが完了した時点でも、現在利用中のSIMカードは継続して利用できます。

手順3.SIMカードが届いたらMNP転入手続きを行う

DMMモバイルから新しいSIMカードが手元に届いたら、SIMカードを挿し替えて、MNP転入手続きを行います。

DMMモバイルのマイページにログインすることで、転入手続きを行うことが可能です。

受付時間は土日祝日を含めた10:00~19:00となっています。

手順4.手続き完了から2時間程度で回線が切り替わり完了

MNP転入手続きを完了してから2時間程度が経過すると、利用していた回線からDMMモバイルの回線へと切り替わります。

先述したように、データ通信はそこから約1時間は利用できず、その後にAPN設定を行うことで利用可能となります。これで、MNP転入が完了します。

DMMモバイル「おうち乗り換えMNP」で契約する

DMMモバイルのMNP転出・転入について理解しておこう

今回はDMMモバイルでのMNP転出とMNP転入について、手順や注意点を解説してきました。

MNPを利用して、自分にピッタリ合ったMNVOを選択するようにしましょう。

DMMモバイルに乗り換える

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2019年06月09日

el buho ― ライター
el buho ― ライター

京都在住のフリーランスライター。スポーツと音楽とダーツとDIYを愛する。いつか海外に移住したいと企んでおり、投資の勉強中。左利きだが右投げというややこしさ。血液型がA型であることがすぐにバレる傾向にある。

関連キーワード