JCOM_iPhone7

ドコモ光を失敗せずに解約する方法・手順!注意点・撤去工事・日割りはある?

ドコモ光を解約するには、手順があります。スムーズに解約するためには、全体の流れとやり方を知ることが大切です。また、解約に伴い、他回線への乗り換えも考える必要があります。解約のポイントと他回線の特徴を知り、お得に乗り換えましょう。
【公式】カシモWiMAX ドコモ光を失敗せずに解約する方法・手順!注意点・撤去工事・日割りはある?

ドコモ光はNTTドコモが提供している光回線サービスです。ドコモユーザーには魅力的ですが、それ以外の環境ではお得に使えないことも多いため、解約することもあるでしょう。

スムーズに解約するには、手順や注意点を知っておくことが大切です。不要なサービスを利用し続けないためにも、ドコモ光のスムーズな解約方法を知っておきましょう。

ドコモ光から他社へ乗り換えたい方は、人気光回線の通信速度や料金の安さを比較し、おすすめ光回線をご紹介している記事もご覧ください。

ドコモ光を解約する方法

ドコモ光の解約方法は、大きく以下の2つです。

  • 電話で申し込む
  • ドコモショップに行き申し込む

どちらの方法でも、きちんと解約できるなら問題はありません。ただ、それぞれで手順や条件が異なるため、それらの違いは理解が必要です。違いを知った上で、より自分に合った方法を選びましょう。

電話で申し込む

ドコモ光を電話で解約するには、ドコモ インフォメーションセンターに連絡します。ドコモ回線の電話なら「151」、それ以外なら「0120-800-000」に電話しましょう。どちらも営業時間は9~20時で、年中無休で利用できます。

電話での解約は、音声ガイダンスに従って操作を進め、オペレーターに解約したい旨を伝えるだけです。時間帯によって異なりますが、回線が混みあうことも多いため注意しなければなりません。

平日の午前中や日中は空いているでしょうが、夕方から夜にかけては混みやすいです。また、休日は終日繋がりづらい場合も多いため、スムーズに解約したいなら平日の日中を狙うのがおすすめでしょう。

ドコモショップに行き申し込む

近所にドコモショップがあるなら、そこで解約も可能です。店舗に直接足を運ばなければなりませんが、契約した店舗以外からでも解約できます。最初に契約した店舗で行う必要はないため、どこでも便利のよい場所を選びましょう。

店舗での解約は担当者が手続きを進めてくれるため、自身で行う作業はほとんどありません。ネットに関する知識があまりない人にはおすすめですが、ドコモショップも混むことが多いため注意が必要です。

店舗によって繁忙期や、混む時間帯が若干変動しますが、場合によっては案内されるまでに1時間以上かかることもあります。窓口に通されてからは数十分で済みますが、それまでが長くなりやすいことは理解しておきましょう。

ドコモ光を解約するときの流れ

スムーズにドコモ光を解約するには、手続きの手順を知っておくことが大切です。

  • ドコモ光解約証明書を取得する
  • 本人確認に必要な情報を調べておく
  • ドコモに解約の手続きを申し込む
  • プロバイダの解約手続きを行う
  • 光回線の撤去工事を行う
  • レンタル機器を返却する

解約手続きには複数の手順があるため、細部まで理解を深めておきましょう。

ドコモ光解約証明書を取得する

ドコモ光を解約し、他回線に乗り換えるなら、解約証明書が必要です。解約証明書がないと、他の回線と二重契約になったり、割引やキャッシュバックの特典が受け取れなかったりするため、注意しなければなりません。解約証明書は、解約時に発行されますが、不安なら手続き時に申し出ておくと安心です。

何が解約の照明になるか聞いておくと、間違って書類を捨ててしまうこともありません。不安な場合は、解約時に受け取った書類は、全て保管しておくとよいでしょう。

他回線への乗り換えをしないなら、解約証明書は特に必要ありませんが、捨てるメリットも特にありません。重要な書類であることには変わりないため、一定期間は保管しておくのがおすすめです。

本人確認に必要な情報を調べておく

ドコモ光の解約時には、本人確認が行われます。契約者本人であることを確認できる情報が必要ですが、これはドコモの端末を利用しているかどうかで異なります。ドコモユーザーなら、スマホやタブレットの契約時に定めた、4ケタの暗証番号が必要です。

ドコモ光を単独で契約しているなら、契約IDをチェックしておかなければなりません。契約IDは開通時に送られる「開通のご案内」に記載されています。本人確認情報は解約方法に関係なく必要なため、事前にチェックしておきましょう。

ドコモに解約の手続きを申し込む

事前準備が終了した後は、ドコモに連絡して解約を申し出ます。電話かドコモショップ、どちらかで行いますが、解約を申し出てもすぐに手続きが完了するわけではありません。解約申請後、回線の撤去やレンタル機器がある場合は、それらの返却も必要です。

解約後の手順について各種説明があり、それぞれスケジュールの決定も行います。これらの作業を全て終え、解約は完全に終了したと言えるため、その後のスケジュールも詳細まで確認しておきましょう。状況によって違いはありますが、解約申請をしてから、大体数週間から1カ月後に、全ての手順が終了します。

プロバイダの解約手続きを行う

契約しているプロバイダによっては、別途こちらの解約手続きも行わなければなりません。ドコモ光を利用している場合、光回線業者とは別にプロバイダの契約も行っているため、この契約先も確認しておきましょう。ドコモ光とプロバイダがセットになっているプランなら、別途連絡の必要はありません。

あくまでプロバイダ単独で契約している場合のみ、解約が必要と考えましょう。プロバイダごとに解約方法の詳細は異なりますが、基本的にはネットか電話での対応となります。

プロバイダによっては代理店で受け付けていることもあるため、まずは公式ホームページで確認するとよいでしょう。プロバイダを解約していないと、月額料金がかかり続けるため注意しなければなりません。

光回線の撤去工事を行う

回線の状況によっては、解約時に光回線の撤去工事が必要な場合があります。撤去工事自体は行われても、立ち会いの必要性の有無が異なることもあるため注意が必要です。

立ち会いが必要な場合は、解約申し込み時にそのスケジュールも決めます。撤去工事や立ち会いの有無については状況によって変わるため、解約の手続き時に詳細を聞いておくとよいでしょう。

【300×250】株式会社ネットナビ/ドコモ光

レンタル機器を返却する

ドコモ光から機器をレンタルしている場合は、それも返却しなければなりません。立ち会い工事が必要な場合は、撤去工事の際に機器を回収してくれます。それ以外の場合は、ドコモ光から送られてくる、返却キットにて返送します。

返却期限は解約時に定められ、超過しないよう注意が必要です。指定された期限までに返却しないと、督促状が届き、罰金対象にもなりかねません。余計な費用を支払わないためにも、レンタル機器は素早く返却しましょう。

ドコモ光の解約にかかる費用

新規契約の際には初期費用がかかりますが、それだけではなく解約時にも費用が発生するため注意しなければなりません。

  • 開通工事費の残額の支払い
  • 更新月以外の解約による違約金
  • プロバイダの解約金

主な費用はこれらがありますが、どれがいくら発生するかは、状況によって異なります。

開通工事費の残額の支払い

光回線を開通する際には工事が必要で、大体15,000~24,000円かかります。開通工事費は分割払いが可能ですが、解約時に残債があるなら、残りを一括で支払わなければなりません。分割で支払っていても完済している場合や、そもそも最初に一括で支払っている場合は、この費用は不要です。

新規開通の場合

その時の条件によって異なりますが、ドコモ光を新規開通する際の工事費は15,000~18,000円です。例えば15,000円で、24回払いの場合、月々の負担は625円です。

解約するタイミングに応じて、625円×いくらかの費用がかかります。支払い回数が多く残っているほど、一括請求の金額は大きくなると考えましょう。

転用で開通した場合

ドコモ光はフレッツ光からの転用も可能です。フレッツ光の開通工事費の残債がある場合も、解約時には一括で支払わなければなりません。

フレッツ光の開通工事は、24,000円であり、24回払いだと月々の負担は1,000円です。新規開通の場合より一括支払いの負担が増えやすいため、注意しなければなりません。フレッツ光とドコモ光、合わせて分割払いの回数月分使用していないと、一括返済が生じると考えましょう。

更新月以外の解約による違約金

回線契約もスマホと同じで、更新月以外の解約だと違約金がかかります。ドコモ光は2年契約が基本で、戸建てタイプで13,000円、マンションタイプで8,000円のペナルティです。違約金なしで解約できるのは25カ月目であり、それ以外の月では一律で違約金が発生することは理解しておきましょう。

早期に解約した場合でも、更新月ぎりぎりで解約した場合でも、違約金は同じです。費用が発生しないのは更新月のみで、更新月超過後は自動でそこから2年契約となるため注意しましょう。

プロバイダの解約金

ドコモ光を解約する際には、プロバイダも一緒に解約しなければなりません。プロバイダごとに条件は違いますが、契約期間の定めがあるところだと、違約金が発生するでしょう。違約金の発生条件や金額は、プロバイダごとに異なるため事前の確認が必要です。

ドコモ光と同様で、更新月以外の解約は全て一律の違約金がかかる場合だけではなく、最低利用期間を満たさない場合のみ、違約金がかかることもあります。最低利用期間の定めがある場合は、それを超過しているなら、いつの時点で解約しても違約金はかかりません。

また、更新月の設定はあるものの、更新月に近づくほど少しずつ違約金が減るというものもあるため、プロバイダごとの条件は必ず確認しましょう。

ドコモ光を解約するときの注意点

ドコモ光を解約する際には、以下の点に注意しなければなりません。

  • フレッツ光への再転用はできない
  • プロバイダ発行のメールアドレスは抹消される
  • 解約後のキャンセルは契約後8日以内
  • 契約者の死亡による解約方法は通常と異なる
  • 預託金は解約費用の支払い後に返還される

注意点を正しく把握して、損なく解約手続きを進めましょう。

フレッツ光への再転用はできない

フレッツ光で使用している回線を使い、ドコモ光への転用はできます。しかし、ドコモ光からフレッツ光への再転用はできないため、注意しなければなりません。転用が可能なのは、フレッツ光→ドコモ光のパターンのみです。

逆パターンでも、一度回線を完全に除去し、フレッツ光で新規契約し直すという方法で可能ではあります。しかし、金銭的、時間的コストが大きく、そこまでしてフレッツ光を利用する必要はありません。

フレッツ光の使い勝手がよいなら、そもそもドコモ光への転用は避けるべきです。一度転用してしまった以上、元には戻せないことは理解しておきましょう。

プロバイダ発行のメールアドレスは抹消される

ドコモ光の解約に伴い、プロバイダも解約することになります。プロバイダと契約していると、メールアドレスがもらえますが、解約によってこれが使えなくなるため注意が必要です。普段から使っていないなら問題はありませんが、頻繁に使用している場合は困ることも多いでしょう。

プロバイダのメールアドレスが消えて困るなら、他回線に乗り換える際に、プロバイダはそのまま利用しなければなりません。ただし、回線によって利用できるプロバイダは決まっており、利用したいものが使えない可能性もあるため注意が必要です。

プロバイダを解約せざるを得ないなら、プロバイダを介さないフリーメールアドレスを取得し、それに置き換えましょう。メールアドレスで登録しているサイトやサービスは、登録アドレスが抹消されることで利用できなくなる場合もあるため、注意が必要です。

解約後のキャンセルは契約後8日以内

解約を申し出ても、すぐに手続きが実行されるわけではありません。解約を申し出てから8日以内なら、契約の取り消しが可能です。解約を申し出たものの、いざ考えるとやっぱり必要と感じるなら、素早く取り消しを申し出ましょう。

8日の期限を過ぎてしまうと、撤回を申し出ても請け負ってくれません。どうしてもドコモ光を利用したいなら、解約して新規契約となってしまうため、解約すべきかどうかは慎重に考えましょう。

契約者の死亡による解約方法は通常と異なる

ドコモ光の解約は、基本的には契約者本人しかできませんが、契約者が死亡した場合は別です。契約者が死亡している場合は、代理人が解約可能ですが、この方法は通常と異なるため注意しましょう。通常解約は電話かドコモショップかになりますが、契約者死亡の場合は、ドコモショップでの手続きに限られます。

ドコモショップに契約者の死亡を確認できるものと、手続きを代理で行う代理人の本人確認書類を持参します。この2つがないと解約ができないため、注意しなければなりません。

死亡を確認できるものとは、死亡診断書はもちろん、葬儀の案内も該当します。イレギュラーなケースですが、万が一の際に慌てずに済むよう、頭に入れておきましょう。

預託金は解約費用の支払い後に返還される

ドコモ光契約の際には、前受金として、預託金を支払っている場合があります。これがある場合や解約時に返還されますが、返還のタイミングに注意しましょう。預託金が返還されるのは、解約手続きが終わり、解約に必要な各種費用を支払った後です。

つまり、解約に際して費用が発生する場合、預託金からの相殺はできません。一時的に自身で立て替え、後で預託金を受け取ることになります。

金銭的な損が生じるわけではありませんが、解約費用次第では一時的なコストが大きくなります。預託金がある場合でも安心と思わず、解約費用は全額その場で支払うと考えましょう。

ドコモ光の解約にかかる費用を抑えるには

ドコモ光解約の際には、費用がかかることも多いです。しかし、これらは絶対に発生するとは限らず、やり方次第で削減はできます。

  • 工事費の完済と更新月のタイミングで解約する
  • 解約金を負担してくれる回線業者に乗り換える

解約時の費用を削減する方法は、大きくこれら2つに分けられます。それぞれ上手に使って、少しでも負担なく解約しましょう。

工事費の完済と更新月のタイミングで解約する

少しでも解約費用を削減したいなら、工事費を完済し、かつ契約更新月に解約しましょう。工事費は分割払いで残債がある場合のみ、一括返済です。そのため、すでに払い終えているなら、解約時の費用はかからず、負担も減らせるでしょう。

結局全額支払う必要はあるため、解約時に払っても損ではありませんが、まとまった負担が減るに越したことはありません。また、違約金はそもそもやり方次第で全くかからない費用のため、特に注意が必要です。2年契約の場合、更新月は25カ月目で、これ以外のタイミングでは全て違約金が発生します。

ここを逃すと次に違約金なしで解約できるのは、49カ月目とかなり先です。不要な費用をわざわざ発生させる必要はないため、更新月がいつか事前にチェックしておき、時期を合わせて解約しましょう。

解約金を負担してくれる回線業者に乗り換える

基本的には違約金はかけずに済むならそれに越したことはありませんが、どうしてもかかってしまうこともあるでしょう。その場合は、他回線の業者の特典を利用し、違約金の負担をしてもらうのがおすすめです。業者ごとに提供する特典、割引は違いますが、乗り換え支援で違約金を負担してくれるところは多いです。

これを利用するなら、費用負担を押さえて自由に解約が可能で、他回線への乗り換えもスムーズに進められるでしょう。特典の内容は業者ごとに違い、違約金負担の方法も異なります。現金でそのまま費用を負担という場合だけではなく、後日キャッシュバック、違約金相当の割引というケースもあります。

また、全ての業者が違約金を負担してくれるわけではなく、中には全く特典が付いていないものもあるでしょう。業者ごとの違いが大きいため、乗り換え先の選定は非常に重要です。負担がゼロになるだけではなく、キャッシュバックでいくらかのプラスが出る場合もあるため、より好条件を提示する業者を選びましょう。

ドコモ光の解約後におすすめな光回線

ドコモ光を解約したはよいものの、どの光回線業者がよいか、分からず悩む人もいるでしょう。

  • auひかり
  • ソフトバンク光
  • コミュファ光
  • NURO光
  • So-net光

これらの業者なら、キャッシュバック特典が付いています。違約金が発生する場合でもお得に乗り換えられるため、業者選びの参考にしましょう。

auひかり

auひかり 出典:フルコミット

auユーザーなら、auひかりへの乗り換えがおすすめです。auひかりは、違約金を最大30,000円まで負担してくれるため、ドコモ光からの乗り換えなら、確実に全額負担してもらえるでしょう。また、違約金負担に加えて、最大15,000~5万までのキャッシュバックが受けられます。

キャッシュバック金額は利用しているプロバイダや申し込み先によって異なりますが、多少なりともプラスになるのはうれしいポイントでしょう。特典はオプションへの加入なしで受けられるため、余計な契約を組んでしまう心配もありません。

auのスマホやタブレットと料金をまとめることで、端末の月額料金も割引できます。光回線の解約に伴い、スマホもauに乗り換えるならおすすめの業者でしょう。

【auひかり】最大6万円キャッシュバックはこちら

ソフトバンク光

 SoftBank光 出典:ソフトバンク光

ソフトバンクのスマホやタブレットに乗り換えるなら、ソフトバンク光がおすすめです。ソフトバンク光では、違約金や回線の撤去工事費が最大10万円までキャッシュバックされます。また、ソフトバンク光の回線工事費も無料で、初期コストを抑えやすいのも魅力です。

ソフトバンクやワイモバイルのスマホ料金の割引が受けられ、これが永年続くため、長く使うほどお得になるでしょう。通信速度も最大1Gbpsと速く、高速通信も楽しめます。電波の対応範囲も幅広いため、エリアに関係なくスムーズに使いやすいのも優れたポイントです。

SoftBank光のお申込みはこちら

コミュファ光

東海や関西地方での利用を考えるなら、コミュファ光もおすすめです。コミュファ光は、他の光回線事業者に比べると対応範囲は狭いものの、その分特定の地域では利便性が非常に高いです。大手回線よりも利用者数が少ないため、回線が混雑しやすい時間帯でも、問題なく高速通信が楽しめます。

回線速度、安定性ともに優れており、大手に勝るとも劣らない実力を持っているでしょう。特典も充実しており、「乗り換えキャンペーン2019」で最大4万円、「オプションキャッシュバックキャンペーン2019」で15,000円分がキャッシュバックされます。

合計すると最大55,000円相当となり、他の業者と比較してもかなりお得でしょう。「オプションキャッシュバックキャンペーン2019」は、15,000円相当のオプションが無料で使えるというもののため、実際に手元にお金が入るわけではありません。

しかし、金銭的なメリットがあるのは確かで、もう一方の特典では通常のキャッシュバックが受けられます。

コミュファ光のお申込みはこちら

NURO光

高速ネット通信を安く利用したいなら、NURO光がおすすめです。NURO光は通信速度が最大2Gpbsで、通常の光回線の2倍ものスピードを誇ります。実際の速度は使用環境に依存しますが、それでも高速で使いやすいのは確かでしょう。

また、月額料金も安く、回線利用料からプロバイダ料金、さらには無線LANのレンタルやセキュリティサービスまで含めて、最安値4,743円で利用できます。提供エリアは関東・東海・関西・九州と全国対応ではないものの、主要な都市なら問題なく利用できるでしょう。

キャッシュバックは最大35,000円で、違約金があっても補填できます。スマホやタブレットの契約先に関係せず利用できるため、多くの人におすすめできる業者でしょう。

NURO光のお申込みはこちら

So-net光

同業者でプロバイダ契約もできるSo-net光は、戸建てなら3,780円、マンションなら2、780円と、格安の月額料金で利用できるのが特徴です。安いからといって質が悪いわけではなく、次世代通信の「v6プラス」が利用できます。

高速かつセキュリティ性能が高く、快適に安心してネット楽しみたい人におすすめでしょう。また、別途セキュリティサービスが永年無料で利用できるプランもあり、これも使うとさらに安全性を高めてネットが利用できます。

最大15,000円のキャッシュバックに加え、月額料金400円のレンタルルーターが、12カ月無料でできます。実質の金銭的なメリットで言うなら、約2万円分で、他社と比較しても十分お得でしょう。キャッシュバック自体は小さくても、月額料金が圧倒的に安いため、長期的に見るとお得に利用しやすい業者です。

So-net光のお申込みはこちら

解約費用を抑えてスムーズにドコモ光を解約しよう

ドコモ光を上手に解約するには、手順を知ることはもちろん、解約費用への理解を深めることが大切です。方法次第では費用をかけずに解約が可能で、お得な他社乗り換えもできます。費用をかけずに解約し、かつ特典を利用してお得に乗り換え、充実したネットライフを継続させましょう。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
ソフトバンク光公式代理店

公開日時 : 2020年06月26日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。