• 光回線
  • 更新日:2024年07月12日

光回線の乗り換え完全マニュアル!おすすめ回線や注意点・手順

光回線の乗り換え完全マニュアル!おすすめ回線や注意点・手順

※当記事はPRを含みます。詳しくはこちら
※カシモWiMAXは株式会社マーケットエンタープライズの関連会社、株式会社MEモバイルが運営しています。

光回線は最大1Gbps以上で通信できる非常に高速な回線です。通信速度を改善したいと考えているなら、光回線の乗り換えを検討してみましょう。

本記事では、キャンペーンや料金などからおすすめの光回線を紹介します。

なお、光回線の乗り換えには時間がかかるなどの注意点もあります。どんな人に光回線の乗り換えがおすすめかも解説するので参考にしてください。

※本記事で紹介する通信速度は、「みんなのネット回線速度」に掲載されている2024年6月直近3ヵ月のデータを引用しています。

光回線の乗り換えはめんどくさい?

光回線の乗り換えには工事が必要な場合があり、面倒に感じる可能性もあります。

光回線の乗り換え方法には、転用・事業者変更・新規契約の3つが存在し、回線工事の有無や乗り換えにかかる期間が異なります。以下の表に詳細を記載しました。

工事の有無 乗り換えにかかる期間 乗り換え内容
転用 なし 1~2週間 フレッツ光→光コラボ
事業者変更 なし 1~2週間 光コラボ→光コラボ
光コラボ→フレッツ光
新規契約 あり 2~4週間 フレッツ光 or 光コラボ→独自回線
独自回線→フレッツ光 or 光コラボ
ケーブルテレビ回線→フレッツ光 or 光コラボ
電力系回線→フレッツ光 or 光コラボ

フレッツ光から光コラボへの乗り換え(転用)では、回線工事が不要です。それは、どちらも同じNTTの光ファイバー網を使用しているためです。

申し込みから転用完了まで1~2週間ほどかかりますが、その間もインターネットが使えます。また、光コラボから光コラボの場合(事業者変更)も、工事不要ですぐに利用可能です。

一方、フレッツ光から独自回線(NURO光など)、独自回線からフレッツ光、ケーブルテレビ回線から光コラボなど異なる回線への乗り換えでは基本的に工事が必要です。

工事期間は通常2~4週間かかりますが、NURO光など事業者によっては最大3ヵ月以上待つケースもあるので注意しましょう。

なお、利用する光ファイバー網が既に設置されている場合は、異なる回線からの乗り換えでも工事は不要です。

光回線乗り換えのメリット

通信費を安くできる可能性がある

光回線を乗り換えることのメリットの一つとして、通信費を安くできる可能性があることが挙げられます

同じようなサービス内容でも月額料金が異なることはあるため、現在使っている光回線よりも安い光回線に乗り換えることで月額料金を抑えられます。

さらに、契約している携帯電話会社とのセット割引を利用することでスマホの料金も抑えることが可能になります。

以上のように、乗り換えることで通信費を安くできる可能性があるため、メリットといえます。

通信速度が速くなる可能性がある

光回線の乗り換えで通信速度が速くなる可能性があることもメリットといえます。

例えば、インターネットの通信速度は光回線サービスやプロバイダによって異なります。そのため、フレッツ光や光コラボではプロバイダを変更することで通信速度が改善する可能性があります。

また、auひかりやNURO光、コミュファ光などの独自回線は、通信速度の速さが魅力の光回線です。通信速度に悩んでいる方は、独自回線を検討してみるのもよいでしょう。

さらに、そもそも契約している光回線がIPv6に対応していない場合は、IPv6対応の光回線へ乗り換えることで通信速度が改善することがあります。

IPv6とは?

「IPv6」とは、インターネットで使われる新しい通信規約のことです。

「IPv6」対応の光回線にすることで、通信速度の高速化や安定化、セキュリティ強化が見込めるという利点があります。

光回線の乗り換えがおすすめな人

インターネットをより快適かつお得に利用するために、どんな人に光回線の乗り換えがおすすめなのかを解説します。

キャリアと異なる光回線を使っている人

利用中のキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)と異なる光回線を使っている人は、乗り換えによってスマホのセット割を利用できるようになる場合があります。

スマホセット割を利用することで、毎月のスマホ代が1,000円程度割引されます。キャリアと光回線の代表的なスマホセット割は以下の通りです。

キャリア セット割の名称 セット割の対象光回線 割引額(税込)
ドコモ ドコモ光セット割 ドコモ光 最大1,100円割引/月
au auスマートバリュー auひかり
コミュファ光
eo光など
最大1,100円割引/月
ソフトバンク おうち割光セット ソフトバンク光
NURO光
最大1,100円割引/月

ドコモ・au・ソフトバンクでは、スマホ1回線あたり毎月最大1,100円(税込)の割引が受けられます。

ドコモのスマホを利用している場合、ドコモ光セット割が受けられるのに、ソフトバンク光を利用するのはもったいないことです。

このような場合は光回線の乗り換えを検討してみてください。

契約更新タイミングの人

契約更新時期が近い人も光回線の乗り換えを検討してみてください。

通常、契約期間は自動更新となり、途中解約すると違約金が発生するため、乗り換える場合は契約更新月に解約するようにしましょう

契約更新月とは、契約している料金プランの満了期間のことです。この期間に解約すれば違約金はかかりません。

通信速度を改善したい人

回線の速度が遅くて困っている場合も、光回線の乗り換えを検討してみてください。以前は1ギガプランだけでしたが、現在は最大2Gbpsや最大10Gbpsのプランも選べます

なお、同じ最大1Gbpsの光回線であっても、auひかり(下り平均速度: 523.2Mbps)とソフトバンク光(下り平均速度:305.29Mbps)のように回線によって実効速度が異なります。

そのため、光回線を選ぶ際は実際の速度を確認することも大切です

また、使用するWiFiルーターの性能によっても速度は変わります。WiFiルーターが古い通信規格にしか対応していないと、十分な速度が出ない場合があります。

速度が遅くならないか心配なときは、乗り換えの際に最新ルーターをレンタルできる事業者を選びましょう。最新ルーターであれば速度改善が見込めます。

乗り換え先のおすすめ光回線

光回線の乗り換え先としておすすめのプロバイダを紹介します。各社、月額料金や乗り換えキャンペーン、スマホセット割の有無などに注目してみましょう。

乗り換え先のおすすめ光回線

ドコモ光|最大10万円キャッシュバック

ドコモ光

スマホセット割やdポイント還元、キャッシュバックがあるお得なドコモ光は、光回線の乗り換え先としておすすめです。以下の表に、月額料金や最大速度などを記載しました。

(税込) ドコモ光
月額料金 戸建て ドコモ光1ギガ:5,720円
ドコモ光10ギガ:6,380円
マンション ドコモ光1ギガ:4,400円
ドコモ光10ギガ:6,380円
事務手数料 3,300円
工事費 22,000円
初月料金 日割計算
契約期間 2年(2年定期契約)
違約金 戸建て 5,500円
マンション 4,180円
最大速度 ドコモ光1ギガ:最大1Gbps
ドコモ光10ギガ:最大10Gbps
実効速度 平均下り速度: 270.63Mbps
平均上り速度: 304.35Mbps
(ドコモ光1ギガプラン)
光回線の種類 光コラボ
スマホセット割 ドコモ:1,100円割引/月
対応エリア 全国
(※ただし、10ギガプランは
関東・関西・東海・北海道・
宮城・新潟の一部のみで利用可)
乗り換えキャンペーン 最大10万円キャッシュバック

2年契約の途中で解約すると最大5,500円(税込)の違約金がかかりますが、ドコモ光には以下のメリットもあります。

ドコモ光のメリット
  • スマホセット割により、家族全員が永年毎月最大1,100円(税込)の割引を受けられる
  • 20種類以上のプロバイダーから選べる
  • 乗り換えキャンペーンで最大10万円のキャッシュバックがもらえる

ドコモ光とドコモのスマホとセットで利用すると、毎月最大1,100円(税込)の割引を受けられます。

また、ドコモ光はプロバイダーを20種類以上から選べるのもメリットです。プロバイダによっては料金を抑えられるだけでなく、WiFiルーターの無償レンタルもできます

自分の目的に適したプロバイダを選んでみてください。また、ドコモ光の代理店「GMOとくとくBB」では、最大10万円のキャッシュバックキャンペーンも行っています。

光回線の様々なキャンペーンの中でも特に高額なので、お得に乗り換えられるチャンスです。

【ドコモ光公式】詳細はこちら

auひかり|最大93,000円キャッシュバック

フルコミット

※内容は記事更新日時点の情報です。最新の情報については必ず公式サイトをご確認ください。

独自回線で通信が安定しており、スマホセット割がお得なauひかりも光回線の乗り換え先としておすすめです。以下の表にauひかりの基本情報をまとめました。

(税込) auひかり
月額料金 戸建て ホーム1ギガ:5,390円~5,610円
ホーム5ギガ:5,390円~5.940円
ホーム10ギガ:6,248円~6,798円
マンション お得プランA:4,180円
事務手数料 3,300円
工事費 戸建て 41,250円
マンション 33,000円
初月料金 日割計算
契約期間 戸建て 3年(ずっとギガ得プラン)
マンション 2年(お得プランA)
違約金 戸建て 4,730円
マンション 2,730円
最大速度 ホーム1ギガ:最大1Gbps
ホーム5ギガ:最大5Gbps
ホーム10ギガ:最大10Gbps
実効速度 平均下り速度: 523.2Mbps
平均上り速度: 551.97Mbps
(ホーム1ギガプラン)
光回線の種類 独自回線
スマホセット割 au:最大1,100円割引/月
UQモバイル:最大1,100円割引/月
対応エリア 全国(※ただし、沖縄県・関西地方
・東海地方は対象外)
(※ホーム5ギガ・ホーム10ギガは東京都・
神奈川県・埼玉県・千葉県の一部エリアのみ)
乗り換えキャンペーン 最大93,000円キャッシュバック

契約更新期間以外の解約で違約金がかかりますが、auひかりには以下のメリットもあります。

auひかりのメリット
  • KDDIの自社回線を使用しているため安定した通信が期待できる
  • auやUQモバイルとのスマホセット割がお得
  • auひかりへの乗り換えで得られる最大93,000円のキャッシュバックがお得

auひかりでは、KDDIが自社で運用している光回線を使用できるため、光コラボよりも回線が混雑しにくく安定した通信が期待できます。

また、auひかりではauだけでなくUQモバイルとのスマホセット割が利用できるのもメリットです。どちらも毎月最大1,100円(税込)の割引が受けられます。

auひかりの代理店「フルコミット」から申し込むと、最大93,000円の高額キャッシュバックがもらえるキャンペーンも利用可能です。

5ギガプランや10ギガプランを利用できるエリアは一部だけですが、安定した回線やスマホセット割に魅力を感じる場合はauひかりがおすすめです。

【auひかり】詳細はこちら

以下の記事では、auひかりの料金を解説しています。安くなる方法も紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

ソフトバンク光|最短2ヵ月でキャッシュバックがもらえる

ソフトバンク光_cp

ソフトバンク光も、スマホセット割や乗り換えキャンペーンがお得な光回線です。ソフトバンク光の月額料金やキャンペーンなどをまとめました。

(税込) ソフトバンク光
月額料金 戸建て 1ギガプラン:5,720円
10ギガプラン:6,380円
マンション 1ギガプラン:4,180円
10ギガプラン:6,380円
事務手数料 3,300円
工事費 31,680円
初月料金 日割計算
契約期間 2年(2年自動更新プラン)
違約金 戸建て 1ギガプラン:5,720円
10ギガプラン:6,380円
マンション 1ギガプラン:4,180円
10ギガプラン:6,380円
最大速度 1ギガプラン:最大1Gbps
10ギガプラン:最大10Gbps
実効速度 平均下り速度: 305.29Mbps
平均上り速度: 355.24Mbps
(1ギガプラン)
光回線の種類 光コラボ
スマホセット割 ソフトバンク:最大1,100円割引/月
ワイモバイル:最大1,650円割引/月
対応エリア 全国
(※ただし、10ギガプランは関東・関西・東海・
北海道・宮城・新潟の一部のみで利用可)
乗り換えキャンペーン 新規契約で40,000円キャッシュバック
10ギガプランの申し込みで最大28,800円キャッシュバック

ソフトバンク光には以下のメリットがあります。

ソフトバンク光のメリット
  • おうち割光セットでソフトバンクスマホがお得に使える
  • 開通工事完了までWiFiルーターを借りられる
  • 最短2ヵ月でキャッシュバックがもらえる

スマホセット割(おうち割光セット)が利用できるソフトバンク光を利用すると、毎月のソフトバンクやワイモバイルの料金が割引されます。

その他、ソフトバンク光の開通工事が完了するまでの期間(~1ヵ月程度)、WiFiルーターを無料レンタルできるのもメリットです。開通までインターネットが使えないという状況を避けられます。

また、ソフトバンク光の代理店「STORY」では、合計最大68,800円のキャッシュバックも行っています。最短2ヵ月後に振り込みが完了します。

ソフトバンクのお得なスマホセット割を利用したい、早くキャッシュバックをもらいたいという場合は、ソフトバンク光の申し込みも検討してみてください。

【ソフトバンク光公式】詳細はこちら

ビッグローブ光|全国提供の光回線で最安級

ビッグローブ光

ビッグローブ光では、auやUQモバイル、BIGLOBEモバイルとのスマホセット割が利用できます。以下の表に料金やキャンペーンなどを記載しました。

(税込) ビッグローブ光
月額料金 戸建て 1ギガプラン:5,478円
10ギガプラン:6,270円
マンション 1ギガプラン:4,378円
10ギガプラン:6,270円
事務手数料 3,300円
工事費 28,600円
初月料金 日割計算
契約期間 1ギガプラン:3年(ひかりコース3年プラン)
10ギガプラン:2年(10ギガタイプ2年プラン)
違約金 戸建て 1ギガプラン:4,100円
10ギガプラン:4,620円
マンション 1ギガプラン:3,000円
10ギガプラン:4,620円
最大速度 最大1~10Gbps
実効速度 平均下り速度: 247.5Mbps
平均上り速度: 282.44Mbps
(1ギガプラン)
光回線の種類 光コラボ
スマホセット割 au:最大1,100円割引/月
UQモバイル:最大1,100円割引/月
BIGLOBEモバイル:最大220円割引/月
対応エリア 全国
(※ただし、10ギガプランは関東・関西・東海・
北海道・宮城・新潟の一部のみで利用可)
乗り換えキャンペーン 最大90,000円キャッシュバック

ビッグローブ光には以下のメリットがあります。

ビッグローブ光のメリット
  • 他社と比較してお得な月額料金
  • BIGLOBEモバイルもお得になるスマホセット割
  • 最大7万円以上お得になるキャンペーン

ビッグローブ光は、全国で利用できる光回線の中で、特に月額料金が安いのがメリットです。

ビッグローブ光の1ギガプランは月額5,478円(税込)です。一方、auひかりは5,610円(税込)、ソフトバンク光は5,720円(税込)がかかります。

1ヵ月の利用料金はわずかな差であっても、利用期間が長くなれば大きな差になります。

なお、ビッグローブ光ではauやUQモバイルのほかに、BIGLOBEモバイルとのセット割も利用できます。BIGLOBEモバイルのセット割では、毎月220円(税込)が割引されます。

また、最大90,000円のキャッシュバックキャンペーンも魅力です。

【ビッグローブ光】詳細はこちら

GMOとくとくBB光|契約期間の縛りがない

GMOとくとくBB光は、高額キャッシュバックがお得な光回線です。月額料金や実効速度などを表に記載しました。

(税込) GMOとくとくBB光
月額料金 戸建て 1ギガプラン:5,390円
10ギガプラン:5,940円
マンション 1ギガプラン:4,290円
10ギガプラン:5,940円
事務手数料 3,300円
工事費 戸建て 26,400円
マンション 25,300円
初月料金 日割計算
契約期間 なし
違約金 なし
最大速度 1ギガプラン:最大1Gbps
10ギガプラン:最大10Gbps
実効速度 平均下り速度: 257.07Mbps
平均上り速度: 310.75Mbps
(1ギガプラン)
光回線の種類 光コラボ
スマホセット割 なし
対応エリア 全国
(※ただし、10ギガプランは関東・関西・東海
・北海道・宮城・新潟の一部のみで利用可)
乗り換えキャンペーン 最大103,000円分キャッシュバック

GMOとくとくBB光には以下のメリットがあります。

GMOとくとくBB光のメリット
  • 契約期間に縛りがない
  • 最大103,000円のキャッシュバックがお得

GMOとくとくBB光は、契約期間に縛りがないので違約金がかかりません。また、GMOとくとくBB光の契約で、最大103,000円の高額キャッシュバックがもらえます。

GMOとくとくBB光への乗り換えに加え、10ギガプランの申し込みや電話サービスへの加入など条件がありますが、10万円を超えるキャッシュバックは魅力的です。

キャッシュバックの適用条件を満たせる場合、GMOとくとくBB光が非常にお得です。

【GMOとくとくBB光】詳細はこちら

NURO光|独自回線を利用した高速通信が可能

出典:NURO光

NURO光は通信速度の速さが特徴の光回線です。料金やキャンペーン、実効速度などを表にまとめました。

(税込) NURO光
月額料金 戸建て 2ギガプラン(3年契約):5,200円
10ギガプラン(3年契約):5,700円
マンション(39戸以下) 2ギガプラン(3年契約):5,200円
10ギガプラン(3年契約):5,700円
マンション(40戸以上) 2ギガプラン(3年契約):2,090円~2,750円
2ギガプラン(2年契約):2,530~3,190円
事務手数料 3,300円
工事費 44,000円
初月料金 日割計算
契約期間 2~3年
違約金 2ギガプラン(3年契約):3,850円
2ギガプラン(2年契約):3,740円
10ギガプラン(3年契約):4,400円
最大速度 2ギガプラン:最大2Gbps
10ギガプラン:最大10Gbps
実効速度 平均下り速度: 646.3Mbps
平均上り速度: 631.0Mbps
(2ギガプラン)
光回線の種類 独自回線
スマホセット割 ソフトバンク:最大1,100円割引/月
NUROモバイル:最大1,100円割引/月
対応エリア 関東・東海・関西(和歌山除く)・北海道・
広島県・岡山県・福岡県・佐賀県
乗り換えキャンペーン 最大60,000円キャッシュバック

NURO光のメリットは以下の通りです。

NURO光のメリット
  • 実効速度が上下500Mbpsを超えるため快適に使える
  • ソフトバンクとNUROモバイルでセット割を利用できる

NURO光には1ギガプランがなく、2ギガと10ギガのプランがあります。

NURO光の2ギガプランは月額5,200円(税込)、ビッグローブ光の1ギガプランは月額5,478円(税込)です。つまり、2ギガのNURNO光の方が料金を抑えられます。

また、ソフトバンクのほか、NUROモバイルでもセット割を利用可能です。NUROモバイルには、最大1,100円(税込)の割引が12ヵ月間適用されます。

また、独自回線を使用するNURO光は安定して高速通信ができる点もメリットです。実効速度は上下ともに500Mbpsを超えます。

さらに、最大60,000万円のキャッシュバックも行われています。最大額のキャッシュバックを受けるには、オプションの加入が必要です。

【NURO光公式】詳細はこちら

以下の記事では、NURO光の評判を紹介しています。速度が遅いときの対処法も解説していますので、こちらも参考にしてください。

光回線を乗り換える際の注意点

光回線を乗り換えるときに注意したいポイントを解説します。申し込みをする前に確認しておきましょう。

工事が必要な場合がある

光コラボから光コラボ、フレッツ光から光コラボ、またはその逆の乗り換えの場合に回線工事は必要ありません。どれも同じNTTの回線を使用するためです。

一方、auひかりのような独自回線から光コラボに乗り換える際は必要です。また、独自回線から別の独自回線に乗り換える際も、異なる回線に変わるため工事を行います。

開通工事は概ね1~2ヵ月程度で完了します。

なお、利用する回線の設備が既に備わっている場合、回線工事は不要です。

キャンペーンには適用条件がある

多くの事業者がキャッシュバックキャンペーンを行っていますが、適用条件や受取時期は会社によって異なります

例えば、最大101,000円分のキャッシュバックがもらえるGMOとくとくBB光のキャンペーンには、以下の適用条件が設けられています。

キャッシュバック適用条件
(GMOとくとくBB光)
キャッシュバック
①GMOとくとくBB光のキャンペーン
専用ページから申し込む
5,000円
②他社インターネットから
GMOとくとくBB光に乗り換え
最大6万円
③10ギガプランで申し込み 1万円
④オプションサービスの
同時申し込み
最大2.6万円
(※ひかりTV+電話オプション:2.2万円
インターネット安心セキュリティ
/スマホトラブルサポート+:4,000円)

表の4つの適用条件をクリアすることで最大額のキャッシュバックがもらえます。人によっては10ギガプランや、ひかりTVなどが必要ない場合もあるでしょう。

その場合、得られるキャッシュバックは減ってしまいます。また、他社からの乗り換えで得られる6万円は、他社解約時に発生した違約金や工事費の残債額が限度です。

つまり、違約金や残債がなければキャッシュバックがもらえない可能性があります。高額キャッシュバックは魅力的ですが、適用条件を満たせるかどうかを確認しましょう。

また、キャッシュバックの受け取りはサービス開始の1年後です。GMOとくとくBB光に限らず、受け取りまで時間がかかることが多いため、その点も注意が必要です。

固定電話が使えなくなる

光回線の乗り換えで、固定電話の番号を引き継げるかどうかは「発番」した状況により異なります。電話番号の引継ぎの可否は以下の通りです。

電話番号の引継ぎ可 NTTアナログ電話で発番した場合
フレッツ光で発番し、光コラボに乗り換える場合
光コラボで発番し、光コラボ or フレッツ光に乗り換える場合
電話番号の引継ぎ不可 フレッツ光 or 光コラボ以外で発番した場合
フレッツ光 or 光コラボで発番し、フレッツ光 or 光コラボ以外に乗り換える場合
引っ越しで局番が変わる場合

NTTのアナログ電話で番号を取得した場合や、フレッツ光(光コラボ)で発番して光コラボ(フレッツ光)に乗り換える際は、電話番号の引継ぎが可能です。

NURO光やauひかりなどの独自回線で発番し、フレッツ光(光コラボ)に乗り換える場合や、その逆のケースでは引継ぎできません。

総務省によると、異なる回線での電話番号引継ぎが可能となる「双方向番号ポータビリティ」の計画が進められており、近い将来引継ぎできるようになる可能性があります

しかし、現時点では厳しいので、場合によっては電話番号が変わる可能性があることを覚えておきましょう。

WiFiが使えない期間が発生する

光回線の開通工事が完了するまでの間(1~2ヵ月程度)、インターネットが使えない期間が発生します。

光回線の事業者によっては、開通前にホームルーター(or ポケット型WiFi)の貸出を行っています。

申し込み予定の事業者からレンタルできるのであれば、別途他社でポケット型WiFiなどを契約する必要はありません。

なお、本記事で紹介した事業者は、すべて開通前のWiFiレンタルを行っているので利用してみてください。

違約金や工事費残債がかかる

光回線に乗り換える際、既存の回線サービスで違約金や工事費の残債が発生する場合があります。

契約期間の縛りがないプランでは、いつ解約しても違約金は請求されません。しかし、2年や3年の契約期間が設けられたプランが多いのが現状です。

また、auひかりのように工事費を分割払いすることで実質無料になる場合もありますが、途中で解約すると残債を請求されるため注意が必要です。

解約時期によっては、違約金と工事費の残債を合わせて高額な支払いになるため注意しましょう。

違約金を支払わないためには、各契約期間で設けられた契約更新月に解約しましょう。また、乗り換え先の光回線で実施しているキャンペーンを利用するのも一つの方法です。

GMOとくとくBB光のように、最大6万円の違約金負担を行っている事業者もあるので、ぜひ活用してみてください。

【パターン別】光回線の乗り換え手順

光回線は、乗り換えの手順を間違えると、インターネットが使えない期間が長く発生する場合があります。スムーズに乗り換えるために、乗り換えの手順を把握しておきましょう。

光回線の乗り換え手順は、現在契約中の光回線の種別により3パターンに分かれます。

ここでは、それぞれの乗り換えの手順を紹介します。

1.【新規】乗り換え手順

フレッツ光や光コラボなどNTT系の回線から、独自回線を使った光回線へ乗り換える場合、回線自体の種類を変更する工事が必要です。

今まで使っていた回線を解約し、以下の流れで乗り換え先の事業者と新規契約します。

内容は動画でも紹介しています。

1.プロバイダに新規申し込み

まずは、乗り換え先のプロバイダを選びます。

編集部では、スマホと同時契約することでお得に利用できる、スマホセット割が適用される回線をおすすめします。

2.工事日程を決定

続いて、現在契約中の回線を解約する前に、乗り換え先に工事の予約を取りつけます。

新規契約で新たに回線工事が必要な場合、1ヵ月以上かかることも少なくありません。繁忙期は特に時間がかかりやすい傾向があり、2~4月は特に混みやすいため注意が必要です。

以下の記事では、光回線の工事内容についてより詳細に解説しているため、参考にしてみてください。

「工事完了まで待ってられない!」という方は、工事不要で届いたらすぐに使えるホームルーターポケット型WiFiがおすすめです。

 

3.現在契約中の光回線を解約

料金の支払いが重ならないように、乗り換え先の切り替え日に合わせて解約日を設定することが大切です。

光回線の解約方法はネットまたは電話での受付が主流ですが、プロバイダによって方法が異なるため事前に確認しておきましょう。

4.レンタル機器を返却

プロバイダから機器をレンタルしている場合、解約に伴い返却が必要です

基本的には郵送での返却で、返却期限を過ぎると違約金がかかる場合もあるため、早めに返却しましょう。

5.インターネット接続設定

古いプロバイダの解約と乗り換え先の新しいプロバイダへの切り替えが終了したら、インターネットの接続設定をします。

接続設定は、乗り換え先のプロバイダから支給されたIDとパスワードを使ってパソコンで行います。

初期設定後、ネットへの接続を確認して乗り換えの手続きは完了です。

2.【転用】の乗り換え手順|フレッツ光→光コラボ

現在フレッツ光を利用中の方が、光コララボ回線に乗り換える場合「転用」手続きを行います。

新規契約との大きな違いは、工事不要で乗り換えられる点と、フレッツ光の解約が不要な点です。

自分に合った光コラボに乗り換えれば、スマホセット割やキャッシュバック、他社違約金負担など様々なメリットが得られます。

転用手続きの流れ

フレッツ光から光コラボに乗り換える場合、以下の流れで手続きを行います。転用承諾番号は、Webまたは電話による手続きで取得できます。

  1. お客様IDや契約者名・住所・支払い情報を準備する
  2. NTTから「転用承諾番号」を受け取る
  3. 乗り換え先の光コラボに「転用承諾番号を伝える」
  4. 1週間程度で回線が自動で切り替わる
  5. ルーターや回線の接続設定を行う
NTTフレッツ光の連絡先

転用手続きの注意点

転用承諾番号には有効期限があり、取得後15日を経過すると使えなくなるため注意が必要です。

また、フレッツ光の解約手続きは不要ですが、契約中のプロバイダの解約が必要なので忘れないようにしましょう。

フレッツ光からドコモ光へ転用する流れを詳しく知りたい方は、以下の記事で解説しているので参考にしてください。

3.【事業者変更】の乗り換え手順|光コラボ→光コラボ

現在光コラボを使用中の方が、他の光コラボに乗り換える場合「事業者変更」手続きを行います。

転用の場合と同様にフレッツ光の回線がそのまま使えるため、工事不要で簡単に乗り換えが可能です。

使用中の光コラボ事業者の料金やサービスに不満がある方や、工事不要で簡単に乗り換えられる光回線を探している方におすすめの乗り換え方法です。

事業者変更手続きの場合、使用中のひかり電話の電話番号をそのまま引き継げます

事業者変更手続きの流れ

事業者変更手続きの流れは以下の通りです。

  1. 契約中の光コラボ事業者から「事業者変更承諾番号」を受け取る
  2. 乗り換え先に「事業者変更承諾番号」を伝え、申し込みする
  3. 1週間程度で回線が自動で切り替わる
  4. ルーターや回線の接続設定を行う

事業者変更の注意点

事業者変更承諾番号にも15日間の有効期限があるため、期限内に乗り換え手続きを行いましょう。期限切れになった場合は番号の再取得が必要です。

また、乗り換え先への申し込み手続きには「コラボ光のお客様ID」が必須なので、事前に用意しておきましょう。

光回線の乗り換えについてよくある質問

光回線を乗り換えるデメリットや、2年ごとに乗り換えるべきかなど光回線のよくある質問にお答えします。

光回線を乗り換えるデメリットはある?

料金が抑えられる、お得なキャンペーンが利用できるなど光回線の乗り換えにはメリットがある反面、以下のデメリットもあります。

光回線のデメリット

  • 違約金や工事費の残債が発生する場合がある
  • 開通工事まで時間がかかる
  • 開通工事完了までインターネットが使えない場合がある
  • 電話番号を引き継げない場合がある
  • テレビサービスやセキュリティソフトなどのオプションが利用できなくなる場合がある
  • 既存の回線サービスを解約する際に、違約金や工事費の残債が発生する場合があります。

    なお、回線工事が必要な場合、乗り換え先によっては1ヵ月程度待つこともあるので注意しましょう。

    その間、ホームルーターなどの貸出が利用できなければインターネットが使えません。別途自分でポケット型WiFiなどのレンタルを申し込む必要があります。

    他にも電話番号の引継ぎができないケースや、オプションのセキュリティソフトが使えなくなるなどのデメリットも考えられます。

    これらの注意点を踏まえたうえで、それでもメリットが大きいと感じたら、既存のサービスから光回線への乗り換えを検討してみてください。

    光回線の乗り換え完了までどれくらいかかる?

    工事が必要ないフレッツ光から光コラボに乗り換える転用や、光コラボから光コラボに乗り換える事業者変更の場合、2週間程度かかると考えましょう。

    なお、いずれもインターネットが使えなくなる期間はありません。一方で、回線工事が必要な場合は1ヵ月程度かかるでしょう。(※開通工事完了までインターネットが使えないので注意)

    光回線は2年ごとに乗り換えるべきって本当?

    速度や料金に不満がないのであれば、2年や3年ごとに光回線を乗り換える必要はないでしょう。光回線の乗り換えがおすすめなケースは以下の条件にあてはまる場合です。

    • 10ギガプランなどよりスペックが高い光回線を契約したい
    • スマホセット割を利用して携帯代金を抑えたい
    • 高額キャッシュバックを手に入れたい

    現在1ギガプランを契約しており、2ギガプランや10ギガプランなど、よりスペックが高い光回線を利用したい場合は乗り換えを検討してみましょう。

    ただし、実効速度は利用する時間帯や使用するWiFiルーターによっても変わります。乗り換えたからといって、確実に速くなるとは限らないので注意が必要です。

    その他、スマホセット割を利用したいという場合や、高額キャッシュバックをもらうという目的があれば、乗り換えを検討してみてもよいでしょう。

    ただし、光回線を乗り換える際に、違約金や工事費の残債がかかることがあるので、その点は注意してください。

    光回線の乗り換えまとめ

    ここまで、光回線の乗り換えについて、注意点やおすすめの事業者をお伝えしてきました。

    乗り換えることでお得なキャンペーンが使えたり、料金が安くなったりします。ただし、開通工事に時間がかかったり、違約金が発生したりする場合もあるので注意しましょう。

    デメリットを考えたうえで、それでもメリットが大きいと感じるようであれば、新たな光回線へ乗り換えましょう。

    今回紹介した光回線は、どこもお得な乗り換えキャンペーンを行っています。また、開通工事完了までの間、WiFiルーターのレンタルサービスも利用可能です。

    通信費を安くするために、スマホのセット割も踏まえて乗り換え先を選んでみてください。

    iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
    iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

    iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

    関連キーワード