ワイモバイル
  • 格安SIM

DMMモバイルでテザリングする方法・設定手順・対応機種・注意点解説

DMMモバイルでは3種類のテザリングが利用できますが、予め端末がテザリング対応しているか公式HP上で確認が必要です。今回、DMMモバイルでのテザリング利用方法・手順・注意点を解説します。
ワイモバイル DMMモバイルでテザリングする方法・設定手順・対応機種・注意点解説

DMMモバイルで格安SIMを運用しようと考えている人のなかには、テザリングが利用できるかどうかが気になっている人も多いのではないでしょうか?

安心してください。DMMモバイルでは、大手キャリアのスマホと同じように、テザリングを利用することが可能です。今回は、DMMモバイルでのテザリングについて紹介していきたいと思います。

DMMモバイルならテザリングを利用できる

結論から言うと、 DMMモバイルではテザリングを利用することができます。 これまで大手キャリアのスマホでテザリングを使用していたユーザーにとっては朗報なのではないでしょうか。

テザリングとはスマホやiPhoneをWiFiルーターの代わりとして、パソコンやタブレット、ゲーム機などをインターネットに接続する機能のことです。

フリーWiFiスポットを探したり、ポケットWiFiルーターを持ち運んだりすることなくインターネットに接続できるため、多くの人が利用しています。

ただ、MNVOによってはテザリングに対応していないこともあります。そのため、格安SIMに乗り換えたい人にとって、テザリングを使えるかどうかが気になるというわけです。

テザリング対応の端末であれば利用可能

DMMモバイルで使用する端末が、テザリングに対応しているのであれば、誰でもテザリングを利用することができます。

DMMモバイルでは、テザリングを使用するために、オプションなどに加入する必要はありません。

ただ、ここで注意したいのは、テザリングに対応していない端末もあるということ。DMMモバイルでテザリングを活用したいのであれば、テザリング対応機種を選択する必要があります。

DMMモバイルでは、公式ホームページ上に「動作確認端末」として、DMMモバイルのSIMカードが利用できるか確認した結果を公表しています。そのなかに、テザリングが利用可能かどうかも記載されていますので事前によく確認しておくことが大切です。

DMMモバイルで格安SIMを契約する

DMMモバイルのテザリングをおすすめする理由

DMMモバイルでは、テザリングを使用することができます。しかし、それ以外にDMMモバイルでのテザリングをおすすめできるポイントがいくつか存在しています。

ここからは、DMMモバイルでのテザリングをおすすめする理由について、紹介していきたいと思います。

月20GBの大容量プランがある

DMMモバイルには幅広い料金プランが用意されています。そして、大容量プランとして、月に20GB利用できるプランがあります。

20GBというと、どれくらいなのかピンとこない人もいるかもしれませんが、以下のような使い方で30日間過ごすことができるそうです。

  • 1日2時間YouTubeで動画を閲覧する。
  • 1日2時間テザリングを利用してパソコンなどでインターネットを利用する。
  • 1日3時間Apple Musicで音楽を楽しむ。
  • 1日1時間SNSのチェックやダイレクトメールを送受信する。

人によって違いはありますが、1日8時間ざっとこんな使い方をして過ごすことができる容量が20GBなのです。

しかも、DMMモバイルの20GBプランは、 データ通信専用SIM(SMSあり)で月額4,906円(税込)、音声通話SIMで月額5,560円(税込)という安さ です。

テザリングをよく使用するという人でも、DMMモバイルならデータ容量をあまり気にせず、安心して使うことができるのではないでしょうか?

高速通信時の3日制限なし

いくら大容量のプランだからといって、通信量が多すぎて速度制限が掛かるようでは快適にテザリングを利用することができません。

しかし、DMMモバイルでは、高速通信時の3日間の速度制限を設けていないため、いつでも快適に利用することが可能です。

ほとんどのMNVOでは、このいわゆる3日制限を設けているので、DMMモバイルは大容量のプランを使いこなすのに適したMNVOであるということができます。

また、MNVOでの通信速度というのは、話題に上がりやすいものです。DMMモバイルの通信速度は外部機関の調査でも評価が高く、YouTubeなど動画視聴を問題なくこなせる速度を保てていると言えます。そのため、テザリングを利用しても、通信が遅くてイライラするようなことはないでしょう。

固定回線が必要なくなる可能性も

1日の大半をネットゲームに費やすとか、常に容量の大きなデータをやり取りするようなインターネットのヘビーユーザーでない限り、自宅に固定回線を引く必要がなくなるかもしれません。

スマホもインターネットも使うけれど、20GBあれば十分という場合は、固定回線を解約し、DMMモバイルの大容量プランとテザリングの活用で事足りる可能性があるからです。

そうすれば、月々に掛かる通信費用を節約することもできるでしょう。自分が1ヵ月間に使用している通信量を確認して、20GBあれば問題ないという場合、今すぐに乗り換えたほうがよいかもしれません。DMMモバイルのキャンペーン情報をチェックして、お得に契約しましょう。

DMMモバイルで格安SIMを契約する

DMMモバイルでテザリングを活用する場合の注意点

ここからは、DMMモバイルでテザリングを活用する場合の注意点について紹介していきます。

テザリング機能を利用できるのはたいへん便利ですが、決してそれだけではありません。デメリットや注意すべき点についてもよく理解しておくことが大切です。

注意点1.スマホやiPhoneのバッテリー消費が激しくなる

DMMモバイルでテザリングを利用する場合、スマホやiPhoneのバッテリー消費が激しくなるので注意が必要です。

テザリングの種類には、パソコンの接続のみに使用できるUSBテザリング、通信速度が遅めのBluetoothテザリングに加え、WiFi接続可能な端末なら高速通信が可能なWiFiテザリングの3種類があります。

手軽で便利であり、高速通信が可能なことから、テザリングを利用する多くのケースでWiFiテザリングを利用することになると思いますが、この場合、常にWiFi接続を行うことになるため、バッテリーをかなり消費することになるのです。

そのため、テザリングを利用するためには、ある程度の容量があるモバイルバッテリーを一緒に持ち歩くことをおすすめします。

しかし、頻繁の充電はバッテリーの寿命が短くなる恐れがあるため、ポケットWiFiを使うのもおすすめです。

おすすめポケットWiFiを徹底比較した記事はこちらになります。ぜひ合わせてご参考ください。

注意点2.データ通信量を抑える努力が必要

DMMモバイルでは、20GBの大容量プランもあるため、テザリングを活用しやすいことは先程述べた通りです。

しかし、いつも自宅でそうしているように、テザリングを使ってパソコンなど利用していると、自分が思っている以上にデータを消費してしまいます。

特に、ソフトのアップデートや容量の大きなファイルのダウンロードなどを行うと、想像以上のデータ容量に驚くことになるでしょう。テザリングを利用する場合は、ある程度通信量を節約するようにしたほうが得策といえます。

注意点3.ドコモで契約したAndroidスマホはテザリングを利用できないことも

DMMモバイルに限った話ではなく、ドコモ回線に対応しているMNVOを選択するときに、ドコモで契約していたAndroidスマホをそのまま活用しようと考える人が多いと思います。

しかし、ドコモで契約したAndroidスマホでは、ほとんどのケースでテザリングを利用することができないので注意しましょう。

その理由は、ドコモのAndroidスマホを使ってテザリング接続を試みると、強制的にドコモが指定する接続先につながろうとしてしまうためです。

そのため、DMMモバイルをはじめとした格安SIMで、他のアクセスポイントを利用することが必要な場合、テザリングを利用することができなくなってしまうのです。

ちなみに、これはSIMロックを解除するかどうかとは、別の問題です。また、iPhoneならドコモ版でもテザリングを利用することができます。

DMMモバイルでテザリングを活用したいと考えているのであれば、auやソフトバンクでSIMロックを解除した端末やSIMフリー端末、DMMモバイルで販売されている端末などを用意したほうがよいでしょう。その際には、テザリング対応機種かどうかを、必ず確認するようにしましょう。

DMMモバイルのテザリング設定・利用手順

ここからは、DMMモバイルでテザリングを利用するための設定方法や手順について紹介していきたいと思います。

テザリングには先述したように、「パソコンの接続のみに使用できるUSBテザリング」、「通信速度が遅めのBluetoothテザリング」、「WiFi接続可能な端末なら高速通信が可能なWiFiテザリング」の3種類があります。3種類の利用方法をiPhoneとAndroidスマホに分けて説明していきます。

iPhoneのテザリング設定方法

まずは、iPhoneでテザリングを利用する場合から紹介していきます。

iPhoneでWiFiテザリングを行う手順

iPhoneでWiFiテザリングを行うための具体的な手順は以下の通りです。

  1. 1.ホーム画面にある[設定]をタップする
  2. 2.設定内にある[モバイルデータ通信]をタップする
  3. 3.モバイルデータ通信内にある[インターネット共有]をタップする
  4. 4.インターネット共有内にある[WiFiのパスワード]をタップする
  5. 5.パスワードを入力する
  6. 6.[インターネット共有]をタップして[ON]にすればテザリングの設定と接続が完了

テザリング接続のオン・オフは、[設定]内にある[インターネット共有]をタップすれば、接続や解除を選択することができます。

iPhoneでUSBテザリングを行う手順

次に、iPhoneでUSBテザリングを行うための具体的な手順は以下の通りです。

  1. 1.ホーム画面にある[設定]をタップする
  2. 2.[インターネット共有]をタップする
  3. 3.パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続すれば設定と接続が完了

iPhoneでBluetoothテザリングを行う手順

次に、iPhoneでBluetoothテザリングを行うための具体的な手順は以下の通りです。

  1. 1.ホーム画面にある[設定]をタップする
  2. 2.[インターネット共有]をタップする
  3. 3.インターネットを接続する子機でペアリング設定を行って設定と接続が完了

Androidスマホのテザリング設定方法

次に、Androidスマホでテザリングを利用するケースを紹介していきます。

AndroidスマホでWiFiテザリングを行う手順

AndroidスマホでWiFiテザリングを行うための手順は以下の通りです。

  1. 1.[設定]をタップする
  2. 2.[接続]内や[ネットワーク]内にある[テザリングとポータブルアクセスポイント]をタップする
  3. 3.[WiFiアクセスポイントのセットアップ]をタップする
  4. 4.WiFiアクセスポイントの設定を入力(SSIDとパスワードに注意)
  5. 5.入力が完了したら、[保存]をタップする
  6. 6.次の画面で[ポータブルWiFiアクセスポイント]をタップすれば、設定と接続が完了

上記した[テザリングとポータブルアクセスポイント]の項目は、端末によって格納されている場所が異なりますので、説明書などをよく確認してください。

AndroidスマホでUSBテザリングを行う手順

AndroidスマホでUSBテザリングを行うための手順は以下の通りです。

  1. 1.パソコンとスマホをUSBケーブルで接続する
  2. 2.[設定]をタップする
  3. 3.[テザリングとポータブルアクセスポイント]をタップする
  4. 4.[USBテザリング]をタップすれば設定と接続が完了

AndroidスマホでBluetoothテザリングを行う手順

AndroidスマホでBluetoothテザリングを行うための手順は以下の通りです。

  1. 1.パソコンとスマホをUSBケーブルで接続する
  2. 2.[設定]をタップする
  3. 3.[テザリングとポータブルアクセスポイント]をタップする
  4. 4.[Bluetoothテザリング]をタップする
  5. 5.[設定]から[Bluetooth]をタップする
  6. 6.使用する端末名をタップする
  7. 7.[ペアを設定する]をタップする
  8. 8.インターネットを接続する子機でペアリング設定を行って接続が完了

以上になります。

DMMモバイルでテザリングを活用しよう!

今回は、DMMモバイルのテザリングについて解説してきました。テザリングをうまく活用して、快適なインターネットライフを送りましょう。

また、DMMモバイルはオプションなどの加入なしでテザリングを利用できるほか、大容量プランとテザリングを組み合わせることで通信費を節約できる可能性もあります。格安スマホを検討中の方は、DMMモバイルも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

DMMモバイルで格安SIMを契約する

公開日時 : 2019年05月31日

el buho ― ライター
el buho ― ライター

京都在住のフリーランスライター。スポーツと音楽とダーツとDIYを愛する。いつか海外に移住したいと企んでおり、投資の勉強中。左利きだが右投げというややこしさ。血液型がA型であることがすぐにバレる傾向にある。

関連キーワード