[2021年]LINEモバイルのおすすめ端末!端末のみ購入・手持ち端末利用はできる?

【2020年最新】LINEモバイルのおすすめ端末10機種紹介!LINEモバイルで機種変更できる安い人気スマホやをまとめました。LINEモバイルで端末のみ購入はできるのか、持ち込み端末で機種変更できるかも解説。LINEモバイルで端末を安く購入したい方必見です。
BIGLOBEmobile20190724_desc [2021年]LINEモバイルのおすすめ端末!端末のみ購入・手持ち端末利用はできる?

※LINEモバイルは2021年3月31日(水)に新規申し込みを終了します。

乗り換えを検討している方は、新料金プラン「LINEMO」のメリット・デメリットを解説した記事をご覧ください。

CMでもおなじみのMVNO、LINEモバイルのおすすめ端末を紹介していきたいと思います。中には、キャンペーンで今だけ値下げしているものもあります!

また、セット購入のメリットについてもあわせて解説。ハイスペックなものから購入しやすい価格のものまで、幅広い品揃えになっていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

LINEモバイルで購入できるおすすめ端末10機種

LINEモバイルでは、格安SIMの契約時に端末をセット購入することができます。

販売されている端末の多くは、ドコモ・au・ソフトバンクの各キャリアに対応しており、初めて格安SIMを利用するという人でも選びやすいラインナップになっています。

今回はおすすめ端末として6機種を紹介していきたいと思います。

OPPO AX7

出典:LINEモバイル
  • 自撮りが楽しくなるインカメラ
  • 美しさと実用性を兼ね備えた大画面
  • 4,230mAhの大容量バッテリー

OPPO AX7は、低価格ながら優れたインカメラ性能が売りのコスパスマホです。

1万円前後というエントリーモデルの価格帯の場合、インカメラは800万画素前後が一般的です。一方OPPO AX7は、その2倍である1600万画素のインカメラを搭載しています。

画素数が高いだけでなく、「A.I.ビューティー」機能が自撮りをさらに美しく仕上げてくれます。

「A.I.ビューティー」機能とは、プロのメイクアップアーティストの意見を参考に開発された自撮りを美しく見せてくれる機能のことです。

OPPO AX7を使えば、簡単に盛れる自撮りが撮れること間違いなしです。

LINEモバイルで「OPPO AX7」に機種変更する!

                                                                                           
OS ColorOS 5.2
プロセッサー Snapdragon 450
メモリ RAM 4GB
ストレージ ROM 64GB
本体サイズ 155.9mm×75.4mm×8.1mm
画面サイズ 約6.2インチ
重さ 約168g
カメラ
(デュアルカメラ)
(アウトカメラ)1300万画素 + 200万画素
(インカメラ)1600万画素
おサイフケータイ 非搭載
認証機能 顔認証/指紋認証
バッテリー 4230mAh

LINEモバイルで「OPPO AX7」に機種変更する!

OPPO 10x Zoom

出典:LINEモバイル
  • 10倍ハイブリッドズーム
  • ウルトラナイトモードでリアルな色再現性を追求
  • ノッチなし全画面スクリーン

OPPO 10x Zoomは、OPPO製品の中で最もハイスペックなラインのモデルです。

OPPO 10x Zoom最大の特徴は、なんといっても「ピボットライジングカメラ」です。「ピボットライジングカメラ」とは、端末内部に収納されているインカメラが起動と同時に立ち上がる性能を指します。

インカメラを端末内に収納することで、完全な全画面スクリーンを実現しています。スマホでの映画鑑賞やゲームプレイも、他のスマホとは比べ物にならない大迫力で楽しむことができます。

さらに、約10倍までズームできる超高解像度カメラも魅力の1つです。遠くの被写体もブレずぼやけず撮影できるので、旅行先での写真撮影も思うがままです。

LINEモバイルで「OPPO 10x Zoom」に機種変更する!

                                                   
OS ColorOS 6.0
プロセッサー Snapdragon 855
メモリ RAM 8GB
ストレージ ROM 256GB
本体サイズ 162.0mm×77.2mm×9.3mm
画面サイズ 約6.65インチ
重さ 約215g
カメラ
(トリプルカメラ)
(アウトカメラ)標準4800万画素+超広角800万画素+望遠1300万画素
(インカメラ)1600万画素
おサイフケータイ 非搭載
認証機能 顔認証/指紋認証
バッテリー 4065mAh

LINEモバイルで「OPPO 10x Zoom」に機種変更する!

OPPO Reno A

出典:LINEモバイル

  • ゲーミング用途ならこれで間違いなし
  • もっと写真が好きになる、高性能カメラ
  • おサイフケータイ対応

2019年10月に発売されたOPPOのReno Aも、LINEモバイルで取り扱っています。

安価ながらハイスペックに近い性能を持つこの端末。Snapdragon™ 710と、大容量の6GB RAMとの組みあわせで快適な動作を実現。

出典:LINEモバイル

サクサク起動できるゲームや、AIによる写真の自動補正機能が魅力のOPPO Reno A。OPPO Reno Aのカメラ性能を使い心地を実機レビューした記事も参考に、気になる方はぜひお手に取ってみてください。

LINEモバイルで機種変更する!

本体カラー ブラック / ブルー
OS ColorOS 6(Android 9ベース)
メモリ RAM6GB
ストレージ 64GB/128GB
本体サイズ 約158.4(H) ×約75.4(W) ×約7.8(D)mm
画面サイズ 約6.4インチ
重さ 約169.5g
ディスプレイ
(有機EL)
2340 x 1080 ピクセル(カラー:1600万色)
Gorilla®Glass5
プロセッサー CPU:Qualcomm SDM710
GPU:Adreno 616
カメラ
(デュアルカメラ)
(アウトカメラ)1600万画素 + 200万画素
(インカメラ)2500万画素
(フラッシュ)LED
おサイフケータイ FeliCa
認証機能 顔認証/指紋認証
バッテリー 3600mAh
防水防塵 IP67

LINEモバイルで機種変更する!

HUAWEI nova 5T

出典:LINEモバイル
  • どんなシーンも美しく。高性能クアッドカメラ+セルフィー
  • エンタメをとことん楽しむCPU性能
  • わずか30分で最大50%充電

HUAWEI nova 5Tは、モデル名の通り5つのAIカメラが搭載されているカメラスマホです。

正面の3200万画素インカメラに、背面には4つのクアッドカメラが搭載されています。レンズの数が多いだけでなく、1つ1つのレンズ性能も高いのでどんなシーンでも完璧な写真撮影が可能です。

例えば4800万画素のメインカメラでは、スーパーナイトモードを搭載。白飛びや黒つぶれせず、見たまま綺麗な夜景を写真に残せます。

また、マクロレンズでは葉っぱの水滴といった、一眼レフでしか撮影できない細かな物体も撮影可能です。本格的にカメラを初めてみたい方の導入機種としてもおすすめできます。

LINEモバイルで「HUAWEI nova 5T」機種変更する!

                                                   
OS Android 9
プロセッサー Kirin 980
メモリ RAM 8GB
ストレージ ROM 128GB
本体サイズ 154.25mm×73.97mm×7.87mm
画面サイズ 約6.26インチ
重さ 約174g
カメラ
(クアッドカメラ)
(アウトカメラ)4800万画素+1600万画素+200万画素+200万画素
(インカメラ)3200万画素
おサイフケータイ 非搭載
認証機能 指紋認証
バッテリー 3750mAh

LINEモバイルで「HUAWEI nova 5T」機種変更する!

HUAWEI nova lite 3

画像:LINEモバイル

低価格でありながら高い性能を秘めた「HUAWEI nova lite 3」。最新OSを搭載し、CPUにはKirin710を採用しています。

これによりスムーズなネットサーフィンを実現して、快適なネットライフをサポートしてくれるでしょう。

このモデルの特長は、高性能な割に低価格というコスパの良さです。本体価格は22,880円、24回の分割払いなら1,030円/月ですので購入しやすいスマホと言えます。

出典:LINEモバイル

そしてカメラの性能は、メイン「1300万画素+200万画素」とデュアルレンズを搭載しています。解像度の高い画像はもちろん、色彩豊かな写真を収められるのが魅力です。

さらに背景ボケなど味わい深い写真の撮影も手軽に行えるため、カメラ重視で選んでいる方にもおすすめです。SNSによく写真を投稿する人にはおすすめできる機能と言えるでしょう。

また、CPUにはKirin710を搭載。3Dオンラインゲームを高画質で楽しむのは難しいですが、SNSの閲覧やネットサーフィンなど、普段使いには全く問題がありません。

画面サイズも6.21インチと大きくフルHD対応のため、迫力の動画を思う存分楽しむことができるでしょう。

LINEモバイルで「HUAWEI nova lite 3」に機種変更する

                                                   
OS Android9
プロセッサー Kirin710
メモリ RAM3GB
ストレージ ROM32GB
本体サイズ 155.2mm×73.4mm×7.95mm
画面サイズ 約6.21インチ
重さ 約160g
カメラ
(デュアルカメラ)
(アウトカメラ)1600万画素 + 200万画素
(インカメラ)2500万画素
(フラッシュ)LED
おサイフケータイ FeliCa
認証機能 顔認証/指紋認証
バッテリー 3400mAh

LINEモバイルで「HUAWEI nova lite 3」に機種変更する

HUAWEI P30

出典:LINEモバイル

「HUAWEI P20シリーズ」の後継モデルである今作。元々HUAWEIのPシリーズは「コンパクトで持ちやすい」スマホですが、P30はさらにカメラ性能がアップしました。

出典:LINEモバイル

メインカメラの画素数は4000万画素!インカメラも3200万画素と、一般的なスマホカメラを凌駕する性能を誇ります。

LINEモバイルで機種変更する!

                                                   
OS Android 9
プロセッサー Kirin 980
メモリ RAM 6GB
ストレージ ROM 128GB
本体サイズ 149.1mm×71.36mm×7.57mm
画面サイズ 約6.1インチ
重さ 約165g
カメラ
(トリプルカメラ)
(アウトカメラ)広角4000万画素+超広角1600万画素+望遠800万画素
(インカメラ)3200万画素
おサイフケータイ 非搭載
認証機能 指紋認証
バッテリー 3650mAh

LINEモバイルで機種変更する!

iPhone 6s

画像:LINEモバイル

次のおすすめ端末は、ご存知Appleの「iPhone 6s」です。LINEモバイルで購入できるiPhoneはこの機種のみとなり、対応回線もソフトバンク回線のみとなります。

格安SIMをiPhoneで運用したいと考えている方にとっては、iPhoneをセット購入できるというのは嬉しい限りでしょう。

iPhone 6sの特長は、小型で片手でも操作できる使い勝手の良さです。最新のiPhoneは大型化が進んでいますが、iPhone 6sは大型化が始まる前のモデル。

そのため、手にしたときのコンパクトさに驚いてしまうかもしれません。大型のスマホは使いにくいという人にもおすすめしたいモデルです。

CPUも性能十分ですから、iPhone特有の滑らかな動きでゲームなどを楽しむことができます。また、搭載されているiOSは、過去のモデルでも定期アップデートが問題なく行えるので、セキュリティ対策も万全です。

LINEモバイルで「iPhone 6s」に機種変更する

                                                   
OS 最新OS
プロセッサー A9
メモリ RAM2GB
ストレージ ROM16/64/128GB
本体サイズ 138.3mm×67.1mm×7.1mm
画面サイズ 約4.7インチ
重さ 約143g
カメラ
(シングルカメラ)
(アウトカメラ)1200万画素
(インカメラ)500万画素
おサイフケータイ 非対応
認証機能 指紋認証
バッテリー 非公開

LINEモバイルで「iPhone 6s」に機種変更する

ZenFone 6

出典:LINEモバイル

2019年8月23日に発売された、ZenFoneシリーズの最新作です。最大の特徴は、180度回転するユニットカメラ「Flip Camera」です。

  • 180度回転するFlip Cameraの搭載
  • microSDを同時に利用できるトリプルスロット
  • USB Type-C端子
  • Googleアシスタント起動可能なスマートキー
  • 超大容量バッテリーの搭載

LINEモバイルで「ZenFone 6」に機種変更する

機種名 ZenFone 6
本体サイズ 159.1mm×約75.4mm×9.1mm
画面サイズ 6.4インチ
重さ 約190g
CPU Qualcomm Snapdragon 855
バッテリー 5,000mAh
アウトカメラ インカメラ 48MP+12MP(超広角) 180°回転カメラ 180°回転まで約1秒 2カメラ仕様 SONY IMX586 F値2.0+1.79

画期的な180°回転カメラの搭載

ZenFone 6は、これまでのスマホカメラの常識を覆す「Flip Camera」を搭載しています。

最大の特徴であるFlip Cameraは、標準レンズと視野角125度の広角レンズの2つを搭載するカメラユニットです。ZenFone 6の標準カメラアプリを起動すると、Flip Cameraはアウトカメラとして機能します。

この状態で自撮りモードにカメラを切り替えると、Flip Cameraが自動で立ち上がって端末上部に現れて、インカメラとして使えるようになります。

一般的なスマートフォンでは、インカメラのスペックはアウトカメラと比べて低くなりがちです。しかし、ZenFone 6のFlip Cameraはアウトカメラとインカメラが共通なので、高性能なカメラで自撮りができます。

また、Flip Cameraの角度は、本体右側面の音量調整ボタンで手動調整ができるので、好きな角度で止めて撮影することもできます。

さらに、回転しながら連続撮影することで、きれいにつながった横長のパノラマ写真を撮影することができます。従来のパノラマ機能は、自分で端末を動かすことが必須であったため、ZenFone 6であれば手ブレを気にする必要がありません!

超大容量5000mAhバッテリーの搭載

ZenFone 6のバッテリーは5000mAhです。スマホが搭載する平均的なバッテリー容量が3000mAh前後なので、かなり大容量なバッテリーを搭載しています。

大容量なバッテリーを搭載することで、利用できる時間がぐんと伸びるほか、ZenFone 6をモバイルバッテリー代わりに利用できる「リバース充電」にも対応しています。

充電もクイックチャージに対応していて、9V/2Aの18W超急速充電に対応しています。

また、・過放電を防ぐために、制御チップと温度センサーが組み込まれているので、アラームのように時間を設定して過充電を防ぐ仕組みもあります。

こだわりの背面デザインと大画面ディスプレイ

ZenFone 6の背面デザインには、フィット感にこだわりのある、非常に手当たりの良いカーブデザインを採用しています。また、Gorilla Glassの強化ガラスを使用しているので、耐久性にも優れています。

ZenFone 6のディスプレイは、従来のZenFoneシリーズと比べると、画面の切り欠け(ノッチ)が全く無い「真の大画面ディスプレイ」を搭載しています。これで、ゲームや動画視聴のシーンで切り欠けの無い映像を楽しむことができます。

さらに、ディスプレイを保護する強化ガラスも新しくなり、最新のGorilla Glass 6を採用しているのも注目ポイントです。

LINEモバイルで「ZenFone 6」に機種変更する

スマホ最新料金プラン情報を配信中!
LINE友だち追加

ZenFone Max Pro(M2)

画像:LINEモバイル

次におすすめするのは、ASUSの「ZenFone Max Pro(M2)」です。

こちらのモデルの特長は、とにかく高性能であること。人気も非常に高く、スマホを使いまくりたい!という人には、おすすめしたいモデルです。

CPUはSnapdragon 660、メモリは4GBという超ハイスペック。負荷の高い3Dゲームを除いて、サクサク動く快適なゲームを楽しむことができます。

また、画面サイズは約6.3インチとかなり大きく、2280×1080のフルHD対応ですので、美しい動画も閲覧可能です。

そして、特筆すべき点は搭載されているバッテリー容量。5000mAhという超大容量バッテリーで、4G接続なら約35日間連続で連続待受可能という怪物級のスタミナを誇ります。

1日中スマホをいじりたいという場合でも、電池の残量を気にすることなくとことん楽しむことができるでしょう。

メインのカメラはデュアルレンズ搭載。さらにAI機能も装備されており、被写体によって最適な撮影モードを選択してくれるので、どんな人でも美しい写真を簡単に撮影することができるようになっています。

LINEモバイルで「ZenFone Max Pro(M2)」に機種変更する

                                                   
OS Android 8.1
プロセッサー Snapdragon 660
メモリ RAM 4GB
ストレージ ROM 64GB
本体サイズ 157.9mm×75.5mm×8.5mm
画面サイズ 約6.3インチ
重さ 約175g
カメラ
(シングルカメラ)
(アウトカメラ)1200万画素+500万画素
(インカメラ)1300万画素
おサイフケータイ 非対応
認証機能 指紋認証
バッテリー 5000mAh

LINEモバイルで「ZenFone Max Pro(M2)」に機種変更する

ZenFone Live(L1)

画像:LINEモバイル

最後に紹介するのはASUS製の「ZenFone Live(L1)」です。

このモデルをおすすめする理由は、とにかく安いこと。税抜価格が17,800円とスマホとしてはかなり価格を抑えたモデルで、24回払いならたった月810円で購入可能です。

その分スペックとしては低くなっていますが、インターネットや動画閲覧には全く問題なく使用できます。

また、通常モードに加えて、カンタンモードやキッズモードを搭載しているのも、このモデルの大きな特長。大きな文字でわかりやすい画面表示や、アプリ・使用時間を制限することも可能ですので、お子さんやご両親などのエントリーモデルとしては最高の一品といえるでしょう。

画面サイズは約5.5インチ、メインカメラは1300万画素、バッテリー容量は3000mAhと一般的なスマホと変わらないスペックです。写真もネットも存分に楽しむことができるでしょう。

LINEモバイルで「ZenFone Live(L1)」に機種変更する

                            
OS Android 8.0
プロセッサー Snapdragon 430
メモリ RAM 2GB
ストレージ ROM 32GB
本体サイズ 147.2mm×71.7mm×8.1mm
画面サイズ 約5.5インチ
重さ 約140g
カメラ
(シングルカメラ)
(アウトカメラ)1300万画素
(インカメラ)500万画素
おサイフケータイ 非対応
バッテリー 3000mAh

LINEモバイルで「ZenFone Live(L1)」に機種変更する

LINEモバイルのキャンペーン最新情報

LINEモバイルで端末購入時に使いたい、お得な割引キャンペーンをまとめました。なるべく安く機種変更したい方は、ぜひ参考にしてください。

キャンペーンとの併用はできませんが、LINEモバイル契約の初期費用を抑えられるLINEモバイルエントリーパッケージについてもまとめていますので、あわせてお読みくださいね。

LINEモバイルの端末購入Q&A

LINEモバイルの端末購入・利用に関する疑問点をまとめました。LINEモバイルで機種変更する前に、一度確認しておきましょう。

LINEモバイルで端末のみ購入はできる?

出典:LINEモバイル

LINEモバイル契約者でない方は、端末のみの購入はできません。反対に、LINEモバイルを既に契約中の方は、マイページの「機種変更」から端末のみ購入ができます

LINEモバイルの機種変更は、電話番号そのままで端末だけの買い替えが可能です。機種変更はウェブ上で簡単に手続きでき、5分程度で終わります。

さらに、初心者の方には難しい端末のAPN設定が済んだ状態で出荷されるので、届いたらSIMカードを挿し替えるだけです。

  1. 購入したい端末を選ぶ
  2. マイページにログインし、機種変更を選択する
  3. 設問に沿って回答し、手続きを完了する
  4. 申し込みの審査完了後、数日でお届け
  5. 新端末にSIMカードを挿し替えれば完了

機種変更で複数台購入はできる?

一回の申し込みで購入できる端末は、1台のみとなっています。つまり申し込み回数を複数に分ければ、端末の複数購入も可能ということです。

複数台端末を購入したい方は、端末が届いたら新規で申し込みしましょう。

手持ち端末でもLINEモバイルは利用できる?

LINEモバイル動作確認済みの端末なら、手持ち端末・持ち込み端末でも機種変更できます

動作確認済みの端末とは、LINEモバイルがSIMカードを挿して正常に動くかどうか確認した端末ということです。動作確認済み端末であれば、LINEモバイルで購入した端末以外でも機種変更可能です。

LINEモバイルで端末をセット購入するメリット・注意点

ここからは、LINEモバイルで端末をセット購入するメリットについて解説していきます。

\初回限定3ヶ月無料!/

メリット1.端末が届くのが早い

LINEモバイルのオンラインショップで端末を購入すると、製品の到着が早くてビックリするかもしれません。Webから購入した場合、早ければ翌日に端末を手に入れることができるので、すぐに使い始めることができます。

また、オンラインショップなら24時間いつでも購入可能というのもありがたいですね。

メリット2.初期設定済みの端末が手に入る

LINEモバイルで端末を購入した場合、セッティングが完了した状態で商品が届くのも大きなメリットと言えるでしょう。

格安SIMをネット購入した端末で使用する時には、SIMカードの挿入とAPN設定を自分で行うのが一般的です。特に難しい作業ではありませんが、設定などの作業が苦手な人にとっては、悩ましいところでもあると思います。

しかし、LINEモバイルで端末を購入した場合、SIMカードが挿入され、APN設定が完了した状態で製品が届きます。つまり、電源を入れればすぐに使える状態で配送されてくるということです。

設定の手間を省くことができるうえ、SIMカードのサイズ間違いなどのトラブルが起きる心配もありませんので、ユーザーにとってはかなりありがたい魅力でしょう。

メリット3.分割払いでの購入も可能に

スマホなどの端末を購入するとき、分割払いを利用できるケースが多いですが、LINEモバイルでも分割払いを利用可能です。

実は、以前のLINEモバイルでは端末の一括購入にしか対応しておらず、端末をセット購入したくても諦めざるを得ないユーザーもいました。

しかし、2017年の10月から分割払いに対応可能となったため、月々の負担を減らして新しい端末を購入できるようになったのです。

また、分割払いには手数料や利息が発生しないもの嬉しいポイント。これなら気兼ねなく端末のセット購入が検討できそうです。

メリット4.端末保証オプションが心強い

LINEモバイルでは、端末保証オプションを提供しています。

月額495円(税込)の負担で、端末の破損や水没などに対応。5,500円(税込)を支払えば、新品もしくはリフレッシュ端末に交換することができます。

低価格のスマホにとって必要性は低いですが、高スペックのスマホを購入している場合は、かなり心強いサービスです。購入時にのみ加入可能ですので、じっくり検討したほうがよいかもしれません。

LINEモバイルで格安SIMを契約する

【注意点】LINEモバイルが「LINEMO」に統合予定

LINEMOの取り扱い端末は、まだ公式から発表されていません。対応機種に関しても、動作確認が取れた端末から公式サイトにて公表される予定となっています。

LINEMOは、ソフトバンク回線専用のプランです。LINEMOにプラン変更を検討している方は、機種変更の際にソフトバンクで動作確認が取れている端末を購入することをおすすめします。

LINEモバイルで格安SIMを契約する

LINEモバイルなら端末とSIMのセット購入がおすすめ!

今回は、LINEモバイルで購入できるおすすめ端末とセット購入のメリットについて解説してきました。

LINEモバイルでは、幅広い機種が購入できるので、格安SIMとセットで新しい端末を手に入れるのも1つといえます。格安SIMの利用を検討している場合は、選択肢に加えてみてはいかがでしょうか?

LINEモバイルで格安SIMを契約する

LINEモバイルの速度や評判、口コミをなどをまとめていますので、気になる方はあわせてお読みくださいね。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2021年02月28日

el buho ― ライター
el buho ― ライター

京都在住のフリーランスライター。スポーツと音楽とダーツとDIYを愛する。いつか海外に移住したいと企んでおり、投資の勉強中。左利きだが右投げというややこしさ。血液型がA型であることがすぐにバレる傾向にある。

関連キーワード