ソフトバンク光

ドコモ光プロバイダ24社を徹底比較!おすすめ窓口・変更する方法も紹介

ドコモ光のプロバイダは20以上存在します。この記事では、ドコモ光のプロバイダの選び方、プロバイダ24社の速度・キャッシュバックの比較、おすすめのプロバイダを紹介します。プロバイダの変更方法や契約中のプロバイダを確認する方法も解説しているので、ぜひ参考にしてください。
【公式】カシモWiMAX ドコモ光プロバイダ24社を徹底比較!おすすめ窓口・変更する方法も紹介

ドコモ光のプロバイダは多く存在しており、どのプロバイダがいいのか気になる方は多いのではないでしょうか。

この記事では、ドコモ光のプロバイダを検討している方向けに、おすすめプロバイダや選び方、契約方法について解説します。ドコモ光のプロバイダと契約する前にぜひご覧ください。

ドコモ光のおすすめプロバイダは
\\GMOとくとくBB//

    ✔ 最大55,500円キャッシュバック!
    高速通信だから速度重視の方におすすめ!
    ✔ V6プラス対応高性能WiFiルーターレンタル無料

ドコモ光の「プロバイダ」とは?

ここで言う「プロバイダ」とは、回線事業者が提供する光回線をインターネットに接続するために必要な事業者のことを指します。

一般的には、インターネット環境を契約する際には「光回線」と「プロパイダ」の両方の契約が必要です。

しかし、ドコモ光の場合は光回線とプロバイダがセットになっている光回線サービスであるため、プロパイダを別で契約する必要がありません。

ドコモ光のプロバイダは全24種類あり、申し込み窓口によってその中からプロバイダを選択することが可能です。

今回はそのプロパイダを徹底比較して紹介していきます。

【ドコモ光】詳細はこちら

ドコモ光のプロバイダを選ぶときの比較ポイント

ここからは、ドコモ光のプロバイダの選び方を解説していきます。

プロバイダを選ぶ際に見るべきポイントは、こちらの5つです。

  • 月額料金が安いタイプAに対応しているか
  • 実際の通信速度が速いか
  • キャッシュバックキャンペーンがあるか
  • V6プラス対応ルーターを無料レンタルできるか
  • セキュリティ・サポートが充実しているか

それぞれ詳しく解説していきます。

1.月額料金が安いタイプAに対応しているか

ドコモ光の料金プランは、「タイプA」「タイプB」「単独タイプ」「ドコモ光ミニ(戸建てのみ)」の4種類あります。ドコモ光 1ギガの場合のそれぞれの料金は、以下の通りです。

プラン名 マンション
月額(税込)
戸建て
月額(税込)
タイプA 2年定期契約:4,400円
契約期間なし:5,500円
2年定期契約:5,720円
契約期間なし:7,370円
タイプB 2年定期契約:4,620円
契約期間なし:5,720円
2年定期契約:5,940円
契約期間なし:7,590円
単独タイプ 2年定期契約:4,180円+プロバイダ料
契約期間なし:5,280円+プロバイダ料
2年定期契約:5,500円+プロバイダ料
契約期間なし:7,150円+プロバイダ料
ドコモ光ミニ 2年定期契約:2,970~6,270円+プロバイダ料
契約期間なし:4,620~7,920円+プロバイダ料

「単独タイプ」「ドコモ光ミニ」については、別途プロバイダ料が発生します。そのため「タイプA」が最も安く、「タイプA」を提供しているプロバイダがおすすめです。

2.実際の通信速度が速いか

ドコモ光の最大通信速度は1Gbpsです。これはあくまでもベストエフォートといって、想定の最大通信速度を表しています。そのため、常にこの速度が出るわけではありません。

通信速度の速さを重視したい場合は、実際に出ている平均速度(実測値)を比べましょう。平均速度(実測値)は、選ぶプロバイダによって50Mbps~200Mbps以上も差があります。

これは、IPv6という最新の高速通信に対応しているプロバイダと対応していないプロバイダの2パターンがあるからです。他にも、レンタルできるルーターの性能やプロバイダの設備状況などによっても通信速度(実測値)は変動します。

そのため、実際に利用している方の平均速度(実測値)を比較してプロバイダを選ぶのがおすすめです。実測値は、以下のドコモ光プロバイダ24社比較でまとめています。

3.キャッシュバックキャンペーンがあるか

各プロバイダは、それぞれ独自のキャッシュバックキャンペーンを実施していることがあります。

よりお得にドコモ光を利用するために、キャッシュバックキャンペーンをそもそも実施しているのか、キャッシュバック金額はどれくらいなのか確認しましょう。

ドコモ光の窓口によってキャッシュバック金額が異なるので、お得に申し込むためにも比較してから決めることをおすすめします。

ドコモ光のキャッシュバック比較はこちら

4.V6プラス対応ルーターを無料レンタルできるか

IPv6を利用するためには、IPv6対応のプロバイダとの契約に加え、IPv6対応のルーターを使う必要があります。IPv6とは、最新の高速通信規格のことです。

プロバイダによっては、IPv6対応ルーターを無料レンタルできるので、プロバイダを契約する前に確認しておきましょう。

5.セキュリティ・サポートが充実しているか

光回線を利用するには、セキュリティやサポートが充実しているかも大切です。

プロバイダによっては、有料のセキュリティサービスが1年無料だったり、初回訪問サポートが無料だったりするので、プロバイダを選ぶ際は確認しておきましょう。

【ドコモ光】詳細はこちら

【2022年最新】ドコモ光プロバイダ24社を比較

ドコモ光で選択できるプロバイダは計24社あります。今回は、24社の平均速度(実測値)やキャッシュバックなどを比較してみました。

プロバイダ 料金タイプ 平均下り
通信速度
平均上り
通信速度
キャッシュバック IPv6対応
ルーターレンタル
無料セキュリティサービス サポート
GMOとくとくBB タイプA 361.94Mbps 273.12Mbps 最大35,500円 無料 12ヵ月無料 訪問:初回無料
ぷらら タイプA 269.96Mbps 213.85Mbps 15,000円 無料 24ヵ月無料 訪問:初回無料
リモート:何回でも無料
@nifty タイプA 208.61Mbps 231.2Mbps 最大20,000円 無料 12ヵ月無料 訪問:初回無料
リモート:初回無料
ドコモnet タイプA 319.79Mbps 272.89Mbps なし なし 12ヵ月無料
andline タイプA 263.57Mbps 266.28Mbps 無料 12ヵ月無料 有料
もっと見る
BIGLOBE タイプA 282.48Mbps 231.73Mbps 無料 12ヵ月無料 訪問:初回無料
リモート:何回でも無料
SIS タイプA 無料 永年無料 リモート:初回無料
hi-ho タイプA 92.76Mbps 158.55Mbps 12ヵ月無料 訪問:初回無料
ic-net タイプA 349.92Mbps 293.56Mbps 無料 永年無料 訪問:2回無料
リモート:永年無料
Tigers-net.com タイプA 219.63Mbps 211.35Mbps 無料 永年無料 訪問:初回無料
DTI タイプA 245.4Mbps 221.17Mbps 12ヵ月無料
エディオンネット タイプA 257.15Mbps 168.3Mbps 訪問:初回無料
SYNAPSE タイプA 197.73Mbps 199.68Mbps 12ヵ月無料 訪問:初回無料
リモート:初回無料
BB.exciteコネクト タイプA 320.17Mbps 319.82Mbps 無料 36ヵ月無料 訪問:初回無料
楽天ブロードバンド タイプA 171.46Mbps 162.55Mbps
TiKiTiKi タイプA 276.05Mbps 228.87Mbps
@ネスク タイプA 125.64Mbps 177.79Mbps
01光コアラ タイプA 207.05Mbps 262.84Mbps
OCN タイプB 279.2Mbps 212.37Mbps 20,000円 無料 12ヵ月無料 訪問:初回無料
@T COM タイプB 261.08Mbps 201.98Mbps 有料
TNC タイプB 297.55Mbps 263.0Mbps
@ちゃんぷるネット タイプB 109.68Mbps 373.24Mbps 無料 訪問:最大12カ月無料
※沖縄本島内のみ
WAKWAK タイプB 218.79Mbps 247.61Mbps 有料
Asahiネット タイプB 292.54Mbps 260.91Mbps

※通信速度はみんなのネット回線速度を参考。GMOとくとくBBの通信速度は公式サイトを参考。2023年1月時点の情報です。

このように比較してみると、GMOとくとくBBは実際の平均速度(実測値)が速くその他サービスも充実していることがわかります。また、最大35,500円のキャッシュバックも受け取れるのでお得に契約したい方におすすめです。

他に平均速度(実測値)が速くキャッシュバックが受け取れるプロバイダとして、「ぷらら」と「@nifty」が挙げられます。プロバイダ選びで迷っている方は、この3つを検討してみてはいかがでしょうか。

【GMOとくとくBB】詳細はこちら

【結論】ドコモ光のおすすめプロバイダは「GMOとくとくBB」

結論からいうと、ドコモ光で最もおすすめのプロバイダは「GMOとくとくBB」です。理由としては、通信速度が速く最大35,500円のキャッシュバックがもらえるなど、利用者にとってのメリットが多いことが挙げられます。

おすすめポイントをこちらにまとめました。

  • IPv6対応で通信速度が速く安定している
  • 最大35,500円キャッシュバック
  • 他社違約金20,000円還元
  • 高性能WiFiルーターレンタル無料
  • セキュリティサービス1年間無料
  • 訪問サポート初回無料
  • 利用者の評判が良い

1.IPv6対応で通信速度が速く安定している

GMOとくとくBBは、通信速度が速く安定しているプロパイダです。

比較表の通り、ドコモ光で選べる24社の中で「平均アップロード速度」「平均ダウンロード速度」ともに通信速度が最速級です。

GMOとくとくBBを利用すれば、快適なインターネット利用が楽しめます。速度を重視したい方は、GMOとくとくBBを選びましょう。

【GMOとくとくBB】詳細はこちら

2.最大35,500円キャッシュバック

GMOとくとくBB限定でドコモ光と同時に映像サービス「DAZN」を申込むと、35,000円のキャッシュバックがもらえます。

キャッシュバック金額は、申し込むオプションによって異なります。なお、ドコモ光(2年定期契約プラン)を申し込むことと、申し込み月を含む5か月以内に開通することは共通の条件です。

申込区分 特典金額
ひかりTV(2年割)
+DAZN for docomo
35,000円
ひかりTV(2年割) 18,000円
DAZN for docomo
またはスカパー!(1,800円以上の商品)
15,000円
dTV
またはdアニメストア
10,000円
なし 5,500円

さらに、連絡希望日時を「平日14~17時」に指定すれば、キャッシュバックが500円増額されます。

合計すると35,500円のキャッシュバックがもらえるので、大変お得です。

【GMOとくとくBB】詳細はこちら

3.他社違約金20,000円還元

GMOとくとくBBでは他社インターネットから乗り換える際に発生する解約違約金を20,000円還元してもらえます。

光回線を契約する際には、何かと費用がかさむのでとても助かる特典です。

キャッシュバックキャンペーンと合わせるとその額最大55,500円なので、かなり高額のキャッシュバックです。

他社からドコモ光への乗り換えを検討している方は、ぜひこちらのキャンペーンを活用してみてください。

【GMOとくとくBB】詳細はこちら

4.高性能WiFiルーターレンタル無料

 GMOとくとくBBでは次世代技術V6プラス対応の高性能WiFiルーターのレンタルが無料です。

「V6プラス」はアクセスが集中し混雑しやすいポイントを通過しない最新の接続方式です。

そのため、一般的に混雑しやすい夜の時間帯や土日などの休日でもストレスフリーなインターネット利用が可能です。

WiFiルーターを探す手間がなく、購入する必要もないので、光回線をお得に始めたい方におすすめのキャンペーンといえます。

【GMOとくとくBB】詳細はこちら

5.セキュリティサービス1年間無料

GMOとくとくBBではセキュリティサービス「マカフィーマルチアクセス」が1年間無料で付いてきます。

「マカフィーマルチアクセス」があれば、パソコンやスマホがインターネットウイルスなどから守られます。

そのおかげで安心したインターネット利用が楽しめます。

【GMOとくとくBB】詳細はこちら

6.訪問サポート初回無料

GMOとくとくBBでは、訪問サポートが初回無料で利用できます。

光回線開通直後はルーターやパソコンなど何かと設定するものが多いです。

その設定を無料で訪問サポートしてもらえるので、機械が苦手な方でも安心して契約できます。

【GMOとくとくBB】詳細はこちら

7.利用者の評判が良い

GMOとくとくBBは、実際の利用者の口コミも良い評判が多かったです。

特にWiFiルーター無料レンタルと通信速度に関する良い口コミが多く見られました。

やはり通信速度は数字通り速くて安定しているようです。

【GMOとくとくBB】詳細はこちら

ドコモ光のプロバイダに申し込む方法

まずはドコモ光のプロバイダの契約手順を紹介します。おおまかな手順は以下の通りです。

  1. Web窓口から申し込む
  2. ルーターの無料レンタルを申し込む
  3. 開通工事を行う
  4. キャッシュバックを受け取る

それぞれの手順を詳しく見ていきましょう。

手順1.Web窓口から申し込む

ドコモ光は、公式・プロバイダ・代理店など複数の申し込み窓口があります。今回は、おすすめのプロバイダである「GMOとくとくBB」から申し込む方法を見ていきましょう。

GMOとくとくBB×ドコモ光の公式サイトから、申し込み手続きを行います。「お申込み」ボタンをタップするとアンケート画面が表示されるので、該当する項目を選択してください。

次に、契約者情報や連絡希望日時を入力する画面が表示されます。ドコモ光の申し込みは、GMOとくとくBBからの確認電話をもって完了となるため、希望日時を必ず入力しましょう。

また、申し込む際にドコモ光の対応エリアかどうか検索しておくことをおすすめします。

【GMOとくとくBB】申込はこちら

手順2.ルーターの無料レンタルを申し込む

無料でレンタルできるIPv6対応のルーターは、工事前でも申し込みが可能です。工事完了後、すぐにインターネットを使えるように、事前に申し込みをしておきましょう。

ルーターの無料レンタルは、GMOとくとくBBの公式サイトから申し込みが可能です。

手順3.開通工事を行う

工事が必要の場合は契約者立ち合いの元、工事を行います。そのため、開通工事日を調整する際は時間に余裕がある日を希望しましょう

現在利用している回線によっては工事が不要になることもあるため、申し込みのタイミングで確認しておくことをおすすめします。

手順4.キャッシュバックを受け取る

最後にキャッシュバックを受け取ることを忘れないようにしましょう。GMOとくとくBBの場合、ドコモ光工事開通月を含む4か月目に案内メールが届きます

メールは、GMOとくとくBB会員登録完了後、設置先住所に届く登録証にあるメールアドレスに届くので確認しましょう。メールに記載されている内容に従って、振込口座を登録してください。

なお、案内メール送信日より翌月の末日までに受け取り口座の連絡をしなかった場合や、口座情報に不備がある場合は、キャッシュバックの対象外です。

キャッシュバックの受け取り時期を確認し、内容に不備がないように登録を行ってください。

【GMOとくとくBB】詳細はこちら

ドコモ光のプロバイダは変更できる

ドコモ光のプロバイダは、契約後に変更することが可能です。ここでは、プロバイダの変更方法を解説します。

契約中のプロバイダを確認する方法

現在契約しているプロバイダは、「My docomo」の契約内容から確認できます。ID・パスワードを入力して、My docomoにログインしてください。

おすすめプロバイダへの変更を検討している方は、現在のプロバイダを確認してみましょう。

プロバイダを変更する方法・手順

まずは、ドコモ光のプロバイダを変更する手順を紹介します。

  1. ドコモに電話かドコモショップにて変更の手続きをする
  2. 変更後のプロバイダから書類が届く
  3. 必要であれば書類を返送

現在ドコモ光を利用しており、プロバイダのみ変更をする場合は、ドコモに直接問い合わせすことで、プロバイダの変更が可能です。

手続き後、変更後のプロバイダから書類が届きます。プロバイダによっては、返送が必要なので対応すれば、プロバイダの変更は完了です。

プロバイダ変更の手数料

プロバイダを変更する場合、基本的に事務手数料として3,300円(税込)が発生します。なお、手続きのパターンによっては無料で変更できる場合もあるので、以下を確認してください。

手続きのパターン 事務手数料(税込)
同一タイプ内で変更する
(タイプA⇔タイプA/タイプB⇔タイプB)
3,300円
タイプA/B間で変更する
(タイプA⇔タイプB)
3,300円
単独プランからタイプA/Bのプロバイダに変更する 無料
タイプA/Bのプロバイダから単独プランに変更する 3,300円

プロバイダの料金が含まれていない単独プランから、タイプAまたはタイプBのプロバイダに申し込む場合は、手数料がかかりません。

プロバイダが切り替わるタイミング

どのプロバイダに変更しても手続きから、10日ほどで切り替わる場合が多いです。

その際は自動的に切り替えが完了するので、当日に何か自身で行うことは特にありません。インターネットが使えない期間も発生しません。

また、切り替え前のプロバイダは、切り替え日の後に自動的に解約されるようになっています。

【ドコモ光】詳細はこちら

ドコモ光のプロバイダに関するよくある質問

ドコモ光のプロバイダに関して、よくある質問まとめました。何か疑問点がある場合はこちらを参考にしてください。

フレッツ光で利用していたプロバイダは引き継げる?

ドコモ光はNTTフレッツ光のプロバイダに基本的に対応しているので、プロバイダを引き継げます

そのためプロバイダの変更による、新規契約や解約の手続きなどは必要ありません。

プロバイダによって料金は異なる?

ドコモ光ではプロバイダによって月額料金は異なることがあります

ドコモ光の料金プランは、「タイプA」「タイプB」「単独タイプ」「ドコモ光ミニ(戸建てのみ)」の4種類です。

プロパイダによって選択できるタイプが変わりますので注意しましょう。

プロバイダの別途契約は不要?必要?

ドコモ光は、プロバイダを別途契約する必要がありません。プランを申し込む際にプロバイダを選択することで、契約が完了します。

別途契約の手間がなく料金も管理しやすいので、光回線を初めて契約する方やお得に申し込みたい方におすすめです。

プロバイダを変更するときは工事が必要?

プロバイダを変更する場合、工事は不要です。変更手続きが完了したら遠隔で切り替え作業が行われるため、自動で変更されます。

なお、変更する際は基本的に手数料として3,300円(税込)がかかることを覚えておきましょう。

ドコモ光の解約時はプロバイダも解約する?

ドコモ光を解約すると、プロバイダも自動的に解約されるか、解約するかどうかの連絡が来ます

ただし、プロバイダ独自のオプションサービスを利用していると、自動的にオプションサービスの解約ができない場合があります。その場合は、プロバイダへ問い合わせて解約の手続きを行いましょう。

【ドコモ光】詳細はこちら

ドコモ光のおすすめプロバイダまとめ

  • ドコモ光のプロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ
  • プロバイダを決めるときは実際の通信速度が速いかどうかを確かめる
  • Web窓口から申し込むとお得に契約できる

ドコモ光のプロバイダの選び方、おすすめのプロバイダ、プロバイダを変更する際の注意点を解説しました。

ドコモ光のプロバイダは、20以上存在しどうやって選べばいいか難しく感じるかもしれません。

しかしプロバイダによって変わること、変わらないことをしっかり理解すれば、どのプロバイダが一番自分にあっているか見つかるので、この記事を参考に検討してみてください。

【ドコモ光】詳細はこちら

プロに無料相談!ぴったりのインターネット回線が分かる窓口

光回線窓口
  • ぴったりのインターネット回線が分かる
  • 相談は何度でも無料!
  • 相談だけでもOK!しつこい勧誘なし
  • 年間相談15,000件以上の実績
  • 折り返し電話予約で好きな時間に相談

「光回線・インターネットご契約 無料相談センター」では、インターネット回線について無料でプロに電話相談できます。「ネット回線を決めきれない…」「結局どれが一番安いの?」という方は、ぜひ活用してください。

電話相談後にしつこい勧誘をされることはなく、相談のみの利用も可能です。無理やり契約をさせられることも無いので、安心してご利用ください。

実際に、年間で15,000件以上の相談実績があり、多くの方がインターネット回線選びで活用しています。折り返し電話予約も可能なので、都合の良い時間を指定して、インターネット回線について相談してみましょう。

公開日時 : 2023年01月01日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード