auひかりで通信障害?すぐに試せる確認方法・問い合わせ先・原因別対処法を解説

auひかりを使っていると、突然接続が悪くなることがあります。接続に不具合があるなら、通信障害を疑ってチェックすべき項目があります。通信障害の原因特定方法と対処法を知り、トラブルが起きたときでもスムーズに対応しましょう。
【公式】カシモWiMAX auひかりで通信障害?すぐに試せる確認方法・問い合わせ先・原因別対処法を解説

auひかりは高速ネット通信が魅力のサービスですが、いつでも快適に使えるとは限りません。ときには急に速度が落ちたり、全く繋がらなくなったりすることもあります。

接続が悪いと通信障害を疑いますが、このときに試したいことは数多くあります。通信障害が疑われる場合の対処法を知り、auひかりをさらに便利に使いこなしましょう。

通信障害を疑う前に確認すべきこと

光回線とは言え絶対的に安定しているわけではなく、通信障害が起きることもあります。通信障害が疑われる場合は、以下の方法を試しましょう。

  • 公式サイトの通信障害情報を確認
  • プロバイダの公式情報をチェック
  • TwitterなどのSNSで検索
  • 接続機器の状態を確認

接続環境の乱れは本当に通信障害なのか、複数の方法で確認することが大切です。

公式サイトの通信障害情報

最も確実なのが、公式サイトにアクセスして、通信障害の情報が入っていないか確認することです。何らかの不具合が発生している際には、公式サイトで通信障害の情報が掲示されるため、これを確認しておきましょう。

auひかりが使えなくても、スマホを持っているならキャリア回線を使ってネットへの接続は可能です。通信障害の有無と、障害が起きているエリアを確認し、該当するなら復旧するまで待つしかありません。

参考:auひかり障害・メンテナンス情報

プロバイダが提供している公式情報

ネットに接続するには、光回線業者とプロバイダ、両方の存在が必要です。通信障害はauひかりの回線ではなく、プロバイダが原因で起きていることもあるため、プロバイダごとの公式サイトをチェックして、通信障害発生の有無をチェックしましょう。

auひかり20200203_incontent

SNSでのユーザーの声

通信障害の情報は、基本的には公式サイトで確認しますが、公式の発表には時間がかかるケースも多いです。そのため、リアルタイムで情報得たいなら、TwitterやSNSを利用して検索するのがよいでしょう。

SNSで「auひかり 通信障害」といったワードで検索すると、通信障害が起きているなら、ヒットする可能性が高いです。もちろん、ヒットしても公式の情報ではないため信憑性には欠けますが、同様の人が何人もいるなら実際に通信障害が起きている可能性は高いでしょう。

しばらくしてから公式サイトで確認するとより確実のため、SNSと他の方法を組み合わせてチェックするのがおすすめです。

接続機器の状態

通信障害はauひかりやプロバイダに原因がある場合だけではなく、自身の接続機器が関係していることもあります。

機器の接続が上手くいっておらず、通信が不安定になるケースも多いです。時間の経過で解決しなかったり、いつまでも公式サイトで通信障害の情報が出ない場合は、機器の問題と考えましょう。

接続機器のバッテリーが切れていないか、コンセントが抜けていないかをチェックし、状態を確かめておくことが大切です。

通信機器に障害がないか確認するときのチェックポイント

auひかりで通信障害が疑われる場合、実は利用者の機器による問題であることも多いです。通信障害の情報が出ていないなら、以下の点で機器に問題がないか確認しましょう。

  • 端末が原因か確認する
  • 再起動と初期化
  • モデムのランプの状態を確認する
  • PCの設定を確認する

それぞれの状態を確認し、適切な対処法を実行することで改善されるケースは多いです。

端末に不具合がないか

通信状態が悪いと回線の不良を疑う人が多いですが、実は接続している端末自体に問題があるケースも多いです。端末に不具合がないか確認するには、別の端末でネットに接続し、使い勝手を試してみましょう。

他のスマホやタブレット、機器ではスムーズにネットが利用できるのに、特定の端末だけ上手くいかない場合は、端末の故障が原因です。端末を修理に出すか、古いなら買い替えたほうがよいでしょう。

ネットの通信速度は、端末、回線、プロバイダ、接続機器といった複数の要素が関係しており、最も遅いものに合わせられます。つまり、端末の最大速度が落ちていると、どれだけ高速の回線を使っていてもそれに合わせられ、結果的に接続性能が落ちることは理解しておきましょう。

再起動と初期化は行ったか

端末、接続機器どちらにも言えることですが、不具合がある場合は再起動や初期化するのもおすすめです。端末の場合は初期化すると不便も多いため、再起動だけに限定し、接続機器のルーターは場合によっては初期化してもよいでしょう。

通信障害は原因がよく分かっていないものも多く、再起度するだけで簡単に直ることもあります。端末、ルーターのそれぞれを再起動し、もう一度接続を試してみましょう。ルーターの再起動の方法は、機種によって異なります。

シャットダウンしてすぐ起動しても、不具合が解消されないケースも多いです。シャットダウンした後しばらく置くことで、本体の熱が取れてスムーズに作動しやすくなります。大体5~15分は開けるようにして、再起動を試しましょう。

また、初期化の方法も機種によって違うため、説明書を見ながら行うことが大切です。初期化後は再度設定が必要なため、現在のネットワーク構成をメモしてから行うのがおすすめです。

モデムのランプは点灯しているか

機器を確認する際には、モデムのランプも参考にしましょう。モデムには複数のランプがあり、この点灯状態で機器が正常に作動しているかどうかが分かります。機種によってランプの種類は違い、点灯の表示が表す意味も異なります。

そのため、説明書を見て確認するのが確実で、普段とは違う点灯をしていないかチェックしましょう。機種によって違いはありますが、正常に作動している場合は緑色やオレンジのランプが光っていることが多いです。

対して不具合が起きている場合は赤色もしくは消灯していることが多いため、それぞれのランプの状態から、どこに問題があるか探りましょう。

PCの設定は正常か

接続設定によって不具合が生じていることもあるため、PCの設定もチェックしておきましょう。PCは使用しているOSによって、確認の方法が異なります。Windows8の場合は、以下の方法で確認します。

  1. コントロールパネルを開く
  2. 「ネットワークの状態とタスクの表示」を選択
  3. 「アダプタ設定の変更」を選択
  4. 使用しているアダプタを右クリックでプロパティを選択
  5. 「インターネットプロトコルバージョン4」を選択
  6. プロパティタブに移動
  7. 「IPアドレスを自動的に取得する」を選択
  8. 「DNSサーバのアドレスを自動的に取得する」を選択

Mac OS X10.8の場合は、以下の方法で確認しましょう。

  1. ネットワーク環境から詳細を選択
  2. TCP/IPから「IPv4の構成」→「DHCPサーバを参照」を選択
  3. 「IPv6の構成」を「自動」に設定
  4. プロキシから「構成するプロトコルを選択」のチェックを全て外す
  5. 「受動FTPモード(PASV)を使用」にチェックし適用

通常はこれらの設定になっているため問題ありませんが、間違って変更してしまうこともあります。

設定を確認し、変更されている部分があるなら、元に戻しておきましょう。同じOSでもバージョンによって各部位の名称が異なる場合がありますが、基本的な流れは共通しています。

通信障害が復旧した後に行うこと

auひかりやプロバイダで通信障害が起きている場合は、復旧するまで待つしかありません。

しかし、復旧情報が入っても、すぐに通信環境が安定しないことも多いです。実は回線復旧後にもすべきことはあるため、これを行い快適な通信環境を取り戻しましょう。

端末の再起動

回線が復旧しても、それを受ける端末の準備が整っていないと、スムーズに接続できないケースも多いです。

電源を入れっぱなしでは復旧してもすぐに対応できない場合があるため、一度再起動しておきましょう。回線復旧後、端末を再起動することで各種接続設定がクリアになり、スムーズにネットに接続できます。

通信機器の再起動

回線復旧後は、端末だけではなく通信機器の再起動も必要です。ルーターやモデムの再起動をしていないと、復旧した回線と上手く接続できないことも多いため、注意しなければなりません。auひかりやプロバイダで通信障害の情報が発表されたなら、その間通信機器は電源を切っておいてもよいでしょう。

電源を切り休ませておくことで、再起動後もよりスムーズに接続しやすくなります。電源を入れっぱなしにしていても復旧するまでは使えませんし、再起動時の手間にもなるため、電源を切って待機するのがおすすめです。

原因が分からなかったときの対処法

通信障害には必ず原因がありますが、どの方法を試しても原因が特定できない場合もあります。原因が分からない場合は、以下の方法で対処しましょう。

  • プロバイダのサポートに問い合わせる
  • auひかりサポートセンターに問い合わせる

最終的には専門家に頼ることになりますが、それまでにできることは全てやっておくことが大切です。

プロバイダのサポートセンターに問い合わせる

ネットに接続する際には、光回線業者とプロバイダの両方が必要で、ネット接続の役割を担っているのは、プロバイダです。つまり、接続に問題があるなら、プロバイダに相談すべきで、auひかりより先に、契約先プロバイダのサポートに問い合わせましょう。

プロバイダでも通信障害が出ていないなら、機器の設定に問題がある可能性が高いです。プロバイダによって対応は違いますが、電話でのサポートや、訪問による設定サポートが受けられる場合もあるでしょう。

au one netの場合は、プロバイダと光回線がセットになっているため、最初からauひかりに相談しても構いません。しかし、それ以外の場合は最初にプロバイダに相談して、指示を求めましょう。

auひかりサポートセンターに問い合わせる

プロバイダに相談しても原因が特定できないなら、auひかりサポートセンターで相談するしかありません。問い合わせ先は「0077-7084」です。年中無休ですが受付時間は9~23時のため、時間帯には注意しましょう。

auひかりのサポートセンターでは、機器の状態や試した対処法、プロバイダに相談しても解決しなかったことを伝えます。試したことを全て伝えることで、次なる指示を仰ぎやすく、よりスムーズに問題が解決できます。

通信障害には正確な情報を元に対処しよう

安定してネットが利用できるauひかりでも、何らかの理由で通信障害が起きることはあります。

通信障害が疑われる場合は、焦らず原因の特定に努めることが大切です。原因ごとに対処法はあるため、正しい情報を集めて、トラブルにも冷静に対応しましょう。

通信障害じゃないのに速度が遅いと悩んでいる方は、他の光回線に乗り換えを考えた方がいいかもしれません。

人気光回線の通信速度や月額料金の安さを比較し、おすすめ光回線を解説したこちらの記事もご覧ください。

auひかり20200203_incontent

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
ソフトバンク光公式代理店

公開日時 : 2020年02月09日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。

関連キーワード